働く
JOB

アメリカでのビジネス・仕事

現地情報誌「ライトハウス」が人気コラム「アメリカ人と共に働く技術」をはじめ、起業・独立、マーケティングに関する情報など、アメリカでのビジネスに役立つ情報をご紹介。

ライトハウス編集部
ライトハウス編集部

148) いつもポケットにドラッカー

マーケティング講座

こんにちは!阪本啓一です。
迷った時はドラッカーです。


なぜドラッカーか

毎年秋から冬にかけ、大きな テーマでワークショップを開催 しています。今年はドラッカー にしました。その準備と、毎夏 実施している自己啓発学習を 兼ね、 25 年間読み続けているド ラッカーを改めて全巻読み返し ているところです。クライアン ト経営者や若きマネージャーに もドラッカーをおすすめしてい ます。では、なぜ今ドラッカー なのでしょう。理由は2つあり ます。

第一に、ドラッカーがビジネ スの語彙と文法だから。外国語 を学ぶ時、必ず必要になるのが 語彙と文法です。通常ビジネス は母国語を話す人同士が一緒に 進めるため、日本人同士なら互 いに日本語を話します。しかし、 ここにワナがあります。同じ日 本語でも、ビジネスの議論にす るためには現場で起きている現 象をビジネスの枠組に翻訳する 必要があるのです。さもないと、 現象と本質が混同してしまいま す。ドラッカーの本を消化する ことで、ビジネスの語彙と文法 が身に付くのです。例えば、「売 上が悪い」という報告があった とします。ドラッカー流の表現 なら、「顧客数が減った」「同じ 満足と効用を低価格で提供する 他社製品のおかげで商品力が 弱った」になります。明らかに ドラッカー流表現の方が、対策 を打つことができますね。

第二に、ドラッカーは究極最 良のハウツーおじさんだから、 彼の言う通りにやれば必ず成果 が出るようになるからです。

そこで、今日は簡単に「これ だけでわかる!ドラッカー」を やってみましょう。


戦略

ドラッカーの戦略論は、簡 単です。戦略は「顧客に従う」。 よって、誰を顧客とするか、定 めよ。顧客はあなたの商品が提 供する満足と効用を認め、お金 を支払ってくれる人。それは誰 か?つまり、商品の提供価値で 顧客が決まり、顧客によって戦 略が決まる。逆、つまり、「先に 戦略」はないのです。医薬の場 合、直接の顧客はドクターです が、最終顧客は患者です。つま り、顧客が2人存在するわけで、 それぞれに対しての戦略が必要 なのです。


イノベーション

コップに水が半分入ってい る。これを、世の中の認識が半 分満ちているとするか、半分空 であるとするか。「満ちている」 から「空である」へと変化する 時、イノベーションのチャンス が生まれる。例えば、1995 年頃の日本では、携帯電話を 持っているだけで「満ち」てい ました。しかし現在では、「オレ のこのケータイさ、○○ができ ないんだよね」という風に「空」 がクローズアップされます。だ からアップルはケータイの革命 としてスマートフォンiPhone を世に問い、ヒットさせること ができたのです。


マネジメント

「ビジネスの目的は顧客の創 造である」。ずばり、言い得て妙 ですね。「売上を上げたければ、 お客さんを増やしなさい」とい う、とってもシンプルなアドバ イスです。


セルフ・マネジメント

ドラッカーは「何によって覚 えられたいか」と問います。私 なら「ブランドなら阪本」と覚 えられたいと思い、日々研鑽し ています。これはブランドの原 理原則で、「○○(名前)なら□ □だね」という□□の部分がブ ランドの提供価値です。つまり、 セルフ・マネジメントの目的の 1つはセルフ・ブランディング です。

第二の目的は、「自らを成果 の上げられる人になるよう努力 する」ことです。ドラッカーは、 成果を上げるようになることは 天性の才能ではなく、後天的に 身に付けることができる習慣的 な能力としています。5つあり ます。

〇間の使い方
時間こそが最 も希少な資源だから、その使い 方を知らなければならない
外の世界に対する貢献に焦点を合わせる
6みの上に築く
できないこ とからスタートしない
そ乎罎垢
優先順位、劣後順 位をつけて成果を上げる領域に 力を集中する
グ媚弖萃蠅鮃圓

成果を上げることは習慣であ り、習慣である以上、繰り返し 努力することで得られます。ド ラッカーは、「平凡なる人を使っ て非凡な成果を上げることが組 織の目的」としています。確か に、「1人では不可能なことを複 数の人間の化合物として成果を 生みだす」が組織を作る意義。 ドラッカーを実践しましょう!

阪本さんの新著書が9月に発売!
『共感企業〜ビジネス2.0のビジョン』(日本経済新聞出版社)
http://amzn.to/bVIIkm

(2010年9月16日掲載)