働く
JOB

アメリカでのビジネス・仕事

現地情報誌「ライトハウス」が人気コラム「アメリカ人と共に働く技術」をはじめ、起業・独立、マーケティングに関する情報など、アメリカでのビジネスに役立つ情報をご紹介。

ライトハウス編集部
ライトハウス編集部

第7回 アフィリエイトを利用するショッピングサイト

ブログ・ビジネス講座

 ブログとアフィリエイトを利用した宣伝サイトが急激に増えています。今回はアフィリエイトを利用したショッピングサイトについてお話しします。


 ショッピングサイトは、訪問者の数パーセントが購入者になると言われています。ショッピングサイトはYahooやGoogle などに広告を載せて、多くの訪問者を得ることができます。


 Google などは「アドワーズ広告」という仕組みをショッピングサイトなどに提供しています。ユーザーがキーワードを入力して情報を検索すると、検索結果には検索キーワードに連動した広告が、ページ右側に表示されます。これがアドワーズ広告です。


 検索キーワードに連動しているので、ユーザーの興味を引くキャッチであれば、その広告をクリックする確率も上がります。この広告は訪問者を増やすための広告であって、直接的な購入者を増やすための広告ではありません。


 一方、アフィリエイト広告を利用すると、訪問者数は少ないですが、購入率は高いと言われています。アフィリエイトを利用した宣伝サイトは、商品の説明をしています。商品宣伝サイトの内容を読むユーザーは、ある程度商品について購入の意思があるはずです。その結果、訪問者の商品購入確率は高くなります。アドワーズ広告とアフィリエイト広告の違いはここにあるのです。


 アフィリエイトを利用した代表的なショッピングサイトはAmazonです。Amazonは、ネットで書籍を販売するショッピングサイトでした。現在は数多くの商品を販売するサイトに成長していますが、成功の秘訣は独自のアフィリエイトにあります。


 例えば、書籍の書評です。「良い本だ」「よろしくない本だ」などと、ブログなどに書きます。このブログのページに、アフィリエイト広告を用い、この本の購入先を書き込むのです。この宣伝をクリックしたユーザーは、Amazon のショッピングサイトに誘導されます。もし、この時にユーザーが本を購入すれば、購入金額の数パーセントが宣伝サイトのオーナーに渡される仕組みです。

 この仕組みでAmazon が大きく成長したことが、おわかりいただけるでしょう。