学ぶ・育てる
Study

アメリカでの育児・子育て

ライトハウスに連載中の人気教育コラム、ハワイ在住の専門家がバイリンガル教育のノウハウを提案する「船津徹のアメリカで実践 バイリンガル子育ての秘訣」のほか、英語学習や学校教育、受験などについての疑問に答える「教育カウンセリング」をご紹介。アメリカでの育児・子育て・教育・子供の学校選び・進学に役立つ情報を提供しています。

船津 徹
船津 徹

バイリンガル教育カウンセラー。福岡県生まれ。

1年下げて現地校に入学した娘 高校を繰り上げ卒業したい

 4年前に渡米、娘は1年下げて現地校に入学しました。現在8年生、日本の大学進学を目指しており、できれば繰り上げ卒業をして、同じ年の幼馴染みたちと一緒に進学させたいと考えています。早卒で気をつけるべきことはありますか?

松本輝彦(INFOE代表)

必修科目の受講は特に注意が必要
サマースクールを活用しましょう

普通4年をかけて卒業する高校を、在籍期間3年や3年半で卒業することを「繰り上げ卒業」「早卒」「early graduation」などと呼びます。

繰り上げ卒業の理由

 「家族の日本帰国」と「学年の遅れを取り戻す」の2つが、繰り上げ卒業を希望する理由として一般的です。駐在員である父親の日本への帰任予定時期までに高校を卒業できない生徒は、繰り上げ卒業をすることにより、家族揃って日本へ帰国することができます。高校生の単独残留のためのビザの取得が困難なこと、経済的な問題、家庭事情などが、その背景にあります。

 渡米直後の現地校への編入時に、生年月日などの理由により、日本での学年より現地校の学年を落として入学する生徒がいます。この場合、3月に日本の高校卒業の年齢に達していても、現地校ではまだ12年生で卒業は6月。ほとんどの帰国子女受け入れ大学の帰国子女入試は秋から春にかけて実施され、入学は翌年の4月になります。そのため、半年遅れの高校生は、大学入学が日本の同級生より1年遅れになります。ご相談のケースのように、この遅れを取り戻すために、繰り上げ卒業を希望する生徒がいます。

卒業に何が必要?

 アメリカの高校は、すべて単位制システムを採用しています。一般的に、学校区(school district)によって決められた次の条件を満たせば、「高校卒業資格」を取得できます。

●総単位数:卒業までに取得しなければならない単位数。1授業時間の授業を1学期(約90回)受講し、必要な成績を修めれば5単位が与えられる。学校区により多少異なるが、卒業のためには220単位程度が必要

●必修科目:受講科目の中に必ず含まれなければいけない科目と単位数の指定。例えば、4年間の英語、2年間の数学、2年間の体育、アメリカ史、アメリカ政治など

●学業成績:受講した科目で得た成績の平均点(GPA)が2.0以上など、学業成績の最低点が定められている

●その他:最近は、決められた時間数のボランティア活動などを、卒業の条件としている学校区もある
 
 単位制では、年数に関係なく、これらの条件を満たせば卒業となります。例えば、3年間、早朝のクラスも受講して、1日7つの授業を受けると、合計で210単位取得できます。1回のサマースクール(10単位)を追加すれば、卒業のための総単位数を確保できることになります。
 
 8年生修了後も含めて、サマースクール受講のチャンスも3回以上あります。必修科目の受講などの計画をしっかり立てれば、1年の繰り上げ卒業も、決して無理なことではありません。
 
 普通、1学期ごとに単位が発行されますので、秋学期が終わる2月、春学期の終わる6月、サマースクールの7月と、年に3回卒業時期があります。繰り上げ卒業は1年間の繰り上げが一般的ですが、半年の繰り上げも可能です。

早卒は何が大変?
 
 繰り上げ卒業のこれまでの例を振り返ると、必修科目の受講に注意が必要です。例えば、1年繰り上げすると、通常12年生で配当されている必修科目(英語や政治・経済)を、前倒しで受講する必要があります。通常4年間の英語が必修となっていますので、3年目と4年目に配当されている英語を11年生のうちに受講しなければなりません。さらに、政治・経済などの必修科目もあります。
 
 これらが11年生に集中すると、成績も下がり、単位を取得できないこともあります。それを避けるために、サマースクールで事前に受講するなど、必修科目の負担が重ならないようにすることが必要です。

帰国子女大学入試
 
 海外からの帰国生を対象とした大学入試は、単に「現地の高校卒業」を出願資格の1つとしていますので、繰り上げ卒業でも問題なく受験できます。現地校が半年早くて、かつ繰り上げ卒業をして大学に4月入学した場合、まだ17歳になります。日本国内の高校卒業では18歳が普通ですが、帰国子女に限り、国公立大学の一部を除いて、17歳で問題なく進学できます。
 
 お子さんの在籍する学校や学校区のカウンセラーに、ここで紹介した卒業の条件や単位数の計算方法などのルール、また受講科目の選定や受講順序などを確認してください。その説明を聞き、繰り上げ卒業を決めたら、正式にカウンセラーへの届出が必要です。
 
 繰り上げ卒業には、事前の計画と無理のない準備が重要です。