働く
JOB

アメリカでのビジネス・仕事

現地情報誌「ライトハウス」が人気コラム「アメリカ人と共に働く技術」をはじめ、起業・独立、マーケティングに関する情報など、アメリカでのビジネスに役立つ情報をご紹介。

ライトハウス編集部
ライトハウス編集部

47)商売繁盛は簡単だった!
【ツク秘訣】

マーケティング講座

皆さん、こんにちは! 阪本啓一です。今日この記事を読んだあなたは大吉です!


ツキを味方にする!

 私はビジネス経験今年で26年ですが、商売を繁盛させるには人間の力だけではない、「何か見えないもの」のパワーも味方につける必要がある、と確信しています。それがいわゆる、日本語でいうところの「ツク」ということです。今日はツクための具体的な秘訣を、私自身の実践の中からお話ししましょう。実は商売繁盛って、意外と簡単、シンプルなんです。


オフィスをきれいに

 自分の身の回り、オフィスや家をきれいに掃除しましょう。寺の修行が徹底して掃除であることも意味があります。整理・整頓することで、自分の気持ちが整理されます。業績の良い会社やお店は共通して、きれい、清潔です。私は小売業の新人採用の折、面接だけではなく、応募者の自宅の部屋を見せてもらう最終選考方法をとったことがあります。部屋の中に何があるかを見るのではなく、部屋の整理整頓状況を見れば、人となりがわかるからです。人頼みにせず、自分たち自身で掃除整頓を心がけましょう。


トイレのふたをする

 トイレ掃除を毎日自分でしましょう。そして、常にトイレのふたをしめておきましょう。トイレの神様は「うすしま明王」様なので(アメリカでも日本でも、担当は変わらないみたいです)、掃除しながら、「うすしま明王様、ありがとうございます」と感謝の気持ちを言うと、より良いです。さらに、「おんくろだのう、うんじゃくそわか」という真言を唱えながら実行すると、最高です。この真言、意味はわからなくても(実は私も知りません)、とにかく口にしましょう。私は出先の店や駅でも、ついついトイレの掃除をし、ふたを閉めて回ってしまいます。新幹線のトイレはかなり汚れていることが多くてきついのですが、トイレットペーパーを駆使し、掃除しています。

 トイレ掃除は、今や世界的な映画監督となった北野武さんも、売れない30年前以来、師匠に教えられてからずっと一貫して実行しつづけている由です。ご本人によれば、「才能なんて無い自分が今日まで芸能界でやってこれているのは、唯一、この習慣(トイレ掃除)のおかげかもしれない」。ロケ先などの公衆トイレは汚れてぐちゃぐちゃです。でも、北野氏は自らの手で掃除をしているそうです。


水周りをきれいに

 トイレの次は、水周り。洗面台、台所、お風呂を常に清潔にします。一日中水のかかっている洗面台、台所は、濡れた都度、キッチンペーパーで拭き取っておきます。ほら、板さんを始め、料理人はいつも布巾で拭くのがクセですよね。キッチンペーパーは「バウンティー」がお勧めです。NY以来、私はずっと手放せません。三枚重ねにし、四つに折りたたんで拭きます。使い終わったら捨てずに拡げて干しておきます。アメリカは湿度が低いからすぐに乾燥するでしょう。2日は使えますので、経済的です。

和顔愛語〜言葉をプラス言葉で

 言葉にも魂があって、言霊(ことだま=ことばだましい)といいます。言葉がオフィスやお店の空気を作ります。「ありがとう。おかげさまで。感謝しています。ツイてるね。すばらしい! Thanks!」などなど、プラスを帯電した言葉が交わされている場は波動が良くなります。マイナス言葉─不平不満、愚痴、悪口、妬み、文句、罵声、怒声の飛び交う場は波動が低くなってしまいます。

 波動は同じ波動を引き寄せる力を持っていますから、高い波動を持っている会社には、高い波動を持っているお客さんがやってきます。逆もまた真なので、たとえば「お店の備品をこっそり盗むお客さんが絶えない」というレストランがあったとしたら、その店がそういう波動なのです。盗むお客さんが悪いのではなく、盗まれるあなたの店が悪いのです。

 波動を高めましょう。具体的な方法は、⑴笑顔を絶やさない、⑵言葉をプラス言葉に、この二つです。この二つをたった一言で表現した言葉があります。和顔愛語。おだやかな笑顔で愛のある言葉を。良い波動、高い波動は周囲に伝染します(低くて悪い波動も伝染します)。常に和顔愛語を心がけましょう。
 Good luck to you!!

(2006年11月1日号掲載)

バックナンバーをみる

クラシファイド 最新20件

Lighthouse Mail News Subscribe
UTOPIA