学ぶ・育てる
Study

アメリカでの育児・子育て

ライトハウスに連載中の人気教育コラム、ハワイ在住の専門家がバイリンガル教育のノウハウを提案する「船津徹のアメリカで実践 バイリンガル子育ての秘訣」のほか、英語学習や学校教育、受験などについての疑問に答える「教育カウンセリング」をご紹介。アメリカでの育児・子育て・教育・子供の学校選び・進学に役立つ情報を提供しています。

船津 徹
船津 徹

バイリンガル教育カウンセラー。福岡県生まれ。

夏休み中に現地校の教科の成績を上げる勉強法を教えてください。

子供が6月に6年生を修了しました。英語は問題ありませんが、現地校の教科の成績が良くありませんでした。中学になる9月からの学習が心配です。

松本輝彦(INFOE代表)

新学年の学習内容の予習をおすすめします。

英語力と成績
現地校の成績が伸び悩む原因として「英語力不足」がよく挙げられます。滞在年数の短い場合は、英語の基礎力(基本的な単語や文法)が十分に身に付いていないケースが多く見られます。しかし、滞在が長くなり基礎的な英語力に問題がなくなっても、道具としての英語を使って、学習内容を理解できるかどうかが成績向上の鍵となります。お子さんの成績を上げるサポートに、英語力の向上だけではなく、学習内容の理解向上を目指しましょう。

新学年への予習
英語より日本語の方が得意であれば、日本語で9月からの学習内容を予習させてあげてください。この予習の目的は、9月からの現地校での授業で、最初から「お客さん」にならずに、その学習内容を少しでも理解させてあげることです。授業の内容が理解できると先生の評価が上がります。AやBが付き始めると、良い成績への欲も出ます。このサイクルに入れば、自然に成績も上がり、子供の自信につながります。

最終的にお子さんに自信を付けさせるための予習ですので、「新学年の学習内容を完全に予習し、理解させる」など気合を入れ過ぎて、逆に自信を失わせることのないようなサポートを心がけましょう。

算数・数学
現地校より1つ上の学年の日本の教科書を使って、予習をさせてあげてください。日本の教科書の学習進度は、現地校での同学年の学習進度よりも遅れている学年が多いです。そのため、補習校や日本の学校で算数が得意だった子供でも、学習内容が先に進んでいる現地校での算数の勉強に苦労する場合があります。計算問題ができるように予習させることが必要です。新しい単元の概念や細かな説明が理解できなくとも、式を見て、その計算ができるようになるだけで十分です。

英文法の勉強
小学校高学年以上ならば、日本語で英文法を勉強させて、英語力の向上を目指すことが可能です。その内容は、中学1・2年生レベルの基本的な文法事項で十分です。名詞・代名詞・形容詞・副詞などの品詞の区別、動詞の活用と簡単な時制などの項目を、受験用ではない、基礎的なテキストを使って教えてあげてください。基本的な動詞の活用(現在・過去・過去分詞)をゲーム感覚で覚えさせると効果があります。くれぐれも、ご自分の知っている内容をすべて教えようなどと意気込まないでください。

社会
予習の効果が最も大きいのは、社会です。どの学校区でも学年ごとの学習分野(カリフォルニア州の歴史・地理・アメリカの歴史など)が決まっています。次の学年での学習分野を、近所のお子さんなどに聞いてください。また、来年度の教科書を入手してみてください。入手困難な場合、教材店でその内容のテキスト・問題集などを購入することをおすすめします。教科書・テキスト・問題集のいずれも、どんな内容を勉強するのかをお子さんに知らせる程度の予習で十分です。写真・表・図など簡単な説明を、日本語で話してあげるだけでOKです。文章の解説を覚えさせる必要はありません。
誰が教える?

お父さん・お母さんが、感情的にならずに、子供に教えるのがベストです。次の候補は、バイリンガルの高校生・大学生です。説明しようとする学習内容を自分自身が勉強した経験があり、日本語で説明できるお兄さん・お姉さんを探してください。「日本語では説明できません」と断られたら、「テキストに出る言葉や単語は英語のままでいいから」と交渉しましょう。「これはSanta Barbaraのmissionの写真でしょ」と話ができれば十分です。

個人的に指導してもらえる人が探せなくて、塾などに頼む場合は注意が必要です。進学や受験を目標にした塾ではなく、基本を個別指導してくれるところを探してください。受験指導の塾は、日本の学年での学習項目を受験レベルで勉強させます。その内容とレベルは、現地校の学習内容とは異なり、子供が困難を抱え、自信を失うケースが多く見られます。「秋の新学期には、こんなことを勉強するんだ」とお子さんに知らせるための、日本語での予習です。試してみてください。