学ぶ・育てる
Study

アメリカでの育児・子育て

ライトハウスに連載中の人気教育コラム、ハワイ在住の専門家がバイリンガル教育のノウハウを提案する「船津徹のアメリカで実践 バイリンガル子育ての秘訣」のほか、英語学習や学校教育、受験などについての疑問に答える「教育カウンセリング」をご紹介。アメリカでの育児・子育て・教育・子供の学校選び・進学に役立つ情報を提供しています。

船津 徹
船津 徹

バイリンガル教育カウンセラー。福岡県生まれ。

中高一貫校の進学校へ戻る予定 こちらで現地校と両立できる?

日本の中高一貫校に入学したばかりの息子と一緒に、アメリカに約3年間の予定で赴任してきました。帰国後を考えると日本人学校が無難ですが、息子は現地校に興味があるようです。現地校との両立は厳しいと思いますが、どうしたらよいでしょう。

松本輝彦(INFOE代表)

日本に残るか、教育観を変えるか
子供の学力見ながら親が決断

子供の希望と親の計画間にある
ギャップが悩み


 具体的に2つのシナリオを想定してみましょう。1つ目のシナリオは、日本の中高一貫校中学1年で渡米し、日本人学校の中学1年に編入します。この日本人学校には、中学校しかないので、中学卒業後に、以前の中高一貫校へ戻ります。この際、学習進度や学力の審査を受け、中学3年か高校1年の編入が決まります。
 高校1年への編入には、滞米中に高校1年までの学習内容を修了している必要があります。そのためには、中高一貫校の進度とレベルで個別指導をしっかりしてくれる家庭教師か塾を確保する必要です。それが十分できなければ、帰国を1年遅らせて中学3年に編入することになります。

 2つ目のシナリオは、現地校7年生に編入します。ただし、お子さんの生まれ月により6年生に編入させられることもあるので注意が必要です。3年後、9年生修了または修了見込みで日本へ帰国します。一貫校へ戻るのは現実的に不可能なので、帰国子女特別入試を受験して大学付属や進学校、あるいは帰国子女受入れ校に進学させます。
 その際の高校入試は、国内のそれとは異なり、「英語と面接だけ」のように海外子女の実態に合わせた試験内容になっています。そのため、現地校の勉強をしっかりすることが受験の準備となります。一方、高校進学後の学習と大学受験を視野に入れると、日本語での学習も継続が必要です。土曜日の補習授業校で国語・社会・数学・理科の基礎をしっかり学ぶか、国語と数学のみを塾で学ぶかが、現実的な選択です。

親子の立場の違いを
把握する


 この2つのシナリオは典型的な例です。その選択に当たっての親子の立場の違いを考えてみましょう。
 中高一貫教育のねらいは、中学と高校の6年間の勉強を4、5年の短い期間で修了し、残った1、2年を大学受験準備にあて、より競争の厳しい大学へ生徒を進学させることです。親の教育観には、日本の学歴社会での成功を目指す考え方が根底にあります。

 このお子さんは中学入試を勝ち抜くために、非常な努力をしてきました。もちろん小学生ですからその方向はご両親が決めたものです。ところがアメリカに来て、日本とは異なる子供や学校を見て、好奇心が沸き「現地校に興味がある」ようになってきたのです。このお子さんは初めて自分自身で「興味」を抱いたのでしょう。どんな教育者もこの興味が「子供の学習の原動力になる」と述べています。

大学進学における
帰国子女の現状で判断


 ここで決断を迫られているのはご両親です。決断を下すには、海外子女が大学進学する現状の情報が必要です。
 どちらにしても、高校の最初に帰国となるので、大学入試は国内生と同じ内容で受験します。そのため、受験の成否は、一貫校であろうと帰国受入れ校であろうと、高校での勉強によって決まります。基本的には子供の努力次第です。
 受験科目数の多い国立大学に進学希望ならば、より一層の努力が必要です。しかし、高校での理科や社会の学習は、中学の知識があることが理想ですが、それが欠如していても、高校での授業を最初からしっかり学んでいけば問題ありません。

 これまでの例で見ると、海外で身に付けた「英語力」が大きな武器となります。日本の受験生は英語の勉強に受験勉強時間の大半を費やしています。海外の学校で読み書きレベルの英語のトレーニングを受けた受験生は、余った時間を他の教科の学習にあてることができ、結果的により競争の厳しい大学へ入学することができます。
 もう1つの選択は、早稲田・慶應などの有名大学付属の高校への進学です。日本では可能性のないこれらの高校への入学が帰国子女には可能です。

 「日本の子供に負けないように」と言うならば、お父さんが1人でアメリカでがんばっていただいて、お母さんとお子さんは日本へ帰ることです。もしくは、「日本の教育よりもベターな教育の可能性が現地校にはあるのでは」と考えてみることです。