学ぶ・育てる
Study

アメリカでの育児・子育て

ライトハウスに連載中の人気教育コラム、ハワイ在住の専門家がバイリンガル教育のノウハウを提案する「船津徹のアメリカで実践 バイリンガル子育ての秘訣」のほか、英語学習や学校教育、受験などについての疑問に答える「教育カウンセリング」をご紹介。アメリカでの育児・子育て・教育・子供の学校選び・進学に役立つ情報を提供しています。

船津 徹
船津 徹

バイリンガル教育カウンセラー。福岡県生まれ。

帰国後、英語力を伸ばしてやりたいどんな方法が効果的ですか?

帰国後、英語力を伸ばしてやりたいどんな方法が効果的ですか?

松本輝彦(INFOE代表)

現地校レベルの学習継続が必要オンライン・クラスの活用を!

補習校の意義

皆さんのお子様は、補習校などで日本語の学習を続けながら、現地校に通っている場合が多いと思います。現地校では、ABCも十分理解できない渡米直後から英語の学習を始め、3、4年後にはレギュラークラスに入ってネイティブのレベルでの学習を受けられるほどに英語力が向上します。

「子供たちは、なぜこんなに短い年月で英語での授業を理解し、現地校でサバイブできるほど英語力が向上したのか?」と、不思議に思われませんか?

実は、その秘密は、‥亙督掌紊瞭本語(第1言語)での学力を補習校で伸ばし続けたか
ら、現地校での英語での教科学習にも付いていけるレベルまで英語(第2言語)の力が急激
に伸びたのです。さらに、言語の習得は、言葉それ自体の勉強(ESL)だけを続けるより、
その言葉での知識習得の学習を並行して行う方が、結局、その言葉(英語)の習得が早くなるのです。

この現象を理解しないで、小学校高学年の子供に渡航後の日本語での学習を中止した場
合、日本語でも英語でも考えることができない「セミリンガル」の状態が多く見られることになります。

このように、補習校で学び、日本語で学習を続けることは、実は英語の習得のためにも必
要なのです。これが「補習校の意義のひとつ」です。

帰国後の英語学習

滞米して数年を過ぎると、子供の英語での学力(言語力・知識など)が、日本語での学力よりも高くなります。英語での学力は、もはや外国語ではなく、ネイティブのレベル(第1 言
語)に達しています。「日本語と英語」の関係が渡米直後と逆になって、日本帰国です。

その子供が日本に帰国後、日本の学校での学習に付いていくための日本語での学力を向
上させるために、ネイティブレベルの英語での学習を続けることが必要なのは、「補習校の意義」とまったく同じです。

ところが、「ネイティブレベルの英語での教科学習」の機会には、まず日本ではお目にかかりません。「英語教育に力を入れている」学校(帰国受入校も含めて)であっても、お子さんが現地校で学んでいた教科学習のレベルを確実に伸ばしてくれる所は、日本全国で数校しか見当たりません。

「英語での読書の継続」で英語力を伸ばしている子供がたくさんいますが、現実的には、「読書力」を伸ばすだけで、「英語での学力」の向上までを期待することは困難です。

しかし、日本の学校でサバイブし、進学していくための「日本語での学力」向上は、(滞米が長くなった子供には特に)どうしても必要なことです。何とかしなければなりません。

オンライン・スクール

「英語での学力向上」の新しい方法が急激に広がりつつあります。インターネット上の英語によるオンライン・スクールの登場です。

学校に通わないで自宅で学ぶ(ホームスクールの)子供たちに教材や指導を提供するオンライン・スクールが、最近、アメリカ国内で急激に普及しています。小学校から高校までのさまざまな学習のレベル・内容が提供されています。特に高校は、インターネット上での教科学習だけで、正式な高校卒業資格を取得することも可能です。「私立」だけではなく、学校区が設立したものやチャータースクール形式のものまで、「公立」のオンライン高校も多くあります。

日本帰国後に、これらオンライン・スクールのクラスを受講して、「ネイティブレベルの英語での学習」を自宅で継続することが容易になりました。その活用を検討してみませんか?

例えば、5年生で帰国したお子さんは6年生の「Language Art」のクラスで、インターネット上で担任の先生の授業を受けて、エッセイやレポートの宿題を提出する。8年生で帰国した場合は、9年生向けの「Algebra 1」受講。また、11年生でレベルの高い内容を学習し、アメリカの大学への進学を目指している高校生は「English 3 Honors」や「US History AP」を学ぶことができます。

このように、日本のどこに帰国しようと、お子さんの英語力や学力に応じた「ネイティブレベルの英語での学習」を続けることができる、新しいチョイスの登場です。お子様のために、ぜひ、調べてみてください。

参考: http://www.k12.com

(2011年11月1日号掲載)