学ぶ・育てる
Study

アメリカでの育児・子育て

ライトハウスに連載中の人気教育コラム、ハワイ在住の専門家がバイリンガル教育のノウハウを提案する「船津徹のアメリカで実践 バイリンガル子育ての秘訣」のほか、英語学習や学校教育、受験などについての疑問に答える「教育カウンセリング」をご紹介。アメリカでの育児・子育て・教育・子供の学校選び・進学に役立つ情報を提供しています。

船津 徹
船津 徹

バイリンガル教育カウンセラー。福岡県生まれ。

愛知県の帰国子女受入校の情報を、海外で聞くことが少ないのは、なぜ?

愛知県の帰国子女受入校の情報を、海外で聞くことが少ないのは、なぜ?

松本輝彦(INFOE代表)

帰国生は多いが、学校が少ない。 ただ、帰国子女教育に変化の兆し。

帰国子女数が近畿より多い 東海・中部

下の表は、2008年度に世 界中から帰国した児童生徒数 を地域ごとに示したものです。 ヾ愿譴全国の約6割と圧倒 的に多い、東海・中部への帰 国数が近畿よりも多い、B召 地域は3%以下と極めて少な いことがはっきりわかります。

ここで引用した調査結果で、 都道府県別の帰国数を見てみ ると、東京・神奈川に次いで愛 知県が多く、愛知の数は兵庫・ 大阪・京都の合計とほぼ同じに なっています。

「東海・中部への帰国数が、 近畿より多い」という傾向は、 近年の特徴です。

学校のチョイスがない

ここで紹介したデータでは、 帰国児童生徒数は東海・中部地 区の方が近畿より約4割多く なっています。しかし、別の資 料によると、帰国生受入校(小・ 中・高等)の数は、東海・中部地 区の 82 校に対して近畿地区で 129 校で、逆に近畿の方が5割多 くなっています。東海・中部地 区は、近畿より帰国児童生徒数 が多いのに、帰国生受入校が少 ないのです。

さらに、別のデータで愛知県 の受入校の帰国生徒数を調べ てみると、愛知県の帰国生受入 中学校(全 10 校)の 70 %が南山 国際中学校に、高校( 18 校)の 65 %が南山国際高校に在籍し ています。

この受入校の数の少なさと、 南山国際中学・高校への集中 が、愛知県での帰国子女受け入 れ状況の現実で、「愛知県の帰 国受入校のチョイスが少ない」 と言われる理由です。

変わる帰国教育のニーズ

しかし、その愛知県の帰国子 女教育事情も、確実に変わり始 めています。

その例の1つが、来年1月に 海外子女教育振興財団が愛知 県豊田市に設置する「外国語保 持教室」です。この新設は、愛 知県三河地区に帰国してきた 保護者の「帰国後も英語での教 育を続けさせたい」というニー ズを反映したものです。 30 年以 上もの関東・関西での「外国語 保持教室」での教育へのニーズ が、数年前の名古屋教室と今回 の豊田教室の開設という形で、 愛知県にも広がってきている 証拠です。

また、この 11 月に愛知県の海 陽中等教育学校と名古屋イン ターナショナル・スクールが参 加して、東海・中部からの進出 企業の多いアメリカの都市で 「教育フェア」を開きました。全 寮制の中高6年一貫校とイン ター校という、一般的な中学・ 高校とは異なる2校の参加で したが、会場には多くの保護者 が詰めかけて、「新しい帰国教 育のチョイス」を真剣に探って おられました。

このように、愛知県、東海・ 中部地区での帰国後の教育の ニーズの変化の兆しが、はっき りと現れてきています。

 ◇  ◇  ◇  ◇

これまで、「いつでも、誰で も入学できる」という使命を与 えられてきた南山国際中学・高 校の頑張りは素晴らしいと思 います。しかし、その結果、「受 入校間の市場競争がなく」、結 果的に「消費者として保護者の 学校選択のチョイスが限られ ている」のが愛知県の現状で す。

私の願いは、「帰国児童生徒 の教育の選択肢と学校選択の チョイスをより広げる」ことで す。帰国した子供たちが、海外 で得た多様な経験や学力を自 由に伸ばすことができるから です。

そのためにも、来たる 11 年 は、愛知県や地方の帰国教育事 情を積極的に、皆様に伝えてい きたいと思います。10 年のご愛 読に心から感謝いたします。 出典: 文部科学省『学校基本調査』2010年 海外子女教育振興財団『帰国子女のため の学校便覧2010』

(2010年12月16日掲載)