銀行を使いこなす

アメリカでは、クレジットカードと並んで、ATMカードとチェック(小切手)が支払い時に活躍します。チェッキングアカウントを開いて、ATMカードとチェックブックを入手しましょう。その他の口座や、アメリカの銀行を賢く使いこなす方法をまとめました。

口座を開いてATMカードとチェックを入手

アメリカ生活スタート時、できるだけ早く済ませたいのが、銀行口座の開設です。アメリカでは日本と異なり、現金ではなく銀行のATMカードとパーソナルチェック(個人用小切手)が、家賃や公共料金などの支払いに必要だからです。
まず、銀行でチェッキングアカウントを開きます。チェッキングアカウントとは、給与振込や支払い、引き落としなどに使用する口座のこと。利子は付かないか、発生しても少額。最低預金額を下回ると、手数料がかかる場合があります。口座開設には、州発行の身分証明書(運転免許証、IDカード)やソーシャル・セキュリティーナンバーの提示が必要ですが、パスポートだけで口座を開ける銀行もあります。
チェッキングアカウントを開設すると、ATMカードとチェックブックが届きます。チェックは、初めの10枚程度は無料でもらえ、その後は150枚につき7~10ドル程度で購入します。現金と同様に使えますが、口座残高を超えて使用しないよう、気を付けなければなりません。特にチェックは、不渡りになると手数料がかかります。また、何度も不渡りチェックを発行しているとクレジットヒストリーに悪影響を与え、ローンを組んだり、クレジットカードを取得したりする際に支障が出ることもあるので注意しましょう。なお、「オーバードラフト・プロテクション」と呼ばれるシステムを持つ銀行もあり、不渡りの際に一定額までなら銀行が貸し越してくれます。利息は付きますが、すぐに返済すれば不渡りの手数料より安く済みます。
ATMカードには、多くの場合デビットカード(Debit Card)の機能が付いてきます。支払い時にすぐに銀行口座から引き落としされる仕組みです。またクレジットカード機能も付いていますが、デビットカードではクレジットヒストリーは構築されません。
預け入れは、日本と同様、現金やチェックをATMまたは窓口に持って行きます。また、多くの銀行では、1日に引き出せる金額の上限が300~500ドルなどと制限があります。

その他の口座の種類

セービングアカウントは、入出金が自由にでき、チェッキングアカウントより高い利子が付きます。最低預金額の有無は、口座開設の際に確認しましょう。その他には、日本の定期預金にあたる口座としてCDと呼ばれるサーティフィケート・オブ・デポジット(Certificate of Deposit)や、MMAと呼ばれるマネー・マーケット・アカウント(Money Market Account)などがあります。最低預金額、利子、預け入れ期間は銀行により異なりますので、口座開設時に確認しましょう。
テレフォンバンキングでは、残高照会、チェックの支払い状況の確認、最新の金利情報、ATMカード紛失時の届け出などができます。
オンラインバンキングはパソコンからだけでなく、スマートフォンからも口座の明細やチェックの入金などができ便利です。公共料金の多くは、オンラインで支払い可能なので、時間と郵送代を節約できます。
なお、アメリカの銀行には通帳はなく、代わりに毎月の明細書が郵便で届きます。最近では、個人情報保護の観点などから、明細をオンラインで確認できるペーパーレスサービスもあります。

アメリカの銀行でよく使われる用語

Deposit:預け入れ
Withdraw:引き出し
Exchange:両替
Transaction:取り引き
Interest:利子
APR(Annual Percentage Rate):年利
Balance:残高
Statement:取り引き明細書
Joint Account:共同名義(夫婦など)の口座
TD(Time Deposit):定期預金またはCD(Certificate of Deposit)
Maturity:満期
Bounced Check:不渡りのチェック
Void Check:無効のチェック(チェックにVOIDと記入することでより、無効となるチェック)
PIN(Personal Identification Number):暗証番号(ATMを使用する時に入力する番号)

監修/BankoftheWest(www.bankofthewest.com)

「アメリカ生活大事典」のコンテンツ