働く
JOB

アメリカで働く(多様な職業のインタビュー集)

現地情報誌「ライトハウス」が長年に渡り連載してきた人気コラム「アメリカで働く」は、アメリカで働く日本人・日系人、100名以上の皆さんへのインタビュー集。業種も、職種も異なる100名以上の皆さんそれぞれにとっての「アメリカで働く」とは?アメリカでの"キャリア"や"仕事"が見えてきます。

ライトハウス編集部
ライトハウス編集部

コマーシャル・インダストリアルデザイナー(クリエイティブ系)

後山真己博さん

24時間インスピレーションを得ている
個性的なデザインで人を驚かし続けたい


アメリカで夢を実現させた日本人の中から、今回はプロダクトデザイナーの後山真己博さんを紹介しよう。美大受験に失敗し、アメリカ留学を決意。趣味のモトクロスであこがれだったトロイ・リーさんに会いたくて「トロイ・リー・デザインズ」を訪問。そのチャンスを生かして、同社のデザイナーに。


【プロフィール】うしろやま・まきひろ■1971生まれ。愛媛県出身。高校を卒業後、90年、サンディエゴのアドバタイジング・アートカレッジに留学。カレッジ在学中からモトクロスのヘルメットやウェアデザイン製作会社「トロイ・リー・デザインズ」でインターンをし、93年、卒業と同時に正社員に。現在はウェアデザイナー兼アートディレクターとして活躍中。
キャリアインフォメーションはこちら

あこがれの会社に電話したのがきっかけ

スケッチブックには、モトクロスウェアや
グッズのスケッチがぎっしり

 小さい頃から絵を描くのが好きで、ずっと絵を習っていました。高校も工業高校のデザイン科に進み、美大に行きたかったのですが志望校の受験に失敗し、「浪人するよりアメリカで勉強しよう」と思い、渡米することにしました。趣味がギターとモトクロスなので、「いつかアメリカに行ってみたい」といったあこがれもありました。

 サンディエゴのデザインスクールに行きましたが、学校の規模も小さく、日本人が1人もいない環境だったので、デザイン専門用語などと同時に、一般の英語を比較的早く学ぶことができました。「広告デザイン」を専攻していたので、課題では絵だけではなく、コピーライトもつけて広告としてのコンセプトを伝えるのが大変でした。好きなことなのでがんばれたのだと思います。ちょうどコンピューターでモノを作る始まりの時期で、抵抗なく入っていけたのもラッキーでした。

 モトクロスはサンディエゴでも乗っていましたが、高校時代からあこがれていた「トロイ・リー・デザインズ」という会社が、サンディエゴから1時間半くらいのところにあると知って、ある日、会社に電話しました。社長のトロイ・リーはアイデアマンで、それまで無地かラインが入っている程度だったヘルメットに、グラフィックをつけたことから始まった会社です。日本にいる時に雑誌で見て、僕もマネをして自分でヘルメットを塗ったりしていたのですが、電話した時は、「社長の知り合いになっていつか塗ってもらえるといいな」程度の軽い気持ちでした。すると「ショールームもあるから遊びにおいで」と快く誘ってくれたのです。


床掃除やゴミ拾いでも、毎日デザインを持参

ヘルメットはオーダーメイドの
オリジナルデザインも作っている

 会社に行った時に「採用していませんか」と訊ねたら、「学生なら週に3日ほど、昼から来れば」と言ってくれ、片道1時間半かけて通うようになりました。最初はインターンだったので、それこそ床掃除やゴミ拾いばかりでしたが、行くたびにデザインを持参して社長に見せました。初めの頃は当然「ダメ」ばかりだったのが、2、3カ月経ったある日、ようやく「おもしろい」と言ってくれ、「小さなプロジェクトをやってみるか」と持ちかけてくれたのです。それが認められて、少しずつデザインを担当するようになり、卒業とともに正社員として入社しました。

 20代の頃は、仕事が楽しくて、楽しくて仕方がなかったですね。自ら毎日残業して、週末も出勤していました。「とにかく仕上げて、翌朝社長に見せたい」とそれだけでした。30代になると、今度は会社が成長して忙しくなったので、残業せざるを得ない状況になりましたが。今はモトクロスウェアのデザイナーとアートディレクターを兼任していますから、24時間何かを見てインスピレーションを得ています。ナイキの靴やそれこそ壁紙から食器まで、見るものすべてからアイデアを吸収していますね。

 これまではとにかく次から次へと新しいデザインが出るので、後ろを振り返る暇もなかったという感じです。でもバイクは趣味だったので、苦労を苦労と思いませんでした。社長が理解のある人だったのも恵まれていました。意見が合わなくて、社長と泣きながらケンカしたこともありましたが、「ダメだけど、他にもやってみれば」と課題を与えてくれました。やはり「あきらめない」ことが大切だと思います。


アメリカは、言えばわかってくれる国

 アメリカでは「言わなくてもわかってくれるだろう」は通用しません。根性を見せて一生懸命がんばるのも大事ですが、それを口に出して言わないとわかってもらえません。でもアメリカは、言えばわかってくれる国です。「何がやりたくてこうしたから、こうしてくれ」と伝えることが大切です。
 
 アメリカでデザインの仕事をしたいのなら、遠回りをせずにデザイン会社に就職するべきだと思います。ただデザイナーを目指す人は、紙と鉛筆でアイデアを書くという基本を忘れないでほしいですね。最近は、コンピューターができたらデザインができると思っている人も多いのですが、まずはスケッチした絵を見せるという作業があります。これができないと、コンピューターに入れることもできないわけです。

 アメリカのモトクロス人口はすごく多い。レースに出るのは全体の2割程度で、あとの8割は家族で楽しむ人たちです。モトクロスが生活に根付いています。ですからウェアやギアなどアフターマーケットの裾野は、日本よりもはるかに広く、アメリカの方が2輪業界に入りやすいのではないでしょうか。

 モトクロス会場などで知らない人が、僕のデザインしたウェアを着ているのを見るとうれしいですね。世界中の人に買ってもらえるわけですから、それが1番うれしい。一時期、自分が成長しているのが見えた頃、自立を考えたこともありました。でも僕はこの会社とここの社長が好きなので、今は会社を成長させるためにやれるだけやってみよう、という心境です。

 人が「マキのデザインだ」とわかるような個性的なものを作り、「またこんなのを出してきたのか」と、常に人を驚かし続けていきたいと思っています。

(2005年7月16日号掲載)