働く
JOB

アメリカでのビジネス・仕事

現地情報誌「ライトハウス」が人気コラム「アメリカ人と共に働く技術」をはじめ、起業・独立、マーケティングに関する情報など、アメリカでのビジネスに役立つ情報をご紹介。

ライトハウス編集部
ライトハウス編集部

65)営業時間で差をつけよう

マーケティング講座

皆さん、こんにちは! 阪本啓一です。
意外に見過ごされがちだけど、
実は売上の重要なポイントになるのが営業時間。
営業時間は、自分の店のこだわりや提供価値を
具現化するための大切なマーケティング手段なのです。


営業時間のマーケティング的意味

 レストラン、カフェや物販など、一般顧客を相手にビジネスする場合、営業時間はとても重要なマーケティング手段になります。「私たちはこの営業時間でお客様に最高の価値を提供いたします」。裏返して言うなら、「それ以外の時間では満足な価値提供ができません。そこまで考え、準備し、全身で仕事しています」という宣言です。 


金曜から月曜まで4日間だけ

 カフェCは、海の近くの気持ちいい環境で営業しています。しかし、営業日はわずか週4日間だけ。理由は、通販で仕入れている食材の到着日が木曜だから。くだんの通販は有機野菜を中心に、例えば卵は十分な運動ができる風通しの良い鶏舎で健康に育った鶏が生んだもの、遺伝子組み換え作物を原料とした食品は扱わない、という風に、「身体と地球にやさしい」コンセプトのもと運営されています。

 カフェCの経営者は、ゲストに提供できる食材の量から営業日を決めているのです。ありがちな営業日設定の方法は、「カフェだからお休みは週に1回だろうね。周囲のお店もみんな休んでいる曜日に合わせて休もう」でしょう。しかし、ここには顧客への提供価値の視点がありません。Cは、むやみに営業したところで、自分の納得できる価値が提供できなければ意味がない、と考えているのです。


夏は7月8月2カ月お休み

 大衆食堂のGは、まずトレイを手に、大テーブルに並べられているおかずの皿から好きなものを選び、最後、ごはんと味噌汁を注文して食べる、という典型的な「めし屋」スタイルのお店です。お客さんは、近所のおっちゃん、おばちゃん、外回りの営業マン、タクシー運転手などで、みんな、気楽に食べています。客の平均単価は600円から800円くらい、お手軽な「町の食堂」。ところがここは行列ができるめし屋! なぜそこまでお客さんを引き寄せるかというと、ごはんがおいしい。米の炊き方に秘伝があるらしいのです。詳しくはわかりませんが、どうやら牡蠣の殻を入れて冷蔵庫で一晩冷した水で炊くと、牡蠣殻のカルシウム入りのおいしいごはんが炊けるようです。「たかがごはん」とおっしゃるかもしれませんが、ごはんだけをいつまでも食べていたいほどの旨さなのです! テレビで紹介されているのを見て、実際に食べに行きました。幸せな旨さで、日本人に生まれて良かった、と思いました。

 夏の2カ月、7月と8月はお休みします。理由はごはんを炊くのに使っている地下水がまずくなるから。売りのごはんを納得のいく味に炊けないのであればやらない。この潔い姿勢もまた、お客さんを呼んでいるのでしょう。営業日でも、お昼過ぎ、14時ごろになったらごはんが売り切れるので閉店。明確ですね。


よくわからない営業時間で倒産したうどん屋

 弊社オフィス所在地の私鉄駅前にあるうどん屋。味はおいしく、新しいメニューの開発にも熱心で、うどん好きの私は贔屓にしていました。スタッフも愛想抜群、いつ行っても気持ちの良い接客でもてなしてくださいます。ところが先週、突然店じまいしてしまいました。行ってみると閉店挨拶の紙がドアに。真相はわかりませんが、推測できます。なぜなら、その店は、営業時間と営業日が曖昧だったからです。

 うどん屋さんは当然ランチタイムが重要。ところが、開店時間がまちまち。ある日は午前11時開店、ある日は12時開店、ある日は「お休み」の貼り紙が。また、定休日は毎週水曜日と決まっているものの、火曜日にやってるだろうと行くと、休んでいたりします。こういう曖昧さで1番困るのは店ではなく、新規顧客でもなく、常連さん。そして、常連さんを大切にしない店は必ず躓きます。私も何度も「行ったら休み」の被害に遭いました。

5時から13時までの吉野家築地1号店

 牛丼の吉野家は築地から歴史を始めています。その1号店は今でも現役ですが、築地市場にあることから、営業時間はお客さんに合わせて午前5時開店、午後1時閉店です。きっぱりしていて、いいですね。ちなみにこの店の床には一面に御影石が敷き詰められています。見た目の良さもさることながら、水はけが良くて衛生的、と、市場ならではの心配りですね。

*  *  *

 営業時間は店の売りを1番わかりやすい形でお客さんにアピールするマーケティング手段です。大いに利用しましょう。そのために、「うちの売りは何か」をあらためて考えてみるのもいいと思います。

(2007年8月1日号掲載)