学ぶ・育てる
Study

アメリカでの育児・子育て

ライトハウスに連載中の人気教育コラム、ハワイ在住の専門家がバイリンガル教育のノウハウを提案する「船津徹のアメリカで実践 バイリンガル子育ての秘訣」のほか、英語学習や学校教育、受験などについての疑問に答える「教育カウンセリング」をご紹介。アメリカでの育児・子育て・教育・子供の学校選び・進学に役立つ情報を提供しています。

船津 徹
船津 徹

バイリンガル教育カウンセラー。福岡県生まれ。

中学生向けで、特徴のある サマースクールはありませんか?

中学生向けで、特徴のあるサマースクールはありませんか?

松本輝彦(INFOE代表)

NYと日本で、私立校が提供するサマープログラムがあります

ユニークなサマースクール

今回は、日本またはアメリカの学校が提供する、サマースクールを紹介します。世界中からの中学生を中心とした参加者が寮生活を共にして、言葉の学習やさまざまな体験ができるユニークなプログラムです。

慶應NY学院

ニューヨークの郊外にある慶應NY学院(高校)では、3年前から日英バイリンガルのサマースクールを実施しています。

「ハンズオン形式の映像制作ワークショップ」がこのプログラムの特徴で、映像のプロたちによる実践的な指導を通じ、短編作品を作ります。1グループに1人のインストラクターが付き、カメラの使い方、映像表現、基本的な編集テクニックを学びます。プログラム最終日には、各グループが作成した作品の試写会を行います。

その他、ESLと日本語クラスや、ダンス、文化交流イベント、ブロードウェイ・ミュージカル鑑賞などのフィールドトリップも含めてプログラムが構成されています。また、バイリンガル・バイカルチュラル教育の選択科目を受講することも可能です。

緑豊かなキャンパスにある寮で、日米各地から集まった仲間たちとの共同生活を体験し、国際的な交流を深めることができます。

明徳義塾

高知県土佐市の、太平洋を目の前にした明徳義塾中学・高校のキャンパスで開かれる、3年目のプログラムです。

午前中は習熟度別の日本語、国語の授業、午後はキャンパス外での見学やアクティビティーを通しての日本の文化、自然を体験、さらに、夜は自由時間や和太鼓体験と、朝7時半から夜10時半までの盛りだくさんの内容です。

明徳義塾では全生徒数の3割に当たる約350名の留学生が学んでいます。その留学生のための日本語、国語教育のプログラムがあるので、「日本語の会話も不自由」から「古典も読める」までの幅広いレベルの学習ができます。

アメリカ、アジア、ヨーロッパと世界中から、現地校、インター校、補習校、日本人学校で学ぶ生徒と、非常に多様な子供たちが参加してきます。家族揃っての日本への一時帰国の機会を利用する参加者も多くみられます。

参加者は学寮・食堂で共同生活をして交流を深めると同時に、夏休み期間中の集中授業やクラブ活動で寮生活を続けている明徳義塾の中・高生との交流も行われます。

 ◇  ◇  ◇  ◇
アメリカで生活する子供たちは、集団生活の機会に恵まれません。短い期間ですが、同年齢の子供たちと寝起きを共にし、共に学び、活動する場を与えてみませんか。

(2011年3月16日掲載)