働く
JOB

アメリカでのビジネス・仕事

現地情報誌「ライトハウス」が人気コラム「アメリカ人と共に働く技術」をはじめ、起業・独立、マーケティングに関する情報など、アメリカでのビジネスに役立つ情報をご紹介。

ライトハウス編集部
ライトハウス編集部

【第10回】「報・連・相」のないアメリカでうまく部下と仕事をする方法

アメリカ人と共に働く技術

増田義彦◎2004 年渡米。某日系IT企業社長を歴任。Children Discovery Museum of San Jose 元理事。Japan Business Association of Southern California元会長。オーロラ日本語奨学金基金会長。

アメリカで10年間、数百人のアメリカ人の指揮を執ってきた日本人社長が、アメリカ人と働く極意を伝授します。


「報・連・相」のないアメリカでうまく部下と仕事をする方法

日本では、部下は上司に対して頻繁に報告、連絡、相談することが重要とされます。「報・連・相」たる造語があるくらいです。自分のやっている仕事の中で、上司が知りたいだろうと思うものを想像し、それらを絶妙のタイミングで報告に行く。それが「気の利く部下」たるものです。しかし、アメリカで自分の部下にこれを期待すると大きな間違いを犯すことになります。

アメリカで、自分の部下が気を利かせて何かを報告してくるということは、まずないと思った方が良いでしょう。聞きたいことがあれば、上司が部下に報告を要求するのが常識です。日本人の感覚からすると、「何と気の利かない奴だ!」ということになるのですが。

たまに、アメリカ人の部下が「ちょっと相談したいことがあります」と言って、私のオフィスに来ることがあります。そんなときに、「お、報告に来たな!」と喜んではいけません。彼らが自分から相談に来るときは、大抵何か要求があるときです。しかも、昇進や給与アップの要求、辞職の通知など、あまり良い知らせでないことがほとんどです。

アメリカ人があまり報告をしない理由は、主に3つあると思います。

第一に、アメリカ人は、「要求されてもないのに報告をしに行くのは、上司の時間を無駄にする悪い行為」と捉えているようです。要求されたときにだけ報告に行くのが、気の利く行為と思っています。

第二に、「上司に任された仕事は自分一人でやり遂げる」ことを非常に重視する国民性が挙げられます。すぐ報告に行って上司の指示を仰ぐのは、無能をさらけ出すようなもの。従って、あるプロジェクトを任されると、よほどのことがない限り、プロジェクト終了までは報告に来ません。たまに自分の力では立ち行かなくなってしまうと、「エスカレーション」と称して報告があります。そんなときは、「なぜもっと早く報告しなかったんだ!」と言いたくなります。


アメリカの強いリーダーは細かい進捗チェックはしない?

報告をしない三つ目の理由は、上司の指示の仕方にあると思います。アメリカ人の上司は、指示を詳細かつ明快にします。「メキシコ向けの売上を今年度末までに1千万ドルにせよ。そのために経費を100万ドル使ってよい。進捗状況を月に1回メールで報告せよ」といった具合です。従って、月1回のメール以外には報告する必要がありません。ところが、日本人の上司の指示は漠然としています。「メキシコ向け売上を増やしたいので、対応して欲しい」くらいの漠然とした指示をしておいて、売上目標額、達成時期などは、プロジェクトの進捗状況を見ながら柔軟に決めていきます。この日本式のやり方は、部下が頻繁に報告に来ないと成り立ちません。

従って、アメリカでは、部下が報告に来ないことを前提に仕事の仕方を考える必要があります。一つのやり方は、例えば1日1回、部下の所へ出向いて状況報告を求めることです。ただ、これはあまりお勧めできません。そうした時間を毎日取るのは、現実的には難しいですし、あまり頻繁に報告を要求すると、部下から弱いリーダーと思われてしまいます。アメリカ人は「強いリーダーは、最初に明確な指示をしたらあとは部下に仕事を任せ、細かい進捗チェックはしない」と思っています。

お勧めのやり方は、週に一度時間を決めて、直属の部下を集めて報告会を行うことです。これは、効率性を重んじるアメリカ人に合っていると思います。もう一つは、アメリカ人のやり方を真似て、指示を明確にすることです。特に報告の仕方を明確にしておくことが重要です。アメリカ人は、指示をされれば必ずそれに従ってくれます。


(2014年12月16日号)