学ぶ・育てる
Study

アメリカでの育児・子育て

ライトハウスに連載中の人気教育コラム、ハワイ在住の専門家がバイリンガル教育のノウハウを提案する「船津徹のアメリカで実践 バイリンガル子育ての秘訣」のほか、英語学習や学校教育、受験などについての疑問に答える「教育カウンセリング」をご紹介。アメリカでの育児・子育て・教育・子供の学校選び・進学に役立つ情報を提供しています。

船津 徹
船津 徹

バイリンガル教育カウンセラー。福岡県生まれ。

授業に付いていけません。ESLに変えるべきでしょうか?

現地校8年生の子供が、レギュラークラスの英語で苦労しています。周りに「ESLに戻って、Aを取って日本に帰る方が入試に有利よ」と言われましたが…。

松本輝彦(INFOE代表)

成績のためだけにクラスを変えたり、残ることはおすすめしません。

入試に有利?
 ご質問のポイントは、一見説得力に富んでいるような、「入試に有利」という言葉の意味です。海外から帰国した児童・生徒が受験するのは、国内の子供と同じ「国内入試」か、帰国生のための特別な「帰国子女入試」です。これらの帰国後の入試について、その意味を考えましょう。

国内入試
 帰国生が受験する国内入試の場合は、学校での学習成績よりも、入試当日の筆記や面接試験の結果を重視するので、目先の小さな成績を気にするよりも、受験勉強に精を出す方が合格に近いと言えます。ですから、現地校の成績は大きな役割を果たしません。

帰国子女入試
 もう1つの帰国子女入試は、海外生特有の学力を期待し、それを評価して合否を決める入試です。受け入れ校は、現地校の成績を提出させて現地校での学習状況を把握します。
 例えば、滞在年数が長くなるに従い成績が向上しているか? ESLから何年でレギュラーに出ているか? 英語以外の教科の成績は? レベルの高いクラスを受けているか? などの視点から成績を見ます。
 帰国子女と言っても、世界中から帰って来る子供たちです。現地の学校から持ち帰って来る成績表は変化に富み、それらを同じ基準で評価することは不可能です。書類審査に加えて、作文や面接試験で、より総合的に評価し合否を決めます。
 アメリカでは、正式な成績証明書は高校でしか発行しません。証明書には、受講科目名、受講学年学期、成績(A〜F)、取得単位数が記入してあり、それに基づいて成績の平均点であるGPAが計算され、印刷されます。アメリカの大学出願には、GPAは大変重要で、GPA3.0以下の高校生はカリフォルニア大学(UC)に出願できません。ところが、世界中から受験者の集まる日本の帰国子女受け入れ大学の場合は、UCのように厳密にGPAなどの現地校の成績を合否判定に使うことが現実的に不可能です。多少授業の成績がBからAに上がっても、「入試に有利」になりません。

マイナス面を考えて!
 「ESLでAを取れば」と言うお母さんのアドバイスが、「楽してAを取りなさい」「勉強は適当に!」と子供にすすめている可能性があることを認識してください。日本の学校の勉強なら、このようなご質問自体が出てこないでしょう。日本にいれば「1点でも多く取れるように」と子供を叱咤激励するのでは? 日本では「点数=学力」という考え方ですから。
 子供の本当の実力を伸ばすことを考えていますか? 目先の1つのクラスの成績より、学力を伸ばす努力をさせるように保護者がアドバイスするべきです。子供に「努力はしなくていいよ」と取れるメッセージは避けるべきでは? 
 私の経験では、「ESLでAを」と言うお母さんは、しばらくして「SATやTOEFLの成績はどうして上げるのか?」と相談に来られます。週5日の現地校の英語での勉強を適当にこなし、実力勝負の英語の統一試験の成績を上げるために塾に通うなどは、本末転倒です。

もし、成績が悪かったら?
 もし、お子さんが一生懸命頑張ったのに「D」の成績が付いたのなら、帰国子女入試の出願書類の中に、保護者自身(高校生は自分自身)がその事情・経緯を説明する手紙を入れてください。現地校での学習振りを評価する学校ならば、必ず、この手紙を読んで事情を理解しようと努力してくれます。「そんな書類は見ません」という学校は、初めから「日本の学力」「英語力」だけを期待して、帰国生の募集をしている学校だ、と私の経験から断言できます。
 最も、「自分の子供を要領良く、楽して得取れる子供に育てたい」という確固たる教育方針をご両親がお持ちならば、ここで長々と述べた私の回答など、無視していただいて結構です。(ちょっと、感情的?)。
 もちろん、現実的にクラスを変わったり、ドロップすることが必要な場合もあります。そんな例は、またの機会に!