学ぶ・育てる
Study

アメリカでの育児・子育て

ライトハウスに連載中の人気教育コラム、ハワイ在住の専門家がバイリンガル教育のノウハウを提案する「船津徹のアメリカで実践 バイリンガル子育ての秘訣」のほか、英語学習や学校教育、受験などについての疑問に答える「教育カウンセリング」をご紹介。アメリカでの育児・子育て・教育・子供の学校選び・進学に役立つ情報を提供しています。

船津 徹
船津 徹

バイリンガル教育カウンセラー。福岡県生まれ。

米国生まれの高校生をバイリンガルに 日本語・日本文化を習得させるには?

日本の全寮制高校へ1年間留学 国際結婚家庭の子弟にも効果大

松本輝彦(INFOE代表)

米国生まれの子供の教育

米国生まれ・育ちの子供の教育の第1目標は、米国人としての英語での基礎・教養をしっかり身に付け、米国社会でサバイブできる学力・能力を身に付けることです。当然ながら、そのためには現地校での学習に全力を尽くす必要があります。

さらに、文化継承や社会人としての経済的成功を目指し、「日英バイリンガル・バイカルチャー」として育てるために、子供を「日本語学校」へ通わせ、日本語・日本文化の習得を目指す保護者が多くおられます。

「日本人」に育てる

言語習得のステップをみると、「会話」能力は小学校4年生位までに身に付きますが、「読み書き」能力も含めた「第1言語」「学習言語」の完成は小6・中1前後、と一般的に言われています。中学以降の勉強は、完成した第1言語を用いて、抽象的な思考や知識の習得が中心になります。

大人としてバイリンガルのアドバンテージを享受するためには、日本語による会話・読み書きだけではなく、日本の習慣や日本語での知識がしっかり身に付いていて、「日本人として振る舞える」レベルが要求されます。このレベルの言語(例えば、敬語)・習慣(挨拶など)を身に付けるのは、日本の生活体験が最も効果的です。

日本での生活体験は、小・中学校での「2〜3週間の一時帰国」がポピュラーです。しかし、「日本人として振る舞える」よう、本当に日本語・日本文化を子供自身の「宝」となるレベルまで身に付けさせたいならば、高校生としての少なくとも半年、できれば1年間の日本での学校体験を、強くすすめます。

言語の習得段階の小・中学生での短期体験も大きな意味があります。しかし、たとえ日本語力が不十分であっても、大人に近い物事の判断力の付いた高校生段階での長期間の高校生活体験が、「日本人の大人として」振る舞うトレーニングとしては、最適です。

全寮制の高校体験

海外の高校生を1年間受け入れ、日本語・日本文化を学習・寮生活の中で習得する機会を与えてくれる学校があります。

四国・高知県にある明徳義塾高校です。高知県の田舎(脱走不可能!)にあるこの学校では、在校生の9割にも及ぶ寮生(800人)が、校地に住む教職員(家族)と共同生活をし、「師弟同行」の教育を受けています。留学生(300人)向けの基礎日本語から、日本の大学入試向けのレベルの高い国語まで、数多くの日本語・国語習得のための授業が提供されているのも、この学校の大きな特徴です。

同校は、北米の高校生を対象とした「1年間留学プログラム」を3年前から提供しています。例えば、現地校9年生を修了後、同校で高校生活を1年間経験、現地高校の11年生に戻り、同校での単位をトランスファーして計4年で高校を卒業し、その後米国や日本の大学へ進学できるプログラムです。

昨年9月から3名のカリフォルニアの高校生(米国生まれの日本人10年生2名、国際家庭出身11年生1名)が、このプログラムで学んでいます。現地校復帰後の学習に困らないための内容・レベルのEnglishとMathと生徒の能力レベルの日本語以外の科目は、他の高校生と同じ日本語での授業で学びます。また、3人の生徒は、日本式の寮生活と全員参加のクラブ活動で、合気道・和太鼓をエンジョイしながら、日本語だけではなく、日本国内の高校生以上の敬語・挨拶・生活マナーなどを身に付けています。

これまで同プログラム参加者は、国際結婚家庭やご両親とも外国人家庭出身の、会話に不自由するレベルの日本語力しかない高校生であっても、寮生活という恵まれた環境の中で驚くほどの言葉や生活習慣の習得を見せて、米国に帰国しました。そのユニークな日本生活体験を高く評価されて、カリフォルニア大学などに進学した生徒もいます。

米国生まれ・育ちだけではなく、長期滞在家庭や国際結婚家庭の子供たちで、米国の大学への進学を考えている子供(保護者)にとって、ネイティブとして「日本」を身に付けるのは、高校時代が最後のチャンスです。そのチャンスを提供しているプログラムを紹介しました。

このプログラムのご質問・問い合わせは、松本(matsumoto@infoe.com)まで。

明徳義塾 www.meitoku-gijuku.ed.jp/tjh/

(2012年2月1日号掲載)