学ぶ・育てる
Study

アメリカでの育児・子育て

ライトハウスに連載中の人気教育コラム、ハワイ在住の専門家がバイリンガル教育のノウハウを提案する「船津徹のアメリカで実践 バイリンガル子育ての秘訣」のほか、英語学習や学校教育、受験などについての疑問に答える「教育カウンセリング」をご紹介。アメリカでの育児・子育て・教育・子供の学校選び・進学に役立つ情報を提供しています。

船津 徹
船津 徹

バイリンガル教育カウンセラー。福岡県生まれ。

日本の大学への進学を希望 現地校卒業と高校編入の違いは?

日本の大学への進学を希望現地校卒業と高校編入の違いは?

松本輝彦(INFOE代表)

帰国生入試以外のチャンスも増加中・高の新入学や編入が可能

帰国生大学入試

この試験は、海外の高校卒業生を対象とした特別入試です。日本の4年制大学の約6割に当たる約400大学で実施されています。

基本的な受験資格は、海外の高校を卒業していることですが、以下に説明するように現地校から日本の高校に編入した場合も、一部大学の帰国生入試を受験できます。そのほか、現地高校の在籍年数などさまざまな条件が出願資格として加わり、それらが出願する大学・学部により大きく異なりますので、受験時の募集要項で確認が必要です。

この試験は、帰国生が海外の高校で体験し、身に付けたさまざまな特性を、受け入れる大学が期待して実施するものです。日本の大学受験ということで、国内の受験生と同じような受験準備が必要と思っている受験生が多くいますが、現地の高校での学習が基本になるということをはっきり認識してください。現地校の受講科目の日々の学習が、帰国生入試合格への近道です。

英語で学べる大学

近年、「英語での講義や授業だけを受けて卒業できる」日本の大学が増えてきました。


その理由の1つ目は、「大学の国際化」です。社会全般の国際化・グローバル化に対応して、英語・国際関係の学部への国内受験生の人気には、相変わらず高いものがあります。この傾向がさらに進んで、日本語が必要なく、英語だけで学べる大学や学部の増加が続いています。それらの大学・学部では、レベルの高い英語での授業を確保するために帰国生や留学生の募集に積極的です。

2 つ目の理由は、「留学生30万人計画」に代表される「留学生の確保」です。日本の少子化で、近い将来の国内労働力の不足を補うために海外からの留学生を増やし、卒業後に日本で働いてもらおうという日本政府の計画です。

一般的に、日本の大学への留学希望者には日本語での授業についていけるレベルの日本語力が要求されています。しかし、その日本語力が障害となって留学生が増加しないと考え、日本語が必要ない、英語だけの授業を受けて卒業資格が取得できるプログラムの開設が、国立大学を中心に広がっています。

このプログラムは、基本的に外国人のためのものですが、一部の大学は外国の高校を卒業した日本人(帰国生)の受験も認めています。7月には、東京大学が外国人・帰国子女・インターナショナルスクールで学んだ受験生対象の初めてのAO入試を2012年度から実施する、と発表しました。東大は、帰国生入試も実施していますので、帰国生にはさらなるチャンスとなります。

高校編入生の受験

●帰国生入試


現地校から日本の高校に途中編入した場合でも、一部の大学の帰国生大学入試が受験できます。

高校編入時期と受験できる大学の数は、々1・1学期以降:62大学、高2・1学期以降:94大学、92・2学期以降:23大学、す3・1学期以降:34大学、となっています。

ですから、高1で編入した場合は62大学しか受験できませんが、高3の1学期ではこれらの合計の213大学、帰国生入試を実施している大学の約半数が受験できることになります。

ただし、実際の出願にあたっては、それぞれの大学が「海外(高校)在籍期間」「国内高校の在籍期間」などの条件を別に定めています。さらに、これらの大学のどの学部が受験できるのかも、受験時の募集要項で確認が必要です。

●受験準備が大変

高校編入生は、日本の高校卒業のための勉強と帰国生入試の準備を両立する必要があります。日本の高校に編入後、その高校の卒業のために科目の受講に苦しむ生徒が多くいます。さらに、帰国生入試の受験を希望するならば、国内受験とは大きく異なる受験科目の勉強も必要となる場合があります。これを両立させるための努力が大変だと思ってください。

高校編入生は、帰国後の大学進学のために、多少の余分な努力が必要です。しかし、家庭の事情で高校編入を余儀なくされた帰国生の先輩の多くは、最終的に自分の希望する大学に入学し、素晴らしい大学生活を送っています。

(2011年10月1日号掲載)