学ぶ・育てる
Study

アメリカでの育児・子育て

ライトハウスに連載中の人気教育コラム、ハワイ在住の専門家がバイリンガル教育のノウハウを提案する「船津徹のアメリカで実践 バイリンガル子育ての秘訣」のほか、英語学習や学校教育、受験などについての疑問に答える「教育カウンセリング」をご紹介。アメリカでの育児・子育て・教育・子供の学校選び・進学に役立つ情報を提供しています。

船津 徹
船津 徹

バイリンガル教育カウンセラー。福岡県生まれ。

文系だけでなく、理系も希望で、 英語で学べる日本の大学は?

文系だけでなく、理系も希望で、 英語で学べる日本の大学は?

松本輝彦(INFOE代表)

国立・早慶上智を含む13大学で、留学生募集。帰国生にもチャンス

留学生30万人計画

この計画は、「グローバル戦略」展開の一環として「2020年をめどに日本への留学生受け入れ30万人を目指す」ために、日本政府が08年に策定したものです。「日本留学への誘い」から「日本留学の円滑化」「大学のグローバル化」「留学、そして卒業後の受け入れ」という一連の推進計画です。そのねらいはズバリ、近い将来、少子化で不足する日本の労働力を、留学生で穴埋めしようとするものです。

グローバル30

「国際化拠点整備事業(グローバル30)」というのは、この「留学生30万人計画」の一環として主に文部科学省が進めている英語による大学の「国際化」です。計画当初は30大学を目指しましたが、09年から下の表に示した13大学(国立7校、私立6校)が選ばれました。選定された大学は、 ̄儻譴任亮講で学位を取得できるコースを学部・大学院に設置する、⇔嘘慇犬亮け入れ態勢を整える、 大学全体の「国際化」をする、の嘘慇己臀犬里燭瓩痢岾こ圧鯏澄廚鯤数設ける、ノ嘘慇犬罰姐饋誘軌の数に数値目標を設ける、などを達成しなければなりません。この目標達成のために年2億から4億円の補助金が5年間、文部科学省から支給されます。

英語のみで学び、卒業

これらの大学では、達成目標の一つである、「英語のみでの授業で大学卒業資格や大学院の学位を取得できるプログラム」を昨年から今年にかけて新設し、募集を開始しています。一般的に「英語コース」と呼ばれるこれらのプログラムは、大学によって大きく異なり、文系・理系の学部・大学院のさまざまなコースが提供されています。特に、従来留学生向けに作られてきた「日本語・日本文化」を中心とする文系学部よりも、海外留学にとって魅力的な「本のレベルの高い科学技術」を学べる理科系の学部や研究分野のプログラムが多く開講されています。これらのプログラムが求めている学生は、基本的に外国の高校・大学で学んだ留学生(日本以外の国籍を持っている学生)です。しかし、日米の二重国籍を持つ学生や帰国子女(日本国籍のみ)の出願・入学を認めている大学もあります。出願のためには、高校の成績書や推薦書のほかに、英語力を証明するためにTOEFLなどの試験成績を要求する大学が一般的です。

北米での募集活動

グローバル30は、10年後に迫った日本の労働力不足に向けた日本の国や経済の浮沈をかけた政府の事業です。しかし、大きな補助金に対して、厳しい財政事情を反映した「事業仕分け」で厳しい評価を受けています。その大きな理由は、まだ始まったばかりですが、各大学のプログラムが、非常に限られた留学生しか確保できていない現状です。これまで、日本への留学生は大部分がアジアの国々出身でした。しかし、30万人を確保するためには、ヨーロッパやアメリカでの留学生募集も欠かせません。最近、西海岸の大都市の教育関係者から、「グローバル30 の大学が北米での学生募集活動を活発化させている」との話も伝わってきています。

◇  ◇  ◇  ◇

「日本語での勉強は無理」と日本の大学への進学を諦め、アメリカの大学進学だけを考えていた高校生(大学生)の皆さんへの、もうひとつのチョイスとして「英語コース」を紹介しました。(2011年05月16日掲載)