アメリカ生活

ニュースダイジェスト

「日時はすべて現地時間」

カリフォルニア

LAマラソン
3月実施に戻る

7月21日

ロサンゼルス市議会は、LAマラソンを5月のメモリアルデイから3月実施に戻すことを正式決定した。今年はメモリアルデイ実施へと変更したことにより、約5千人参加者が減少、さらに暑さにより救急処置の数が増大した。これを受け、10年は3月実施に戻し、さらにドジャースタジアムから海へ向かうルートに変更し、スタート時刻も午前7時20分から6時55分となる。10年の開催日は、3月21日日曜日に決定した。

カリフォルニア州立大学
授業料がさらに値上がり

7月21日

カリフォルニア州立大学は、授業料の20%値上げを決定した。1999〜00年度の年間1428ドルに比べ、09〜10年度は4026ドルと、10年間で3倍近く授業料が増加した。カリフォルニア州立大学では、今年5月に秋学期からの授業料を9・3%引き上げることを決定したばかり。

オークランド市が
医療用マリファナに課税

7月21日

カリフォルニア州オークランドで、米国初となる医療用マリファナへの課税法案が可決された。医療用マリファナを提供しているオークランド市内4カ所の医療施設は、来年から売上の1・8%を納税する。薬物追放運動を続けている関係者からは、医療用とはいえ、今回の課税可決が薬物取り扱いを正当化するものになりうるとして、反対の声をあげている。

ベッカムが
ギャラクシー試合に復帰

7月20日

イングランド代表MF、デビッド・ベッカムの所属する米MLSのLAギャラクシーが、ACミランとの親善試合を地元ホームディポ・センターで行い、2対2で引き分けた。ベッカムは6月までの5カ月間、期限付きレンタル移籍でACミランでプレーしていた。ベッカムはギャラクシーからの移籍退団を希望表明しており、今回の復帰試合では地元サポーターから激しいブーイングを浴びた。

加州赤字対策として
教育予算削減が決定

7月20日

カリフォルニア州の263億ドルの赤字対策で、州知事と議会リーダー間で同意に達したと発表した。幼稚園から12年生までの義務教育機関とコミュニティーカレッジへの43億ドルの支出削減、高校以上のその他教育機関への30億ドルの支出削減が決定した。

不法入国による逮捕者
サンディエゴで7%増

7月19日

08年の米墨国境での不法入国による逮捕者数が合計70万5千人であったことが明らかになった。前年度に比べて18%の減少。アリゾナ州ユマでの逮捕者が最も減少し、78%減。一方、サンディエゴで7%、テキサス州リオ・グランデ・バレーでは3%増加した。

サンフランシスコで
電車の追突事故

7月18日

サンフランシスコ市内で路面電車が追突する事故が発生し、44人が負傷した。路面電車は各2両編成で、運転手の過失が原因と見られ、現在調査が進められている。

Museum of Tolerance
拡大プロジェクトにストップ

7月17日

ホロコーストセクションが有名なMuseum of Toleranceの施設拡大プロジェクトに反対する団体が、ロサンゼルス最高裁判所に提訴していることが明らかになった。今年6月にロサンゼルス市議会は同プロジェクトを承認、同博物館で毎月18程度のイベントを実施できる規模にする動きが開始しされた。反対グループは、地域の交通規制や混雑を理由に訴訟に踏み切った。

7月17日

7月17日

約3200台あるカリフォルニア州公用車が、正当な理由なしに通勤用に使用されていたことが、監査の結果わかった。シュワルツェネッガー州知事は、これを受け、現在通勤用に使用されている公用車数を20%削減するよう命じた。これにより、初年度で2410万ドルを節約できるという。

飲酒運転での死亡事故
10年連続減少

7月16日

カリフォルニア州交通安全科は、州内の飲酒運転での死亡事故数が3年連続で減少したと発表した。08年は合計3434件で、前年度に比べて14%減少した。一方、オートバイによる死亡事故は8・1%増加し、合計560件で、10年連続で増加した。なお、飲酒運転による死亡事故は9・1%減少した。

カリフォルニア大学が
日系アメリカ人に名誉学位授与

7月16日

カリフォルニア大学理事会は、第2次世界大戦中にカリフォルニア大学に在籍していた日系アメリカ人全員に、名誉学位を授与することを決定した。大戦中に学校や職場から強制的に収容所に送られた日系アメリカ人は約12万人。そのうちの1人で当時UCバークレーに通っていたグレース・アメミヤさん(88歳)は、喜びの足で同校に向かい、名誉学位を受け取った。

17歳少年が単独ヨット
世界一周航海を達成

7月16日

ヨットの世界一周航海に挑戦していた、カリフォルニア州出身のザック・サンダーランドさん(17歳)が、ロサンゼルス港に到着し、最年少でのヨット世界一周航海を達成した。サンダーランドさんは、2008年6月14日にロサンゼルスを出発し、約1年かけて世界一周を航海した。全部で44,000キロの旅となった。

医療用マリファナに
課税が提案される

7月15日

ロサンゼルス市の新たな税収入源として、医療用マリファナへの課税が提案された。ロサンゼルスには、マリファナを医療目的として処方している多くの診療所があり、カリフォルニア州とその近隣州では、赤字予算補填策として、医師から処方されるマリファナへの課税を提案した。

ロサンゼルスの国有林
再び火災発生

7月13日

火災危険レベルが「最も高い」へ引き上げられた翌日のこの日、Malibu Creek州立公園近くで火災が発生した。2エーカーを焼失したものの、建物などへの被害はなかった。消防局は、現在原因を調査している。

15歳の少女
セスナ機で米大陸横断

7月11日

単発セスナ機でコンプトンを出発し、アメリカ大陸を横断したKimberly Anyadikeさん(15歳)が、この日、コンプトンに凱旋到着した。大陸横断は、成人の操縦士2人が同乗し、Anyadikeさんをサポートした。アフリカ系女性でセスナ機によるアメリカ大陸横断をした中で、Anyadikeさんは最年少。

南加の映画・テレビ
制作会社が衰退

7月11日

南カリフォルニアの映画・テレビ制作会社が、衰退していることが明らかになった。州の雇用開発部の調査によると、5月時点での映画・テレビ業界での職種は、昨年度と比べて1万3800種減少していることがわかった。減税の恩恵を受けるために、現在多くの作品が他州で制作されており、アメリカ映画のうちカリフォルニア州で制作されている作品は2003年の66%から、昨年度は31%まで減少した。

州所得税が
大きく減少

7月10日

6月のカリフォルニア州の所得税収が、1カ月前に財務担当者が予測した数字よりも約10億ドル近く下回ったと、経理担当管理者が発表した。カリフォルニア州での主な収益源が引き続き減少しており、既に経理担当管理者は、関連業者等に借用証書を発行している。

コンベンションセンターに
巨大広告が出現?

7月9日

ロサンゼルス市計画立案委員会は、総面積4万平方フィートにもなる大きさの広告板を、ロサンゼルス・コンベンションセンターに貼ることを許可した。正式に決定されれば、フリーウェイ110号線と10号線の交差する場所に、巨大な広告が掲示されることになる。

ゲティセンターの
近くで火事発生

7月8日

午後1時頃にゲティセンターやMount St. Mary's Collegeのある付近一帯で火事が発生した。火の勢いが強く、一時は350人もの消防士が消火にあたった。ゲティセンターでは、1600人の訪問客と800人の従業員に避難勧告が出された。また、Mount St. Mary's Collegeで行われていたカンファレンス出席者75人も避難した。消防士1人が軽傷を負ったが、避難した人にケガはなく、同日夕方にはほぼ鎮火した。

LA・OC郡が
交通渋滞が最も多い都市に

7月8日

ロサンゼルス・カウンティーとオレンジ・カウンティーが、全米で最も交通渋滞が発生している場所であることが調査により明らかになった。ガソリン価格の上昇や不景気の影響で、自動車の数が多少減少しているものの、引き続き「渋滞の多い都市」として名が上がった。ロサンゼルス/オレンジ・カウンティーの人は、他地域のドライバーよりも、年間約70時間多く渋滞に巻き込まれている。

全米で最も安全な都市に
アーバイン市

7月7日

アーバイン市が、全米で犯罪率が低い都市第1位にランクインしたことが、FBI調査の結果明らかになった。同市は今年で5年連続のトップで、10万人以上が住む都市の1人あたりの犯罪率が6・2%とされ、1年間で報告された暴力犯罪は129件だった。

マイケル・ジャクソン
メモリアルイベント実施

7月7日

急逝したマイケル・ジャクソンのメモリアルイベントが、ステープルズセンターで行われた。ファン約2万人が集まり、マイケルさんの早過ぎる死を惜しんだ。会場のスクリーンにはマイケルさんの生前の姿が映し出され、スティービー・ワンダーやマライヤ・キャリーらが、マイケルの名曲を熱唱。また、生前親しかった著名人が、涙ながらに思い出を語った。マイケルの3人の子供もステージに登場し、娘のパリスさんは、涙を流しながら「最高のパパだった」と語った。

州立刑務所で新型インフル
感染者を隔離

7月6日

サンクエンティン州立刑務所内で、新型インフルエンザ感染者の隔離規模を拡大したと発表した。同刑務所の保健管理関係者によると、多くの囚人が新型インフルエンザに似た症状を訴えているという。約5200人の囚人のうち2100人を隔離し、所内での伝染防止に務める方針が明らかになった。

ロサンゼルス郡立ビーチ
一部遊泳禁止へ

7月6日

ロサンゼルス・カウンティー公園管理関係者が、同カウンティー内にあるビーチ3カ所の遊泳を一部禁止すると発表した。この日から9月7日までの月曜日から水曜日にかけ遊泳が禁止となった。郡予算削減の影響により、管理費等を削減するため。近視となったのは、Castaic Lake州立公園、Frank G. Bonelli広域公園、Santa Fe Damレクリエーション公園の3カ所。

ドジャースタジアム
近辺で火事

7月5日

ドジャースタジアム近くのエリシアンパークで、火事が発生した。現場はロサンゼルス・ポリスアカデミー近くで、茂みの約5エーカーを焼失した。消防士が早急に駆け付け消火活動にあたったため、大きな被害は出なかった。

ドジャースのラミレス選手
出場停止から復帰

7月3日

運動能力向上薬の陽性反応が検出され、50試合の出場停止処分を受けていたドジャースのマニー・ラミレス選手が、ドジャースタジアムで行われた対サンディエゴ・パドレス戦で復帰した。5月7日からの約2カ月間にわたる出場停止で、年俸のうち770万ドルを失った。

レイカーズのジャクソン監督
2400万ドルで契約延長

7月2日

レイカーズのフィル・ジャクソン監督が、約2400万ドルで2年間の契約延長に合意した。これによりジャクソン監督は、2010年シーズンまで継続して指揮を執ることになる。

オレンジ郡裁判所
月1日追加休業に

7月1日

オレンジ・カウンティー裁判所が、月に1日追加休業することが決定した。同カウンティーでは、コスト削減のため8月19日から毎月1日、12月は2日間の追加休業を発表した。これらの休業日の給与は支払われず、約1700人の職員の給与分で、4・62%の削減が可能となる。同カウンティーは、これにより490万ドルの財源確保を目標としている。

ロサンゼルス郡の消費税
9・75%にアップ

7月1日

この日からロサンゼルス・カウンティーで、消費税が9・75%に引き上げられた。これはロサンゼルス都市交通局(Metropolitan Transportation Authority)によるプロジェクト「Measure R」施行のためで、同カウンティー内のフリーウェイや交通コンピューターシステムの導入やバス・電車などのルート拡張のために使われる。この増税により、同カウンティーは、カリフォルニア州内で最も消費税の高い地域の1つとなった。

ロサンゼルスで
4年連続降水量が減少

6月30日

ロサンゼルスで降水量が引き続き減少していることが、気候学者によって発表された。昨年7月1日から今年6月30日までの降水量を一昨年と比較すると、平均約381ミリのところ、約230ミリしか降っていないことが明らかになった。南カリフォルニアでは05年に過去2番目の最高降水量を記録してから、今年で連続4年の降雨量減少となった。

パロス・バーデス学校区
Parcel Tax導入を決定

6月29日

学校区の予算削減への対策の一環として、パロス・バーデス学校区が「Parcel Tax」導入を決定した。Parcel Taxとは、各学校区が多目的に利用することができる特別税。投票者の3分の2以上の賛成があれば導入することができ、同学校区では69%が賛成したため、165ドルのParcel Taxが決定・導入されることになった。

石油会社敷地近くに
セスナ機が緊急着陸

6月27日

午後7時頃に、セスナ機が機械系統の故障のため石油会社敷地近くに緊急着陸した。同機は、トーランス空港離陸後すぐに機械に異常を発見。パイロットは急遽進路を変更し、ウィルミントンにあるコノコ・フィリップス社の敷地近くへ着陸した。ケガ人はなく、着陸場所にも問題はなかった。

ハンティントン・ハーバーで
ボート事故

6月27日

深夜1時頃に男性3人が乗ったボートがハンティントン・ハーバー内の橋に衝突、男性2人が死亡し、1人が重傷を負った。3人の乗ったボートは衝突時、かなりのスピードが出ていた。2人の遺体は同日午前9時頃に引き上げられ、重傷を負った1人は泳いで岸までたどり着いた。飲酒が事故の原因である可能性があるため、現在調べが進められている。

フレズノ市の
著名ビジネスマン逮捕

6月26日

有名なビジネスマンとして知られているフレズノ市在住のカーク・ヴァータニアン容疑者が、婦女暴行の疑いで逮捕された。暴行を受けた女性が通報後、警察が駆けつけ、女性の身体に数カ所のあざや傷があることを確認した。取調べによると、同容疑者が女性に、プレゼントした13万5千ドルの腕時計を返すように要求し、言い争いになったという。

ロサンゼルス市議会で
早期退職要請を決定

6月26日

ロサンゼルス市議会は、2400人の市職員に早期退職の要請を進めると発表した。同議会では、予算削減の影響で市庁舎職員の解雇や月に2日間の閉館が進められていた。早期退職要請により職員解雇などを避ける方針。

『チャーリーズ・エンジェル』
ファラ・フォーセット死去

6月25日

70年代の人気ドラマ『チャーリーズ・エンジェル』などで知られる女優ファラ・フォーセットが、サンタモニカの病院で62歳で死去した。フォーセットは06年に直腸ガンと診断され、今年4月初めから入院していた。フォーセットの交際相手で俳優のライアン・オニールと、友人のアラナ・スチュワートさんがフォーセットを看取った。オニールとの間に生まれた息子のレッドモンドさんは現在、薬物依存症でリハビリ施設に入所しており、母親の死はカウンセラーから知らされた。

ポップの王様
マイケル・ジャクソン死去

6月25日

「King of Pop」と称されたマイケル・ジャクソンが自宅で倒れ、UCLA Medical Centerに緊急搬送されたが、50歳の若さで死亡した。発見された時はすでに呼吸をしておらず、心臓マッサージなどが繰り返されたが、そのまま心肺停止の状態だった。搬送後も蘇生措置を施されたが帰らぬ人となった。今年7月からロンドンで予定されていた復活コンサートのリハーサルに励んでいる最中の突然の悲劇だった。死亡原因については現在調査が行われている。

LAメトロバスが
拡張工事を開始

6月24日

ロサンゼルス都市交通局(Metropolitan Transportation Authority)は、メトロバス「オレンジライン」、ワーナーセンター停留所からチャッツワース・メトロリンク停留所までの約6・5キロ区間の拡張工事を開始した。この工事には2億2300万ドルの予算が充てられており、約3千人の雇用機会を創出する。工事は2012年に完了する予定。

ロサンゼルス教育委員会
さらに教育予算カット

6月23日

ロサンゼルス教育委員会は、今後3年間で16億ドルの教育予算を削減することを承認した。今後も労働組合が交渉を続けるものの、これが実現した場合、教師2200人とスタッフ2千人が解雇される。また、今年既にキャンセルされているサマースクールや、他のプログラムがさらに廃止されることになる。

LAタイムズアンケートで
LAPDが高評価

6月21日

LAタイムズが6月10〜16日に実施し、約1500人が回答したアンケートで、10人に8人がロサンゼルス市警(LAPD)の働きに対し、「高く評価する」または「評価する」と回答した。これまでLAPDに対する評価が低かったラテン系アメリカ人とアフリカ系アメリカ人は、それぞれ76%、68%が「評価する」と回答し、この数字は05年以来2桁以上の伸びであることも発表された。

シュワ知事のジェットが
緊急着陸

6月20日

シュワルツェネッガー州知事のプライベートジェットが、この日夜、バンナイズ空港に緊急着陸した。報道官の発表によると、コックピットから煙が出たことにより急遽着陸を決めたという。目的地のサンタモニカ空港まで10分ほどで、シュワルツェネッガー州知事は、この日の出来事を自身の「Twitter」のページに、「小さな冒険」と記した。

加州の失業率
過去30年で最高

6月19日

カリフォルニア州労働者レポートによると、州の失業率は、過去30年で最高の11・5%になったことが明らかになった。カリフォルニア州では5月の1カ月間で、6万8900の職が失われ、4月の11・1%からさらに0・4%増大した。昨年5月の失業率は6・8%だった。関係者によると、失業者は男性が多く、また現在雇用を増やしているのは「教育」と「健康」業界とのこと。

レイカーズが
優勝パレートを実施

6月17日

NBAファイナルを制し、7季ぶりに優勝を果たしたレイカーズの優勝パレードが実施された。選手・監督・関係者は、ステープルズセンターを出発し、約4キロの道のりを大勢のファンに囲まれながら、コロシアムへと向かった。この日集まったファンの数は約15万人で、8万人収容のコロシアムは満員となった。

カリフォルニア工科大学
環境維持プログラム新設

6月15日

Caltech(カリフォルニア工科大学)が、エネルギー革新、気候変動や環境維持についてリサーチを展開する、研究所設立のための寄付金30億ドルを受け取った。同校は「エネルギー研究の新時代」に着手する準備ができていると発表した。

レイカーズが15回目の
NBAチャンピオンに

6月14日

プロバスケットボールNBAの08〜09年シーズン王座を争うファイナル第5戦がフロリダ州オーランドで開催された。ロサンゼルス・レイカーズ(西カンファレンス)が、オーランド・マジック(東カンファレンス)を99対86で下し、ファイナル通算成績を4勝1敗とし、7季ぶり15回目のリーグ制覇を果たした。レイカーズのコービー・ブライアントは、ファイナル最優秀選手賞(MVP)を受賞した。フィル・ジャクソン監督は、NBA史上タイに並ぶ監督優勝10回に到達した。

シックス・フラッグスが
連邦破産法を申請

6月13日

アミューズメントパーク経営大手のシックス・フラッグスが、連邦破産法の申請を行った。南カリフォルニア最大規模のアミューズメントパーク、マジック・マウンテンを含む全米20カ所の2008年の経営は、2500万人を動員する成功を収めたが、未だ18億ドルの負債を抱えている。

ロサンゼルス市内建造物
史跡登録される

6月12日

アフリカ系アメリカ人の歩みにおいて重要な役割を担ったとされるロサンゼルス市内の7軒の建造物が、正式に史跡登録された。選定された7施設は以下の通り。YMCA、セカンド・バプティスト教会、アンジェリュス葬儀場、リンカーンシアター、第4消防署、プリンスホール・フリーメーソン寺院。

ミス・カリフォルニアが
称号剥奪される

6月11日

ミス・カリフォルニア主催団体は、キャリー・プレジャンさんから「ミス・カリフォルニア」の称号を剥奪し、準ミスのタミー・ファレルさんに授与することを明らかにした。同性婚に対するコメントやセミヌード写真が原因と言われているが、同団体は、「剥奪の理由は、プレジャンさんが、規約上の公式イベントに欠席したから」と発表した。

UCLA卒業式で
信教の自由を尊重

6月10日

UCLAの卒業式最中に読まれる学生1人1人の短い声明に、学生個人の信教の自由が認められることになった。卒業生が声明文に含んだ「主イエス・キリストに感謝を捧げる」という表現を、当初学校側は「神に感謝を捧げる」という文章に変更するよう促したが、結果的に学生の信教の自由を尊重するため、そのまま読み上げられることになった。

医療大麻取り扱い診療所へ
圧力かける

6月10日

ロサンゼルス市の一時禁止令を無視して医療大麻を販売していた診療所を、今後厳しく取り締まるよう、正式に同市議会が動き出した。2007年に一時禁止令が発令された当時には計186軒の診療所が経営を許されたが、現在600軒に増大した。今後は、医療大麻取り扱い申請を受け付けない方針が固まった。

マリナデルレイで
休息中のクジラ

6月9日

体長約6メートルのコククジラが泳ぐ姿が、マリナデルレイで発見された。一旦はマリナデルレイの中心航路から海へと去ったが、再度戻り、地域の住民を楽しませている。コククジラは、毎冬2月から5月に南へ下り、その後、アラスカへ戻って行くという。中心航路ではスピードボート等との接触などの危険があるが、関係者は「自然の本能を崩したくないので、今のところ追い出すつもりはない」と言う。

Cal Poly Pomonaで
夏期セッションが中止

6月9日

州の予算削減の影響により、カリフォルニア州立理工大学ポモナ校(Cal Poly Pomona)で、夏期セッションが中止されることに決定した。代わりに、受講時に支払いを済ませる「pay-as-you-go」クラスを実施するが、通常の夏期セッション費用(12単位で約1200ドル)に比べると2倍近い金額(同2880ドル)。同校のオーティズ校長は、「州が決断した2千万から3500万ドルの予算削減を考慮すると、他に選択肢はなかった」とコメントした。

チャイルドケアセンター
食事制限化の議案可決

6月8日

チャイルドケアセンターでの食事に最低限の基準が義務付けられることが、カリフォルニア州議会にて可決された。食事に野菜を含むことが義務付けられ、2歳以上の子供に全乳を与えることが禁じられる。現在、幼稚園から12年生の公立小学校では、脂肪分・塩分の含有量において規制があるが、多くのプレスクールには特別な規制はなかった。統計によると、ロサンゼルス地区のプレスクールに通う児童のうち20・7%が肥満で、カリフォルニア州全体では2歳から5歳児の25%が、肥満もしくは標準体重を超えているという。法律化されれば、2歳児以上には低脂肪乳かスキムミルクのみを与えることが義務付けられ、揚げ物や糖分を含む飲み物等が禁止される。

メリーマウント大学寮建設に
パロスバーデス住民が反対

6月6日

1975年にパロスバーデスに移動したメリーマウント大学では、キャンパス内に寮を建てることができず、多くの学生が6マイル離れたサンペドロの寮に滞在していた。学生にとっての不便な環境を整備するために、大学寮建設に対して住民の説得に取り組んできたが、事態は悪化。反対派団体は、裁判に備え弁護士を雇い、双方が譲らない状態となった。

マリブの短期賃貸料に
12%の税金

6月6日

マリブの住宅、コンドミニアム、アパートを賃貸する場合、30日以内の滞在でも短期移住税として12%課税されることが発表された。7月1日より施行される。同市の予算削減等の原因により、他のエリアでも同様の制度が導入される見込みだという。

マリオネットシアター
ロサンゼルス市記念建物認定

6月4日

ロサンゼルスのウエスト・ファースト・ストリートに位置するボブ・ベイカー・マリオネットシアターが、市の記念建物として正式に認定された。同シアターは1945年に映画館として建てられ、61年にベイカー氏とそのパートナーであったウッド氏が購入し「操り人形劇場」としてスタート。以来、週に6日間、操り人形劇を公演し、多くの人々に愛されてきた。議会で正式認定された当日には、操り人形師のスティーブ・メツラー氏が、議員を前に操り人形劇を披露した。

中国東方航空の乗客
LAXで2日間待機

6月2日

ロサンゼルス国際空港から31日午後1時30分に出発予定だった上海行きの中国東方航空機が、エンジントラブルで離陸できず、2日間にわたり乗客が空港に足止めされた。乗客282人中3分の2は同社の北京行きに乗り換えたが、他社への振り替えを認めていないため、残りの乗客は空港に取り残されたまま。

離婚訴訟中のLA市長
またTVレポーターと熱愛

6月1日

スパニッシュ語放送のTVレポーターとの不倫がきっかけで離婚訴訟中のビヤラゴーサLA市長が、今度はKTLAレポーターで元ミスUSAのルー・パーカーさんと熱愛中であることがわかった。2人が本屋でデートしているところをNBCがスクープした。

加州全般で犯罪減る
LAでは凶悪犯罪4%減少

6月1日

FBIの発表によると、昨年、カリフォルニア州の人口10万人以上の65都市中、45都市で凶悪犯罪が減少し、52都市で窃盗犯罪が減少した。ロサンゼルス市では凶悪犯罪が4%減少し、サンディエゴ市では凶悪犯罪が5・3%、窃盗犯罪は9・4%減少した。

カルツォーネ早食い
小林尊さんが優勝

5月30日

カルバーシティーでカルツォーネ早食いコンテストが開催され、小林尊(たける)さんが、サンノゼ出身のライバル、ジョーイ・チェストナットさんを制して優勝した。2人は独立記念日にニューヨークで開催されるホットドッグ早食いコンテストで再戦する。

大物音楽プロデューサ
殺人罪で最低19年の禁固刑

5月29日

女優ラナ・クラークソンさんを殺害した罪で有罪判決を受けていた、ビートルズのアルバムなどを手がけた大物音楽プロデューサー、フィル・スペクター被告に、ロサンゼルス郡地裁は最低19年の禁固刑を言い渡した。

LAレイカーズが
2年連続で西地区優勝

5月29日

NBAの西地区カンフェレンス決勝戦がデンバーのペプシセンターで開催され、レイカーズが119対92でデンバー・ナゲッツを下した。レイカーズは対戦成績4勝2敗で西地区優勝を決めた。これで2年連続チャンピオンシップ・ゲームに駒を進めた。

ロングビーチで
警官による発砲多発

5月28日

ロングビーチで、ロングビーチ市警察官による発砲を含む事件が多発した。今週だけで3件、今年に入ってから9件発生し、うち4人が警察官に撃たれて死亡した。10倍の規模のロサンゼルス市警察での同様の事件は、今年9件。

LA統一学校区でも
サマースクールをキャンセル

5月28日

ロサンゼルス統一学校区は、州予算削減に対応し、サマースクールを大幅にキャンセルすると発表。小、中学校では、プールなどを含むすべてのサマースクールとプログラムをキャンセルし、高校では単位回復など、卒業に必要なクラスのみ実施する。

LAXのショップてこ入れ
レストランやバーも改装

5月27日

ロサンゼルス国際空港(LAX)を管轄するロサンゼルス・ワールド・エアポーツは、ショップやレストラン、バーなどを全面改装すると発表した。ショップなどの改装は、1995年以来初めて。

コミュニティーカレッジ
夏季セッションをキャンセル

5月27日

州予算の削減に対応し、ロサンゼルスのコミュニティーカレッジは、7月第2週から予定されていた第2夏季セッションをすべてキャンセルすると発表した。6月中旬に始まる第1夏季セッションは予定通り実施される。当初より第2セッションしか予定していなかったウエストLAカレッジでは、夏季セッションは一切行われない。

シュワ知事が50億ドル
予算カットを発表

5月26日

シュワルツェネッガー知事は、破産の危機にある州財政の救済案として、主に福祉や大学奨学金などを含む50億ドルの予算カット案を発表した。これは2週間前に発表された160億ドルカットに追加されるもので、週末までにさらに50億ドルの削減案が発表される予定。

最高裁が同性婚禁止に同意
ずでに婚姻済みは合法

5月26日

州最高裁は、プロップ8が住民の賛同を得たことを受けて、再度同性婚に関する討議を行い、プロップ8の結果を尊重し、カリフォルニア州で同性婚は禁止することで同意した。ただすでに婚姻済みのカップに関しては、結婚は合法と認める。

ナーボーン高のアメフト選手
レストランで射殺される

5月25日

ハーバーシティーのナーボーン高校のフットボール選手で、市の代表レシーバーのダニー・ファーバーさん(18)が、ローズクランにあるレストランで食事中に、入ってきた4人組の男に射殺された。

LAマラソン開催
1万4千人が参加

5月25日

ロサンゼルスマラソン2009が開催され、1万4千人が参加した。男子部門はケニア出身のウェズリー・コリーアが2分8分24秒で、女子部門はロシア出身のタティアナ・ペトロワが2時間25分59秒で優勝した。

ローズミード市の前市議
2度の再集計も1表差で落選

5月23日

ローズミードのジョン・トラン前市議は、3月2日に行われた市議選後、2度の再集計を経て、わずか1表差で落選が確定した。

加州の予算不足さらに深刻
7月末にもキャッシュ底突く?

5月22日

連邦政府からの短期借り入れの可能性が低くなったことを受けて、シュワルツェネッガー知事と州政府高官などが緊急会議を開き、さらなる福祉予算の削減を検討した。現状では7月末にもキャッシュが底を突くと見られており、「ヘルシーファミリー」などの保険や大学奨学金「CalGrant」などの予算もカットされる見込み。

ベンチュラ北部の高級住宅地で
夫婦が襲われ死亡、子供は助かる

5月21日

ベンチュラ北部のビーチシティーにある高級住宅地で、夫婦がヘルメットをかぶった男にナイフで刺されて死亡した。両親が襲われるのを目撃した9歳の長男は、11歳の姉を連れて逃げ出し、近所に助けを求めて助かった。犯人は逃走中。

特別選挙の敗退で
教育費53億ドルカットか?

5月20日

カリフォルニア州特別選挙で、教育費の補充に関する法案が却下されたことにより、教育費53億ドルカットの可能性が現実味を帯びてきた。これにより教職員レイオフ、クラスサイズの拡大などは避けられない見通しとなった。

加州ワーストビーチに
サンタモニカやマリブ

5月20日

水質を調査する非営利団体の発表によると、08年のカリフォルニア州ワーストビーチのほとんどがロサンゼルス・カウンティーに集まっており、サンタモニカ、マリブ、カタリナ島のアバロンビーチなどがワースト10入りした。

加州の予算案に関する
特別選挙は惨敗

5月19日

カリフォルニア州で実施された予算案に関する特別選挙は、財政難時の政治家の昇給を禁ずる法案などを除き、増税案などほとんどの法案が住民により却下された。

ビバリーセンターで
ラッパーが射殺される

5月18日

ショッピングモールのビバリーセンターの駐車場で、ラッパーのドラがベンツに乗った男に発砲され、頭を撃たれて死亡した。ドラはアトランタを拠点に活躍する期待のラッパーで、レコーディングのためにロサンゼルスを訪れていた。ロサンゼルス空港警察は、ターミナル1で容疑者を逮捕したと発表した。

マグニチュード4・7
震源地はLAX近く

5月17日

ロサンゼルス国際空港東部のレノックスを震源地とするマグニチュード4・7の地震が発生した。レノックスはイングルウッドとホーソーンのあいだにあり、遠くはサンディエゴでも揺れを感じた。

UCマーセド大初の卒業式
オバマ夫人がスピーチ

5月16日

4年前に開校し、今年初の卒業生を出すUCマーセド大で、ミッシェル・オバマ大統領夫人がファーストレディーになって以来、初の卒業式スピーチを行った。オバマ夫人は「この大学の成形を担った学生たちは、そのレガシーを永遠のものにしてください」と語った。

シュワ知事の財政難対策
州職員5千人のレイオフなど

5月14日

シュワルツェネッガー知事は、州財政難対策として予算案を含む特別選挙の結果次第で見極める2案を提出した。いずれの案も州職員5千人のレイオフや少なくとも30億ドルの教育費削減などが含まれる。

ランドマークの売却を
シュワ知事が示唆

5月13日

シュワルツェネッガー知事は州財政難対策の一環として、州ランドマークの売却を示唆した。シュワ知事の売却提案には、USCフットボールの本拠地ロサンゼルス・メモリアルコロシアム、サン・クエンティン刑務所などが含まれる。

カリフォルニア州立大
授業料10%値上げ

5月13日

カリフォルニア州立大理事会は、秋からの授業料を大学・大学院とも10%値上げすることで同意した。これにより大学の基本授業料は306ドル上がり、年間3354ドルとなる。

LA上級裁判所が
教師のストに禁止令

5月12日

予算削減でレイオフの危機にある教員組合が計画していた1日ストに対し、ロサンゼルス上級裁判所は、組合との契約でストを禁止していることから、教員のストは違法であると禁止令を出した。

ミス・カリフォルニア
タイトル剥奪免れる

5月12日

ミスUSAページェントで、同性婚に反対意見を述べた後に、反同性婚運動に参加したことで物議を醸したミス・カリフォルニアのキャリー・プリジーンさんに対し、ミス・ユニバースのオーナー、ドナルド・トランプ氏は、「率直な意見を述べたに過ぎない」とタイトルを剥奪しない意向を表明した。

LAXでJAL機が
荷物コンテナ吸い込む

5月11日

ロサンゼルス国際空港で、日本航空61便成田行きのジャンボジェット機のエンジンが、荷物コンテナを吸い込む事故が発生した。同機はゲートを出たところで、近くにあった荷物カートに載っていた空のコンテナを吸い込んだ模様。乗客乗員にケガはなかったが、同機は飛行不可能になったため、乗客は別の便に振り分けられた。

銃買い戻しプログラム
1700丁集める

5月11日

ロサンゼルス市警察の銃買い戻しプログラムで、アサルトライフル40丁を含む計1700丁の銃が、同警察本部に提出された。同プログラムは、市場に出回る銃削減を目的に始まったもので、銃をギフトカードと交換できる。

100万人以上が帰化
3分の1が加州住民

5月10日

2008年にアメリカ市民に帰化した人は100万人を超え、史上最多を記録した。最も多く帰化したのはメキシコ人で約4分の1を占め、次いでフィリピン人、中国人、キューバ人、ベトナム人となった。帰化した人の3分の1は、カリフォルニア在住。

サンタバーバラ山火事
被害が拡大

5月8日

サンタバーバラの丘陵地帯で5日に発生した山火事は、この日までに最大約3500エーカーの山林と住宅75棟を焼いた。シュワルツェネッガー州知事の非常事態宣言により、近隣住民約1万2千世帯、3万500人が避難を強いられた。強風に煽られ消火活動は困難を極め、消防隊員11人が軽傷を負い、被害拡大の恐れが心配されている。

ラミレス薬物使用
50試合出場停止処分

5月7日

ドジャースの主砲、マニー・ラミレス選手が、禁止薬物使用により大リーグ機構から50試合の出場停止処分を受けた。ラミレス選手はこの処分を受け入れたが、医師から処方された薬が規定に触れただけで、ステロイド(筋肉増強剤)の使用は否定した。

ノースハリウッドの
復興・開発に着手

5月5日

ロサンゼルス市議会と地域再開発局は、1994年のノースリッジ地震以来、地震の被害とその後の経営難に苦しむノースハリウッドのショッピングプラザ再開発プロジェクトの最終案を認可した。「ローレルキャニオン・コマーシャルコリドー・プロジェクト」と名付けられた同案では、特に被害の大きかった「The Valley Plaza」ショッピングセンターの再開発等が含まれる。

UCLA化学研究室火災
大学側に罰金

5月4日

カリフォルニア州は、死者1人を出したUCLAのパトリック・ハラン教授率いる化学研究室での火災について、大学側に過失があったとの判断を下し、3万1875ドルの罰金を科した。事故の2か月前に行われた安全点検でも、同教授の研究室では24カ所以上の規則違反が見つかっていた。

ロサンゼルス教員連盟
ストライキを計画

5月1日

ロサンゼルス教員連盟は、6月1日から施行予定の5億9610万ドルの予算削減に対し、保護者に理解を問うとし、1日間のストライキを実施する予定を明らかにした。

サクラメントの私立高
豚インフルで一時閉鎖

4月28日

サクラメントのカトリック系の私立高校で、生徒3人が豚インフルエンザに感染していたため、学校を一時的に閉鎖した。カリフォルニア州の感染者はこれまでに13人で、シュワルツェネッガー知事が緊急事態宣言した。全米の感染者は68人。

不法移民への医療サービス
数郡で中止に

4月26日

カリフォルニア州では、サクラメント・カウンティーなどいくつかの郡で、予算削減に対応するため不法移民への医療サービスを中止する決定を下した。ロサンゼルス・カウンティーでは当面中止は考えられていない。

LAPDがサウスベイに
ハーバー署を改装オープン

4月25日

ロサンゼルス警察は、サンペドロ、ウィルミントン、ハーバーゲートウェイを管轄するハーバー署を改装オープンした。同署には260人の警官が常勤する。

ムーアパーク高校が
デカスロン4度目の優勝

4月25日

ムーアパーク高校が、アカデミック・デカスロンの全米大会で4度目の優勝を飾った。アカデミック・デカスロンは、これで7年連続カリフォルニアの高校が優勝した。

豚インフルがメキシコで猛威
サンディエゴでも感染確認

4月24日

メキシコで豚インフルエンザが猛威を振るい、少なくとも60人が死亡した。メキシコシティーでは学校を休校し、対策に追われている。サンディエゴでも1人感染が確認され、これで全米の感染者は8人となったが、全員が回復した。

航空機への鳥の衝突
LAXは18年で940件

4月24日

連邦航空局(FAA)の発表によると、1990年から2008年までに、ロサンゼルス国際空港で鳥が航空機に衝突した事例は、940件だったことがわかった。00年からの統計では、最も被害が多かったのはニューヨークのケネディ空港で30件、LAXはワシントン・ダレス空港などと並んで全米6位の16件だった。

ロングビーチの公園で
15歳少年が男性を射殺

4月23日

ロングビーチのオリザバ公園で、友人とバスケットボールをしていた27歳の男性が、15歳の少年に射殺された。少年はiPodを含む所持品を盗難しようとして男性にとがめられ、発砲した。検察では少年を成人として殺人罪で起訴する手続きを取っている。

乗用車やトラックによる
温室効果ガス排出を規制

4月23日

カリフォルニア大気資源委員会は、世界で初めて乗用車やトラックによる温室効果ガスの排出規制案を可決した。同案は液体水素燃料や電気、バイオ燃料などの市場を拡大し、同州のガソリン消費を10年以内に、25%削減することを目標としている。

加州の住宅ローン滞納増加
差し押さえは減少

4月22日

カリフォルニア州で、今年1月から3月末までに住宅ローンの債務不履行通知を受け取った人は13万5431人で、昨年の第4四半期比で80%増加したことがわかった。一方、政府の金融支援対策の一環で、差し押さえ手続きが困難になったことから、実際に差し押さえになった物件数は6%減少した。

LAXの利用者連続減少
海外旅行者は19%減

4月22日

世界で6番目に大きいロサンゼルス国際空港の利用者は、12カ月連続で減少し、前年同時期比で12・6%減となった。特に3月の海外旅行者は、前年同時期比で19%減と、過去最大の減少率を記録した。

加州下院議長らが
スタッフ給料値上げ

4月21日

カリフォルニア州下院議長が、民主党スタッフ約80人の給料を平均5%賃上げしていたことがわかった。また、州下院少数党院内総務も、共和党スタッフ56人の給料を平均5・5%賃上げしており、州財政難で州職員のレイオフや減給が実施されるなか、非難が集中した。

虐待で死亡した児童14人
LA福祉局の怠慢が原因か

4月20日

ロサンゼルス・カウンティーで、昨年、虐待などで児童家庭サービス局が通報を受けていながら死亡した児童は14人で、子供たちが危険な環境にあるのを知りながら、同局がなぜ救えなかったのか調査を開始しており、担当職員の懲罰処分は避けられない模様。

15歳から24歳の70%以上
加州生まれ加州育ち

4月20日

カリフォルニア州の15歳から24歳の70・5%が、同州生まれの同州育ちであることがわかった。1990年の調査では53・2%で、同州が移住者の州から定住者の州へ移行していることが明らかになった

LA市長が市職員の
10%減給を提案

4月19日

ロサンゼルスのビヤライゴーサ市長は、警察官や消防士を含む市職員の給与を、10%削減する案を発表。10%減給することで、市予算2億ドルが節減できるだけでなく、市職員のレイオフも避けられる。

南加で記録的な暑さ
LAで華氏94度

4月19日

南カリフォルニア一帯が熱波に見舞われた。ロサンゼルスのダウンタウンで華氏94度を記録、1914年以来の最高記録となった。ロングビーチの97℉、UCLAの92℉も新記録。

サンタモニカの
ハースト豪邸公開

4月18日

新聞王ウィリアム・ハーストが、愛人で女優のマリオン・デイビスのためにサンタモニカに建てた豪邸の一部であるゲストハウスとプールなどの施設が、26日より一般公開される。クラーク・ゲーブルやチャップリンが訪れたゲストハウスには、当時のハリウッドの展示もある。

南加で記録的な暑さ
LAで華氏94度

4月19日

南カリフォルニア一帯が熱波に見舞われた。ロサンゼルスのダウンタウンで華氏94度を記録、1914年以来の最高記録となった。ロングビーチの97℉、UCLAの92℉も新記録。

加州の失業率11・2%
記録史上最悪

4月17日

3月のカリフォルニア州の失業率は11・2%で、州の記録史上最悪となった。27週間以上失業中の人は37万500人で、47週間以上失業中も21万1千人。失業者実数は、過去12カ月で倍増した。

ロングビーチの病院で
薬剤技師が発砲、2人射殺

4月16日

ロングビーチメモリアル・メディカルセンターで、出勤してきた薬剤技師が拳銃2丁を発砲し、上司2人を射殺した。その後、自分の頭を撃って自殺した。動機は不明。

南加の住宅中間価格
3カ月連続で横ばい

4月15日

南カリフォルニアの3月の住宅中間価格は25万ドルで、3カ月続けて横ばい状態となった。住宅市場の落ち込みが、底を突いたのではないかと見られている。

南加の水供給量
今夏は10%削減

3月16日

南カリフォルニア都市水道局は、今夏の水供給量を10%削減することで合意した。州の貯水量は改善したが、3年連続で平均より下回っているため削減実施に踏み切った。同州で水供給量が削減されるのは90年代初期以来。

不景気と取り締まり強化で
加州の不法移民は減少

3月16日

ヒスパニックセンターによると、カリフォルニア州の不法移民数は、1990年には全米の42%を占めていたが、昨年は22%に減少したことがわかった。不法移民取り締まりのための企業への強制捜査や、不景気のせいで仕事がなくなったのが原因で、本国に帰国したり、他州に移る不法移民が増えた。

ネバーランドの調度品
オークションに

3月15日

児童わいせつ罪で起訴されて以来、空き家になっていたマイケル・ジャクソンのネバーランドの調度品が、ビバリーヒルズでオークションにかけられる。『Billie Jean』のビデオで付けていたクリスタルの手袋など全1390点で、オークションは4月22日から25日だが、展示はこの日から。

大物音楽プロデューサー
スペクター被告に有罪

3月15日

ロサンゼルス郡地裁の陪審団は、ビートルズの作品などを手がけた大物プロデューサーのフィル・スペクター被告に、第2級殺人罪の有罪評決を下した。スペクター被告はアルハンブラの自宅で、女優ラナ・クラークソンさんを射殺した容疑で起訴されていた。

ドジャースタジアムに
ヘルシーフード登場

3月11日

ドジャースタジアムでのシーズン開幕に備え、名物ドジャードッグに加えてヘルシーフードが登場することになった。新メニューに加わったのは、カレーチキンサラダやフルーツヨーグルトパフェなど。

エンジェルス投手事故
運転手を殺人罪で起訴

3月10日

ロサンゼルス・エンジェルスのエイデンハート投手が飲酒運転事故で死亡した事件で、当局は運転手のアンドリュー・ガロ容疑者を殺人罪で起訴した。ガロ容疑者の血中アルコール濃度は、法定の3倍以上だった。エンジェルス球場で行われたレッドソックス戦で、エンジェルス選手は喪章を付けてプレーした。

エンジェルス投手が
試合後に交通事故死

3月9日

ロサンゼルス・エンジェルスのルーキー、ニック・エイデンハート投手(22)が、対オークランド戦後、帰宅途中に球場からわずか6マイルの地点で事故に遭った。同投手の運転する自動車は、赤信号を無視して交差点に進入した飲酒運転の自動車に激突され、同投手と同乗者2人が死亡した。

加州沖のサケ漁
2年連続で禁止に

3月8日

連邦当局は、サケの産卵を保護するために、カリフォルニア州沖でのサケ漁を2年連続で禁止した。太平洋漁管理委員会は、オレゴン沖でのサケ漁も禁止している。水産業界への打撃は必至。

LA市長が市職員の
10%減給を提案

4月19日

ロサンゼルスのビヤライゴーサ市長は、警察官や消防士を含む市職員の給与を、10%削減する案を発表。10%減給することで、市予算2億ドルが節減できるだけでなく、市職員のレイオフも避けられる。

サンタモニカの
ハースト豪邸公開

4月18日

新聞王ウィリアム・ハーストが、愛人で女優のマリオン・デイビスのためにサンタモニカに建てた豪邸の一部であるゲストハウスとプールなどの施設が、26日より一般公開される。クラーク・ゲーブルやチャップリンが訪れたゲストハウスには、当時のハリウッドの展示もある。

世界最年長のベインズさん
115歳の誕生日を迎える

4月6日

ロサンゼルス在住の世界最年長のガートルード・ベインさんが、115歳の誕生日を迎えた。オバマ大統領やシュワルツェネッガー知事などからの祝辞が届くなか、好物のドジャードッグのプレゼントに大喜びした。

大韓航空がダウンタウンに
高層ビル2棟の建設発表

4月2日

大韓航空のヤン・ホ・チョーCEOは、ダウンタウンのウィルシャーグランドホテルとその一角を解体し、10億ドルかけてホテル、オフィス、ショップなどから成る60階と40階建ての高層ビル2棟を建設する案を発表した。

遠足の児童の前で冗談
エサの魚を口に入れ死亡

4月1日

ロングビーチ港で、ボートフィッシングの遠足に来ていた児童20人の前で、冗談でエサの魚を口に入れた漁師が、魚をのどに詰まらせ窒息死した。同僚の漁師が魚を取り除こうとして救急処置を試みたがうまくいかず、搬送先の病院で死亡した。

大型トラックが商店に激突
2人死亡、12人負傷

4月1日

自動車を搭載した大型トラックが、エンジェルクレスト・ハイウェイでコントロールを失い、フットヒル・ブルバードの交差点で乗用車5台に追突した。その後、本屋やネイルショップなどが集まる商店街に突っ込み、2人が死亡、12人が重軽傷を負った

コリアタウン内に
リトル・バングラデシュ?

3月31日

急増するロサンゼルスのバングラデシュ・コミュニティーは、3rdストリートとウィルシャー・ブルバード、バーモント・アベニューとウエスタン・アベニューの一角を「リトル・バングラデシュ」と指定する嘆願を提出した。韓国人コミュニティーは、この申請を注視している。

LAカウンティーの犯罪率
重大犯罪10%減少

3月31日

ロサンゼルス・カウンティーの犯罪率が、重大犯罪では前年比で10%減少したことがわかった。ロサンゼルス市では、空き巣や車両窃盗などの窃盗事件は6・4%減、殺人事件も4・9%減少した。

州の刑務所看守
「クビ」でも失業保険

3月30日

カリフォルニア州職員である刑務所の看守や護衛官など、2006年から08年に解雇された1045人中186人が、不祥事で解雇されていたにもかかわらず、失業保険を受けていたことがわかった。

予防接種免除の児童増
伝染病感染の恐れ

3月28日

自閉症を引き起こす恐れがあるなどの理由で、予防接種免除を希望する親が増えていることがわかった。昨年度就学した児童の1万人以上が予防接種を受けておらず、サンディエゴではしかの大発生を起こすなど、児童感染が増えている。

加州の地方銀行
6行を営業停止に

3月27日

FDIC(銀行預金保険会社)は、ロサンゼルスのファースト・バンク・オブ・ビバリーヒルズなど地方銀行6行に、営業停止命令を出した。

210号線で7台玉突き
2人死亡で10時間閉鎖

3月27日

210号線東行きアーウィンデール付近で未明、自動車7台を巻き込む玉突き事故が発生し、2人が死亡した。フリーウェイは10時間閉鎖された。

OCの有料道路料金
91号線で50セント値下げ

3月26日

オレンジ・カウンティーからリバーサイド・カウンティーに通じる91号線有料道路の料金が、どの時間帯も均一50セント値下げされた。交通量の少ない時間帯では、10マイルで1ドル25セントに、渋滞時は9ドル55セントになる。

加州の失業保険
1年失業で20週延長に

3月26日

連邦政府の経済支援により、カリフォルニア州議会は、1年以上失業している人に対する失業保険の支払いを、20週延長する法案を可決した。シュワルツェネッガー知事の署名を得て、成立する見込み。

LA統一学校区が
学級規模を拡大

3月24日

6億ドル近い予算不足を抱えるロサンゼルス統一学校区は、来年度の全学年の学級規模を拡大すると発表した。キンダーから3年生では1クラス20人から24人に、4年生と5年生は2人増の31人、11年生と12年生では43人クラスとなる。

UCLA経済予想
来年中旬まで悪化

3月24日

UCLAの経済学者は、全米の失業率は来年後半までに10・5%まで悪化し、カリフォルニア州では、来年半ばに11・9%に達するという予想を発表した。だが毎週のように政府の対策案が発表された例は過去にないため、対策次第では予想を覆す可能性があるとした。

WBC日本が韓国制し
2度目の優勝

3月24日

ワールド・ベースボール・クラシックの優勝決定戦がドジャースタジアムで行われ、延長10回、日本が5対3で韓国を破り、2度目の優勝を果たした。

加州の結核患者率
記録的な減少

3月21日

カリフォルニア州の結核患者率は、10万人につき7人と前年比で1%減少し、記録的な少数となったことがわかった。だが全米では10万人につき4・2人で、全米平均と比較すると依然高い。

南加の水の割り当て
当初予想よりも5%増

3月19日

カリフォルニア州当局によると、2月と3月に同州を襲った嵐のため、南加の水の割り当て量が、当初予想よりも5%増加すると発表した。積雪量は例年平均の86%、貯水量は例年平均の75%まで回復したが、州では引き続き節水を呼びかけている。

山火事の放火犯に
陪審団が死刑評決

3月18日

2006年に、民家34棟が全半焼、消防士5人が死亡したエスペランザ山火事で、リバーサイド・カウンティーの陪審団は、放火犯のレイモンド・オイラー被告に対して死刑を言い渡した。

LA水道局が料金見直し
基本使用量越すと44%割増

3月17日

ロサンゼルス水道局は、水不足に対応する新料金制度を承認した。新制度では、基本料金以内の使用料の家庭は変化しないが、基本料金を超える使用料の家庭では44%の割増料金となる。施行は6月1日。

ボブ・ディランの近隣住民
簡易トイレの悪臭で苦情

3月16日

マリブ在住のシンガー・ソングライター、ボブ・ディランの近隣住民が、ディラン家の入り口に設置された簡易トイレの悪臭に苦情を出し、同市が調査していることがわかった。同家の入り口には有人のガードがあり、簡易トイレはガードに勤務する従業員が使用している。

今年の流感が峠越す
例年になく軽度

3月13日

カリフォルニア州における流感のピークは1月で、シーズンは4月まで続くが、現時点での患者が、例年になく少ないことがわかった。小児科で3人の死亡が確認されているが、既に流感シーズンは峠を越したと見られている

加州の赤字補てん予算
既に80億ドルの赤字

3月13日

専門家の分析によると、2月に州議会とシュワルツェネッガー知事によって承認された予算案が、高まる失業率と予想を下回る経済成長のため、既に80億ドルの赤字であることがわかった。

SUVがパトカーに体当たり
犯人は射殺

3月12日

ひき逃げでパトカーに追跡されていたSUVが、ロサンゼルス・ダウンタウンの4thアベニューとサンペドロ・ストリートの交差点で、パトカーを狙って連続して体当たりした。このため犯人は、護衛していた別の警察官に射殺された。

82歳の男性が
毒キノコを食べ死亡

3月11日

サンタバーバラで、82歳の男性が、アロヨブロビーチ近くの森林で採取した野生の毒キノコを食べて死亡した。男性が食したキノコは、白いことから「死の天使」と呼ばれ、毒性が強く、カリフォルニア州の海岸沿いに多く生育する。

地球温暖化で沿岸都市に
「緊急対策が必要」と発表

3月11日

カリフォルニア州の省庁間で組織された「気候アクションチーム」は、地球温暖化による洪水地域をさらに拡大し、指定地域の開発の制限など「緊急対策が必要」だと発表した。新たに洪水帯に指定されたのは、ベニス、マリナデルレイ、ロングビーチ、ハンティントンビーチ、ニューポートビーチなど。

連邦の補助金を得ても
加州20億ドル不足

3月10日

専門家によると、連邦政府の景気対策法による自治体支援でカリフォルニア州が得るのは80億ドルで、財政赤字100億ドルを補填するには20億ドル足りないことがわかった。これにより、所得税の増税や予算削減が免れない可能性が出てきた。

LA教育委員会が
9千人にレイオフ予告

3月10日

ロサンゼルス教育委員会は、教師5500人を含む9千人の教職員に、レイオフの予告通知を発行することを承認した。

南加の固定資産税収
軒並み減少の予想

3月9日

南カリフォルニア各地の固定資産税収が、住宅価格の低下により軒並み減少すると予想されている。ロサンゼルス・カウンティーでは固定資産税収の1%に当たる110億ドルの減収になる見込みで、96年以来の減収となる。

コスタメサの大学に
資産家が全遺産を寄付

3月7日

コスタメサのバンガード大学カフェテリアで、毎回食事を取っていた資産家の男性が、全財産を同大に寄付する遺書を残していたことがわかった。遺産総額は不明だが、数億ドルに上ると見られている。

財政難で保留中の
加州の税金還付を再開

3月6日

カリフォルニア州チャング監査官は、財政難で一時保留していた州税の還付および高齢者や障害者の補助金の支払いを再開したと発表した。

エスペランザ火災
容疑者に実刑確定

3月6日

2006年にリバーサイド・カウンティーで発生したエスペランザ山火事で、消防士5人が殉職した。これにより殺人罪に問われていた火災を起こした容疑者に対し陪審員は、殺人罪で実刑を評決した。

同性婚禁止の憲法改正法
州最高裁が支持を示唆

3月5日

昨年のカリフォルニア州の住民投票で可決した、同性婚を禁止する州憲法改正案(プロップ8)を審議している州最高裁は、同法案を支持するが、同法成立以前に婚姻届を出した同性カップルの合法性は認めることを示唆した。

サンディエゴ動物園の
皮膚病感染は飼育係が発端

3月5日

1年前にサンディエゴ動物園で発生した皮膚病感染は、ゾウの飼育係が発端であったことがわかった。子ゾウは親ゾウが育てられなかったため、この飼育係が育てていたが、飼育係から子ゾウに感染し、子ゾウから20人の動物園職員に感染した。

連邦の景気対策法で
LA郡に1万職

3月4日

ロサンゼルス・カウンティーのクナベ監督官は、オバマ大統領が成立させた景気対策法により、同カウンティーでは一時的に、1万人分の雇用を創出することができると語った。

LA郡が1千ドル徴収に
1万3千ドルの出費

3月3日

ロサンゼルス・カウンティーが、コンプトン在住の女性から女性の孫の拘置費用1004ドルを徴収するために費やした弁護士費用が、1万3千ドルに上っていたことがわかった。拘置費用は現在も未納の状態。

海兵隊機の墜落事故
メンテ不備と判断ミスが原因

3月3日

サンディエゴで海兵隊ジェット機が民家に墜落し、住民4人が死亡した事故で、原因を捜査していた海兵隊は、メンテナンス不備とパイロットと上官の判断ミスが原因だったと発表した。最寄りの基地に着陸可能だったが、ミラマー基地まで強引に引き返したのが最大の原因。

水不足の加州に朗報
積雪レベル80%まで回復

3月2日

水不足に直面するカリフォルニア州だが、2月に同州を襲った冬の嵐で、州の水供給の大半を担う山岳部の積雪量が、通常レベルの80%まで回復したと水資源局が発表した。シエラ山脈の降雪量は通常の90%以上で、更なる降雪が予想されている。

12歳児にスタンガン使用
ホーソン警察が調査

3月1日

ホーソン中学の校内で暴れていた自閉症の12歳男児に対して、ホーソン警察が5万ボルトの高電圧スタンガンを使用した件で、同警察は捜査を開始した。ニューヨーク州やネバダ州では、児童へのスタンガン使用を禁止しており、ロサンゼルス統一学校区でも禁止されている。

サンタモニカで86℉
各地で記録的な暑さ

2月28日

この日、サンタモニカでは気温が86℉に達し、92年の78℉を大きく上回る気温を記録した。UCLAで85℉、ロングビーチが84℉など、各地で過去最高気温を上回るか、並ぶ記録となった。

州政府高官が通勤に飛行機
収税の無駄遣い多数発覚

2月28日

カリフォルニア州政府高官の多くが、通勤に飛行機を使うなど税金の無駄遣いをしていることがわかった。消費者関連局のキャリー・ロペス局長は、ロサンゼルスで娘とアイドル歌手のコンサートに行く飛行機代を州に請求していた。

加州の失業率10・1%に
ロサンゼルス市は10・5%

2月27日

カリフォルニア州の1月の失業率は10・1%と、83年以来26年ぶりの高水準を記録した。ロサンゼルス市ではさらにひどく、1月の9・2%から10・5%に急増した。

ロサンゼルス市の財政赤字
約10億ドルに達する見込み

2月27日

ロサンゼルス市の財政赤字は、10年度に9億8300万ドルとなる見込み。ビヤライゴーサ市長は、福祉サービスのカットや職員のレイオフに加え、ロサンゼルス動物園や市営駐車場の私営化を検討している。

サンタモニカ水族館で
タコがバルブ外し浸水

2月26日

サンタモニカ水族館で、タコが水槽内の海水リサイクル・バルブを外し、200ガロンの海水が漏れて館内を浸水させた。

シュワ知事の支持率33%
不支持は56%に

2月25日

シュワルツェネッガー知事の支持率が33%と、1月の40%より7ポイント低下した。不支持率は56%。州議員からの支持率はわずか21%で、不支持率は65%に上った。一方、オバマ大統領の支持率は70%、不支持は16%。

8つ子の母親が
『Dr. Phil』に相談

2月24日

8つ子の母親ナディア・サルマンさんは、テレビホストのドクター・フィルに電話をかけ、「子供の養育ができる証拠を整えるまでは、病院が8つ子を退院させないと言っている」と、相談した。サルマンさんは無職のシングルマザーで、既に6人の子持ち。生活保護を受けており、同居する母親の家も銀行差し押さえの危機にある。

ベッカLA保安官が
刑務所の閉鎖を示唆

2月23日

ロサンゼルス郡保安局のリー・ベッカ保安官は、州政府の予算削減で、ダウンタウンのセントラル刑務所を閉鎖しなければならない可能性があり、服役者の早期釈放もあり得ることを示唆した。州政府高官は、「過剰で無責任な発言」と批判した。

LA郡住民の
5人に1人が生活保護

2月21日

ロサンゼルス・カウンティー住民の5人に1人、220万人が、フードスタンプなどの生活保護を受けていることがわかった。当局では失業率9・5%が改善されなければ、生活保護受給者がさらに増加すると見ている。

アルカイダメンバーの義兄
移民法逮捕は報復と訴え

2月20日

タスティン在住でアフガニスタン出身の男性が、親戚にアルカイダメンバーがいることを隠蔽して市民権を取得した罪で逮捕された。男性の妹は、アルカイダメンバーと結婚していた。男性は「米政府に密告者になるよう脅迫されたのを断ったために逮捕された」と告発した。

シュワ知事が予算案署名
直面する財政危機は回避

2月20日

シュワルツェネッガー知事は、17年ぶりに売上税や収入税などの増税を含む1300億ドルの予算案に署名した。これにより直面する危機は回避されたが、4月に予定されている20億ドルの連邦ローンが下りなかったり、経済がさらに悪化すると5月中旬には、さらに危機に陥ると見られている。

加州予算案が
3カ月経て議会通過

2月19日

カリフォルニア州議会は、420億ドルの推定赤字を解消する予算案を、3カ月の審議の末、ようやく可決した。予算案のうち住民投票で承認されなければならないものもあり、カリフォルニア州民の賛同を得られるかどうかは未定。

サンディエゴで
デジタルTV導入

2月18日

サンディエゴではテレビの地上波放送のデジタル化が導入されたが、予想以上にスムーズな移行に政府関係者は胸をなでおろした。連邦議会により、地上波放送のデジタル化は6月12日まで延期されたが、サンディエゴでは当初の予定通り2月の実施を許可されていた。

南加に冬の嵐到来フリーウェイ閉鎖も

2月16日

南カリフォルニア一帯に今冬最大の嵐が到来し、フリーウェイ5号線や15号線の一部が閉鎖となったほか、各地で停電となり5万3千人に影響した。

州予算案可決に1票足りず

2月15日

カリフォルニア州議会は、予算案の可決を目指して週末も夜を徹して審議が続行されたが、なお賛成多数に1票届かず、翌朝の投票に持ち越しとなった。

州予算案が可決せず州職員1万人レイオフに

2月16日

シュワルツェネッガー知事は、州予算案が議会で可決しなかったことを受け、州職員1万人のレイオフと、道路や橋の修理などを含む事業275件以上を中断する用意があると発表した。

8つ子出産の担当医別の患者も4つ子妊娠

2月11日

8つ子出産の体外受精を担当した医師が、別の患者にも7個の受精卵による体外受精をし、患者が4つ子を妊娠中であることがわかった。州医事局は同医師に、規定違反がなかったかどうか調査を始めた。

州予算問題でシュワ知事
「議会通過しなければレイオフ」

2月10日

シュワルツェネッガー知事は「金曜日(2月13日)までに予算案が州議会を通過しなければ、州職員1万人をレイオフすることになる」と語った。一方議会は、一時的な売上税および自動車税の引き上げ、さらに年収100万ドル以上の増税を検討している。

水不足でLA市長
更なる節水を呼びかけ

2月9日

ビヤライゴーザ・ロサンゼルス市長は、水不足のため更なる節水を呼びかけ、スプリンクラーの使用を週2回に規制し、水道料金も使用料を段階設定する案を発表した。同市議会と水道局が同意すれば、今春にも導入される。

トンネル炎上事故
スピード違反が原因

2月8日

フリーウェイ5号線北行きのサンタクラリタ付近のトンネル内で、07年にトラックが玉突き事故を起こして炎上、6歳男児を含む3人が死亡、23人が負傷した事故で、カリフォルニア・ハイウェイパトロールは、トラックのスピード違反とブレーキ不備が原因との結論を出した。

グラミー賞でプラント
5部門を受賞

2月8日

第51回グラミー賞がステープルズ・センターで開催され、Robert Plant & Alison Kraussが、最優秀アルバム賞など5部門を受賞した。最優秀楽曲賞は、Coldplay、最優秀新人賞はAdeleが受賞した。

学問の10種競技
約1万人の高校生が参加

2月7日

学問の10種競技、「高校アカデミック・デカスロン」が、カリフォルニア州で一斉に実施され、100校以上から約1万人が参加した。

メトロリンク事故前に
車掌が携帯使用に苦情

2月5日

チャッツワースで貨物列車と正面衝突し、25人が死亡、135人が負傷したメトロリンク事故で、乗務員として唯一生存した車掌が国家運輸安全委員会で、事故の数カ月前に事故を起こした機関士が携帯電話を使用しているのを見て、上司に「適切ではない行為」と報告していたと証言した。

解雇された性犯罪者
郡職員として再雇用

2月4日

性犯罪者であったことからロサンゼルスのキング・ハーバー病院を解雇されたX線技師が、その後、ロサンゼルス・カウンティー運営のイースト・ロサンゼルス・ヘルスクリニックに再雇用されていたことがわかった。

メイデー暴動
市が1300万ドル支払い

2月4日

2007年のメイデーに起こった、ロサンゼルス市のマッカーサーパークでのデモ隊と警官隊との衝突事件で、ロサンゼルス市議会は、ロサンゼルス市警察が被害者に1300万ドルを支払うことに同意した。

ユニバーサルスタジオ
ツアーが今夏再オープン

2月2日

ユニバーサルスタジオは、昨年6月に火災で焼失した一部の撮影所を含むトラムツアーを、今夏再オープンすると発表した。再オープンするのは、『Back to the Future』で有名な裁判所のセットなど。キングコングのセットの再開は未定。

加州の信用格下げ
全米で最低に

2月2日

スタンダード&プアーズの発表した全米50州の格付けによると、カリフォルニア州はA+からAに格下げとなり、全米で最低となった。ほとんどの州はAAまたはAAA。

8つ子の母親にメディア殺到
インタビューは200万ドル

2月1日

ウィッティアー在住の8つ子の母親にすでに6人の子がいたことが発覚して以来、各メディアからインタビューや出版、テレビ化などの依頼が殺到した。最初のインタビューには200万ドルのギャラが支払われると見られている。

ウエストサイドも
住宅価格が約3割下落

2月1日

高級住宅地ビバリーヒルズ、マリブ、サンタモニカなど、ウエストサイド地域の平均住宅価格が、わずか数カ月で26%から30%下落したことがわかった。ビバリーヒルズの平均価格は、昨年第2四半期の300万ドルから210万ドルに、サンタモニカは210万ドルから160万ドルに、カルバーシティーも17%下落した。

州税金還付の留保
本日からスタート

1月31日

財政難によりキャッシュフローが底をついたカリフォルニア州で、州税金還付や福祉などへの支払いの30日間留保が、この日からスタートした。州税金還付は270万人に影響し、合計20億ドルになる。

8つ子出産の母親
すでに6人の子持ち

1月29日

ウィッティアー在住の8つ子を出産した母親が、すでに双子1組を含む7歳から3歳の6人の子持ちだったことがわかった。母親はシングルマザーで両親と同居しており、胚移植を受けていた。

州職員の月2日無給休暇令
裁判所が知事を支持

1月29日

州上級裁判所は、シュワルツェネッガー知事が提案した州職員の月2日無給休暇令を支持する判決を出した。2月2日より23万8千人の州職員は、毎月第1、第3金曜日が無給休暇となる。これによりDMVなども同日は休業となる。

LA動物園の象舎
工事続行を市が許可

1月28日

ロサンゼルス動物園が建築中の新象舎に対して、動物愛護団体などからの反対を受けて工事停止を命令していたロサンゼルス市議会が、協議の結果、工事の継続に許可を出した。

シュワ知事支持率
40%まで下がる

1月28日

シュワルツェネッガー知事の支持率が、2005年の特別選挙で大敗した時と同じ40%まで下がったことがわかった。州議員の支持率は21%。

ウィルミントンで
解雇を苦に一家7人心中

1月27日

ウィルミントン在住のウエストLAメディカルセンターのX線技師が、解雇されたのを苦に、双子2組を含む子供5人と妻を射殺した後に自殺した。夫婦揃って同センターから解雇されたが、レイオフではなく不正行為による解雇だった。

家の差し押さえ
昨年度で23万軒以上

1月27日

カリフォルニア州で、昨年度に銀行差し押さえとなった住宅は23万6千軒で、2007年までの9年間の合計を上回ることがわかった。

ベルフラワー在住女性
8つ子を出産

1月26日

ベルフラワー在住の女性が、カイザー・パーマネンテ病院で8つ子を出産した。同病院では医師や看護師など46人のチームで、出産に取りかかった。当初は7つ子と見ていたが、出産時に8つ子であることがわかった。8つ子出産は、全米で2例目で、母子共に健康。

州財政危機問題
予算カットには合意

1月25日

カリフォルニア州議会の財政危機問題に関する論議が続くなか、計60億ドルの予算削減に関して合意した。予算削減の内訳は、学校関係が39億ドル、州職員の人員整理による6億5700万ドル、高齢者や身障者サービスで6億1400万ドルなど。

「グリーンエキスポ」
1日で1万人の人出

1月24日

環境保全を考慮した建築業者やビジネスのトレードショー「Go Green Expo」がロサンゼルス・コンベンションセンターで開催され、1日で1万人が詰め掛けた。

リトルトーキョーの
ミツワマーケットプレイス閉鎖

1月23日

リトルトーキョーのミツワマーケットプレイスが25日をもって閉鎖され、24年の歴史に幕を下ろす。韓国系投資家によって2月15日に「リトルトーキョー・ギャレリアマーケット」としてソフトオープンし、グランドオープンは5月が予定されている。

加州の失業率9・3%
15年ぶりの高さ

1月23日

カリフォルニア州雇用開発局の発表によると、同州の12月の失業率は9・3%で、15年ぶりの高さとなったことがわかった。失業者総数は170万人で、12月だけで7万8千人が失業し、11月と比べ
約1%悪化した。今年度前半には11%まで悪化すると見られている。

サンタアナ動物園
サル不足で存続の危機

1月22日

サンタアナ動物園が、サル不足で存続の危機に立った。「モンキーマン」の異名を持つプレンタイス氏が、12エーカーの動物園の土地をサンタアナ市に寄贈した際の条件に、「サル50匹以上」の条件を付けていたため。同園のサルは現在48匹で、同氏は「条件を満たさないと土地を取り戻す」と公言した。

シティー・オブ・インダストリーNFLスタジアム建設認可

1月20日

シティー・オブ・インダストリーで、インフラ整備とNFLスタジアム建設のための公債5億ドルの発行に関する住民投票が実施された。即日開票で賛成が多数を占め、承認された。

新築住宅の販売数前年同時期比で53%減

1月19日

南カリフォルニアの12月の新築住宅販売数は、前年同時期比で53%減少したことがわかった。一方、住宅販売総数は、前年同時期比で51%上昇しており、銀行差し押さえ物件の売却増が原因。平均住宅価格は27万8千ドル。最高は2007年3月の50万5千ドルだった。

加州の失業保険資金急増連邦ローンが必要に

1月18日

カリフォルニア州が12月に発行した失業保険の総額は11億ドルで、失業保険の資金が底をつきつつあり、連邦ローンが必要となった。失業保険手続きセンターでは、急増した問い合わせに業務が追い付かず、未処理分が山積している。

汚職疑惑のOC保安官有罪は証人買収罪のみ

1月16日

汚職疑惑で起訴されていた、オレンジ・カウンティーのマイケル・コロナ前保安官に対し、陪審団は汚職罪などで無罪を言い渡し、有罪になったのは証人買収罪のみとなった。

税金還付や奨学金支払いの遅延を発表

1月16日

ジョン・チャング州監査役は、州財政難のため、税金還付や奨学金の支払い遅延が免れられないと発表した。支払いが遅延される税金還付総額は19億1千万ドルになる見込み。

シュワ知事年頭教書で「予算問題が最優先課題」

1月15日

シュワルツェネッガー知事は、年頭教書で「予算問題が最優先課題」であると強調し、州議員らに、「6月末の期限が守られない場合は、給与を差し控えるように」と訴えた。

SF地下鉄の警察官殺人罪で起訴

1月14日

元旦に非武装の市民を射殺した容疑で、サンフランシスコの地下鉄、BART(ベイエリア高速鉄道)の警察官が殺人罪で起訴された。22歳のアフリカ系米国人男性が、この白人の警察官に背中から射撃されたビデオ画像がインターネットなどで流され、サンフランシスコ・ベイエリアでは抗議のデモが多発、約100人が逮捕された。

アップルのジョブス氏6月末まで療養休暇

1月14日

アップル社CEOのスティーブ・ジョブス氏は、6月末まで療養休暇を取ることに決めたと公表した。CEOの職務はティム・クック氏が引き継ぐ。ジョブス氏は体重減少をホルモンバランスの崩れが原因と発表した矢先だった。同氏は以前に、すい臓ガンの手術を受けている。

遠足のバス2台が衝突生徒23人が軽傷

1月10日

レノックス中学の生徒124人が乗ったスクールバス2台が、フリーウェイ405号線パームス・ブルバード界隈で衝突し、生徒23人、学校関係者2人が軽傷を負った。生徒たちはラブレア・タールピッツへ遠足に向かう道中だった。

UC系が新入生6%カットを発表

1月9日

カリフォルニア大学群(UC)は、州予算の削減に対応するため、新入生の受け入れを2300人、約6%カットすると発表した。UCLAとUCバークレーの受け入れ数は影響しない。

学校登校日の短縮案教育関係者から反発

1月7日

シュワルツェネッガー知事が州財政難対策として打ち出した、学校登校日を年5日間短縮する案が、教育関係者から強い反発を浴びた。現在、最低登校日は年180日だが、5日間短縮すると州全体で11億ドルが削減できる。

LA市でもパティオ禁煙法可決?認可されれば夏にも施行

1月7日

サンタモニカ市やビバリーヒルズ市に続いて、ロサンゼルス市もレストランのパティオ席が禁煙になる可能性が高まった。同市議会で可決されれば、今夏にも施行される。同法はパティオ席およびレストランの10フィート以内での喫煙を禁止するもの。

州予算案をシュワ知事拒否税金還付に遅延の可能性

1月6日

シュワルツェネッガー知事は、カリフォルニア州議会が可決した416億ドルの赤字予算補填案に対して拒否権を行使した。州の財源は今年2月には底をつくため、州監査役は「早ければ2月1日より州税還付や州奨学金、業者への支払いが遅延する」と語った。

ウエストLAへの地下鉄完成は14年後か!?

1月6日

ウエストLAの交通渋滞を緩和するために、昨年11月の住民投票で地下鉄プロジェクトが認可された。このダウンタウンからウエストLAに延びる10マイルの地下鉄プロジェクトの完成案ができるのは2013年で、工事の完成予定が23年であることがわかった。

不法移民の学費問題州最高裁に持ち込まれる

1月4日

カリフォルニア州最高裁は、不法移民が州内学生と同じ割引学費の恩恵を受けている問題で、審議を取り扱うことに同意した。コミュニティーカレッジやUC、カリフォルニア州立大学では、州外生徒は州内生徒の約3倍の学費を払っている。

世界最年長はLA在住114歳の女性

1月3日

これまで世界最年長だったポルトガルの115歳の女性が他界し、ロサンゼルス在住のガートルド・ベインズさんが、114歳で世界最年長となった。ベインズさんは1894年、アトランタで生まれた。当時の大統領はクリーブランドで、全米は44州しかなかった。

運転中のテキストメッセージ禁止法が施行

1月2日

運転中にテキストメッセージを読んだり、タイプしたり、送信することを禁止する法律が同日施行された。運転中に携帯電話を耳に当てて会話するのを禁止する法律は、昨年7月に施行されて以来、4万8千人が違反切符を切られている。

南加各地の犯罪数6年連続で減少

12月31日

南カリフォルニア各地の犯罪数が、6年連続で減少したことがわかった。凶悪犯罪は、ロサンゼルス市警察管轄内では07年同時期比で約2・5%減、ロサンゼルス郡保安局管轄内で6%減となった。

加州の山火事消火費用08年度は10億ドル以上

12月30日

08年度にカリフォルニア州で発生した山火事で、140万エーカーを焼失、全米林野局の費用14億ドルの半分が同州に費やされ、州が消火に要した費用も10億ドルを超えたことがわかった。全米の山火事の4分の1がカリフォルニア州で発生した。

加州医療関係者の3割指紋押捺チェックまだ

12月29日

カリフォルニア州消費者関連局によると、医療関係者の約3分の1に当たる93万7100人が、指紋押捺によるバックグラウンドチェックを受けていないことがわかった。指紋押捺チェックは、犯罪歴などを調べるのに用いられる。

LA統一学校区が美術プログラム一時停止

12月28日

ロサンゼルス統一学校区は、4億ドルの予算カットを受けて美術のプログラムを一時停止することになった。同学校区はさらに4億ドルカットの危機に直面しており、実施されると1クラスあたりの生徒数増加や教職員レイオフの可能性が高い。

バレーの名所レストランスポーツマン・ロッジ閉鎖

12月27日

サンフェルナンドバレーの名所、スタジオシティーにあるレストラン「スポーツマン・ロッジ」が52年の歴史に幕を閉じ、08年内で閉鎖することになった。1913年にニジマスの養殖場としてオープンし、46年にレストランになった。

史上最大の地震訓練で対策の遅れが発覚

12月26日

11月13日に南カリフォルニアで実施された同州史上最大の地震訓練の結果、救急隊員や飲料水の確保が不十分で、電気の復旧も新しい方法を検討しなければならないことがわかった。地震訓練はマグニチュード7・8の地震が発生したと仮定し、多数の関係機関が参加して実施された。

サンタ姿で銃乱射8人死亡

12月25日

コビナでクリスマスパーティーを開いていた元妻の両親宅に、サンタクロース姿で現れた男が銃を乱射した。この男は持参した発火燃料を使って放火し、家は全焼した。元妻を含む少なくとも8人が死亡、犯人はシルマーの親類宅で自殺した。

UCアーバイン校ロースクール第1期生全員の授業料無料

12月24日

09年度開校を目指すUCアーバイン校ロースクールは、第1期生60人全員に対し、授業料全額の奨学金を出すと発表した。同校は初年度より全米トップ20校入りを目指しており、アイビーリーグレベルの最優秀生徒を集めるのが目的。

LAの新アート専門高校生徒受け入れ問題で難航

12月21日

ロサンゼルスのダウンタウンに09年度開校予定の芸術専門高校が、校舎は完成したものの開校に向けて難航を強いられている。全米で2番目に高額な投資により建設された公立高校だが、他地域からの生徒を受け入れるかどうかの論争が先立ち、教職員はおろか正式校名も決まっていない。

シーダー・サイナイ病院で個人情報漏洩が発覚

12月22日

シーダー・サイナイ病院の元職員が、保険金を搾取する目的で患者1千人以上の個人情報を盗んでいたことがわかった。同病院は被害者に対し、書面でクレジットチェックするように促した。

財政難で裁判が遅延陪審員への日当がネック

12月21日

米各州で、財政難が原因で裁判実施に障害が出始めた。ニューハンプシャー州では、陪審員への日当7万3千ドルを節減するために、州裁判所は1カ月間、あらゆる裁判の審議停止を決定した。

ロッキード事件のコーチャン氏死去

12月20日

田中角栄元首相の逮捕・起訴につながった「ロッキード事件」で、旅客機トライスラーの対日売り込み工作における元首相への贈賄証言をした、元ロッキード社副社長のアーチボルト・カール・コーチャン氏が、カリフォルニア州レッドウッド市の病院で死亡した。享年94歳。

Pヒルトン空き巣被害貴金属200万ドル相当

12月19日

マルホランド・エステートにあるタレントのパリス・ヒルトン宅に空き巣が入り、貴金属200万ドル相当が盗まれた。

ランチョパロスバーデス市を不動産王のトランプ氏訴える

12月19日

不動産王ドナルド・トランプ氏は、02年に始まったゴルフコースの建設を巡り、ランチョパロスバーデス市を1億ドルで訴えた。同市とはゴルフ場に植える木の高さなどでもめていた。

OCの有料道路計画連邦商務省が却下

12月18日

オレンジ・カウンティーの241号線をサンオノフレビーチまで延長する有料道路計画が、連邦商務省によって却下された。同計画は環境保護団体などから強く反対されており、昨年2月にカリフォルニア州沿岸委員会に却下されてから、連邦商務省に訴えていたもの。

州民主党が増税柱の予算案を提出

12月17日

カリフォルニア州民主党の指導者らは、売上税4分の3セント増、ガソリン税1ガロンにつき13セント増、2009年度所得税に2・5%の課徴金など、増税を柱とする予算案を提出した。

南加に記録的な雪各地で通行止め

12月17日

寒冷前線を伴った低気圧に覆われ、南カリフォルニア一帯は大雨に襲われた。山岳地帯や高地の砂漠地帯では、積雪でフリーウェイや一般道路が通行止めとなり、アンテロープやラスベガスへ通じる道が断たれた。またラスベガスでも記録的な積雪となった。

南加の住宅価格34・5%落下で
公共事業も全面停止か?

12月16日

カリフォルニア州は財政難が原因で、学校、道路、堤防などの公共事業約2千件を中止する可能性が高まった。工事中断の危機にある公共事業には、405号線の10号線と101号線間のカープールレーン工事も含まれる。また南加の11月の平均住宅価格は、5年ぶりに30万ドルを切る28万5千ドルで、昨年同時期比でマイナス34・5%となった。

デスバレーで小地震
3日間で55回以上

12月14日

全米地質調査所の発表によると、デスバレーで12日から14日にかけての3日間で、マグニチュード1・1から4・0までの小さな地震が55回以上発生したことがわかった。

中小企業局が
人気金融ローンに制限

12月14日

中小企業局(SBA)は、中小企業に人気の「コミュニティー・エクスプレス・パイロットローン」に制限を設けると発表した。ロサンゼルスエリアでは、これまで多い時で月間500件を扱っていたが、月間100件に制限される。

LA市の赤字予算補てん
職員の希望退職を促進

12月12日

ロサンゼルス市のビヤライゴーサ市長は、8660万ドルの同市財政赤字を補てんするために、市職員の希望退職を募った。これが実現できない時は、職員のレイオフを実施するよう人事局に指示を出した。

旧式ディーゼルトラック追放
全米で最も厳しい規制

12月12日

カリフォルニア州大気資源委員会は、ディーゼル式のトラックやバスの排気ガスを減らす新規制を発表した。同案では2023年までに、登録地に関わらず、同州を通過するすべてのトラックに排ガスフィルターを義務付け、旧式のディーゼルトラックを追放する。これは、全米で最も厳しい内容。

戦闘機墜落事件で子供の遺体見つかる

12月9日

サンディエゴで海兵隊戦闘機が民家に墜落した事件で、行方不明だった子供の遺体が見つかった。仕事に出ていて唯一の生存者である父親のドン・ユン・ユーン氏は、「パイロットはこの国の宝のはずだから、この事件で傷つかないことを祈っている」と語った。同家は韓国からの移民一家で、数週間前に被害に遭った家に越してきたばかりだった。

サンディエゴ民家に海兵隊戦闘機が墜落

12月8日

サンディエゴのユニバーシティー・シティーで、空母リンカーンから飛び立った訓練飛行中の海兵隊戦闘機が民家に墜落し、母親と子供1人、韓国から訪米中の祖母が死亡した。もう1人の子供は不明。パイロットは緊急脱出し無事だった。同機は離陸直後にトラブルが発生し、近くのミラマー海兵隊航空基地に緊急着陸する直前だった。

パールハーバー記念日に日米戦闘機が記念飛行

12月7日

パールハーバー攻撃記念日に、ハワイでは約2千人の退役軍人が集った。またカリフォルニア州カマリオでは、空軍第2次大戦記念博物館で記念式典が開催され、日本のゼロ戦とアメリカのグラマンF6Fヘルキャット、F8Fベアキャットの3機が記念飛行を行った。

「信号は青だった」と生存の車掌が証言

12月4日

9月にチャッツワースで起きたメトロリンク衝突事故で、生存者の車掌が、「ドアを閉める直前に乗客の乗り降りを確認した際、信号が青であるのを確認した」と捜査官に語ったことがわかった。

元州下院議長の息子ギャングと関係か?

12月3日

サンディエゴ警察は、殺人容疑で逮捕された元州下院議長の息子、エステバン・ニュネス容疑者(19)が、ギャングと関係がある可能が高いと発表した。

元州下院議長の息子を
殺人容疑で逮捕

12月2日

サンディエゴ警察は、元カリフォルニア州下院議長のファビアン・ニュネス氏の息子(19)を含む計4人を、大学生殺害容疑で逮捕した。この大学生はパーティーで刺殺された。

メトロリンク事故
不明瞭な赤信号も一因

12月2日

9月にチャッツワースで正面衝突事故を起こしたメトロリンクの事故調査団は、問題のチャッツワースの信号が不明瞭で、赤信号かどうかよく見えない状態であることが判明した。

正式に「景気後退」発表
シュワ知事「財政危機」宣言

12月1日

全米経済研究所は、米国経済が昨年12月から「景気後退局面」に突入していたと正式に発表した。専門家らは、景気後退が底を打つのは早くて2010年と予想している。同時にシュワルツェネッガー知事は、「カリフォルニア州は財政危機にある」と宣言し、議員に対し緊急対策を取るように求めた。

ロサンゼルス動物園が
新しいゾウ舎の建設着手

11月30日

動物愛護団体から強い非難を受けていたゾウ舎を改善するために、ロサンゼルス動物園は4200万ドルをかけ、3・6エーカーにおよぶ「パイキダーム・フォレスト」建設に着手した。だが、動物愛護団体は、「まだ十分ではない」と、これに反発している。

自動車販売の不振が
州の税収入に大きく影響

11月30日

自動車販売の不振が
州の税収入に大きく影響
カリフォルニア州の税収のうちトップを占めるのが自動車販売による税収で、第2四半期だけでも税収全体の15・5%、1億9300万ドルに上るが、昨年同時期比で3千万ドル減収となったことがわかった。

大混雑の玩具店で
客2人が発砲

11月28日

サンクスギビングの翌日の「ブラック・フライデー」として知られる大バーゲン日に、パームデザートの玩具店「トイザらス」で、女性客2人が口論になった後、それぞれの同伴男性が発砲し、2人が死亡した。

全米の平均住宅価格 2004年レベルまで落下

11月25日

今年第3四半期のロサンゼルス地域(オレンジ・カウンティーを含む)の平均住宅価格は、昨年同時期比で27.6%ダウンし、全米で5番目の急落下を記録したことがわかった。全米平均価格は04年レベルとなり、ピーク時の06年より21%ダウン。

フリーウェイ5号線大火災
猛スピードのトレーラーが引き金

11月25日

2007年、フリーウェイ5号線北行きサンタクラリタのトンネル内で、トラック5台が追突炎上して3人が死亡した事故は、雨で滑りやすくなっていた路面を時速65マイル以上で運転していたトレーラーが引き金だったことがわかった。

インランドエンパイアーが、全米で最も高い失業率

11月21日

リバーサイド、サンバーナディーノ、オンタリオの10月の失業率は9.5%で、全米平均より3%、カリフォルニア州平均より1.3%高く、全米で最も失業率の高い都市部であることがわかった。

ヨーバリンダ火災 消火栓が渇水で5軒全焼

11月21日

当局によると、先週のヨーバリンダ火災で少なくとも家屋5軒が全焼したのは、消火栓に水がなかったためだったことがわかった。ヨーバリンダ水道局は、火災の数カ月前から、水圧不足であったことを認めた。

不十分な水圧が、被害拡大の原因か

11月18日

118軒が全焼したヨーバリンダの住民は、以前から水圧が低いと苦情しており、当局では不十分は水圧が消火活動の妨げになった可能性があるとして捜査に乗り出した。500軒のモービルホームが全焼したシルマーでも、水圧が問題になっている。

モンテシト火事 火元は学生の焚き火

11月18日

210軒が全焼し、9軒が半焼したサンタバーバラ・カウンティーのモンテシト火事の火元は、18歳から22歳の学生が、廃屋となっていた茶屋近くでした焚き火だったことがわかった。消したと思っていた焚き火がくすぶり続け、強風にあおられて延焼した模様。

CSUが初めて新入生の削減に

11月17日

予算不足のカリフォルニア州立大学は、来年度入学の新入生の受付を、45万人から千人削減する案を発表した。そのために人気校の入学基準を高めるため、史上初めて、本来なら入学基準を満たしている生徒が入学できなくなる。

南加の山火事 1000軒以上が全半焼

11月17日

強風にあおられて猛火を振るった南カリフォルニアの山火事は、サンタバーバラ・カウンティーのモンテシト火事で219軒、シルマーとグラナダヒルズ火事で524軒、オレンジとリバーサイド・カウンティーにまたがった火事で259軒と、計1000軒以上が全半焼した。

OC山火事さらに2万6000人避難

11月17日

オレンジ・カウンティーの山火事は火の手が止まらず、アナハイムヒルズとヨーバリンダを中心に、さらに2万6000人に避難命令が出た。少なくとも179軒が全焼した。

LA統一学校区 4億ドルさらに削減か

11月16日

6月に680人を解雇したばかりのロサンゼルス統一学校区は、今期中にもさらに4億ドルの予算削減に迫られる可能性が高まったため、それに対応するためのクラス数の短縮や解雇、早期引退などを絡めたプランを発表した

南加各地で山火事 3万人以上が避難

11月15日

サンタバーバラからオレンジ・カウンティーまで、各地で山火事が発生し、計3万人以上が避難し、5号線、91号線、71号線の一部が通行止めとなった。シミバレーでは550軒近く、サンタバーバラやリバーサイドではそれぞれ100軒以上が全半焼した。

OCでも予算カット 社会サービスに影響

11月14日

固定資産税や売上税の減収により、オレンジ・カウンティーでもソーシャルサービスなど各部門で、計4400万ドルの予算カットを実施すると発表した。

ロトからの借り入れ法案 シュワ知事が署名

11月14日

シュワルツェネッガー知事は、2009年7月からカリフォルニアロトの賞金を増やし、その後20カ月間、その売り上げから50億ドルを借り入れる法案に署名した。法案は来年、特別選挙を実施して、住民投票にかけられる。

南加で史上最大の地震避難訓練を実施

11月13日

南カリフォルニアで地震対策の避難訓練が実施された。午前10時にマグニチュード7.8の地震が発生したという設定で、学校、企業、消防署や警察などが参加した史上最大の訓練となった。

モンテシトで山火事 住宅100軒近く全焼

11月13日

サンタバーバラ南部の高級住宅地モンテシトで山火事が発生し、折からの強風にあおられて瞬く間に山腹の住宅に燃え移った。400エーカー以上焼いてさらに燃え続け、住宅100軒近くが全焼した。

LAカウンティUSC病院 最新設備の新館オープン

11月7日

ロサンゼルス・カウンティーUSCメディカルセンターの新館が完成し、入院患者の引越しが行われた。新館は10億2千万ドルをかけて最新設備を完備しているが、旧館が6人部屋だったのに比べて、新館はほとんどが1人部屋のため、ベッド数は224台少なくなる。

同性婚の支持団体が、モルモン教会前でデモ

11月6日

同性婚を支持する市民団体など1000人以上が、ウエストウッドのモルモン教会前でデモをした。モルモン教リーダーたちは、教会メンバーに同性婚を禁止するプロップ8に寄付するよう呼びかけて大きな役割を果たした。

シュワ知事が財政難対策に売上税の増税案を発表

11月6日

シュワルツェネッガー知事は、州の財政難対策として売上税を1ドルに付き1.5セント引き上げる案を発表した。ロサンゼルス・カウンティーでは、交通整備予算に50セント引き上げる法案が住民投票で承認されたため、併せて10.25%になる。

加州版「新幹線」に住民がゴーサイン

11月5日

ベイエリアと南カリフォルニアを結ぶカリフォルニア版「新幹線」建設用に約100億ドルの予算を組む法案が、住民投票で承認された。同時にロサンゼルス・カウンティーの鉄道やバスの公共交通およびハイウェイ用の400億ドルの交通整備予算案も承認された。

加州同性婚にNO プロップ8が勝利

11月5日

カリフォルニア州憲法を改正し同性婚を禁止するプロポジション8が、住民投票で52%の賛成を得た。7月17日に州最高裁が同性婚の合憲性を認めて以来、多くの同性カップルが結婚したが、その合法性は今後の課題となる。

LAカウンティーの投票率、82%越す

11月4日

全米で記録的投票率が期待される中、ロサンゼルス・カウンティーでは選挙に登録する430万人のうち約350万人が投票し、投票率は82%を超えたことがわかった。

加州オバマへの選挙寄付
8400万ドルに

11月3日

カリフォルニア州の住民による民主党候補オバマ上院議員の選挙資金寄付は、10月半ばの段階で計8400万ドルに上り、2位のニューヨーク州を30%以上引き離して、全米1の寄付州となった。

USC有望の短距離選手
足を射撃され重体

11月1日

南カリフォルニア大の有望短距離選手で、高校時代にはロングビーチの高校記録を更新したブライション・ヌレムさん(19)が、大学近くを歩いていたところを通りがかりの車から発砲され、足を射撃されて重体となった。

14歳のバレエダンサー、ボルショイの夢現実に

11月1日

今年、ロシアの名門ボルショイバレエアカデミーに、唯一アメリカ人男子として入学許可されたサンバーナディーノ在住のマシュー・レオナルディ君(14)が、夢を実現するためにロシアへと旅立った。家庭の経済事情から入学をあきらめたマシュー君の記事が、先月『LA Times』で紹介されると、全米から応援の手紙や小切手計7000ドルが届いていた。

選挙日目前で同性婚ラッシュ

10月31日

カリフォルニア州最高裁で、同性婚は合憲とした同州の憲法を改正し、同性婚を違憲とする法案プロポジション8の住民投票が目前に迫った同州では、投票日前に婚姻届を出す同性カップルが急増している

OCで大量の下水流出
ラグナビーチ閉鎖に

10月30日

オレンジ・カウンティーで9年来最悪、50万ガロン以上の下水が海に流出し、ラグナビーチ海岸沿い4マイルが閉鎖された。

シュワ知事が教育費の削除 さらに20から40億ドル示唆

10月28日

シュワルツェネッガー知事は州教育者との会談で、教育費をさらに20億ドルから40億ドルカットする意向であると語った。また売上税の増加も検討していることが明らかになった。

加州有権者の4割が不在投票へ

10月26日

カリフォルニア州では有権者の4割が、投票所に行く替わりに郵送で済ます不在者投票を選んでいることがわかった。同州を含む全米28州で、理由のいかんを問わない不在者投票を受け付けている。

プロポジション8への寄付金 賛否併せて計6000万ドル

10月25日

カリフォルニア州で住民投票されるプロポジション8(同姓婚を州憲法で禁止する法案)への寄付金が、賛否併せて6000万ドル近くを集めたことがわかった。住民投票にかかる法案としては、近年にない関心の高さを示している。

不景気で宝くじの売り上げも減少

10月22日

不景気がカリフォルニア州宝くじの売り上げにまで影響していることがわかった。6月締めの昨年度ロットの売り上げは8%減の2億6千万ドルで、2年連続の減収。売り上げの一部は教育費に当てられるが、減収で教育費割り当ては1億600万ドル減になる見込み。

ヤフーが従業員の10%、1500人をレイオフ

10月21日

サーチエンジン大手ヤフーは、少なくとも従業員の10%に当たる1500人をレイオフすると発表した。レイオフはこの先2、3カ月かけて実施される。

三浦元社長の死因は絞殺による他殺と弁護団

10月20日

マーク・ゲラゴス弁護士は独自に検視を行った病理医が、ロサンゼルス拘置所の独房内で自殺した三浦和義元社長の死因は、絞殺による他殺だと結論付けたと発表した。

南加の平均住宅価格 昨年度比で33%減

10月20日

南カリフォルニアの9月の平均住宅価格は30万8500ドルで、前月比で7%、昨年同時期比で33%のマイナス成長だったことがわかった。昨年のピーク時比では39%減。さらに9月に売却された住宅の半数が銀行差し押さえ物件だった。

記録的な投票登録数 選挙日の津波効果を懸念

10月19日

カリフォルニア州では投票に必要な登録者数が記録的な高さとなり、選挙登録機関では2004年選挙時の2倍の人員で対応に追われている。同州最大のロサンゼルス・カウンティーでは、現段階で史上最大の415万人の登録を記録しており、選挙当日の津波効果を懸念している。

加州の失業率7.7% 12年ぶりの高率維持

10月17日

カリフォルニア州の9月の失業率は7.7%で、8月に続き12年ぶりの高率を維持したことがわかった。専門家は10月の失業率はさらに悪化すると見ている。

OCの有料道路が収入減で、連邦に11億ドルの借金要請

10月16日

月16日
オレンジ・カウンティーの有料道路を管理する輸送回廊局(TCA)は、不景気やガソリン価格の高騰で利用者が少ない有料道路の赤字対策として、連邦政府に11億ドルのローンを要請した。

温室効果ガスを90年レベルに シュワ知事が12年計画を発表

10月15日

シュワルツェネッガー知事は、州の温室効果ガスを年4トンずつ減らし、12年かけて90年レベルにする計画を発表した。これにより自動車メーカーや家電メーカーは、省エネをさらに充実させた製品の開発を要求される。

カリフォルニアアドベンチャー 新アトラクション案を発表

10月15日

カリフォルニアアドベンチャーは、20年代のカリフォルニアをイメージしたショッピングアーケードなど、古き良きカリフォルニアをテーマにした新アトラクションを増築すると発表した。2012年の完成を目指す。

山火事「メレック火事」鎮火へ グラナダヒルズには避難命令

10月14日

 「メレック火事」は鎮火へ向かったことで、避難命令が解除された一方、「セスノン火事」は西に延焼し、グラナダヒルズの住民に避難命令が出た。これまで死者2人を出し、計1万4000エーカーを焼失した。

加州に新幹線案 住民投票で進退決定

10月14日

 1970年代から検討され続けてきたカリフォルニア州に新幹線並みの高速鉄道を建設する法案が、11月の住民投票にかけられる。これまで計画に6千万ドルを費やしたが、政治的および経済的な理由から宙に浮いた状態だったが、今回の選挙で継続か中止かを決定する。

バレーで山火事2件 1人死亡、49軒全焼

10月13日

 バレー北部、エンジェルス森林公園で発生した「メリック火事」に続き、ポーターランチ西部でも山火事が発生(セスノン火事)、サンタアナから吹く強風にあおられて延焼し、1人が死亡、建物49軒が全焼した。210号線や118号線などの一部が通行止めになった。

エンジェル森林公園、山火事で1200人避難

10月12日

 エンジェル森林公園で山火事が発生し、約1200人が避難した。2100エーカーが焼失し、家屋1軒、RV3台が全焼した。

LA市の来年度予算 4億ドルの赤字

10月11日

 ロサンゼルスのビヤライゴーザ市長は、市の財政赤字は来年度には4億ドルに達する可能性があるとし、「サービスの短縮や人員カットは避けられないだろう」と語った。

「ロス疑惑」の三浦元社長 LAの独房で首吊り自殺

10月11日

 ロサンゼルス警察は、1981年にロサンゼルスで妻の一美さんを殺害した容疑で、サイパンからロサンゼルス拘置所に移送された三浦和義元社長が、独房内で首吊り自殺したと発表した。遺書もなく、動機は不明。

子宮頸がんの予防接種 接種率は25%

10月9日

 ニューヨーク株式市場は、金融危機による経済の先行き警戒感がさらに強まり、ダウジョーンズ工業株30種平均は678.91ドル(7.3%)安の8579ドル19セントで取引を終え、1日の下げ幅としては最大を記録し、2003年5月レベルまで落ち込んだ。

加州の同性婚者 3カ月で1万組以上

10月7日

 カリフォルニア州最高裁で同性婚が認められた6月17日以降、3カ月間で1万1000組が結婚したことがわかった。4年前に同性婚が合法化されたマサチューセッツ州では、わずかに1万組を超えたばかり。

犯罪歴のある看護士 州に115人以上

10月4日

 カリフォルニア州内で犯罪歴のある看護士は115人以上いることがわかった。なかには性犯罪や殺人未遂罪で有罪になった看護士もおり、うち24人は5件以上の有罪判決を受けている。

ドジャーズが20年ぶりにリーグ優勝決定戦に進出

10月4日

 ロサンゼルス・ドジャーズは、3対1でシカゴカブスを破り試合成績3対0で、20年ぶりにナ・リーグ優勝決定戦シリーズ進出を決めた。

全米53都市ギャング一掃捜査 加州だけで430人逮捕

10月2日

 ロサンゼルスやサンディエゴを含む全米53都市で、ギャング一掃捜査が実施され、不法移民を含む1759人のギャングメンバーが逮捕された。カリフォルニア州では430人が逮捕され、全米で最も多くの逮捕者を出した。

メトロリンク事故の機関士、直前にテキストメッセージ

10月1日

 連邦当局は、25人の死者を出したメトロリンク事故で、事故の22秒前に機関士がテキストメッセージを送っていたと発表した。機関士は事故当日、計57件のテキストメッセージを送受信していた。

加州チェーンレストラン カロリー表示の義務化

9月29日

シュワルツェネッガー知事は、今日にもカリフォルニア州チェーンレストランのメニューにカロリー表示を義務化する法案に署名する。同法案は20店舗以上を保有するチェーンレストランが対象で、全米初の試み。

LA市長が50億ドルの低中所得者向け住宅案を提案

9月27日

ロサンゼルスのビヤライゴーザ市長は、50億ドルの低中所得者向け住宅案を、週明けにも発表することがわかった。だが一部の開発企業や市議には、実現性とその効果を疑問視する声も上がっている。

メトロリンクが自動制御システム導入を検討

9月25日

メトロリンクは、25人の死者を出し史上最悪の事故となったチャッツワース事故後の対策として、衝突を避けるための自動制御システムの導入を検討すると発表した。だが実現に向けての具体的な案は出なかった。

ドジャーズ地区優勝 プレーオフ進出決定

9月25日

MBLでナ・リーグ西地区2位のダイアモンドバックスがカーディナルスに敗れ、この時点でロサンゼルス・ドジャーズの地区優勝が決定した。ドジャーズの地区優勝は4年ぶり、プレーオフ進出は2年ぶり。

加州の経済予想 来年も混沌

9月23日

UCLAアンダーソンフォーキャストが発表したカリフォルニア州の来年度の経済予想は、住宅価格の下落は落ち着くものの、失業率は悪化し、個人消費も低下、税収入の低下と予算削減で州公務員の数も削減される。

加州の予算案 ようやく知事が署名

9月23日

史上最も遅れたカリフォルニア州の予算案は、シュワルツェネッガー知事が5億1000万ドルをさらにカットして署名し、ようやく成立した。知事がカットした予算には高齢賃貸者や住宅所有者の補助および低所得者向けの低価格処方箋薬向けプログラムなどが含まれる。

加州の民族別人口比率 ラテン・アジア系増加

9月22日

連邦データによると、2007年のカリフォルニア州の民族別人口比率は、白人(42%)と黒人(6%)がそれぞれ減った一方、ラテン系(36.2%)とアジア系(12.2%)が増加したことがわかった。また州人口の4人に1人が外国生まれ。

加州の失業率7.7% 全米で第3位の高さ

9月19日

カリフォルニア州の8月の失業率は、5カ月連続で悪化し、7.7%と12年ぶりの高さを記録したことがわかった。7月から8月に1700万人が失業し、全米ではミシシッピ州とタイ3位の高さ。

加州の予算案 81日遅れで議会通過

9月18日

記録的な81日遅れの予算案は、ついに州議会を通過し、シュワルツェネッガー知事の署名を待つのみとなった。予算案では増税は回避されたが、教育費や福祉への予算は削減された。

南加の売り住宅 半分が差し押さえ物件

9月17日

MDAデータクイックの調べによると、南カリフォルニアの売り住宅のうち約半分が銀行の差し押さえ物件であることがわかった。また平均中宅価格は昨年同時期比で34%低下し、33万ドルと2003年レベルに戻った。

メトロリンク事故 赤信号は正常に作動

9月15日

メトロリンク事故の原因を捜査している連邦捜査官は、赤信号は正常に作動していたと発表し、機関士が信号無視した可能性が高まってきた。

射撃の五輪メダリスト 使用のショットガン盗難

9月12日

射撃で過去4回金メダル2、銀メダル1、銅メダル1を獲得した五輪メダリスト、キム・ロードが、レイクエルショアのアウトレットで買い物後、トラックの窓が壊され、車内に置いてあった五輪で使用したショットガンが、鍵付きケースごと盗まれているのを発見した。

メトロリンクと貨物車 正面衝突で15人死亡

9月12日

ユニオンステーション発モーアパーク行きの通勤電車メトロリンク(乗客226人)が、チャッツワースで貨物列車と正面衝突し、少なくとも15人が死亡、135人以上が負傷した。史上最悪のメトロリンク事故となった。

LAXでパパラッチと格闘 ラップ歌手Kウエスト逮捕

9月11日

ロサンゼルス国際空港のターミナル4で、ラップ歌手カニエ・ウエストがパパラッチともみ合いになり、ウエストはパパラッチのカメラを床に投げ付け器物損壊罪で逮捕された。LAXではセレブリティーとパパラッチとのトラブルが急増している。

ペイリン副大統領候補 シュワ知事に拒否権発動を要請

9月11日

共和党副大統領候補でアラスカのペイリン知事は、シュワルツェネッガー知事にロサンゼルス港とロングビーチ港を通過する貨物船への寄港料法案に対して、拒否権の発動を要請する書面を送っていたことがわかった。書面は副大統領候補発表の前日付で、カリフォルニア州議員たちは、ペイリン知事の管轄外への口出しに不快感をあらわにした。

MBLエンジェルス ア・リーグ西地区連覇

9月10日

ロサンゼルス・エンジェルスは、ニューヨーク・ヤンキースを4対2で逆転勝ちし、2位のレンジャーズが敗戦したため、ア・リーグ西地区7度目の優勝が確定した。

加州の高校卒業試験 1割が不合格か

9月9日

 カリフォルニア州の2008年度卒業予定の生徒のうち10人に1人が、高校卒業に必須の卒業試験に合格できなかったことがわかった。同試験が3年前に導入されて最悪の結果となった。

LAダウンタウンの雑草狩りにヤギ100匹を借り入れ

9月8日

 ロサンゼルスコミュニティー最開発局は、フォースとヒルストリート角に生い茂った雑草狩りの目的に、ヤギ100匹を借り入れた。同局によると、ヤギを導入するほうが環境にもやさしい上、コストも押さえられると語った。

ロングビーチの911コール 携帯からはCPH経由で遅延

9月7日

 ロングビーチ市で携帯電話から911コールをすると、いったんロサンゼルス市にあるカリフォルニアハイウェイパトロールを経由してからロングビーチ警察に転送されることがわかった。地上ラインに比べて警察の出動遅延は免れない。

コミュニティーカレッジの入学者が不景気で急増

9月6日

 カリフォルニア州の110校あるコミュニティーカレッジの入学者が、今秋は6%から15%も急増した。コミュニティーカレッジの学生数は、不景気時にはいつも増えることがわかっている。

加州の高校48%が連邦基準を満たす

9月4日

 カリフォルニア州教育省は、同州の高校の48%が連邦基準に達したと発表した。だが基準の設定を卒業試験の設定に合わせたため、例えば数学は7年生レベルと、小学校や中学よりもそもそも基準が緩い。

健康保険改正案 州議会が一部承認

9月3日

 カリフォルニア州議会は、健康保険改正案のうち、悪質なケースを除いて既存症を理由に保険のキャンセルを禁止する案など、一部を承認した。だが高コストや治療の質の差などの最重要問題は取り残された。

裏口から不法入国手引き LAX職員を逮捕

9月3日

 ロサンゼルス国際空港のエレベーター技師が、少なくとも15人を不法入国させた容疑で逮捕された。容疑者はメキシカーナ航空で到着した乗客を、入国検査を通る前に空港から外に出していた。15人のうち2人は前科者で、以前に強制帰国されていた。

アメリカン航空機 タイヤパンクで緊急着陸

9月1日

 トロント行きのアメリカン航空(乗客乗員135人)のタイヤが離陸時にパンクし、ロサンゼルス国際航空に緊急着陸した。同機は約1時間ロサンゼルス付近を飛行して、カタリナ島近くで燃料を捨てた後に着陸し、乗客乗員は全員無事だった。

LA今夏の殺人事件 40年以上ぶりの少なさ

9月1日

 ロサンゼルス警察のブラトン署長は、6月から8月末までのロサンゼルスで起きた殺人事件は84件で、1967年の夏以来、40年以上ぶりの少なさだったと発表した。最多だったのは91年の323人。

映画チケット35ドル 高級シネマがオープン

9月1日

 オーストラリアの高級映画館ゴールドクラスシネマが、来年コスタメサ、オンタリオ、パサデナにオープンする。チケット1枚35ドルの内容は、オンラインでの座席予約、無料バレーパーキングが含まれ、従来のシアター座席ではなくテーブル座席で、食事のオーダーも可。

病人の保険のキャンセル 禁止案が州議会通過

8月31日

 カリフォルニア州議会は、保険会社が病人の保険をキャンセルすることを禁止する法案を通過した。またチェーンレストランのメニューにカロリー表示を義務付ける案、リコール商品の売却禁止、不法移民への大学援助金を可能にする案などが承認された。

加州の失業保険の公庫 来年3月にも赤字転落

8月31日

 12年ぶり高い失業率を更新し続けるカリフォルニア州では、失業保険を支払うための資金が、来年3月にも赤字に転落する可能性が濃くなった。シュワルツェネッガー知事は連邦資金から借りることも視野に入れている。

バーバンク空港近くに単発飛行機が墜落

8月29日

 バーバンクのボブ・ホープ空港に着陸しようとした単発飛行機が着陸に失敗し、空港の西で電線を引っ掛けながら駐車中の車に墜落した。パイロットを含む乗員3人は負傷した。

連続殺人犯か23年で犠牲者11人

8月28日

 ロサンゼルス警察は、サウスLAおよびイングルウッドで1985年から23年間におよぶ未解決の殺害事件は、同一犯人による連続殺人事件の可能性が高いと発表した。被害者はアフリカ系男性1人を除き、全員アフリカ系女性で計11人に上る。

カープールレーン有料で単独ドライバーも可?

8月26日

 州議会は、110号線と10号線のカープールレーンの一部を、有料で単独ドライバーも走行できる法案の可決に取り組んでいる。この法案が今月末までに通過すると、連邦予算2億1060万ドルが割り当てられる。

南加の貧困率低下 平均世帯収入は別

8月26日

 国勢調査局のデータによると、南カリフォルニアの貧困率は、2000年から07までの7年間で大幅に低下したことがわかった。なかでもロサンゼルス・カウンティーでは17.9%から14.7%に低下。だが平均世帯収入はロサンゼルス、リバーサイドなどで増加したものの、オレンジ、ベンチュラでは低下した。

オレンジ・カウンティーの女性が今年初、西ナイル脳炎で死亡

8月25日

 ブエナビスタ在住の女性(72歳)が、西ナイル脳炎で死亡したことがわかった。今年に入ってカリフォルニア州で西ナイル脳炎で死亡者が出たのはこれが初めて。

州のガソリン平均価格 3カ月ぶりに4ドル切る

8月25日

 カリフォルニア州のガソリン平均価格が、5月中旬以来、3カ月以上ぶりに1ガロン4ドルを切り、3.995ドルとなった。全米平均は3・685ドル。

州援助の保険料値上げで無保険の児童増加の見込み

8月23日

 カリフォルニア州が実施する児童向けの健康保険プログラム「ヘルシーファミリー」の保険料の値上げが確定し、無保険児童が増えると見られている。

グリフィスパーク火災 放火犯の男を逮捕

8月23日

 ロサンゼルスのビヤライゴーザ市長は、4エーカーを焼失したグリフィスパーク火災の放火犯を逮捕したと発表した。犯人は43歳のグレンデール在住の男で、別件の放火で執行猶予中だった。

運転中のテキストメッセージ 禁止案が州議会を通過

8月21日

 カリフォルニア州議会は、運転中にテキストメッセージをする行為を禁止する法案を承認した。シュワルツェネッガー知事の署名をもって施行されるが、知事は「予算案が通過するまではどんな法案にも署名しない」と語った。

メトロリンク脱線事件で車放置犯に11回の終身刑

8月20日

 2005年に通勤電車メトロリンクの線路上に車を放置して脱線させ、11人が死亡した事件で、裁判官は犯人のホアン・アルバレスに対し、11回連続の終身刑を言い渡した。

未成年の落書きで親に罰金法が成立

8月19日

 ロサンゼルス・カウンティー管理委員会は、悪質な落書きでは最高千ドルの罰金を貸すほうを成立した。同法では犯人が未成年の場合、罰金は親に課せられる。同法は30日後に施行する。

住宅価格の下落で売買数約14%上昇

8月18日

 南カリフォルニアの住宅売買数が、前年同時期比で13.8%上昇した。住宅価格が過去1年間で31%下落し、住宅差し押さえ物件の急増が原因。売買数がもっとも増えたのはリバーサイド・カウンティーで前年同時期比48.5%増。

ガソリン価格下落続く 5月以来最安値

8月18日

 連邦エネルギー省の発表によると、全米のガソリン平均価格は1ガロン3.740ドルで、5月以来の最安値となった。カリフォルニア州の平均価格は4.037ドルで先週比で8.1セント安くなったが、前年同時期比では1.175ドル高い。

LAXの国際線路線 11月から11%減に

8月17日

 ガソリン価格の高騰とニーズの減少により、ロサンゼルス空港発着の国際線路線が、11月から11%減少することがわかった。タイ航空バンコク行きノンストップ便、キャセイ・パシフィック航空香港行きノンストップ便のカットなどに加え、ユナイテッド航空も国際線を31%カット、デルタ航空も中南米路線を大幅カットする。

グリフィスパークの山火事 放火の疑い濃厚

8月16日

 グリフィスパークで山火事が2時間の間に5カ所で発生し、消防士600人が出動。60%の火は抑えられたが、消防局では出火原因は放火である可能性が高いと見て捜査している。

加州の失業率7.3% 12年ぶりの高さ

8月15日

 カリフォルニア州雇用開発局は、同州の7月の失業率は7.3%で、12カ月連続で悪化し、12年ぶりの高さであったと発表した。全米の失業率は5.7%。

北加の山火事で消火ヘリ墜落9人死亡

8月7日

 北カリフォルニアのシャスカ・トリニティ国立公園で起こった山火事の消火活動に当たっていたヘリコプターが墜落し、消防士9人が死亡、4人が重症を負った。

シュワ知事が法案署名を拒否

8月6日

 シュワルツェネッガー知事は、「州議会が予算案を承認するまで、どんな法案にも署名しない」と宣言した。カリフォルニア州法では、知事が法案を12日間保留すると自動的に成立するが、シュワ知事は「その場合は拒否権を発動する」と語った。

シュワ知事が緊急対策で売上税を1セント値上げ

8月4日

 シュワルツェネッガー知事は、152億ドルの赤字予算を補てんするため、一時的に州売上税を1ドルにつき1セント引き上げる案を提出した。同案は予算案が通過すれば即日施行され、3〜4年続く見込み。

シュワ知事が州職員 1万人をレイオフ

7月31日

 シュワルツェネッガー知事は、州予算を承認しない州議会に不満を募らせ、パートの州職員1万人をレイオフし、正社員約2万人の給与を連邦最低賃金の6ドル55セントにカットした。予算案が州議会を通過すれば、差額は払い戻される。

レッドソックスのラミレス ドジャーズに電撃移籍

7月31日

 ボストン・レッドソックスのマニー・ラミレス外野手のドジャーズへ電撃移籍が決定した。ラミレスは大リーグ通算510本塁打を誇り、レッドソックスが86年ぶりに優勝した04ワールドシリーズではMVPを獲得した。

ロングビーチ警官がLAPD警官に発砲

7月30日

 ロングビーチ警察官が、非番のロサンゼルス警察官に発砲した。ロングビーチ警官は「男が銃を持っている」との通報を受けて出動し、ショットガンを持っていたロサンゼルス警官を発見。LA警官が逃走しようとしたため、ロングビーチ警官が発砲し、腕と胴に命中した。命に別状はない。ロサンゼルス警官の父親は同警部補。

高温地区の電気料金 夏季割引を予備承認

7月30日

 ロサンゼルス市議会は、バレーなどの高温地区に6月から9月の夏季割り引きを適用し、消費量の多い消費者へは高く、節電する消費者へは低いレートにする段階的料金案を予備承認した。

南加でM5.4の地震 震源地はチノヒルズ

7月29日

 午前11時42分、サンバーナディーノ・カウンティーのチノヒルズを震源地とするマグニチュード5.4地震が、南カリフォルニアを襲った。大きな被害はなかったが、揺れは遠くラスベガスでも観測された。

31回目の下水漏れでマザーズビーチまた閉鎖

7月28日

 ロングビーチでは今年に入って31回目の下水漏れのため、マザーズビーチが一時閉鎖された。下水漏れによるビーチ閉鎖は、今年に入って4度目。

グリフィス公園でも山火事 3時間で鎮火

7月27日

 グリフィス公園で山火事が発生し、ロサンゼルス動物園を訪れていた人など約4千人に退去命令が出た。約25エーカーを焼失したが、約3時間後に鎮火した。一方ヨセミテ国立公園近くの火事は、マリポサに向けて延焼しており、公園入り口付近の家屋12軒が全焼した。

財政難で新学期からスクールバスの路線削減

7月27日

 カリフォルニア州の多くの学校区で、予算不足とガソリン価格の高騰から新学期からスクールバスの路線を大幅に削減することがわかった。

ヨセミテ近くで山火事 170家屋に避難命令

7月26日

 ヨセミテ国立公園西30マイルの地点で山火事が発生し、1万6千エーカーを焼失してさらに火の手を広げている。近隣の170家屋の住民に避難命令が出た。

加州のレストランではトランス脂肪ほぼ禁止に

7月25日

 カリフォルニア州議会は、州内のレストランで使用されるトランス脂肪を、1皿につき0.5グラム以下に規定する法案を通過した。一般食における食用油、マーガリンなどの規制は10年1月1日付、ドーナツなどの揚げ物パンは11年1月1日付で施行される。

州議会が海水汚染対策で船の燃料規制を承認

7月24日

 カリフォルニア州議会は、09年よりカリフォルニア州沖24海里以内を通過する船に対し、バンカー重油ではなく低硫黄ディーゼル燃料の使用を義務付ける規制を承認した。コンテナ船、原油タンカー、クルーズ船など2千隻に影響が出ると見られている。

加州職員の賃金を最低賃金に減収か

7月23日

 シュワルツェネッガー知事は州財政難を乗り切るために、来年度予算が承認されるまで、約20万人いるカリフォルニア州職員の給与を、連邦最低賃金の時給6ドル55セントに引き下げを検討していることがわかった。

今度はハラペーニョか サルモネラ菌疑惑で撤去

7月22日

 南カリフォルニアの大手スーパーは、食品薬品局(FDA)が「サルモネラ菌食中毒の原因はハラペーニョの疑いが高い」と発表したのを受けて、棚からハラペーニョを撤退した。

ジェットブルーとユナイテッド LAからの発着便を削減に

7月22日

 ユナイテッド航空は、ロサンゼルス国際空港からの発着便を、秋から20%(約40便)カットすると発表した。フランクフルト、香港へのノンストップ便も含まれる。またジェットブルー航空は、オンタリオ空港から撤退すると発表した。

センチュリーシティーの高級コンド4700万ドル

7月21日

 センチュリーシティーに建設中の高級コンドのペントハウスが、4700万ドルで売却した。購入者はテレビ業界の重鎮アーロン・スペリング未亡人で、ロサンゼルス・カウンティー最大の住宅(5万6500平方フィート)の家からダウンサイズする。

ロサンゼルスの殺人事件 現時点で昨年の2%減

7月21日

 ロサンゼルス警察の発表によると、08年現時点での殺人事件は204件で、昨年比2%減となった。今年前期には昨年比40%増だった。今年殺人が増えたのは、バレーのフットヒル、ノースハリウッド、ウエストバレー、ウエストサイドのパシフィック、ウィルシャーなど。

リトルトーキョーの木が歴史文化遺産として登録

7月19日

 リトルトーキョーの高野山寺にある「アオヤマツリー」として知られるイチジクの大木が、ロサンゼルス市の歴史文化遺産として登録された。この木は、高野山寺を始めたアオヤマ牧師と共に、1920年から日系人の歴史を見つめてきた。高野山寺は40年に現在地に移転し、木も同時に移植された。

LAXでカンザス航空機に偽の爆弾脅迫

7月18日

 ロサンゼルス国際空港からシドニーに向けて出発予定のカンザス航空機に「爆弾を仕掛けた」との脅迫電話があり、乗客乗員367人はいったん飛行機から降ろされた。FBIなどが爆弾を探したが6時間後、脅迫は偽だったことが判明した。

加州の失業率が悪化 5年ぶりに6.9%に

7月18日

 カリフォルニア州の6月の失業率は前月比で0.1%悪化し、5年ぶりに6.9%に達したことがわかった。6月に失業した人の数は1万2800人。

州の赤字対策で州税引き上げか

7月17日

 シュワルツェネッガー知事は、巨額に膨らんだ赤字対策の一環として州税の引き上げを検討していることがわかった。州議会の民主党では、州の富裕層に対する税率の引き上げを主張している。

ブルークロスとブルーシールド 保険解約問題で罰金

7月17日

 カリフォルニア州当局は、保険大手アセム・ブルークロスとブルーシールドに、保険契約者が病気になってから既存症などを理由に保険金を支払わなかった問題で、計1300万ドルの罰金支払いと、被害者約2200人に対し新規の保険を案内するように命じた。

LAのメーターパーキング 1時間1ドルに値上げ

7月16日

 ロサンゼルス市議会は、市内のメーターパーキングの料金を1時間25セントあるいは50セントを、1ドルに値上げし、駐車時間を一律2時間まで延長することで全会一致した。8月末には導入される見込み。

加州の高校生 4人に1人が退学

7月16日

 カリフォルニア州高校生の24.2%が、中途退学していることがわかった。学校区別にみると、もっとも退学率が高いのはオークランド統一学校区(37.4%)で、ロサンゼルスは3番目(33.6%)、ロングビーチは5番目(24.6%)。反対にもっとも低いのはパサデナ(13.8%)で、サンフランシスコ(21.2%)、サンディエゴ(22.8%)と続く。

高校フットボールチームに有名人子弟3人が所属

7月10日

 ウエストレークビレッジの私立オークスクリスチャン高校フットボールチームに、有名人子弟3人が結集し話題を呼んでいる。名クオーターバック、ジョー・モンタナの息子、名アイスホッケー選手トレバー・グレツキーの息子、さらに俳優ウィル・スミスの息子の3人。

ペイント落書きを目撃した少年の全身をスプレーし逮捕

7月9日

 コンプトンで、スプレーペイントで落書きをしていた15歳のギャングメンバーが、落書きを目撃した6歳の少年の全身にスプレーペイントをかけた容疑で逮捕された。別の15歳のメンバーも、スプレーするために少年を拘束した容疑で逮捕された。

オールステート保険 住宅保険の保険料カット

7月9日

 カリフォルニア州保険長官は、州第3の保険会社オールステートが住宅保険の保険料を28.5%カットすると発表した。オールステートは州保険庁に9.3%の値上げを申請していたが、保険庁はこれを拒否し、反対に28.5%のカットを命令した。

ウエストハリウッドで自転車の歩道走行を許可か

7月7日

 ガソリン価格高騰を受けて、ウエストハリウッド市議会は自転車普及を促進するため、これまで禁止されていた自転車の歩道走行を、バイクレーンのない道路では許可することを検討している。

リトルトーキョーの空き地 LA市議会が日系チーム選ぶ

7月5日

 ロサンゼルス市議会は、リトルトーキョー最後の空き地といわれるファーストとアラメダ角地の再開発に、リトルトーキョーサービスセンター、カジ&アソシエーツなどから成る日系センターチームを選んだ。

デルタ航空がLAX発着のフライト13%を打ち切り

7月3日

 デルタ航空は、ロサンゼルス国際空港発着便の13%のフライトを打ち切ると発表した。打ち切り便は、ボストン、コロンバスなどへのノンストップ便や、シアトル、ポートランド、フェニックスへのエクスプレスジェット社との契約便など。

ビッグサーの火事延焼 ゴリータでも山火事

7月2日

 北カリフォルニアで11日間にわたって燃え続けているビッグサーの山火事はさらに飛び火し、1号線が30マイルの範囲で通行止めとなった。一方サンタバーバラ北部のゴリータでも山火事が発生し、エジソンの送電線に延焼し、一部で停電となった。

運転中の携帯電話 ハンドフリー法施行

7月1日

 運転集に携帯電話を使用する時は、非常時を除き、イヤフォンやブルートゥースを利用しなければならないハンドフリー法が施行になった。また18歳未満は、ハンドフリーであっても運転中の携帯使用は禁止となった。

LAカウンティの飼い犬 1番人気はチワワ

7月1日

 ロサンゼルス・カウンティーの飼い犬で一番多いのはチワワで、約6万匹が登録されていることがわかった。2番はラブラドル、3番はアメリカンピットブルテリア。名前では、ラッキー、マックスが多く、チワワではプリンセスがもっとも多い。

死刑囚監房費用に1億3800万ドル

6月30日

 カリフォルニア州で死刑囚にかかる年間費用は1億3800万ドルで、死刑を撤廃し無期懲役にしたほうが1億ドル以上節約できることがわかった。現在の死刑囚は673人で、78年以降に死刑執行されたのは13人。

北加の山火事ついにビッグサーの名所も焼失

6月30日

 衰えを見せない北および中央カリフォルニアの山火事は、ついにビッグサーの名所である70マイル続く沿岸まで延焼し、ビッグサーだけで10万エーカー、少なくとも家屋計16軒が全焼した。山火事による全焼失面積は40万エーカーで、全焼家屋は30軒になった。

加州病院の患者被害数 11カ月で1000件以上

6月29日

 07年7月から今年5月までにカリフォルニア州の518病院から報告された、病院でなんらかに被害に遭った患者数は1002件だったことが、州公共健康局の発表で明らかになった。もっとも多い被害は床ずれ(466件)。

北加の山火事千カ所 大統領が非常事態宣言

6月28日

 北および中央カリフォルニアのモンテレー、サンタクルーズ、サンタクララなど、ネバダ州から太平洋沿岸まで計1000カ所以上で燃え続けている山火事に対して、ブッシュ大統領は非常事態宣言を発令した。出火原因の多くは稲妻で、すでに30万エーカー以上を焼失し、家屋28軒が全焼した。

チャイナタウンが70周年を祝賀

6月27日

 ダウンタウンのチャイナタウンが70周年を迎え、祝賀祭が開催された。今のチャイナタウンは38年に移転したもので、昔のチャイナタウンは、ユニオンステーションを建設することが決定して取り壊された。

メトロリンク脱線事件 放棄車オーナーに殺人実刑

6月26日

 3年前に通勤電車メトロリンクが、グレンデールで線路上に駐車してあった車に衝突して脱線し計11人が死亡した事件で、車の所有者で電車が来る直前に車から逃げた犯人に、第1級殺人の実刑判決が下った。

地球温暖化対策で加州が青写真を発表

6月25日

 カリフォルニア州議会は、同州の山火事多発や水不足の原因となる地球温暖化対策として、温室効果ガスの削減目標を2020年までに1990年レベルと決定し、総括案を発表した。同様の法案が、連邦議会では却下されたばかり。

加州の珍種の草花が今世紀末までに消滅

6月24日

 UCデービス大などの生態学研究グループは、世界でもカリフォルニア州にしか生息しない珍種の草花約2300種が、地球温暖化が原因で今世紀末までには消滅する可能性があると発表した。

海軍のソーナー使用制限 最高裁が介入を決定

6月23日

 海軍がカリフォルニア沖で高出力ソーナー装置を使用すると、海洋生物の生態を壊す恐れがあるとして環境団体が使用制限を求めていた件で、連邦最高裁が介入して決定することになった。

加州の宗教観は他州に比べリベラル

6月22日

 カリフォルニア州民で単一神を信じる人は62%で、全米平均71%を下回り、他州に比べて宗教に固執しないことがわかった。また同性愛についても寛容で、59%が同性愛は社会で受け入れられるべきと答え、全米平均の50%を上回った。

コメディアンのジョージ・カーリン死去

6月22日

 社会風刺を題材にしたスタンドアップコメディの第一人者ジョージ・カーリンが、サンタモニカの病院で心不全で死亡した。享年71歳。

マリブでサーファーとパパラッチが衝突

6月21日

 マリブのパラダイスコーブ近くで、俳優マシュー・マコナヒーを撮影に来たパパラッチのグループとサーファーたちが衝突し、警察が出動する騒ぎとなった。怒ったサーファーがパパラッチのカメラを海に投げ捨てた。

熱波の勢いにかげり 記録的な暑さ小休止

6月21日

 先週後半から南カリフォルニアを覆っていた熱波が、幾分勢いを弱めた。19日にチャッツワースで華氏110度、20日にウッドランドヒルズで110度を記録し、21日はパサデナで104度を記録した。週明けからは例年並の気温に戻る予定。

イラク・アフガン戦争 加州で500人目の戦死

6月20日

 アフガニスタンでヘメット出身の海軍兵が、警備中にタリバンの発射したロケット弾を撃ち込まれ、同乗者とともに戦死した。これでカリフォルニア州出身の戦死者は500人になった。

加州の失業率6.8%に昨年より1.5%悪化

6月20日

 カリフォルニア州雇用開発局の発表によると、同州の5月の失業率は6.8%で、先月より0.6%、昨年同時期比では1.5%悪化したことがわかった。専門家によると、年内はさらに悪化が続くと予想されている。

ウエストLAの中学で会計が6.5万ドル着服

6月19日

 ウエストLAのエマーソン中学のPTA会計担当者が、ファンドレージングなどで集めた65000ドルを着服した容疑で逮捕された。

LAポルノ裁判の裁判長がネットにポルノ掲載

6月11日

 ロサンゼルスの連邦裁判所で公判中だったポルノ映画監督の裁判で、公判に当たっていた裁判長がネット上でポルノ写真を掲載していたことがわかり、裁判は一時中断された。

加州で同性婚が合法に 結婚許可の発行数は約5倍

6月17日

 カリフォルニア州で同性婚が合法化されたのを受けて、各カウンティーの役所には多数の同性カップルが結婚許可証の申請に訪れた。今日1日だけで、州全体で2300件以上の結婚許可証が発行されたが、これは通常の約5倍に当たる。

南加の平均住宅価格 27%下落し04年の水準

6月16日

 南カリフォルニアの5月の平均住宅価格は37万ドルで、昨年同時期比で27%減(50万5000ドル)、データクイック社が統計を取り始めた88年以来、最大の下落幅を記録したことがわかった。

LAカウンティーで人工雲を創り出す計画

6月15日

 ロサンゼルス・カウンティーは、80万ドルをかけてサンゲーブリエル山脈で人工雲を創り出し、降雨量を15%増加させる計画を発表した。今冬から実行に移される予定だが、土砂崩れを心配する声も出ている。

肝臓移植を希望のやくざ ビザ確保のため賄賂を示唆

6月12日

 日本の指定暴力団、山口組系後藤組の後藤組長がUCLAメディカルセンターで肝臓移植を受け、同センターに10万ドルを寄付していた問題で、稲川会の2代目稲川一家総長も同センターでの肝臓移植を希望し、ビザ取得のため弁護士などに100万ドルを支払う交渉していたことがわかった。結局ビザは下りず、総長はオーストラリアで手術を受けた後、05年に死亡した。

OCに初の女性警察署長 加州でも3人目

6月10日

 トラブル続きのオレンジ・カウンティー保安局所長に、初めて女性が任命された。新署長となるサンドラ・ハッチェンスは元LAカウンティー保安局の部長で、第12代目のOC保安局所長となる。女性の警察署長はカリフォルニア州で3人目。

LAスポーツアリーナで大相撲LA巡業が開催

6月7日

 ロサンゼルススポーツアリーナで、40年ぶりに日本の大相撲ロサンゼルス巡業が2日間の予定で開催された。朝青龍と白鵬の両横綱を含む約40力士が渡米したトーナメントは、観客約1万人を動員した。

LA学校区で教師が1時間のスト

6月6日

ロサンゼルス統一学校区の教師たちが州の教育予算削減案に反対して、朝1時間のストを実施した。同学校区では、予算削減で3億5300万ドルの赤字を見込んでいる。

OCの半導体メーカーCEO 薬物提供と株式詐欺で起訴

6月5日

 オレンジ・カウンティーに本社を置く半導体メーカー、ブロードコムのCEOが、薬物や娼婦を提供した容疑と、自社株購入権を操作した容疑で起訴された。

LAの信号設置カメラ 運営は赤字続き

6月5日

 ロサンゼルス市を含む多くの市で、信号無視違反を取り締まる信号設置カメラの運営は、財政的に赤字状態であることがわかった。パラマウント市やコンプトン市など、運営を打ち切る市も出ている。

シュワ知事が加州は危険的な干ばつと宣言

6月4日

 シュワルツェネッガー知事は、カリフォルニア州全体が「干ばつによる渇水の危険区域に陥った」と宣言した。同宣言は緊急異常事態宣言の一歩手前で、州民による節水努力でも改善しない場合は、給水割り当てなどの対策が実施される。北加は今春、記録的な少雨となった。

リトル東京のショッピングモール 韓国系アメリカ人投資家らに売却される

5月31日

 スーパーのミツワなどが出店しているリトル東京のショッピングモールが、35.5百万ドルで6人の韓国系アメリカ人の不動産投資家に売却された。昨年のニューオータニ、ジャパニーズ・ビレッジ・プラザに続く売却で、リトル東京はノンジャパニーズの住民が急増している。

レイカーズ決勝進出決定

5月30日

 NBAのプレーオフ(4戦先勝制)は29日、西のカンファレンス決勝の第5戦があり、ロサンゼルス・レイカーズが100対92でサンアントニオ・スパーズに逆転勝ち。4年ぶりの決勝進出を果たした。

日本のヤクザ組長がUCLAで肝臓移植を受けていた

5月30日

 日本の指定暴力団山口組系後藤組の後藤忠正組長(65歳)が、2001年にUCLA病院で肝臓移植手術を受けていたことが分かった。ロサンゼルスでは毎年100人以上がドナー待ちの状態で死亡しているのにもかかわらず、後藤組長は入国後わずか2ヶ月で移植手術を受けられたことが指摘されている。

サンタモニカピアの観覧車がリニューアル

5月29日

 28日、サンタモニカピアの観覧車がリニューアルされた。古い観覧車は インターネットのEBayのサイトで売却された。太陽熱を利用した新しい観覧車は以前のものよりパワフル。

ロングビーチのミドルハーバーが港の改造計画

5月27日

 コンテナ貨物港として全米第2位の港ミドルハーバーは、10年計画で750百万ドルの費用をかけて、現在の半分以下の汚染に抑える港の改造を計画している。同港やロサンゼルス港は周辺住民のぜんそくや癌の発症率が高くなり、訴訟問題に直面している。

店舗のショッピングカートの管理に関する法律案

5月27日

 ロサンゼルス市の、ホームレスなどがたむろするいわゆるスキッド・ローとよばれる界隈では、今年4ヶ月間で875個のショッピングカートが見つかった。汚れた衣服、ゴミ、尿のはいったビンなどが積み込まれていて、オーナーは衛生問題を危惧している。市会議員はカートの持ち出しを店が黙認した場合に罰則を与えるなどの法律案を提出する予定。

カリフォルニアで整形手術に関する規制の強化

5月25日

 半年前に脂肪吸引と豊胸手術を受けた58歳の女性が死亡して以来、カリフォルニアでは整形手術に関する法律の厳格化が推進されている。病院外で手術を行うケースも多く、患者保護の必要性が高い。

カリフォルニア湾に注ぐメキシコのコロラド川河口で密漁

5月25日

 毎年この時期になると、メキシコのコロラド川河口の禁猟区でメキシコインディアンの漁師による密漁が行われる。海流が荒く危険も伴うが、コロラド川の水不足のため合法である上流地域は魚が減少したためだ。売れ筋の魚が獲れたら、通常の漁の1ヶ月分が稼げる。これは畑などで働く肉体労働者の1年分の給料にあたる。

南ロサンゼルス民家の裏庭で牧畜

5月25日

 南ロサンゼルスのワッツではヒスパニック系の移民が増加し、自宅の庭で鶏や豚などの家畜を飼う家が増えている。鶏の鳴き声で眠れないなどの被害の声も出ており、苦情があった場合は市の動物課が解決にあたっているが、大半がヒスパニック系の生活様式にちなんだ趣味の牧畜である。

サンタ・クルズで山火事

5月23日

 22日午前5時半頃、サンノゼから南へ約15マイルに位置するサンタ・クルズで山火事が発生。12戸が全焼し、火事は3000エーカー(約12k屐砲傍擇鵑世、ケガ人はなかった。山火事の原因は不明。

メモリアルデイの3連休に向けてハイウェイ・パトロールの強化が始まる

5月23日

 23日午後6時から26日のメモリアルデイの深夜0時まで、ハイウェイのパトロール強化をすることが公表された。飲酒運転とシートベルトの着用の取り締まりに重点がおかれる模様。昨年のメモリアルデイは、車の事故による死亡者数が、カリフォルニア州で37名に上った。

南カリフォルニアを大嵐と竜巻が襲う

5月23日

 22日午後、南カリフォルニアは嵐と竜巻で大荒れとなった。リバーサイド・カウンティとオレンジ・カウンティの被害が最も大きく、貨物列車が倒れたり洪水が起きたりしたが、重度の負傷者はなかった。ロサンゼルスダウンタウンやパサディナなどでも雹が降った。

サンタモニカで起きた車の暴走事件訴訟が終結

5月22日

 2003年7月、当時86歳だった男性に何らかの認知障害が出て、サンタモニカのファーマーズ・マーケットを車で暴走、10人が死亡、63人が障害を負った事件は、安全体制を問われていたサンタモニカ市とその他の被告等が、21百万ドルの支払いをすることで決着がついた。なお、保護観察中の加害者男性は、自宅にひきこもり24時間の看護を受けている。

ロサンゼルス・カウンティがカリフォルニアの汚染海水ワースト1位

5月22日

 第1位のサンタ・カタリナ・アイランドのアバロン・ハーバービーチを筆頭に、サンタモニカ・ピア、マリブ、ロングビーチ等のロサンゼルス・カウンティのビーチの海水が、カリフォルニアで最も汚染されており、過去3年間においてバクテリアの量が最も多いビーチと発表された。

急落する南カリフォルニアの住宅価格

5月20日

 上昇を続けてきた住宅価格が急落している。昨年の同時期に比べて、高級住宅地のビバリーヒルズは13%、ランチョ・パロス・ベルデスは18%、ニューポートビーチは34%の価格下落となっている。

記録的な暑さのためカリフォルニアのビーチは大混雑

5月18日

 17日の土曜日、南カリフォルニアの内陸部は記録的な暑さとなった。ウッドランドヒルズでは華氏102度、ロングビーチでは93度、ロサンゼルスダウンタウンでは、116年前とタイ記録の96度となった。暑さを逃れる人が殺到したサンタモニカやベニスビーチは大混雑。

「カリフォルニアワインの父」ロバート・モンダヴィ死去

5月17日

 16日、ナパ・バレー・ワイナリーのパイオニア的存在、ロバート・モンダヴィが94歳で安らかな眠りに就いた。モンダヴィのワインはホワイトハウスでもふるまわれ、また、ディズニーのテーマパークでもグラスワインとしてサービスされている。

メキシコとの国境フェンスに鉄条網の設置

5月17日

 アメリカ国境警備隊は、サンディエゴとティファナの国境フェンス上に、コイル状の鉄条網を設置中。非人道的との批判の声に対し、当局は、12月からのテスト設置期間以来、負傷した不法入国者は1名のみだと述べている。

ランキャスター共同墓地の日本人記念碑が修復される

5月17日

 ロサンゼルスダウンタウンから、北西へ約2時間の所に位置するアンテロープ・バレーにある、日系アメリカ人1世の記念碑は第二次世界大戦中に破壊され傾き、記念碑の設立者13人の名前の半分は土に埋もれていた。約70年間の放置の後、インド産のパールホワイトの石を使った記念碑の再奉納が行われた。

ロサンゼルスの教育予算削減が再検討される

5月16日

 カリフォルニア州の赤字予算を受けて、ロサンゼルスの教育費用削減が再検討される。10%の教育予算カットのためには、予備教員の解雇や、音楽や美術の教育削減も検討されている。

カリフォルニア州で同性者間の結婚が認められる

5月16日

 カリフォルニア州最高裁判所は15日、同性者間の結婚を認める旨の判断を下した。全米でマサチューセツ州に次ぐ是認となった。最高裁判所の前には、裁定結果がプリントされたコピーを購入する100人程の列が出来た。歴史的な記録として、10枚、15枚と購入する人もいた。中には、今年のクリスマスプレゼントにするという男性も。

ロサンゼルスの水不足が深刻化 行政は対策を検討

5月15日

 ロサンゼルスの水源減少が進んでいる。ロサンゼルス市は多額の予算を投入しての、水のリサイクルを検討中。この案は、90年代に一度提案されたが、「トイレの水を蛇口に持っていくのか」との批判が高まり流れた。今回、行政は新テクノロジーの導入があることを強調。

地下鉄MTRのトンネル内に広告用のビデオ360台が設置される

5月14日

 地下鉄MTRレッドラインのハリウッドからユニバーサルシティ間のトンネル壁面に、広告用のビデオが設置された。広告費用は定額24万ドル。さらに100万ドル以上の収益があった場合は上乗せを支払う。初日、広告ビデオを見た乗客の反応は「無関心」といったところ。

カリフォルニア11箇所のJCPennyでジュエリーの盗難相次ぐ

5月14日

 2006年から11箇所のJCPennyで金だけを狙う盗難があり、被害額は250万ドルに上った。この奇妙な犯罪に関して警察は、溶解して売ることができるので、犯罪の追跡がされにくい金に犯罪の的が絞られた。また、JCPennyだけを狙う理由は、犯罪グループの中に、当該デパートの従業員か、元従業員が含まれているためではないかと述べている。

イングルウッド警察官 発砲の理由は闇の中

5月13日

 11日、イングルウッド署の警察官2人が、武器を持たずに自動車に乗っていた2人の19歳の男に発砲し、運転手は負傷し、同乗者は死亡した。イングルウッド署は、警察官らは発砲音を聞き、その音の方向から彼らに向かって自動車が走行してきたから発砲したと説明しているが、2人の警察官の身元を明かす旨の裁判所の命令を拒んでいる。

起訴された2人が学校に復帰

5月13日

 サウスイースト・ハイスクールの校長と副校長は、代用教員が女子生徒と性行為に及んだ旨の申立てがなされたにもかかわらずこれを報告しなかったため、5月1日に起訴されたが、それにもかかわらず、LA学校地方監督所は、12日、この2名が学校に戻ることを認めた。

紫色のジャカランダの花が満開 落下した花は危険

5月12日

 中南米原産の紫色の花ジャカランダが満開。パサディナには3500本のジャカランダの木が点在している。我々の目を楽しませてくれるこの美しい花も、庭や道路に落下し掃除がたいへん。また、さやの中にはネバネバした液体が入っているため、道路に落下した花を踏むと滑ることがあり、特にお年寄りには危険である。

南ロサンゼルスのキャンパスでラティーノとブラックの乱闘

5月10日

 金曜日、ロッキー・ハイスクールの黒人生徒のグループとラテン系生徒のグループとの対立がキャンパス規模の乱闘にまで発展した。乱闘は昼休みの終わり頃より始まり、600人もの生徒を巻き込むものとなった。警察は実力を行使して乱闘を収め、4人を逮捕した。

公立大学のUCLA とCal Stateの授業料値上げ

5月9日

 カリフォルニア州の資金不足を受けて、公立大学の授業料を7.4%から10%値上げする計画。UCLAは年間490ドルの値上げを提案、これにより年間平均授業料は7126ドルになる。Cal Stateは年間276ドルの値上げを提案、年間平均授業料は3048 ドルになる。

ウエストハリウッド 治安の悪化に対して住民が協力体制

5月9日

 ウエストハリウッドのサンタモニカBlvdとメルローズAveの間にあるポインセチアパーク近くで3月9日に70歳の男性が殺傷され死亡した。周辺は治安が悪化しており、被害者の叫び声を聞いても、住民は「いつものこと」と、警察にも連絡をしなかった。この事件をきっかけに、治安改善のため、300人以上の地域住民による集会が開かれた。

サンディエゴで麻薬捜査 大学生76人が逮捕される

5月7日

 学生を装った若い秘密警察が、学生サークルのパーティに6ヶ月前から潜入。仲間になりすまし、76人の学生を麻薬売買、所持容疑で逮捕。中には、19歳で模範学生として表彰された男子学生や、以前にキャンパス警察をしていた学生もいた。

メキシコとの国境サンディエゴで不法入国者の取り締まり強化

5月7日

 9月11日のテロ以来、メキシコからアメリカへの入国に際し、武器、麻薬などの密輸について厳しい検問がなされているが、アメリカからメキシコへ出国する際にも、ぬきうちの検問がなされることになった。適切な書類を持っていないメキシコ人は、アメリカに勾留され、前科がつくことになる。

ロングビーチでマンホールの蓋50個が盗難される

5月6日

 ロングビーチの道路で、8ヶ月の間に50個のマンホールの蓋が盗まれた。グループによる犯罪ではないかと当局は見ている。昨年、シカゴでは200個、フィラデルフィアでは500個の蓋が消えた。また、ロンドンの工業地帯では200個、北京では20,000個が盗難され、繁栄する中国や他の発展途上国の金属リサイクル業者に対する批判の声があがっている。

価格高騰するガソリンの代わりにベジタブルオイル使用

5月6日

 修理工のデイブは、改造車にベジタブルオイルを使用していた。カリフォルニア州のお役所から呼び出しを受けた時、ガソリンに代わる新オイル案として推奨されるのかと勘違い。燃料補給のライセンスが無い、ガソリン代に含まれている道路税の脱税になるとして、大金の罰金の可能性を警告された。

サンタモニカの中学教師が女子生徒にワイセツ行為

5月5日

 サンタモニカにあるリンカーン中学の教師が、少なくとも4人の女子生徒にワイセツ行為をした容疑で逮捕。60歳の当教師は、生徒や親からの人気者だったという。

サンタモニカピアの観覧車 1日無料乗車

5月4日

 1996年からサンタモニカのランドマーク的存在だった、サンタモニカピアの観覧車が売却されるため、最後の日曜日として無料乗車のサービス。150万ドルの新しい観覧車が数週間後には完成の予定。売却費用13万2千ドルの半分は南カリフォルニアの障害者オリンピック団体に寄付。

ダウンタウンに奇抜なデザインの公立芸術高校を建設計画

5月4日

 ダウンタウンの「天使のマリア大聖堂」近くに2009年秋開校予定の芸術高校。フリーウェイ101号線よりも140フィート(約43メートル)も上に突き出したらせん状の校舎。奇抜なデザインと2億3千万ドルもの費用をかけることに物議をかもしている。

UCバークレーの学生が殺傷死

5月3日

 早朝2時45分頃、バークレー校近くで、21歳の工学部学生がナイフで刺され死亡。若者2グループによる口論から暴力を伴うけんかになった様子。容疑者(20歳)等のグループはナイフとラム酒のビンを振り回していたという。

今夏、水不足が懸念されるカリフォルニア

5月2日

 この冬の多雨にもかかわらず、3月から4月にかけての記録的な晴天続きの気候により、今夏、カリフォルニアでは水不足、更には給水制限の可能性もあるとの公式発表があった。

ロサンゼルス 全米大気汚染都市ワースト2位

5月1日

 アメリカ肺協会の調査による、主要都市大気汚染ワースト10が発表された。ここ10年間程続いたワースト1の座をピッツバーグに譲り、ロサンゼルスは2位。ロサンゼルス市長はご満悦。

トーランスで男が自宅で息子と義母を殺害して自殺

4月29日

 トーランスで男が銃を発砲して息子と義母を殺害したのち自殺した。妻も重傷を負って病院に運ばれた。事件の数時間前に、家庭内暴力の通報で警官が駆けつけ、男に対して接近禁止命令を出していた。

UCLA病院の前職員をセレブの病歴売却で起訴

4月29日

 UCLAメディカルセンターの前職員が、女優ファラ・フォーセットやマリア・シュライバー知事夫人など、セレブの病歴をタブロイド誌に売却し、少なくとも4600ドルを受け取っていた容疑で起訴された。

マークハム中学教頭が児童への性的虐待で起訴

4月28日

 サウスLAにあるマークハム中学の教頭が、児童への性的虐待2件に対する容疑で起訴された。同教頭は、少なくとも3人のティーン女生徒と性的関係を持った疑いがある。

ダウンタウンの再開発 財政難で完成を延期

4月28日

 ロサンゼルスのダウンタウン再開発で、130億ドルをかけるグランドアベニュー再開発は、不動産不景気の影響を受けてローン確保に困難を生じたため、完成予定を2012年に延期すると発表した。

シエラマドレ近郊で山火事 住民千人が避難

4月27日

 エンジェルス国立森林公園のシエラマドレ近郊で山火事が発生し、400エーカーを焼失、200軒の住民千人が避難した。

加州で犯人特定目的の家族のDND使用OKに

4月25日

 カリフォルニア州のブラウン司法長官は、犯人を特定する目的で、犯人の家族や親戚のDNDを使った部分的一致を導入すると発表した。

サンディエゴの海岸で男性が鮫に襲われ死亡

4月25日

 サンディエゴ北部のソロナビーチで、トライアスロンの練習で水泳中の男性が、浜から150ヤードの海中で、突然鮫に襲われ死亡した。当局は同地域の海岸を水泳中止にした。

エリアコード818地域に747がオーバーレイ

4月24日

 エリアコード818のバレー地域に、09年5月よりオーバーレイの新コード747が追加されることになった。これにより同地域では、同じエリアコードでもエリアコードを含む11の番号を押すことになる。

LAカウンティーが乳児と添い寝に警告

4月23日

 ロサンゼルス・カウンティー当局は、全米で最近増加の傾向にある乳児との添い寝に対して、危険性が高いと警告を出した。06年に添い寝が原因で突然死した乳児は44人で、前年比で76%増加した。米国小児科学会も添い寝の危険性を訴えている。

加州の住宅差し押さえ数 昨年の4倍を記録

4月22日

 今年の第1四半期に、カリフォルニア州でローン返済に困窮し差し押さえになった住宅数は4万7171軒で、昨年同時期比4倍に上ったことがわかった。また1月から3月末の期間に債務不履行通知を受け取った家は11万軒で、カリフォルニア州全住宅数の1.4%に当たる。

映画用の動物トレーナーがグリズリーに襲われ死亡

4月22日

 ビッグベアにある映画などに出演する野生動物を訓練するプレディター・イン・アクションで、トレーナーが突然グリズリーに襲われ死亡した。このグリズリーは、「もっとも訓練されたグリズリー」として知られていた。

バーバンク空港の騒音問題 夜間発着をバンナイズ空港へ

4月20日

 バーバンク空港は、騒音問題の解決案として、プライベートジェットや企業用ジェットなど16便の発着を、バンナイズ空港へシフトする案を発表した。

各地の公立学校で 父兄に寄付金募る

4月19日

 カリフォルニア州の財政難の影響を受けて、各地で父兄に寄付を募り学校が増えている。またファンドレージング基金を組織する学校も登場し、教育レベルの安定に全力を挙げている。

加州の失業率6.2% 04年7月以来最悪

4月18日

 カリフォルニア州の3月の失業率は6.2%で、04年7月以来最悪の失業率を記録した。前年同時期比で1.2%上昇したことになる。

ラグナビーチのハイウェイ 汚染流出で閉鎖続く

4月17日

 ラグナビーチのサウスコーストハイウェイで汚染が流出し、ラグナビーチが閉鎖されると同時に、コーストハイウェイも閉鎖された。

ホームレス殺人の老女 殺人罪で有罪確定

4月16日

 ホームレスの男性2人を保険金目当てで殺害した容疑で公判中だった77歳と75歳の女に対し、77歳に殺人罪、75歳に共謀罪の有罪判決が出た。2人はホームレスを騙して2年間アパートに住ませてから車でひき殺し、計280万ドルの保険金を受け取っていた。

3月の住宅市場 3割が差し押さえ物件

4月15日

 3月に売買された南カリフォルニアの住宅は、38%が差し押さえ物件で、差し押さえ物件数は昨年同時期比で8%増えたことがわかった。リバーサイド・カウンティーでは半数以上が差し押さえ物件だった。中間住宅価格は38万5千ドルで、04年4月の水準まで下がった。

LA市のごみ収集日 38%の値上げ

4月14日

 ロサンゼルス市のビヤラゴーサ市長は、ロサンゼルス警察官を千人増員するためにごみ収集日を38%値上げすると発表した。値上げが成立するには市議会の同意が必要だが、成立すると、ビヤラゴーサ市長が就任して以来、ごみ収集日は3倍になる。

南加の各地で最高気温を記録

4月13日

 ロングビーチで華氏95度(過去最高60年の90度)、カマリオで95度(同56年86度)フラートン99度(同59年94度)など、各地で同日過去最高気温を更新した。最高はアナハイムの102度(同84年96度)で、これは全米最高だった。

双発機がコンプトンの民家に墜落し5人負傷

4月12日

 サンディエゴからホーソーン空港に向けて飛行中の双発機セスナが、コンプトンの民家に頭から突っ込んで墜落し、セスナに乗っていた2人と民家の住民3人の5人が負傷した。うち4人は重症。

刑務所のヘルスケアに70億ドルの追加予算

4月11日

 シュワルツェネッガー知事は、カリフォルニア州刑務所のヘルスケアを憲法で保障されたレベルにするには医療施設7カ所の新設などで70億ドルの追加予算が必要だと発表した。70億ドルのほぼ全額が借金によってまかなわれる。

聖火リレーのルート 直前に変更で混乱防ぐ

4月9日

 サンフランシスコに到着した北京五輪の聖火リレーは、中国政府の環境・人権政策やチベット政策に対する抗議のデモを避けるため、直前になってルートを変更した。これにより混乱は免れたが、聖火リレーを楽しみにしていた市民からは不満の声が上がった。

落し物は現金14万ドル 男性が警察に届出

4月9日

 セリトスで道に落ちていた現金14万ドル入りのバッグを拾った男性が、警察に届け出た。現金は、現金輸送車の落とし物で、男性は謝礼に2千ドルを受け取った。

北京五輪の聖火がサンフランシスコ到着

4月8日

 北京五輪の聖火リレーで、アメリカとして唯一のリレー地点サンフランシスコに聖火が到着した。ロンドンなどでは中国の環境や人権政策に対する抗議のデモが殺到したため、サンフランシスコ警察などは警戒態勢を高めている。

ガソリン価格が最高値更新 加州では7.7セント上昇

4月7日

 連邦エネルギー省の発表によると、ガソリン価格は先週、全米的に最高値を更新したことがわかった。カリフォルニア州では先週比で1ガロンにつき平均7.7セント上昇し、州平均価格は1ガロン3.685ドルだった。

LA在住の女性が114歳に 世界最年長の1人に

4月6日

 USC西に療養所に住む女性が114歳の誕生日を迎え、世界最年長の仲間入りを果たした。114歳が現時点で世界最年長で、世界で他に2人で、1人はインディアナ州在住の女性で2週間後に115歳の誕生日を迎え、もう1人はポルトガル在住。

UCLA病院の職員 32人以上のセレブ情報侵害

4月6日

 ブリトニー・スピアーズとファラ・フォーセットの個人情報が、UCLAメディカルセンターの職員により侵害されていた件で、職員たちはさらにシュワルツェネッガー知事夫人のマリア・シュライバーなど、他にもセレブ32人の情報を盗み読んでいたことが発覚した。

NCAAファイナル4 UCLA決勝戦進出ならず

4月5日

 カレッジバスケットボールのファイナル4の試合が行われ、UCLAはメンフィス大学に78−63で負け、決勝戦進出の夢は破れた。決勝戦はメンフィス大が、カンザス大学と対戦する。

加州8年生の文章能力 75%以上が基本以下

4月3日

 連邦教育省の発表によると、カリフォルニア州8年生のライティング能力は、全米都市ではクリーブランドに次いで最低で、75%以上が基本的な文章すら書けないことがわかった。英語を母国語としない生徒が多いのも一因と見られている。

サンタアナの小学校教諭が不法武器所持で逮捕

4月3日

 サンタアナの小学校教諭が、教室内のキャビネットに銃1丁と弾丸を隠し持っているのを生徒が発見し、不法武器所持容疑で逮捕された。

UCLA病院でまたもセレブの個人情報盗み読み

4月2日

 ブリトリー・スピアーズの個人情報を盗み読みした疑いで職員を解雇したばかりのUCLAメディカルセンターで、それ以前にも70年代のアイドル、ファラ・フォーセットの個人情報も盗み読みされた可能性があることがわかった。

フリーウェイで非番警官が発砲

4月1日

 フリーウェイ105号線東行きホーソーン・ブルバード付近で、夜勤を終えて帰宅途中のロサンゼルス郡保安官が他の車と接触し、路肩に寄せた後に言い合いになった後、ドライバーの男性に向けて2発発砲した。男性は負傷したが命に別状はない。保安官によると男はナイフを出して脅した模様。

ガソリン価格過去最高を記録

3月31日

 連邦エネルギー省の発表によると、全米の平均ガソリン価格は先週比で3.1セント値上がりし、1ガロン3.290ドルで過去最高を記録した。カリフォルニア州は1ガロン3.608ドルで、これも過去最高。

南加出身の海軍兵に最高勲章を授与

3月31日

 イラクで仲間をかばって戦死したガーデングローブ出身のマイケル・モンスアー兵に、軍人として最高の賞である最高勲章を授与することが決定した。モンスアー兵は海軍のエリート特殊部隊SEALの一員で、仲間2人を助けるために自ら犠牲になった。イラク戦争で最高勲章を受章するのは3人目。

101号線バンナイズで男性が射殺され壁に激突

3月30日

 フリーウェイ101号線東行きのバンナイズ付近で、午前8時半ごろ「車が壁に激突した」との通報を受けて警察が駆けつけたところ、車内の男性は頭を撃たれて死亡していたことがわかった。710号線北行きデルアモ・ブルバード近くでも、男性が何者かに撃たれた。

ドジャース50年ぶりに古巣のコロシアムで試合

3月29日

 ロサンゼルス・ドジャースがブルックリンからロサンゼルスに本拠地を移して50周年を迎えたのを記念して、レッドソックスとのエキジビション対戦が古巣のロサンゼルスコロシアムで開催された。公式観客数は11万5千人を記録し、ギネスブックに正式に登録された。

地球規模のアースアワー 多数の市が照明落とす

3月29日

 世界自然保護基金の呼びかけで、照明を落として地球温暖化対策を訴える「アースアワー」が世界各地で実施され、カリフォルニア州ではサンフランシスコ、パサデナ、バーバンクなどの各市が参加した。

狂犬病に疾患したこうもりに警告

3月28日

 アナハイムのアパートで発見されたこうもりが、狂犬病にかかっていたことがわかった。保健所ではこうもりで近づかないように呼びかけている。

LAPDのSWATに初の女性候補生

3月28日

 ロサンゼルス警察のエリートSWATチームのトレーニングプログラムに、初の女性候補生が誕生した。同プログラムを卒業するとSWATチームの一員となるが、35年前にSWATが結成されて以来、女性が候補生に選ばれたのは初めて。

LAX近くで爆発 LA消防士が死亡

3月26日

 ロサンゼルス国際空港北部の地下で、マンホールのふたを吹き飛ばす小規模な爆発が発生し、消防士が駆けつけたところで大きな爆発が起こり、ロサンゼルス市消防士1人が死亡し、1人が負傷した。爆発は漏電が原因と見られている。

牧場から逃げた馬が91号線を走り事故

3月24日

 コロナの牧場から逃げ出した馬約12頭が、フリーウェイ91号線に侵入したたため、馬を避けようとして2箇所で追突事故が発生し、馬1頭が死亡した。事故の影響で91号線は約5時間閉鎖された。

メディカル予算カットで患者お断りの医師が続出

3月23日

 カリフォルニア州の低所得者向け保険のメディカルは、州予算カットのあおりを受けて医師への支払い額が極度に減ったため、メディカル患者を受け付けない医師が続出している。

牛肉リコールの食肉処理場 従業員が動物虐待で実刑

3月22日

 史上最大の牛肉リコールの原因になったチノの食肉処理場の従業員は、病気の牛をチェーンで引きずり、電気ショックを与えたなどの動物虐待罪で6カ月の実刑が確定した。従業員は刑終了後、メキシコに送還される。

和太鼓でイースター LAのメソジスト教会

3月22日

 日系人信者の多いロサンゼルスのセンテネリー・ユナイテッド・メソジスト教会は、イースターを和太鼓で祝った。和太鼓の演奏によるイースターは2000年以来、同教会の伝統になっている。

脚本家組合のスト終結で加州の失業率0.2%低下

3月21日

 カリフォルニア州の2月の失業率は5.7%で、1月に比べると0.2%低下したことがわかった。ハリウッドの脚本家組合のスト終結が原因と見られている。昨年同時期比では0.7%高い。

殺人事件の免罪確定で25年ぶりに出所

3月20日

 83年にサウスLAで起きた殺人事件で有罪判決を言い渡され、25年間収監されていたウィリー・グリーンの免罪が確定し、四半世紀ぶりに自由の身となって家族との再会を実現した。有罪判決の決め手となった唯一の目撃者の証言に信憑性のないことが判明していた。

フリーウェイを逆行の車が大型トラックと正面衝突

3月19日

 フリーウェイ118号線のポーターランチで、逆行してフリーウェイに進入したSUVが、大型トラックと正面衝突し、両車両とも炎上し1人が死亡、2人が負傷した。118号線は数時間閉鎖になった。

オールステート保険に レート削減を要求

3月18日

カリフォルニア州のポイズナー州保険長官は、保険大手のオールステート・コープに対し、自動車保険のレートを15・9%下げるように命令した。1台につき124ドルの節約になる計算。

大統領予備選の投票率 加州は90年以来の高率

3月17日

2月にカリフォルニア州で実施された大統領予備選の投票率は、過去最高だった80年の63・3%に次ぎ、史上2番目に高い投票率(55・7%)を記録したことがわかった。

教師や学校職員など 州で2万人近く解雇

3月17日

カリフォルニア州教育省の発表によると、州財政難による教育費の削減で、2万人近くの教師および学校職員に解雇通知が送付された模様。学校によってはクラス当たりの生徒数を増やしたり、学校区によっては学校が閉鎖されたところもある。

LAのごみ収集費 また値上げか

3月13日

財政難に陥るロサンゼルス市は、ごみ収集費用の値上げを検討している。ごみ収集費は過去2年間で月額11ドルから36ドルに値上げしたばかり。

南加の住宅価格 昨年より19%低下

3月13日

南カリフォルニアの住宅価格は、昨年ピーク時より19%低下し、専門家の予想を上回る勢いで低下していることがわかった。今回のスランプは、01年から97年にかけて起きた住宅スランプ時よりも急降下している。

児童わいせつで逮捕の教頭 前任校でも同罪で捜査

3月12日

マークハム中学の教頭が、13歳の女生徒にわいせつ行為をした容疑で逮捕された件で、同教頭は前任校でも未成年生徒に対してわいせつ行為をし、生徒の義父に銃を突きつけた疑いで捜査中だったことがわかった。

サンディエゴ沖で不法移民15人を救助

3月12日

メキシコのロザリトビーチから移民17人を乗せた船がサンディエゴ沖を漂っているのを当局が発見し、救助した。17人中2人は密輸業者で、1人につき4千ドルで請け負ったものの、出港後20分でエンジンが故障した模様。2人は逮捕された。

ドライアイス漬けの遺体 死因は薬物多量服用

3月11日

 ニューポートビーチのホテルで、プラスティック袋にドライアイス漬けで見つかった女性の遺体は、検死の結果、薬物の多量服用が死因だったことがわかった。違法薬物所持で逮捕された内縁の夫は、「女性をドライアイス漬けにしたのは、宗教上の理由から」と語った。

シュワ知事の通勤手段はプライベートジェット

3月6日

 シュワルツェネッガー知事は毎日、サクラメントからブレントウッドの豪邸まで、プライベートジェットで通勤していることがわかった。通勤にかかる費用は知事の個人的費用として取り扱われているが、環境問題の観点から非難の声が上がっている。

ウエストウッドで土砂崩れ ゼプルビダが完全封鎖

3月6日

 ウエストウッドで土砂崩れがあり、405号線沿いセプルビダ・ブルバードのサンセット・ブルバード南が土砂で完全に封鎖された。土砂崩れの原因は捜査中。

高校の教師助手が自閉症の生徒から窃盗

3月5日

 カマリオ高校の教師助手が、自閉症の生徒から昼食費5ドルを、少なくとも57回窃盗していたことがわかった。教師助手は軽窃盗と未成年者に対する残虐行為で逮捕された。

LAの殺人発生率 5年ぶりに増加

3月5日

 過去2カ月のロサンゼルスにおける殺人事件数が急増したため、今年度の殺人事件発生率は、昨年同時期比で27%も増加したことがわかった。ブラトン署長が就任して以来、減少していた殺人事件は5年ぶりに増加したことになる。

LA消防士ドッグフード起訴 今度は白人消防士が潔白証明

3月3日

 アフリカ系消防士がスパゲティーにドッグフードを混ぜられたとロサンゼルス市を起訴し、150万ドルの賠償金を得た件で、今度は白人の消防隊長2人が免職されたのはスケープゴートだとして市を訴えていた件で、陪審員は2人の訴えを認め、市に計160万ドルの賠償を言い渡した。

LA市長ヒラリー応援で不在が急増

3月2日

 ロサンゼルスのビヤラゴーサ市長は、過去65日間中18日を、ヒラリー大統領候補の応援でロサンゼルスを不在にしていたことがわかり、市議や市民から不満の声が上がっている。

LAマラソンに2万5千人が参加

3月2日

 ロサンゼルスマラソンが実施され、約2万5千人が参加した。女子の部ではロシアのタティアナ・アリアソワが2時間29分9秒、男子の部ではケニアのラバン・モイベンが2時間13分50秒で優勝した。

州の就業者数 2万人以上減る

2月29日

 州雇用開発庁の発表によると、1月のカリフォルニア州の就業者数は2万300人減ったことがわかった。職業別で見ると、建築、情報、金融関係の雇用煮もっとも影響が出ていた。

サウスLAのバス停で乱射 児童5人を含む8人負傷

2月27日

 サウスLAのバス停で、突然男が発砲し、児童5人を含む8人が負傷した。近隣の学校では授業が終わったばかりで、バス停を児童や保護者で混雑していた。目撃者の証言によると、男は人ごみに向けて乱射した後、静かに立ち去ったという。

猫の避妊・去勢法案にビヤラゴーサ市長が署名

2月25日

 ロサンゼルスのビヤラゴーサ市長は、一部の例外を除きペット猫の避妊・去勢を飼い主に義務付ける法案に署名した。

LAXのニアミス防止に警告システムを導入

2月24日

 連邦航空局(FAA)は、ロサンゼルス国際空港のランウェイにおけるニアミス防止対策として、600万ドルを投じる警告システムの導入を発表する見込み。警告システムは信号機のようなもので、ダラス空港での実験では大幅にニアミスが減少した。

住宅価格は下降でも賃貸価格は上昇

2月21日

 昨月の南カリフォルニアの中間住宅価格は、昨年同時期比で18%下降したにもかかわらず、賃貸アパートの家賃は、07年度第4四半期で4.5%上昇し、平均月額1494ドルになったことがわかった。

州教育費カットで学校閉鎖や教師レイオフ

2月20日

 シュワルツェネッガー知事が発表した予算案に基づき、ロングビーチ教育委員会は小学校1校の閉鎖を決定し、リアルト学校区では教師を含む305人のレイオフが確定となった。ロサンゼルス学校区でも来年度は史上最多額の5億6千万ドルの赤字となることがわかった。

ネイルサロン10軒が衛生違反で謹慎処分に

2月19日

 1月に新しく施行した法律を受けて、カリフォルニア州はネイルサロンの衛生検査を実施し、ハンティントンビーチ、ブエナパーク、アナハイム、サンタアナのサロン5軒を含む計10軒に、謹慎処分を出した。

動物虐待容疑でエンシノ在住の男を逮捕

2月19日

 エンシノ在住の男が、ピットブルの子犬を虐待した容疑で逮捕された。男はガールフレンドにふられたの腹いせに子犬を虐待し、子犬はあごや足などを数箇所を骨折した。

行方不明女性の遺体 家族が車内で発見

2月18日

 ポモナで4日間行方不明になっていた女性の遺体が、女性のマイカーの中で毛布に包まれた状態で発見された。マイカーは警察署近くに放置されていたのを警察が発見し、家族に引き取るように連絡をしたもので、遺体は家族が発見した。

UCLAでエイズ慈善の26時間ダンスマラソン

2月17日

 UCLAでエイズ慈善のための26時間ダンスマラソンが開催され、約1100人が参加し、38万ドルの募金を集めた。

米人狙った犯罪増加でティワナの観光客9割減

2月16日

 アメリカ人を狙った犯罪がバハカリフォルニアで急増している現状を受けて、ティワナのでは観光客が05年比で90%も激減していることがわかった。

殉死したLA警官の葬儀に1万人以上の警官がお別れ

2月15日

 バレーで人質を取って立てこもった男に射殺され、ロサンゼルス警察SWATチームとして初めて殉死したランダル・シモンズ警官の葬儀が、サウスLAの教会で執り行われ、シュワルツェネッガー知事、ビヤラゴーサ市長を含め、全米から1万人以上の警察関係者が参列した。

オックスナードの中学で発砲 14歳男子を逮捕

2月14日

 オックスナードの中学の教室で14歳の男子生徒が15歳の男子クラスメートに向けて発砲し、銃弾を受けた男子は脳死状態になった後、親の希望で人工呼吸器が外された。犯人の男子は計画的なヘイトクライムによる殺人の容疑で逮捕された。

南加の中間住宅価格 昨年同時期比で18%減

2月13日

 データクイックインフォメーションの発表した1月の南カリフォルニアにおける住宅販売数は9983軒で、同社が統計を取り始めた88年以来、1万軒を割り込んだのは初めて。そのうち23%は抵当流れによるもの。中間価格は41万5000ドルで、昨年同時期比18%減。

ハリウッドサイン西側で住宅開発か

2月12日

 シカゴの開発会社が、ハリウッドサインの西側に当たるカウエンガピークに高級住宅の建設を計画していることがわかった。同社は市に売却を試みたが、値段が折り合わず交渉は決裂した。

LAカウンティーで5万票が無効に

2月11日

 先日実施された大統領予備選で、ロサンゼルス・カウンティーでは無党員の投票した約5万票が、マークすべき箇所をマークしなかったために無効になっていたことがわかった。

ワインハウスがグラミー賞5冠

2月10日

 第50回グラミー賞がロサンゼルスで開催され、英国R&Bのエイミー・ワインハウスが最優秀レコード賞など5冠に輝いた。ワインハウスは薬物問題で入国を拒否され、ロンドンからの中継となった。最優秀アルバム賞は、ジャズピアニストのベテラン、ハービー・ハンコックが受賞した。

OC保安官コロナ 贈賄の証拠テープ

2月8日

 連邦検察官は、贈賄汚職容疑で起訴中の元オレンジ・カウンティー保安官マイケル・コロナが、賄賂を認め証拠隠滅について語った会話テープの転写を公表した。コロナの公判は6月10日に始まる予定。

バレーで家族殺害し8時間立てこもり

2月7日

 サンフェルナンドバレーのウィネッカで、父親と兄弟を射殺した男がガールフレンドを人質にとって自宅に立てこもり、SWATチームが出動した。銃撃戦で警官1人が死亡、1人が銃弾を受けて負傷。犯人は警官に狙撃され死亡した。SWATチーム40年の歴史で殉職者が出たのは初めて。

大統領候補者と応援者 加州で「最後のお願い」

2月3日

 スーパーチューズデーの主戦場となるカリフォルニア州予備選を2日後に控え、ヒラリーの応援には元クリントン大統領、オバマの応援にはキャロライン・ケネディやオプラ・ウィンフリー、加州知事夫人のマリア・シュライバーなどが姿を見せた。

コダックシアターで民主党の大統領選討論

1月31日

 カリフォルニア州を含む20州以上の予備選および党員集会が行われる2月5日のスーパーチューズデーを目前にして、クリントンとオバマ両候補者による民主党の討論会がコダックシアターで行われた。会場にはハリウッドスターも多く詰め掛けた。

州教育省が学校での牛肉使用の停止を要請

1月31日

 カリフォルニア州教育省は、省管轄の栄養サービス部門からのアドバイスを受けて、州学校ランチの主要牛肉提供会社であるウエストランドミートカンパニーの牛肉使用を停止するよう要請した。同社では弱体牛や病気の牛を使用していることが発覚したため。

サンタモニカプレース 全面改装で一時閉館

1月30日

 サンタモニカプレースが、屋根の修復など全面改装のため一時閉館した。09年秋の新装オープンを目指す。

LA市長が雇用凍結 無給休暇を提案

1月28日

 ロサンゼルスのビヤラゴーサ市長は、1億5500万ドルの赤字対策として、市職員の採用凍結と無給休暇、消防署跡地の売却などを提案した。

605号線で12台玉突き けが人なし

1月27日

 605号線南行きローズヒルズメモリアルパーク近くで、12台が次々と衝突する玉突き事故が発生し、4車線が1時間半にわたって閉鎖された。けが人は報告されていない。

110号線に墜落のヘリ 低空飛行が原因

1月26日

 フリーウェイ110号線南行き、105号線インターチェンジ近くに墜落したヘリコプターは、低く飛びすぎたため、センチュリー・ブルバード北部で送電線に接触したのが原因であることがわかった。

マウンテンハイで雪崩 1人死亡、2人行方不明

1月25日

 マウンテンハイ・スキー場東部の数カ所で雪崩が発生し、スキーパトロール隊員が死亡、別の隊員は中腹で発見されたが重体、さらに2人が行方不明になっており、捜索救助活動が行われている。

南加に冬の嵐 記録的な降雨量

1月23日

 発達した低気圧の影響で、南カリフォルニア一帯が「冬の嵐」に襲われ、サンタバーバラでは24時間で4.14インチの最多降雨量を記録し、山岳地帯では2フィート以上の積雪となった。

加州の住宅差し押さえ3万軒以上で史上最高

1月22日

 カリフォルニア州で昨年度第4四半期に差し押さえとなった住宅は3万1676軒で、史上最高数を記録し、3クオーター連続で記録を更新した。

ガソリン卸し価格下落も店頭価格は高騰のまま

1月21日

 ロサンゼルスのガソリン卸し価格は、1ガロン約2ドル17セントまで下落したが、店頭の平均価格は1ガロン3ドル22セントで、消費者保護団体などが疑惑の声を上げている。

小型機が空中衝突4人死亡

1月20日

 コロナ空港から約1マイル離れた上空で、小型機2機が空中衝突した。死亡者4人のうち、少なくとも1人は、落下した飛行機の破片に当たって死亡した模様。

405号線アーバイン横転事故、1人死亡

1月15日

 405号線南行きアーバインで未明、ジープチェロキーが横転し、1人が死亡、少なくとも1人が負傷した。事故の影響で同線南行きは、1時間全面閉鎖になった。

州議員の任期改正案 シュワ知事が支持

1月14日

 シュワルツェネッガー知事は、今秋行われる住民投票で、州議員の任期制限をなくす改正案を支持すると発表した。シュワ知事は、知事選では任期制限法を支持していた。

収賄容疑のOC保安官 ついに辞任

1月14日

 連邦検察局から収賄容疑で起訴されたオレンジ・カウンティー保安官のマイケル・カロナが、弁護準備に集中するためとして辞任した。

ハリウッド&ハイランドでエスカレーターから落下死

1月13日

 ハリウッド&ハイラッドで酒に寄った男性が、エスカレーターの手すりから滑り降りようとして、誤って落下し死亡した。

シュワ知事が大幅な予算削減を提案

1月9日

 シュワルツェネッガー知事は今日にも、大幅な予算削減を発表する見込み。削減案には、48の州立公園の閉鎖、服役囚の早期出所、車両登録料の値上げなどが含まれている。

シュワ知事が年頭教書で予算削減を宣言

1月8日

 シュワルツェネッガー知事は年頭教書演説を行い、「増税を行わない代わりに予算削減を強いられることになるだろう」と語り、教育費などの予算削減はやむをえないとして、州民の理解を求めた。

詐欺的営業でEZルーブに支払命令

1月2日

 車のオイル交換や修理などを行うEZルーブ(本社サンタアナ)が、詐欺的な営業を行ったとして、オレンジ・カウンティー司法局から500万ドルの和解額に応じるように命令を受けた。南カリフォルニア75店舗中、30店舗で不必要なサービスを勧め、実際には何もせずに請求するなどの詐欺的行為が行われていた。

ローズパレードとローズボウル開催

1月1日

 第119回ローズパレードがパサデナで開催され、数万人が沿道を埋めた。また大学フットボールのローズボウルが行われ、49−17でUSCがイリノイ大学を破った。

不動産詐欺グループ 約1.5億ドル詐欺で起訴

12月30日

 ビバリーヒルズを中心に00年から03年にかけて、高級住宅地にある比較的安価の住宅に3倍の価格をつけ、それを購入するとして法外な住宅をローンを得ていた詐欺団10人が起訴された。10人は不動産エージェント、デベロッパー、鑑定士、銀行員など。

州上院議員がカージャックされる

12月29日

 カリフォルニア州のペラタ州上院議員は、ノースオークランドで自家用車のダッジ・チャージャーに乗ったところ、窓の外から銃を突きつけられカージャックされた。ペラタ議員は無事だった。警察では、犯人は議員の車だとは気づかず襲ったのではないかとみている。

サンフランシスコ動物園 トラ舎の構造に欠陥か

12月27日

 トラ舎から逃げ出したトラに襲われ男性1人が死亡し、2人が重症した件で、トラ舎の壁の高さが、実際には当初の発表よりも低かったことがわかった。これでトラは壁を飛び越えて園内に逃げ出した可能性が高まった。

サンフランシスコ動物園でトラが逃げて客を噛み殺す

12月25日

 サンフランシスコ動物園で、脱出したトラに襲われ、客1人が死亡、2人が重症を負った。トラは駆けつけた警察官に射殺された。トラがどうやって舎から逃げ出したのかは捜査中。

ミリオネアーの養育費 月220万ドルの支払命令か

12月24日

 オレンジ・カウンティ在住のミリオネアーで土地開発会社経営のデビッド・ブレンの子供と子供の母が、子供たちの養育費の支払いを求める裁判を起こしており、ブレンの経済力から推測すると、養育費は月220万ドルに達する可能性があると見られている。

ロサンゼルスの殺人事件 92年の3分の1に激減

12月23日

 ロサンゼルスの今年度に起こった殺人事件は現時点で386件で、92年と比較すると3分の1、70年の殺人事件数と同レベルにまで激減したことがわかった。

サンタモニカのレストラン プラスチック容器禁止に

12月22日

 サンタモニカ市議会は、レストランや屋台などでテイクアウト用の容器やコップに、生分解性容器の使用を義務付ける法律を可決した。ビーチのゴミを減らすのが目的。

州の財政難で教育予算や刑務所予算のカットを検討

12月21日

 財政難の危機に直面するカリフォルニア州で、シュワルツェネッガー知事は来週にも一部州サービスの予算をカットを検討する模様。予算カットの対象になるのは、教育費の追加予算14億ドルなどで、刑務所予算カットのため数万人の早期出所などが検討される見込み。

LA市議が市職員の昇給を全会一致で可決

12月19日

 ロサンゼルス市議会は、市職員の昇給を全会一致で可決した。対象になる職員は図書館員、ガードマンなど約2万2000人で、昇給は5年かけて実施される。昇給によるコストは2億2500万ドル。

PG&Eが海の波利用 全米初の波発電開始

12月18日

 サンフランシスコに本社を置く電力会社PG&Eは、全米で初めて海の波を利用した波発電にを開始した。波発電による電力は10年の供給を目指しており、最初は1500軒分が供給される。

南加の住宅中間価格 昨年より10%減

12月18日

 11月の南カリフォルニアの住宅売却数は、昨年同時期比43%下落したことがわかった。また住宅中間価格は10%減で43万5000ドルとなり、05年初期と同レベルまで下がった。

全加州民に健康保険案 州下院議会を通過

12月17日

 税クレジットや助成金を投入して、カリフォルニア州の住民ほぼ全員が健康保険に加入できるようにする法案が、下院議会を通過した。同案は10年の実施をめどにしている。シュワルツェネッガー知事は、財源確保のために同案を来年11月の住民投票にかける予定。

レッカー会社の廃車内で事故犠牲者の遺体発見

12月16日

 ターザナで、交通事故後に助手席に乗っていた女性が、事故車の車内に取り残されたままレッカー移動され、翌日遺体で見つかった。女性の息子で運転手である男性は救急車で運ばれたが、警察は女性の存在を見落とした模様。女性の家族から行方不明届けが出されていた。

マリブ山火事の容疑者 2人自首し計5人拘束

12月15日

 先月、50軒以上を全焼または半焼し、被害総額1億ドルを出したマリブ山火事で、野外パーティーを行い出火原因を作った18歳と19歳の男がマリブ署に自首した。これですでに逮捕済みの3人と併せて計5人が拘束された。

カープールレーン止め 有料化をMTAが検討

12月13日

 MTAはフリーウェイの渋滞対策として、カープーレーンを一部取り止め、代わりにソロドライバーも走れる有料道路に変更する案を検討している。対象になっているのは、110号線サウスLA界隈、10号線、210号線の西サンゲブリエル路線のカープールレーン。

玩具ジュエリーの3分の1に鉛含有

12月12日

 カリフォルニア州有害物質規制局は、子供向け玩具ジュエリーの鉛含有量調査を実施し、ギャップキッズ、メーシーズなど11店で、ブレスレットや指輪などから規制以上の鉛が検出されたと発表し、11店に商品の撤去を命令した。

2年ぶりのビッグサーフ サーファーでにぎわう

12月5日

 南カリフォルニア各地のビーチで、2年ぶりに12フィート以上のビッグサーフが押しよせ、サーファーが多数詰め掛けた。

OCの山火事被害地にカメラ設置で土砂崩れ監視

12月4日

 全米地質研究所はオレンジ・カウンティーでサンティアゴ火事の被災地にカメラを設置し、土砂崩れの監視に乗り出した。マリブキャニオンにも近いうちに設置される予定。

LA市標章の十字架問題 連邦最高裁は取り上げず

12月3日

 ロサンゼルス市標章から十字架が取り外されて以来、十字架の復活を訴えていたキリスト教の活動家が連邦最高裁に持ち込もうとしたが、最高裁は訴えを取り上げることを拒否した。

放火でなくても出火すると起訴多数

12月1日

 今夏、カリフォルニア州史上最大の山火事となったザカ火事は、水道管の工事人が燃やしたゴミが出火原因となったが、この工事人をはじめ誤って出火した場合でも、多くの人が起訴されていることがわかった。

カリフォルニア州の23校が全米トップ100校にランクイン

11月30日

 USニュース&ワールド誌の発表によると、カリフォルニア州の高校23校が、全米トップ100校以内にランクインした。ほとんどがチャータースクールやマグネット校だが、ロサンゼルスからも10校が入っている。

バハカリフォルニアで米人狙いの襲撃急増

11月30日

 メキシコのバハカリフォルニアで、アメリカ人を狙った武装集団による襲撃が相次いでいる。ビーチでサーファーが襲われるなど、報道されただけでもここ2、3カ月で7件発生している。

山火事の放火容疑で男を拘束

11月29日

 ロサンゼルス郡保安局は、先月各地で山火事が発生した時に、ロサンゼルス・カウンティー北部で少なくとも8カ所に放火した容疑で、リッキー・ヒメネスを逮捕した。ヒメネスは放火した火事はいずれもすぐに鎮火した。

サンディエゴ動物園にグリズリーの赤ちゃん

11月29日

 サンディエゴ動物園で、アイダホの山奥で保護されたグリズリーの赤ちゃん2頭の一般公開が開始になった。

USCアメフトチームコロシアムを去るか

11月28日

 USCフットボールチームのトロージャンは、現本拠地であるメモリアルコロシアムとの契約更新のもつれで、本拠地をパサデナのローズボウルに移す用意があることがわかり、ビヤラゴーサ市長はコロシアムに再度考慮するように促した。

元水兵がサンディエゴの海軍基地攻撃を計画

11月28日

 元海軍兵士は、機密船の位置などの情報をアルカイダに関係するイギリスの過激派に漏洩した容疑で逮捕された。兵士はさらに06年にサンディエゴの海軍基地を攻撃する計画を経てていた。

LA・OC界隈の住宅価格7%低下

11月27日

 9月のロサンゼルスやオレンジ・カウンティーの平均住宅価格は、昨年同時期比で7%も低下したことがわかった。サンディエゴではさらに低下率が高く、全米でもタンパ、マイアミに次いで第3位の9.6%も低下した。

マリブの山火事は野外パーティーが原因か

11月26日

 ロサンゼルス郡保安局のスポークスマンは、マリブの山火事の出火場所は、コーラルキャニオンの洞窟だと発表した。この洞窟には夜間、若者たちが集まってパーティーをすることで知られている。

ウエストサイドの渋滞緩和に市長が提案

11月25日

 ビヤライゴーサ市長は、ウエストサイドの渋滞緩和対策として、ラッシュアワーにはピコとオリンピック・ブルバードを駐車禁止にし、信号の長さを交通量に応じて調節、また一時的に一方通行にするなどの案を提案する模様。

マリブでまた山火事、49軒が全焼、数千人が避難

11月24日

 マリブでまた山火事が発生し、4700エーカーを焼失し、家屋49軒が全焼、数千人が避難した。過去15年で最悪の火事となった。

ビバリーヒルズの市営駐車場が2時間無料に

11月23日

 ビバリーヒルズ市は、ショッピング客確保と近郊のショッピングモールとの競争力を高めるために、市営駐車場の無料駐車時間を現行の1時間から2時間に延長した。

LA市長とキャスターの禁断の恋が破局

11月23日

 ロサンゼルスのビヤライゴーサ市長とスペイン語放送テレムンド局の人気ニュースキャスターが、禁断の恋に終止符を打っていたことがわかった。キャスターは市長との関係が公になってのちに辞職した。

サウスベイ連続空き巣、10代3人を逮捕

11月22日

 トーランス警察は、18歳2人と19歳の男の計3人を、空き巣容疑で逮捕した。サウスベイではここ数カ月で30件以上の空き巣が発生しており、警察では警戒を強めていた。

4歳児が母親に腹を立て、誘拐事件を狂言

11月21日

 オレンジ・カウンティーで4歳女児が公園で遊んでいたところを、スパイキーヘアで竜の刺青をした男に誘拐されそうになったと語り、警察は一時ヘリコプターまで動員したが、翌日、実は母親に腹を立てた女児の狂言であったことがわかった。

入国管理で全指紋の押捺を義務付け

11月20日

 国土保安省は29日から外国人に対する入国審査で、両手10指の指紋押捺を義務付け、29日から段階的に実施すると発表した。首都ワシントンのダレス空港で開始され、来年初めにはサンフランシスコ空港を含む主要9空港に拡大される。LAXは入っていない。

鉛含有の玩具で玩具メーカーを訴訟

11月18日

 カリフォルニア州とロサンゼルス市の各司法長官は、州法違反である鉛含有の玩具を販売した玩具メーカーのマテルや、玩具小売のトイザラスなど、18企業を訴訟する考えがあると語った。

未成年者の終身刑、加州が全米で2番目

11月18日

 サンフランシスコ大学の調査によると、カリフォルニア州で仮釈放の可能性のない終身刑を受刑中の未成年者の数は227人で、ペンシルバニア州に続いて全米で2番目に多いことがわかった。227人はいずれも18歳になる前に受刑を開始している。

サンディエゴで有料道路が開通

11月16日

 フリーウェイ905号線と54号線を結び、I−-55とほぼ平行に走る有料道路サウスベイ・エクスプレスウェイが、計画から工事まで18年の歳月を経てついに開通した。通行料はデビットアカウントの場合は75セントから3ドル75セント、キャッシュの場合は25セントから1ドル50セントの上乗せになる。

LA選出議員の昇給、6議員が辞退

11月15日

 ロサンゼルス市選出議員に対する4.16%%の昇給が発表になった翌日、ビヤラゴーサ市長をはじめチック会計監査官、ガ−-セティ議員、グルエル議員、ハーン議員、ウェス議員の6人が昇給を辞退した。今回で05年以来4度目の昇給。

バリー・ボンズが偽証罪で起訴される

11月15日

 通算762本塁打の大リーグ記録を保持するサンフランシスコ・ジャイアンツのバリー・ボンズ選手が、ステロイド使用についての偽証・審理妨害の罪で連邦大陪審に起訴された。すべての罪状で有罪になると、禁固30年の可能性もある。

加州の赤字が急膨張、予算カットを呼びかけ

11月14日

 住宅市場の停滞などが原因で、カリフォルニア州の赤字が100億ドルにまで急膨張したことがわかった。シュワルツェネッガー知事はすでに、州政府機関に対して10%%の支出カットを呼びかけている。

空港で液状爆弾の材料が、セキュリティーを通過

11月14日

 連邦政府が空港セキュリティーの実態を把握するために行った実験によると、ロサンゼルス国際空港を含む全米19空港で、液状爆弾になりえる安価で手軽に入手できる材料を審査に引っかかることなく機内に持ち込めたことがわかった。

ラッシュアワーに事故で、フリーウェイ405号線が通行止め

11月13日

 午前8時20分ごろ405号線南行きアーバイン付近で4台から6台の車を含む事故が発生したため、南行き全車線が約1時間にわたって通号止めになった。

カニエ・ウェストの母急死、整形手術が原因か

11月12日

 ヒップホップ歌手でグラミー賞受賞者のカニエ・ウェストの母親が、マリナデルレイの病院にて58歳で急死した。母親は別の整形外科で手術を依頼したが、医学的理由から断られており、無理な整形手術が原因だったのではないかと疑われている。

LAXのランドマーク、レストランが再オープン

11月12日

 ロサンゼルス国際空港のランドマーク的存在の「エンカウンター」レストランが、修復を終えて8カ月ぶりに再オープンした。

外国人留学生の人数、USCが6年連続トップ

11月11日

 国際教育協会の発表によると、USCの外国人留学生は7115人で、6年連続で全米トップだったことがわかった。2位はコロンビア大学で3位はニューヨーク大学。UCLAは4704人で8位だった。

サンフランシスコ湾の油漏れ、人的ミスが原因と指摘

11月10日

 沿岸警備隊は、サンフランシスコ‐オークランド間を結ぶベイブリッジに貨物船が衝突したのは、貨物船乗員による人的ミスが原因だと指摘した。この事故による油の流出で、少なくとも鳥60羽の死骸が見つかり、200羽以上が救助された。

LA統一学校区が職員に返金を要求

11月9日

 ロサンゼルス統一学校区は職員約3万6000人に対し、計5300万ドルも多く給与を払っていたことがわかり、返金を求めることになった。

シュワ知事が排ガス規制法で連邦政府を訴える

11月8日

 シュワルツェネッガー知事は、地球温暖化対策として自動車メーカーに排気ガス規制を強化する法案を実施するために、認可を出し渋っている連邦政府を訴えるという強攻策に出た。

貨物船が衝突し、大量の油が流出

11月8日

 サンフランシスコ‐オークランド間を結ぶベイブリッジに貨物船が衝突し、5万8000ガロンの油が流出した。

LA動物園にゴリラ園オープン

11月7日

 ロサンゼルス動物園は1900万ドルをかけて新設したゴリラ園「Compo Gorilla」の一般公開を開始した。

サンディエゴのビーチ試験的に飲酒禁止に

11月5日

 南カリフォルニアで唯一ビーチでの飲酒が可能だったサンディエゴで、市議会は試験的に1年間の飲酒禁止することで合意した。

シュワ知事が州政府に10%の支出削減を命令

11月5日

 シュワルツェネッガー知事は、州政府の全局に10%の支出削減案を提出するように命令した。住宅市場の停滞で、州財政の赤字の膨張を抑えるのが目的。

グリフィス展望台、駐車場が再オープン

11月3日

 昨年11月に再オープンして以来、シャトルを走行させて車での入場を制限していたグリフィス展望台は、1年ぶりに駐車場を一般にオープンした。シャトル送迎になって以来、入場客は3分の1以下になっていた。

フレズノのフリーウェイで玉突き108台、2人死亡

11月3日

 フリーウェイ99号線のフレズノで、濃霧が原因で大型トラック18台を含む計108台を巻き込まむ玉突き事故が発生した。飲酒運転で男が逮捕されたが、大事故につながったのは濃霧が原因と考えられている。26歳の男性と5歳の男児が死亡、約40人が負傷。

ブッシュ大統領が水に関する法案に拒否権

11月2日

 ブッシュ大統領は、カリフォルニア州の堤防強化などを含む水に関する法案(予算230億ドル、全900プロジェクト)に拒否権を発動した。来週にも議会は拒否権を覆すと見られている。

ドジャース新監督に前ヤンキースのトーリ

11月1日

 MBLロサンゼルス・ドジャースは、前ニューヨーク・ヤンキースの名将ジョー・トーリが新監督に就任したと発表した。契約は3年で契約金は1300万ドル。

火遊びの少年は10歳、刑事責任の告発は疑問

10月31日

 サンタクラリタで起こったバックウィード山火事の出火原因となった火遊びの少年は10歳であることがわかった。出火は意図的なものではないため、少年が告発される可能性は低い。両親に民事責任を問う可能性はあるが、支払能力があるかは疑問。

フリーウェイ405号線で、大型トラックが中央分離帯に激突で大渋滞

10月30日

 未明に405号線南行きロサンゼルス国際空港近くで、クレーンを牽引していた大型トラックが中央分離帯に激突して炎上し、運転手は即死した。事故の影響で南北両線で数社船が通行止めとなり、朝の渋滞に拍車をかけた。

サンタクラリタ山火事は、少年の火遊びが原因

10月30日

 3万8000エーカー以上を焼失し、家屋21棟が全焼したサンタクラリタのバックウィード山火事は、マッチで火遊びをしていた少年が原因であることがわかった。少年の年齢は未公表。

DWPがバレーの電気代、夏季の値下げを検討

10月29日

 DWP(ロサンゼルス水道電気局)が、夏の気温が高いサンフェルナンドバレーに、夏季だけ他地域よりも低料金を設定する案を検討していることがわかった。

ガソリン価格が今夏以来の最高値

10月29日

 ニューヨーク商業取引所の原油先物価格が終値で史上最高値の1バレル93ドル53ドルをつけたのに並行して、カリフォルニア州のガソリン価格が平均価格で1ガロン3.159ドルと6月以来の最高値を記録した。

OC山火事で消防隊員不足が判明

10月27日

 家屋16軒を全焼したオレンジ・カウンティーの山火事で、消防作業が遅れたのは他のカウンティーに比べて住民数に対する消防隊員数が少ないだけでなく、消防車の台数も全米平均を下回っていたことがわかった。

住宅ローンの焦げつきで、差し押さえ住宅が急増

10月26日

 カリフォルニア州で今年度第3四半期に差し押さえとなった住宅数は2万4209軒で、96年9月に記録した差し押さえ数を39%も上回る新記録を更新した。また国勢調査によると全米の持ち家率は、この1年間下がり続けたことがわかった。

南加の山火事で死亡数7人に

10月25日

 南カリフォルニア各地で発生した山火事で、国境警備員が焼け跡から不法移民と思われる遺体6体を発見し、これで火事による死亡者数は7人になった。現時点で約49万エーカーを焼失し、1775家屋、建物2103棟が全焼、79人が負傷した。

ブッシュ大統領が加州に非常事態宣言

10月24日

 ブッシュ大統領はカリフォルニア州の山火事に対して非常事態宣言を発令した。これにより連邦の経済援助を受けることができる。

山火事が3日目に突入、1000軒以上を全焼

10月24日

 南カリフォルニアの山火事は依然各地で燃え広がっており、計42万エーカー以上が燃え、家屋1155軒を全焼した。避難者数は990万人近くに達し、州史始まって以来の避難者数を記録した。

各地で山火事が延焼、2万5000人が避難

10月23日

 日曜日に始まった山火事は、強風にあおられて瞬く間に燃え広がる一方、各地で新しい火事が発生し、サンディエゴでは2万5000人が避難した。山火事は全17カ所、計27万エーカーに広がり、892軒を全焼した。

南カリフォルニアを山火事が襲う

10月21日

 砂漠からの強風と高温、低湿度に見舞われた南カリフォルニア各地で山火事が発生し、少なくとも家屋39軒が全焼し、1人が死亡した。マリブやサンディエゴ、キャステークなど、被害は他地域に及んでいる。

加州の失業者数、100万人を超す

10月20日

 カリフォルニア州雇用開発局の発表によると、同州9月の失業率は5.6%と上昇し、失業者数は100万人を突破したことがわかった。100万人を突破したのは3年ぶり。9月は脚本家組合ストの懸念で映画産業で雇用が増えており、これがなくなると失業率はさらに高まる見込み。

OCでビーチに、小型機が緊急着陸

10月19日

 海の上空でアクロバット飛行を訓練中の小型機がエンジンに異常をきたし、同乗の教官がオレンジ・カウンティーのシールビーチに緊急着陸した。

フリーウェイ405号線と101号線のインターチェンジが開通

10月19日

 渋滞を緩和する目的で拡張が進められていた405号線北行きと101号線をつなぐインターチェンジの工事が完了し、開通式にシュワルツェネッガー知事やビヤラゴーザ市長が出席した。

LAXのセキュリティー、偽爆弾の75%見逃す

10月18日

 USAトゥデー紙の報道によると、運輸保安局が実施した実験でロサンゼルス国際空港のセキュリティーは、偽爆弾の75%を見逃していたことがわかった。シカゴのオヘア空港では60%、サンフランシスコ空港では20%を見逃した。

納税滞納者を発表、OJシンプソンの名も

10月17日

 州税の滞納に痺れを切らしたカリフォルニア州は、ワースト224人の名前を発表した。なかには、OJシンプソン、歌手のディオンヌ・ワ−ウィック、コメディアンのシンバッドなどの有名人が含まれている。

ディズニーリゾート、新プランを発表

10月17日

 ウォルトディズニーは、集客が伸び悩むカリフォルニアアドベンチャーを、大改装する計画だと発表した。改装は今年末に始まり2012年までかかる見込みで、10億ドルの費用が見込まれている。関係者によると、場合によっては改名する可能性もある。

不動産市場、20年ぶりの低調

10月16日

 9月の南カリフォルニアの住宅売買数は、昨年同時期比で48.5%少なく、約20年ぶりの低調を記録した。中間価格は46万2000ドルで、8月より7.6%低下し、昨年同時期比で4%低下した。

トンネル炎上事故、トンネル外の事故が発端か

10月16日

 フリーウェイ5号線トラック専用レーンのトンネル内で発生した玉突き事故は、トンネル外南で起こった事故が他のトラックの減速を招き、雨で道路が滑りやすくなっていたことも重なって大事故につながった可能性が出てきた。

大惨事のトラック事故、9人がいまだ身元不明

10月14日

 約30台の大型トラックを巻き込む大惨事となったフリーウェイ5号線のトンネル事故で、事故発生時にトンネル内にいたと見られるトラック運転手9人の身元がいまだ判明していない。5号線はトラック専用レーン南行きを除く全線で開通した。

代替燃料開発のための「運転者料」法案に知事署名

10月14日

 シュワルツェネッガー知事は、石油に代わる燃料を開発するための「モータリスト料」法案に署名した。これは車のレジストレーション料に3ドルを課すもの。また知事は全米で初めて、3歳未満の幼児用玩具に毒性のフタル酸類の使用を禁止する法案にも署名した。

大型トラック玉突き、トンネル内で追突炎上

10月13日

 フリーウェイ5号線南行きのトラック専用線トンネル内で大型トラック数台が玉突き衝突して炎上し、少なくとも3人の死亡が確認された。北行き南行きの両線が通行止めとなった。トンネル内の強度調査などで、再開されるのは火曜日以降になる見込み。

人気の映画俳優がハリウッドで交通事故

10月12日

 映画『パイレーツ・オブ・カリビアン』などで活躍の俳優オーランド・ブルームが、未明ハリウッドを運転中に侵入者を避けようとしてハンドルを切りそこね、停車中の車2台に追突した。ブルームと同乗の女性2人は病院に運ばれたが軽症。パパラッチの存在が疑われている。

人気ラッパーに公園の掃除命令

10月11日

 人気ラッパーで俳優でもあるスヌープドッグが、コミュニティーサービスとしてオレンジ・カウンティーの公園でトイレ掃除やごみ拾いなどを行うことになった。スヌープドッグはジョン・ウェイン空港で、警棒を機内に持ち込んで有罪判決を受け、160時間のコミュニティーサービスを言い渡されていた。

NBSスタジオ、ユニバーサルスタジオに移転

10月10日

 NBCユニバーサルは、『トゥナイトショー』などでおなじみのNBSスタジオを、現在のバーバンクからユニバーサルシティーに移転すると発表する模様。バーバンクのスタジオは売却される予定。

メーデー警官暴行事件、警察上層部の判断ミス

10月9日

 メーデーにマッカーサーパークで起こったデモ集団とロサンゼルス警察の衝突に関する報告書が発表された。報告書では、警察上層部の判断ミスが指摘されている。

水の供給元が供給カットを警告

10月8日

 南カリフォルニアへ多くの水を供給しているメトロポリタン・ウォーター・ディストリクトは、今冬もまとまった降雨量が望めない場合には、カリフォルニア農業への供給を3割カットすると警告した。将来的に水道代の値上げは避けられない見込み。

ラホヤの地滑り、被害総額4800万ドル

10月7日

 ラホヤ市当局によると、高級住宅街で発生した地滑りによる被害総額は、4800万ドルに上ることがわかった。

エンジェルスがプレイオフ敗退

10月7日

 MBLア・リーグ地区プレイオフが行われ、ロサンゼルス・エンジェルスは、ボストン・レッドソックスに9対1で破れ、試合成績3連敗を来たした。これでレッドソックスがリーグ優勝決定戦への進出を決めた。

ラホヤで地滑り、家屋2軒が全壊

10月3日

 ラホヤの高級住宅地で地滑りが発生し、家屋2軒が全壊したほか数軒が一部崩壊した。市地質学者などが前夜に地滑りは避けられないと住民に避難勧告していたため、ケガ人は出なかった。

ビバリーヒルズも禁煙市の仲間入り

10月1日

 カラバサス、サンタモニカ、バーバンクに続いて、ビバリーヒルズもパティオでも喫煙を禁止することが決定し、1日より試行された。ただ同市は海外からの観光客が多いため、ホテルのパティオの4分の1は喫煙所として据え置きされた。

トランプのゴルフコース、イチジクの木は条例違反

10月1日

 ランチョパロスバーデスにゴルフコースを建設中の不動産王ドナルド・トランプは、ゴルフ場から住宅が見えないように、境界に高さ12フィートのイチジクの木を植えたが、これは同市の住民のオーシャンビューを保護する条例に違反することがわかった。

USC学生開発のソフト、LAXでテロ対策に導入

9月30日

 USCでコンピュータ・サイエンス専攻の学生が博士論文で発表したテロおよび犯罪対策用のソフトウェアが、ロサンゼルス国際空港でテスト導入されることになった。

DMVが、運転免許の視力テストなどを厳しく

9月29日

 カリフォルニア州DMVは、運転免許更新の際に、視力テスト、記憶力、反射力テストなどを導入するためのパイロット実験を開始すると発表した。

落書き対策で親にも責任を

9月28日

 ロサンゼルス保安局リー・ベッカ局長は、ティーンの落書き対策として、落書きで子供が逮捕された場合、親にも警官との面談を義務付けると同時に、ホットラインを設けて、子供が落書きをしていると疑惑を持った親が相談できる環境を作ると発表した。

LAの殺人事件数、70年レベルまで減少

9月27日

 今年、ロサンゼルスで発生した殺人事件数は、サウスLA地区で50%減少したのを始め、全体で70年レベルにまで減ったことがわかった。

州大気資源委員会がオゾン空気洗浄器を禁止

9月27日

カリフォルニア州大気資源委員会は、全米で初めて家庭用のオゾン空気洗浄器の使用禁止を決定した。同州では2%の家庭でオゾン空気洗浄器を使用している。

サウスベイ住人が、教育費5000万ドル寄付

9月26日

 サウスベイ在住で不動産開発業のリチャード・ランドキストさん夫妻が、今後10年間に渡って、毎年500万ドルずつをビヤライゴーザ市長が発起した非営利団体「パートナーシップ・フォー・ロサンゼルス・スクール」に寄付すると発表した。

レイクエルショアでM3.9の地震

9月25日

 午後3時38分、リバーサイド・カウンティー西のレイクエルシャアを震源地とする地震が発生した。マグニチュード3.9。

妻殺害容疑の男、LAで国際手配

9月25日

 ニュージーランドで妻を殺害し、3歳の娘を置き去りにした中国系の男が、ロサンゼルスで国際指名手配された。男は太極拳の師範で、太極拳に関する本も出版しており、以前にロサンゼルスで生活した経験がある。

季節外れの大雨で停電や立ち往生多発

9月22日

 季節外れの嵐が通り過ぎた南カリフォルニアでは、グリフィスパークで土砂が下水に流れ込み、一部道路が通行止めになるなど、各地で交通事故や立ち往生する車が多発し、約3万戸が停電した。また汚水が海に流れ込んだため、当局では海水禁止を呼びかけている。

消防士とLA市が150万ドルで合意

9月21日

 ロサンゼルス市消防士が、同僚にドッグフードを食べさせられたのは人種偏見に当たるとしてロサンゼルス市を相手取って訴えていた件で、市議会は150万ドルを支払うことで合意し、ビヤラゴーザ市長が署名した。

シロナガスクジラ、3頭目の死骸見つかる

9月20日

 シロナガスクジラの死骸が、サンタバーバラ海峡を漂っているのが見つかった。ベンチュラの海岸に打ち上げられたのと、ロングビーチ港で引き上げられたのに続き、2週間のうちに3頭の死骸が見つかった。

OC市外局番714に657がオーバーレイ

9月20日

 オレンジ・カウンティーの市外局番714に、657の市外局番をオーバーレイすることが決定した。657が適用されるのは、アナハイムのリゾート地区、フラートン、オレンジ、サンタアナ、ヨーバリンダ、ハンティントンビーチなど。

シュワ知事がダム建設に、90億ドルの公債を提案

9月18日

 シュワルツェネッガー知事は、水不足の解決策としてダム3カ所の新設か既存のダム増設を目的とする90億ドルの公債発行する案を提案した。

加州で節水の呼びかけ、キャンペーン始まる

9月17日

 カリフォルニア州水道局連盟は、州規模で節水を呼びかけるテレビキャンペーンを開始した。昨冬、シエラネバダ山脈で記録的に少ない降雪量だったため、危機的な水不足になっている。

ビッグベアで山火事、ジュリアンでも火事

9月15日

 ビッグベアの山火事は1万6000エーカーを焼失し、シュワルツェネッガー知事はサンバーナディーノ・カウンティーに非常事態宣言をした。またサンディエゴのジュリアンでも山火事が発生し、民家千軒に避難命令が出た。

ベンチュラ海岸にクジラの死骸

9月14日

 ベンチュラの海岸に、全長78フィート、体重10万ポンドの巨大なシロナガスクジラの死骸が打ち上げられ、注目を集めている。死因は専門家によって調査中。

運転中のティーン、携帯電話の使用禁止

9月13日

 シュルツェネッガー知事は、ティーンエージャーが運転中に携帯電話を使用したり、テキストメッセージを打つことを禁止する法案に署名した。

南加の住宅価格が下落、売買は15年ぶりの低迷

9月12日

 南カリフォルニアの8月の住宅売買数は昨年同時期比で36%減少し、15年ぶりの低迷を示したことがわかった。また住宅価格も全ジップコードの71%の地区で低下した。

ゴールドラインで、電車がトラックと衝突

9月11日

 パサデナ発南行きゴールドラインがハイランドパークの踏み切りでトラックと衝突し、6人が負傷した。電車には乗客約60人がいた模様。

非農業部門の雇用者、4年ぶりの減少

9月7日

 連邦労働省の発表によると、8月の非農業部門の雇用者数が4年ぶりに減少していたことがわかった。同時に南カリフォルニアに本社を置く大手金融業者カントリーワイドが、1万2000人の雇用削減を発表した。

神父による性虐待問題、1億9800万ドルで和解

9月7日

 サンディエゴ司教管区は、神父による性虐待の犠牲者144人と、補償金計1億9800万ドルで和解に合意したと発表した。

LAカウンティーでの熱波の犠牲者18人に

9月6日

 ニューホールとロングビーチで、40代の男性と50代の女性が自宅で死亡しているのが見つかり、ロサンゼルス・カウンティー検視官は、先週の熱波による犠牲者を16人から18人に修正した。

バレーの市外局番に747の追加を検討

9月6日

 818で始まるバレーの電話番号に、747の市外局番が追加されることになった。新加入の番号に適用されるのか、既存の番号を818と747に分割するのかは未定。

空港に男が突入、飛行機の盗難を試み

9月4日

 リバーサイド空港のゲートに男が車ごと突っ込み、駐機中の飛行機に乗り込んだ上、操縦しようとしたところを警察に逮捕された。男は覚醒剤使用者に独特の症状を表していたとして、精神鑑定に送られた。

レイバーデー連休中、熱波で16人死亡

9月4日

 南カリフォルニアを襲った熱波が原因で、レイバーデー連休中に16人が死亡した。また連休中に一時的にも停電になった家は、南カリフォルニア全体で8万軒に上った。

ザカ山火事、2カ月ぶりに抑制

9月2日

 国立森林サービスのスポークスマンは、独立記念日にサンタバーバラで発生したザカ山火事はようやく100%抑制されたと発表した。消防活動に消防士3000人、ヘリコプター20機が動員され、経費は1億1700万に達した。

熱波、山火事、停電、嵐、気象大荒れの連休

9月2日

 記録的な熱波で電気の供給が追いつかず、2万3000軒が停電した。海岸沿いのオックスナードで華氏90度、サンタモニカピア88度といずれも観測史上最高気温を記録。ランカスターでは一時的に雷を伴う大雨となり、エンジェルズ国立森林公園で落雷から山火事が発生した。

熱波5日目、停電相次ぐ

9月1日

 南カリフォルニアを襲った熱波は5日目を迎え、ウッドランドヒルズで華氏112度を記録した。停電も相次ぎ、DMV顧客5700軒、南カリフォルニアエジソン顧客4500軒で停電した。

カタリナ島で野牛に襲われる

8月31日

 カタリナ島でハイカーが、野生のアメリカ野牛に襲われて重傷を負った。カタリナ島には30年代に映画撮影のために連れてこられた野牛が、野生化して多数生息している。

ベッカム右ひざ捻挫で、今シーズン絶望的

8月30日

 ロサンゼルス・ギャラクシーのスーパースター、デビッド・ベッカム選手が試合中に右ひざを捻挫し、今季残り試合の出場は絶望的となった。ベッカムは今季、年俸650万ドルで移籍したが、結局試合の出場時間は310分だった。

従業員の集団訴訟、州最高裁がOK

8月30日

 カリフォルニア州最高裁は、従業員がたとえ調停同意書にサインをしていても、雇用主が労働法違反をした場合は集団訴訟を起こすことができるとの判決を下した。

ロサンゼルスを熱波が襲う

8月28日

 ロサンゼルス界隈を熱波が襲い、各地で100度を越したが、今週末はさらに気温が上がる模様で、熱波はレイバーデーまで続くと予想されている。

ティーンドライバーの携帯電話、使用禁止に

8月27日

 カリフォルニア州下院議会は、18歳未満ドライバーが運転中に携帯電話、ページャー、テキストメッセージ、ラップトップを使用することを禁止する法案を通過した。

新コンピュータシステムで、LA学校区職員の給与に影響

8月24日

 ロサンゼルス統一学校区は半年前に新コンピュータシステムを導入して以来、ソフト、ハードの両面で問題が相次ぎ、多くの職員や教師の給与に影響が出ていることがわかった。

MTAオレンジラインに、100人乗りの新型バス

8月24日

 MTAはバレーを横断して運行するオレンジラインに、通常のバスよりも5フィート長い全長65フィート(100人乗り)のバスを、来週から就航させると発表した。

高校の卒業試験、合格者わずかに向上

8月23日

 今年度の高校卒業生のカリフォルニア州卒業試験を合格率は93.3%で、昨年度より2.1%向上していたことがわかった。

LA地震は千年周期、現在は小康状態

8月23日

 南カリフォルニア地震センターの発表によると、過去1万2000年に遡って調べた結果、ロサンゼルス界隈では1000年から1550年周期で大地震が多発する期間が訪れており、現在は小康状態であると見られている。

州予算でしわ寄せ、公共交通機関に

8月22日

 ようやく承認されたカリフォルニア州予算で、一般会計の不足分を補うため、ガソリン税収入の13億ドル分が、規定の公共交通機関ではなく、一般会計にまわされることになった。

リトルトーキョーのランドマーク、売却に

8月22日

 ニューオータニホテルとそれに隣接するウェラーコートが、ビバリーヒルズに本社を置く投資会社に、ジャパニーズビレッジプラザはマリブに本社を置く投資会社に売却され、リトルトーキョーのランドマーク的存在が立て続けに売却されたことがわかった。

移民法改正の運動家、LAで逮捕される

8月19日

 シカゴで不法移民のため国外退去を通告され、教会に駆け込んで助けを求めたことから移民法改正のシンボル的存在となっていたエルビア・アレヤノが、ロサンゼルスで逮捕された。メキシコに強制退去される見込み。アレヤノはシングルマザーで、アメリカ生まれの8歳の子供がいる。

2世ウィークに、ねぶた祭り登場

8月18日

 リトルトーキョーで開催された2世ウィークのパレードに、青森県のねぶたがお目見えした。30万ドルかけたねぶたプロジェクトは、日系企業数社の協賛で可能になったもので、支援額としては過去最大。

LAXでニアミス、50フィート差

8月16日

 ロサンゼルス国際空港で、離陸途中のノースウエスト航空機とカルガリーから到着したウエストジェット航空機が、滑走路で50フィートから200フィートの僅差でニアミスしていたことがわかった。

ペット猫の甲状腺疾患、家庭内の埃が原因か

8月16日

 特にカリフォルニア州でペット猫の甲状腺疾患が急増しているが、連邦環境保護局はマットレスやクッション、家具や電化製品に含まれる臭化難熱剤と因果関係があると見て、さらに詳しい研究を進めている。

サンタバーバラ山火事、6週間後なお燃え続く

8月16日

 独立記念日にサンタバーバラで発生したザッカ山火事は、6週間以上経った現在も燃え広がり、1週間以内にはベンチュラ・カウンティーに広がる見込みとなった。

LAX入管遅延の原因は、コンピューター1台

8月14日

 先日ロサンゼルス国際空港の出入国管理で起きたコンピューターの故障は、トム・ブラッドレーターミナルにある1台のデスクトップのネットワークカードの誤作動が原因だったことがわかった。

南加の住宅販売数、12年ぶりの低ペース

8月14日

 南カリフォルニアの7月の住宅販売数は、昨年同月比で27%低下し、12年ぶりの低ペースだったことがわかった。だが中間住宅価格は3.7%上昇して50万5000ドルになった。

南京虫が急増、南加でも報告多数

8月12日

 全米害虫管理協会によると、全米で南京虫が急増している。南カリフォルニアの駆除会社によると、南京虫の駆除作業は昨年度より約700%増加している。

入国検査のコンピューター故障、LAXで6千人に影響

8月11日

 ロサンゼルス国際空港の出入国管理のコンピューターが故障し、出入国検査で長蛇の列ができた。また飛行機内で待機させられた人も多く、回復するまでに約5時間かかった。

LAでM4.6の地震、震源はチャッツワース

8月9日

 午前1時前にチャッツワースを震源地とするマグニチュード4.6の地震が、ロサンゼルス北部を襲った。ロサンゼルス界隈でマグニチュード4以上の地震が発生したのは5年ぶり。

キング・ハーバー病院、最終検査を通らず閉鎖に

8月9日

 問題が山積していたマーチン・ルーサー・キング・ジュニア‐ハーバー病院は、ロサンゼルス・カウンティー保険局の最終検査で「問題あり」と査定され、2週間以内に閉鎖されることが確定した。

節水呼びかけの市長ら、水道水の使い過ぎか

8月9日

 今冬、記録的な少雨に見舞われたロサンゼルスでは、ビヤラゴーサ市長が「10%の節水」を市民に呼びかけた。だが市長をはじめデルガディヨ市検察官やカーデナス市議などの水道使用料は、居住地平均の2倍であることがわかった。

Bボンズが、756本目本塁打最多記録を更新

8月7日

 MBLサンフランシスコ・ジャイアンツのバリー・ボンズ選手が、サンフランシスコで行われたワシントン・ナショナルズ戦で、本塁打数大リーグ歴代1位ハンク・アーロンの持つ記録を抜き、最多記録となる756本目を放った。

LA市議会が、都市型住宅にOK

8月7日

 ロサンゼルス市議会は、ダウンタウンのゾーニング規制の変更を承認した。これにより開発会社は小さなユニットからなる高層住宅の建設が可能になるだけでなく、ロビーなどの公共スペースを減らし、歩道により近い場所での建設も可能になる。

エンジェルスタジアムで、ドブネズミ対策必要

8月5日

 エンジェルスタジアムは05年以来、レストランやベンダーのドブネズミなどの害虫に関する違反で、アナハイム市から118回警告を受けていたことがわかった。

複合住宅の建設ラッシュ、LAなどで一軒家を越す

8月5日

 南カリフォルニアでアパートやコンドなどの複合住宅の建設が急増している。06年、ロサンゼルス・カウンティーで建設された複合住宅は61.7%、オレンジ・カウンティーでは55.4%と、一軒家を上回った。

Bボンズがタイ記録、本塁打755本目を放つ

8月4日

 サンディエゴで行われたメジャーリーグ、サンフランシスコ・ジャイアンツ対サンディエゴ・パドレス戦で、ジャイアンツのバリー・ボンズ選手755目の本塁打を放ち、ハンク・アーロンの持つ歴代タイを記録した。

加州交通局も橋の検査を開始

8月2日

 ミネソタ州の橋崩落事故を受けて、カリフォルニア州交通局は同州にある69の橋の安全性検査を開始した。

LA市議会が公園の禁煙法を承認

8月1日

 ロサンゼルス市議会は、市立公園などを禁煙とする法律を全会一致で通過した。同法は市立公園やビーチなど390の娯楽施設が対象になる。ビヤラゴーサ市長の署名後1カ月後の施行となる。

サンディエゴ動物園、パンダの妊娠が判明

7月31日

 サンディエゴ動物園の人気者、パンダのバイユンが妊娠していることがわかった。バイユンは同動物園で3度出産しているが、今回の出産は数週間後と見られている。

ベッカムのニセモノが、チャリティーを申し出

7月30日

 ロサンゼルス・ギャラクシーに移籍したばかりのサッカーのスパースター、デビッド・ベッカムを名乗る偽者が、ロサンゼルス・カウンティーや保安局などに電話し、チャリティーイベントやサイン入りジャージーなどの提供を申し出ていたことがわかった。

自閉症の原因に、農薬2種が関連か

7月29日

 カリフォルニア州公共健康庁は、有機塩素系農薬2種を噴布した農場近くに住む妊婦が自閉症の子供を出産する可能性は極めて高いと発表した。だが調査対象が29人と少ないため、当局は「予備的な調査にすぎない」と慎重。対象になった農薬は50年代に多く使用されたが、現在では大幅に減少している。

LA公共住宅機関が、家族経営の会社に横流し

7月27日

 ロサンゼルス市公共住宅機関のマネージャー、ビクター・タラセナが、市の発注する請負工事の約半数を、弟が経営する会社に流していたことがわかった。また残りの半数は、市議などが関与する会社に委託していた。

LA統一学校区で、教育委員73%の賃上げ

7月27日

 ロサンゼルス統一学校区の教育委員会メンバーの給与に関する定款変更を決定する市民委員会は、73%の賃上げを5対1で認証した。これで教育委員会メンバーは、最高で年収9万ドルを受け取る。

ブルドーザーなどのディーゼルエンジンに規制

7月26日

 カリフォルニア州大気資源審議会は、ブルドーザーなど工事用重機のディーゼルエンジンに対して、大気汚染を緩和するため13年以内に改良するか交換しなければならないという規制を導入した。

バレーで犯罪率悪化、発砲事件は17%上昇

7月25日

 ロサンゼルス全体で犯罪率が低下しているのに反して、サンフェルナンドバレーでは引き続き悪化していることがわかった。ギャング絡みの犯罪は15%、強盗3%、発砲事件は17%増えた。

フリーウェイ201号線が、全線完成一般の通行開始に

7月24日

 フリーウェイ210号線のフットヒル・フリーウェイで途絶えていた最後の7.25マイルの工事が完成し、これでようやく全線の通行が可能になった。

差し押さえ住宅数が、州記録を更新

7月24日

 カリフォルニア州で、今年の第2四半期に、住宅ローンの支払いが滞ったために差し押さえ物件となった住宅数は1万7408軒で、昨年同時期比で799%と急増し、17.4%と新記録を更新したことがわかった。これまでの最高は96年の15.4%。

カンガルー革シューズ、州最高裁が「州法違反」

7月23日

 カリフォルニア州最高裁は、カンガルー革を使用したサッカーシューズなどの運動用シューズの販売は、野生動物を使った製品の輸入と販売を禁じる州法に違反すると判断を下した。動物愛護協会などが、カンガルー革製のサッカーシューズなどを販売するアディダスを相手取って訴訟していた。

ダウンタウン開発で、極小アパート誕生か

7月23日

 ロサンゼルス市都市計画庁は、手頃な価格の住宅を増設する目的で、極小アパートを含めることを条件に、ダウンタウン開発を承認した。当局は、約250平方フィートのアパートの建設を希望している。

スーパー組合のスト回避、新規契約を承認

7月22日

 南カリフォルニアの大手スーパーチェーン店の労働組合は、企業側が提示した契約を承認し、これで懸念されていたストは回避された。

LAギャラクシーに、ベッカムがデビュー

7月20日

 ロサンゼルス・ギャラクシーに移籍したデビッド・ベッカム選手が、チェルシー(イングランド)との親善試合で最後の12分間出場し、アメリカデビューを飾った。試合結果は1対0でチェルシーが勝った。

ダウンタウンで、57年ぶりにスーパーがオープン

7月20日

 活性化の進むロサンゼルスのダウンタウンで、57年ぶりに大型チェーン店のスーパーマーケットがオープンし、ビヤライゴーサ市長を始め千人以上が詰めかけた。

スターなどの豪邸狙いの空き巣が出没

7月19日

 ビバリーヒルズやベルエアなどで、映画スターやスポーツ選手、大企業幹部などの豪邸ばかりを狙った空き巣が出没している。犯人は2、3人のグループで、被害は昨年だけで現金700万ドルに上り、ほかに宝石、古書などが盗まれた。

オレンジ・カウンティーで、バスのスト9日ぶりに終結

7月18日

 オレンジ・カウンティーで決行されていたバスのストが9日ぶりに終結し、全路線で通常通りの運行が再開された。

南加の住宅売買数、14年ぶりの減少率

7月17日

 6月の南カリフォルニアにおける住宅売買数は、昨年同時期比で36%減少し、14年ぶりの減少率を記録した。売買数は21カ月連続で減少したが、中間価格は2.4%上昇し、50万2000ドルとなった。減少率が最も高かったのはサンバーナディーノの50%。

南加の殺人事件が昨年より減少

7月17日

 ロサンゼルスで今年起こった殺人事件は201件で、昨年同時期に比べて22%減少し、オレンジ・カウンティーでは20%の減少と、相対的に減ったことがわかった。

リクリエーション施設の責任免除を見直し

7月16日

カリフォルニア州最高裁判所は、キャンプなどのリクリエーション施設で、参加者や保護者がたとえ事故に対する責任免除に同意していたとしても、施設は過失罪の対象になるとの判決を下した。

トーランスで警官が空き巣犯を射殺

7月15日

 トーランスで空き巣犯を見られた男2人を、トーランス警察の警官が射殺した。3人目の容疑者は逮捕された。トーランスで警官が発砲する事件が起きたのは、この2週間で3回目。

性的虐待被害者に、大司教区が6億6000万ドル

7月14日

 カトリック神父などによる性的虐待問題で、ロサンゼルス大司教区は被害者508人に対し、6億6000万ドルの和解金を支払うことに同意した。6億6000万ドルの和解金は、同様の事件の和解額として過去最高。

Pヒルトンの受刑に特別待遇の疑い

7月12日

 ロサンゼルス保安官事務所は、ホテルチェーン令嬢でタレントのパリス・ヒルトンが、受刑中に特別待遇を受けた疑いがあるとして、捜査に乗り出した。ヒルトンは携帯電話への自由なアクセスや新品の受刑服を支給された模様。

サッカーのスーパースター、ベッカム夫妻がLA入り

7月12日

 ロサンゼルス・ギャラクシーの移籍が決まっていたサッカーのスーパースター、デビッド・ベッカム夫妻が、ロンドンからロサンゼルス国際空港に到着し、空港には多数のメディアが詰めかけた。

LAの固定資産税、評価額が1兆ドル越す

7月9日

 ロサンゼルス・カウンティーの発表によると、07年度の同カウンティー固定資産税評価額は昨年度より880億ドル増加して1兆59億ドルとなり、初めて1兆ドルを越したことがわかった。

カリフォルニアの人口、50年までに6000万人に

7月9日

 カリフォルニア州財務庁は、2050年までに州人口は75%増加し、6000万人近くに達する予想だと発表した。もっとも増加率が高くなると見られているのはリバーサイド・カウンティーで、ロサンゼルス・カウンティーに次いで第2位になると予想されている。

トーランスでカーチェイス、カージャック犯を逮捕

7月7日

 トーランスでカージャックが発生し、約15分のカーチェイス後、警察は犯人を逮捕した。警官の撃った弾が犯人に当たり、犯人は病院に運ばれたが命に別状はない。

観測史上でもっとも少雨、ロサンゼルスで記録

7月4日

 6月30日で正式に雨季が終わったが、ロサンゼルス観測所が記録した雨量は3.21インチで、国立測候所は1877年の記録を抜く、観測史上でもっとも少雨の雨季であったと発表した。

ゴア元副大統領の息子、薬物所持で逮捕

7月4日

 ゴア元副大統領の息子アルバート・ゴア3世が、マリファナなどの薬物所持で逮捕された。ゴアはフリーウェイ5号線ラグナニゲル界隈で、時速100マイルで走行中にスピード違反で停止された。車内を捜査した結果、マリファナと数種類の精神安定剤が見つかった。

LA市長がTVキャスターと親密な関係を認める

7月3日

 ロサンゼルスのビヤライゴーサ市長は、巷で噂されていたスペイン語放送テレムンドの女性ニュースキャスターと、親密な関係にあることを認めた。市長は先月、妻と別居したばかり。

在米被爆者の診察、トーランスで実施

7 月2日

 広島から医師団が訪米し、広島、長崎の原爆投下による被爆者の診察をトーランスで実施した。同医師団による被爆者診察は、今年で30周年を迎える。北米在住の被爆者数は約1000人と見られているが、約150人が診察を受けた。

ベンチュラの街中に熊、捕獲され森に放す

6月29日

 ベンチュラ市のダウンタウンに体重200ポンドの黒熊が現れ、住民を驚かせた。当局は麻酔銃を使って熊を捕獲し、抗生物質を投与して軽い治療を施した後、15マイル離れた森に放した。

サウスレイクタホ火災、強風止んで鎮火に

6月27日

 サウスレイクタホで発生した山火事は、強風が和らいだのを機に鎮火し始めた。すでに3110エーカーが焼失、家屋229軒が全焼し、被害総額は1億5千万ドルに達している。

成長率の高い都市に、南加4市がトップ25入り

6月27日

 人口10万人以上の都市における住宅建設数から割り出した、成長率の高い都市の全米トップ25が発表され、南カリフォルニアの都市では、ランカスター(10位)、アーバイン(20位)、フォンタナ(21位)、パームデール(25位)がランクされた。

パリス・ヒルトンの出所で自宅界隈を駐車禁止

6月25日

 保護観察中に飲酒運転をした罪で収監されていたパリス・ヒルトンが、約3週間ぶりに出所した。ハリウッドヒルズの自宅界隈のパパラッチを抑制するために、ロサンゼルス警察と交通局は、周囲一体を全面駐車禁止にした。

レイクタホで山火事、民家165軒が全焼

6月24日

 レイクタホ南部で山火事が発生し、少なくとも民家165軒が全焼し、約500軒に延焼の恐れが出た。住民1000人以上が避難した。

スーパー組合がスト決行を承認

6月24日

 ボンズ、ラルフス、アルバートソンの従業員6万5000人が加入する南カリフォルニアのスーパーマーケット組合は、新しい契約が更新できなかった場合のスト決行を承認した。経営者側との交渉次第では、スト突入の可能性が出てきた。

移民法デモ、賛成派と反対派が対立

6月23日

 ミニッツマンなど不法移民に反対するグループ約100人がクレンショー・ブルバードでデモ中に、賛成派のグループ約500人が詰めかけ、道路を挟んで対立した。一時は危機感が高まったが、警察の介入で双方とも無事解散した。

アヒルを刺した容疑で、14歳の少年を逮捕

6月22日

 ハンティントンビーチで野生のアヒルが何者かに刺された事件で、一部の少年たちの通報で、15歳の少年が逮捕された。犯人を見つけるため、野生鳥ケアセンターでは1000ドルの報酬を約束していたが、通報した少年たちは報酬を辞退し、同センターに寄付した。

カープールレーン、渋滞で連邦基準に達せず

6月22日

 カリフォルニア州のカープールレーンは、ラッシュアワー時には3分の1のレーンで、連邦基準に達していないことがわかった。連邦基準では、ラッシュアワー時に時速45マイルで流れなければならない。

国立公園の入園料、ヨセミテは値上げ免除

6月21日

 今年1月1日より、国立公園の入園料が全米で値上げされたが、国立公園サービスはヨセミテ国立公園の値上げは免除し、少なくとも09年までは20ドルに据え置くと発表した。

ビバリーヒルズが、テラス席も全面禁煙に

6月20日

 ビバリーヒルズ市議会は、市内のカフェやレストランでは、外のテラス席もすべて禁煙にすること決議を可決した。施行開始は10月1日。南カリフォルニアでは、カラバサス、サンタモニカ、バーバンクに同様の法律がある。

ブラトン警察署長の2期目にゴーサイン

6月19日

 ロサンゼルス警察委員会は、ブラトン警察署長の2期目(5年任期)続投に対する投票を行い、全会一致で合意した。92年のロス暴動以来、2期続けて署長に就任するのは、ブラトン署長が始めて。

日本人がヨセミテのハーフドームで落下

6月18日

 ヨセミテ国立公園のハーフドームでロッククライミング中のノハラ・ヒロフミさんが、足を滑らせて300フィート落下し、死亡した。ケーブルは張ってあったが、なぜ落下したのか捜査が進められている。

UCLAの経済予想、景気後退に「極めて近い」

6月18日

 01年の景気後退をいち早く予測したUCLAアンダーソンフォーキャストは、「現在は景気後退ではないが、それに極めて近い」と発表した。同研究所は、住宅市場の停滞とガソリン代の高騰で、来年も厳しい状況が続くと見ている。

UCリバーサイド、火炎瓶発見で卒業式中止に

6月15日

 卒業式が予定されていたUCリバーサイドで、会場の木陰に火炎瓶が置かれているのが見つかった。さらに脅迫状1通と別の火炎瓶が見つかり、予定されていた卒業式および試験のすべてが中止された。

710号線で車から射撃3日間で2人目の被害

6月15日

 午前11時20分頃、フリーウェイ710号線の10号線近くでドライバーが、走行中のSUVから発砲されたと見られる弾丸を受け、中央分離帯に激突して死亡した。3日前には同線の事件近くで、友人のパンク者を修理中の男性が撃たれ重傷を負ったばかり。

17歳の少年が、飲酒運転でスクールバスに追突

6月14日

 アデラントで17歳の少年運転の乗用車がスクールバスに追突し、助手席に乗っていた少年の弟が死亡した。少年は飲酒運転していた疑いがあり、業務上過失致死罪で逮捕された。インランドエンパイアーにおける高校生の運転による死亡事故は、過去2週間で6件め。

カリフォルニア生息の鳥、75%から96%が消滅

6月14日

 米国オーデュボン協会と米国地質調査所の共同調査によると、カリフォルニア生息のハマヒバリやアメリカオオモズなどの鳥類の75%から96%が、消滅していることがわかった。

住宅の販売数、前年比の34%下落

6月13日

 南カリフォルニア6つのカウンティーの5月の住宅販売数は、前年同時期比で34%下落したことがわかった。だが住宅価格は依然上昇しており、5月の中間住宅価格は50万5000ドルで、前年同時期比4.9%上昇している。

不法移民の合法化、6割以上が賛成

6月13日

 LA Timesが実施した世論調査によると、一定期間以上在米して労働に従事し、犯罪歴のない不法移民に対して、将来的に市民権取得を可能にする登録制度の導入に賛成の人は63%で、反対の23%を大きく上回ったことがわかった。

テキストメッセージや写真で911が可能に

6月13日

 ロサンゼルス警察は、911通報に電話だけでなく、携帯電話からのテキストメッセージや写真、ビデオによる通報を可能にする計画があると発表した。

病院で倒れた女性、手当受けず死亡

6月12日

 ロサンゼルス市内の病院の床で、倒れた女性が病院関係者からの助けを拒否されて死亡する事件があった。女性は床で倒れ吐血していた。現場では被害者の恋人が病院関係者に助けを求めたが拒否され、911に電話したが「緊急事態ではない」と拒否されたという。警察は調べをすすめている。

囚人の死亡原因、1位は自殺

6月12日

 サンフランシスコ内の刑務所で囚人が10日、自殺した事件後、カリフォルニア内の刑務所の実態が注目され始めている。カリフォルニア内の刑務所での囚人の死亡原因は死刑より自殺の方が高いことが調べでもわかっており、今回は14人目の自殺となっていた。

18歳、強盗試み逮捕される

6月11日

 11日、18歳の少年がカールズバッド市内の銀行に水着姿で押し掛け、「自分で作った爆発物を持っている」と脅迫し強盗しようとしたため現場で逮捕された。少年が持っていた「爆発物」はプラスチックボトルに鉱油の入った無害な物であることが後の警察の調べでわかった。

工事作業員、3時間泥にはまる

6月11日

 テメキュラで浄化槽の工事をしていた21歳の作業員が、穴を掘っている最中に泥にはまる事故が起きた。他の作業員がすぐに救助隊と共に救助作業に入り、およそ3時間後、無事に救出された。作業員は腰部分まで泥にうめられた状態だったというがすぐに病院に運ばれ、手当を受けた。

新アトラクションは5時間待ち

6月10日

アナハイムのディズニーランドに新しく映画「ファインディング•ニモ」のアトラクションが10日オープンし、客の待ち時間は5時間にも及んだという。このアトラクションは映画の水中を再現するような潜水艦タイプのものだという。ディズニーランド側はこの夏のますますの混雑を予想している。

ストリッパー14人が労働停止

6月9日

 パサデナ市内の男性用クラブのストリッパー14人が違法な接客方法を客に提供していたとして労働停止を命じられた。これは同店に、ロサンゼルス警察が抜き打ち監査に入った際に発覚した。店は営業を続けている。

ビヤライゴーザ市長が離婚を発表

6月8日

 ロサンゼルスのビヤライゴーザ市長がコリナ夫人との20年間の夫婦生活を終了し離婚する事を発表した。2人は1987年に結婚し、2人の子供がいる。 市長の旧姓「Villar」と夫人の旧姓「Raigosa」を合わせて名字をVillaraigosaとしていた。

バーで出会った男性を絞殺、男2人組を逮捕

6月8日

 マーセド市当局は2人の男が、アトウォーター市に住んでいた男性を殺害したことを供述したと8日、発表した。2人の男はバーで知り合った被害者の男性を外へ連れ出し殴った上に絞殺し現金とジュエリー、携帯電話を盗んでいた。犯人のうちの1人は死体を遺棄した場所も既に供述している。

同級生を殴打の17歳、成人として告訴される

6月6日

 ロサンゼルス区域の弁護士団は、クラスメイトをハンマーで激しく殴り大けがを追わせたビバリーヒルズの17歳の高校生を成人として告訴することを発表した。同被告は当初、少年審判所で告訴されていたが、ハンマーで殴るという卑劣な行動が殺人を目的としていたとされ、検察側は成人事件として扱うことを提案していた。

増悪犯罪数が6%減少

6月6日

ロサンゼルス市によると今年の増悪犯罪数は昨年より6%減少している事がわかった。犯罪数は2005年の633件に比べ2006年は594件だという。また主な犯罪の被害者は黒人層、同性愛者層、そしてユダヤ人層だとの調べが出ている。

性犯罪者、釈放後に御用

6月6日

 性犯罪者に登録されているサンフェルナンドバレーの男が、刑務所から釈放されてから2週間以内に12歳の少女に性的暴行を加えたとして逮捕された。男は30年の禁固刑を言い渡された。

洗車場で銃撃、3人撃たれる

6月5日

 ロサンゼルス警察署によると午後10時前、南ロサンゼルス内の洗車場にいた男性3人が何者かに銃で撃たれたとの通報があった。3人は病院に運ばれたが、命に別状はなかった。警察は被害者の目撃証言をもとに犯人の車を捜索している。

コンタクト洗浄液で感染、訴訟おこす

6月5日

 コンタクトレンズの洗浄液が視力低下を引き起こしたとして、37歳の男性が、サンタアナの洗浄液製造会社を訴えた。訴えられたのはAdvanced Medical Optics社で、男性はここの製品であるコンプリートモイスチャープラスを使用中、目が細菌に感染し、視力が低下した。政府はこのコンタクト洗浄液を使っている人は、直ちに使用を止めるよう警告している。

サンペドロで5フィートの巨大イカ捕獲

6月4日

 体長が5フィート以上もある巨大イカが、サンペドロのビーチで捕獲された。このような巨大イカはカタリナ島でも発見されているが、地元の新聞社「デイリーブリーズ」はこれは極めて珍しいことだと発表している。漁師らは「カラマリステーキに最適」と笑顔で話している。

ホームパーティで刺殺事件

6月3日

 アナハイムヒルズのホームパーティで、男性を刺殺したとしてヨーバリンダに住む22歳の男が逮捕された。刺されたのはパーティに来ていた23歳の男性で、病院に運ばれたがまもなく死亡が確認された。パーティには男女が来ており、警察は恋愛関係のもつれが原因と見ている。

ハリウッドの有名写真家、亡くなる

6月2日

 60年以上もセレブリティのポートレイト写真家としてのキャリアを輝かせてきた有名写真家、ウォレス•シーウェルが3日、90歳で亡くなった。
シーウェルは第2次世界大戦後ロサンゼルスに移り住み、映画スタジオや雑誌などで写真家として活動。オードリー•ヘップバーンやジョージ•バーンズの写真撮影の経験もあった。

シュワルツェネッガー知事、違法の葉巻吸う?

6月2日

 カリフォルニア州知事のシュワルツェネッガー氏がカナダにいる際に、キューバ製葉巻を買って吸ったと見られ、問題になっている。同氏はカナダのオタワ空港に向かう途中、キューバ製の葉巻を購入したと見られているがアメリカ国民がこの葉巻を買うことは法律で禁止されているため、事実調査が進められている。

コスタメサで強盗

6月1日

 コスタメサ市内のクレジットユニオン会社で1日の午前10時前、2人の覆面男が押し入り、授業員を縛り付けた後に多額の現金を持って逃走する事件があった。男らはジーンズに黒とグレーのシャツを着ており、顔を隠すためにバンダナを巻き付けていた。警察は被害総額を調べている。

LA警官、わいせつ写真撮影の疑いで逮捕

6月1日

 休暇中のロサンゼルス警察官が、少年少女のわいせつ写真を撮影した疑いで逮捕された。この警察官はガーデングローブで行われたイベントに来ており、そこにいた5歳の少女の写真を撮っていた所を少女の父親が発見し、その場で取り押さえた。犯人が持っていたデジタルカメラには100枚を超える少年少女の写真が記録されていた。犯人が「少女のスカートを撮影していた」と言う目撃証言もあり、警察は調査を進めている。

夜中の刑務所訪問、同性愛者も認められる

5月31日

 パートナーが刑務所にいる場合、同性配偶者が夜中に訪問することを、カリフォルニア州は全米で初めて認めると発表した。夜中の家族訪問を認めている州は全米でも6州のみで、なかでも婚姻関係にある場合の同性愛者の訪問を認めたのは同州が初。

ビバリーヒルズのレストラン、屋外席は全席禁煙に

5月30日

 ビバリーヒルズ市内のレストランの屋外での禁煙を求める法案が、ほぼ可決する予定であることがわかった。もし6月にこの案が最終的に通過すれば10月1日から市内のすべてのレストランの屋外席での喫煙はホテルのプールサイドの一部を除いてすべて禁止される。いくつかのレストランからは営業妨害になるとの批判もあがっているが、違反者には100ドルからの罰金が与えられることになる。

レイカーズのオーナー、飲酒運転の疑いで逮捕

5月29日

 ロサンゼルス・レイカーズのオーナーである74歳のジェリー•バスが飲酒運転の疑いで逮捕された。カールズバッド市内の道を逆走し、拘引後、すぐに解放された同氏は、後に短い距離を運転していたとはいえ、間違った判断をしたとコメントしている。

サンディエゴでカーチェイス、乗っていたのは不法移民9人

5月29日

サンディエゴで道路交通違反で停止を求められた1台の車が逃走しようとして横転し、炎上する事件が起きた。車には9人の不法移民が乗っており、その場で取り押さえられた。1人の女性はトランク内に乗っており、重体。

トーランス出身兵の追悼イベント開催

5月28日

 メモリアルデーに、カリフォルニア各地で兵士たちに敬意を示すイベントが行われるなか、トーランス高校では今月上旬にイラクで人質となり遺体となって発見されたトーランス出身の20歳の兵士ジョセフ•アンザックさんを追悼するチャリティーイベントが行われた。

倉庫の火事で、隣のディーラーショップが大損害

5月28日

 ロサンゼルス内の木造倉庫で火事が発生し倉庫と、近くのカーディーラーショップの車53台が焼失した。火は倉庫内から発生したと見られており、乾燥した空気と強風が火事の被害範囲を広めたと見られている。

バイクでカーブ曲がりきれず、男性死亡

5月27日

 コロナ市内の道路で、バイクでカーブを走っていた40歳の男性が、運転を誤って道に投げ出され死亡する事故があった。男性はヘルメットを着用していたが、頭を強く殴打しており現場で死亡が確認された。

教師が、学生と性的行為で逮捕される

5月26日

 ロサンゼルス内の高校の教師が、15歳の学生と性的関係を持ったとして告訴された。学生の携帯電話に問題の教師と学生の間に性的な関係があると見られるテキストメッセージや写真が入っているのを他の教師が見つけたため、事件が発覚。学生が携帯電話をトイレに置き忘れ、それが誰の物かを見つけようとしている際に見つけた。教師の逮捕後、自宅からコンピューターなどの証拠品が押収された。

ビバリーヒルズの実業家が、LAトップの富豪

5月26日

 ロサンゼルスビジネスジャーナルが発表した「ロサンゼルス内で最も裕福な人」で実業家のカーク•カーコリアンがトップを飾った。同氏はビバリーヒルズに本拠を置く投資企業「トラシンダ社」の社長で、昨年の世界長者番付でも40位にランクインしている。

ロヨラ高校で、キャンドルによる火事発生

5月24日

 ロサンゼルス内にあるロヨラ高校で、牧師が使っていたキャンドルが倒れ、火事になる騒ぎがあった。およそ100人の消防士が駆けつけ火は20分以内に消化された。中にいた学生は全員避難していた。ロヨラ高校はロサンゼルスで最も歴史深い教育機関として知られている。今回の火事による被害総額は14万ドル近くになると見られている。

ロングビーチの水質は州内最低レベル

5月23日

 南カリフォルニアの環境保護団体が発表したカリフォルニア州内ビーチレポートによると、ロサンゼルス郡のビーチの水質は州内で最低だということがわかった。このレポートは海水内のバクテリアの繁殖レベルを調べるもので、なかでも1番水質が低いとされたのはロングビーチだった。

OCの高校で、危険物発見の通報

5月23日

 オレンジ群のウエストミンスター高校の教室に、爆発物の入ったバックパックがあるとの通報があり、生徒が全員避難させられる事件があった。バックパックには危険物は何も入っていなかった。この事件で同校の14歳の生徒が一時拘留された。

コリアタウンの韓国料理店で殺人

5月22日

 コリアタウン内の韓国料理店で22日、店のオーナーと口論になった47歳の韓国人男性が、持っていた銃でオーナーを射殺し、その後自殺する事件があった。2人とも現場で死亡が確認されている。口論の内容などは明らかになっていない。

アーバインが、今年も「最も安全な市」

5月21日

 ロサンゼルス警察署によると、毎年発表される「カリフォルニア州で一番安全な市」の統計で、3年連続でアーバインが選ばれた。2005年から昨年にかけてのアーバイン市での犯罪率は6パーセント減少している。続いてランクインしたのはサニービル、サウザンドオークス、サンタクララ、シミバレーなど。

今夏は過去最悪の乾燥気候

5月19日

 連邦気象予報機関が、南カリフォルニア全域が今夏、ひどい干ばつ状態になるとの予想を出した。湖や川の水量が半分に減少していることや、雨量が昨年の同時期より4インチ少なく、過去最低記録を出していることなどから予測がはじき出された。

教授が、授業中もテナント押し掛けてデモ

5月17日

 UCLAの教授が所有する、集合ビルの家賃値上げに反対するテナントら35人が同教授が授業を行う間、キャンパス内のビルの前でデモを行った。教授は自分がこのようなことに巻き込まれることはおかしいとして、州に対して対処を求めている。

OCドクター3人が、詐欺で逮捕

5月17日

オレンジ群の医者3人が保険金詐欺の疑いで逮捕された。3人は不必要な医療手続きを900人以上の患者に対して1000件以上行い、3000万ドル以上の不法収入を得ていた疑い。彼らは最長で50年の懲役を受ける可能性がある。

加州死刑法に、無痛注射導入の案

5月16日

 カリフォルニア州は死刑執行の必要性の有無をめぐる問題の対処法として、州内の刑務所に、痛みを伴わない致死薬投与法を導入することを提案した。これは死刑囚の意識がない間に薬物を投与する方法で、尊厳のある処刑方法を求めるもの。州はさらに、死刑執行場の部屋の改装工事なども提案している。

リトルトーキョーで、日系コミュニティーデー

5月12日

 日系社会の活性化を図る日系コミュニティーデーが、リトルトーキョーで開催され、日本舞踊や、武道、習字などのデモンストレーションなどが行われた。

LAXの滑走路で、2機がニアミス

5月11日

 ロサンゼルス国際空港の滑走路で、スカイウエスト航空の機長が誤って別の滑走路に進入し、ロンドンから着陸し、時速100マイルで走行中のバージンアトランティック航空のエアバスと、50フィートの距離でニアミスしていたことがわかった。

グリフィスパーク火事動物園などが再開

5月11日

 山火事で閉鎖になっていたグリフィスパークで、ロサンゼルス動物園、天文台、ウィルソンゴルフコースなどが再開した。だがハイキングトレールやピクニックエリアは、まだ閉鎖中。

カタリナ島で、山火事観光客や住民が避難

5月10日

 カタリナ島で山火事が発生し、火の手はアバロン市内に迫ったため、観光客や住民数100人が、フェリーでサンペドロやロングビーチに避難した。500エーカー以上を焼失し、10家屋以上が全焼した。

オールステートが、加州での販売を中止

5月10日

 保険大手のオールステートは、カリフォルニア州で新規の住宅保険の販売を中止すると発表した。既存の顧客に関しては、継続してサービスを提供するが、12%の値上げとなる。同州で頻発する山火事が、中止を決定した理由としている。

グリフィスパークで、30年ぶりの大火

5月8日

 グリフィスパークで山火事が発生し、天文台、グリークシアター、ロサンゼルス動物園などが避難の対象になった。火の手は南部のロスフェリツ近くまで迫り、約300人が避難し、約30年ぶりの大火となった。

ダウンタウンに76階建てコンド建設

5月7日

 ロサンゼルスのダウンタウンに、10億ドルをかけて76階建てのコンドミニアム「パークフィフス」が建設されることになった。住居としては最も高いビルとなる。

メーデー事件で、ブラトン署長が謝罪

5月6日

 ロサンゼルス警察のブラトン署長は、メーデー集会での警官の行動に対し、深く謝罪した。問題の警官約60人は、メトロポリタン部門のエリートだが、現在休職扱いになっている。

LA市議オフィスに、ナチの鍵十字の張り紙

5月3日

 ユダヤ系のロサンゼルス市議ジャック・ウェイス議員のシャーマンオークス事務所のドアに、ナチの鍵十字や反ユダヤ的なメッセージが張られていたことがわかった。

サンタモニカのドッグパークに入園制限

5月2日

 サンタモニカに新しく開園したドッグパーク「サンタモニカエアポートパーク」が、サンタモニカ市が発行したドッグタグを付けた犬のみに入園を制限したことで、サンタモニカ市以外の住民から不満の声が上がっている。

メーデー集会で、LAPD過剰警備か

5月2日

 メーデーにマッカーサーパークで開催された移民権集会で、警備に当たった警官隊に市民が投石したのをきっかけに、警官が市民や報道関係者に警棒やゴム弾を発射し、10人が負傷した。ブラトン署長は、事件を踏査すると発表した

LAの人口が400万人を超す

5月1日

 カリフォルニア州当局によると、ロサンゼルス市の人口は400万人を超えたことがわかった。これは全米の24州より多く、ニュージーランドとほぼ同じ。州の人口は3770万人。

ロングビーチにワニの「レジー」戻る

4月30日

 ロングビーチのマチャド湖に、約2年ぶりにワニのレジーが再び姿を現し、行楽客を喜ばせた。レジーは、飼い主によって同湖に捨てられたと見られている。

ガソリン料金が記録的な高値

4月30日

 カリフォルニア州のガソリンの平均価格は、セルフサービスで先週より4.3セント値上がりの3ドル59セントとなり、過去最高の高値をつけた。これで13週間連続して値上がりを続けていることになる。

サンフランシスコ空港で、貨物のセキュリティー検査導入

4月29日

 サンフランシスコ国際空港で、今夏より6カ月間、試験的に貨物機のセキュリティー検査が導入されることになった。

ベイエリアの高速道路、タンカー炎上で崩壊

4月29日

 ベイエリアの地元民から「マッカーサーメイズ」と呼ばれるインターチェンジで、8600ガロンのガソリンを積んだタンカーがコントロールを失って横転し炎上。その熱で鉄骨が溶け、フリーウェイの一部が崩壊した。タンカー運転手はやけどを負い重傷。

加州版新幹線の導入にシュワ知事がブレーキ

4月28日

 10年以上にわたって検討されてきたカリフォルニア州版新幹線の導入予算を、シュワルツェネッガー知事が削除するよう議会に求めた。カリフォルニア州高速鉄道局では、サンフランシスコ‐ロサンゼルス間を2時間半で結ぶ新幹線の建設を検討していた。

海洋哺乳類の大量死で、州が海産物に警告発令

4月27日

 カリフォルニア州保健局は、海洋哺乳類の大量死を受けて、特定の海産物を食べないように警告を発した。警告に含まれるのは、牡蠣、ハマグリやアサリ、ホタテ貝などの貝類、ロブスターやカニの内臓物、ロサンゼルス、オレンジ、サンルイスオビスポ、サンタバーバラ、ベンチュラ各カウンティー沖産のアンチョビなど。

藻の大量発生で、海洋哺乳類が大量死

4月26日

 カリフォルニア州沿岸で、藻の異常発生による毒素で死亡したペリカンやかもめなどの鳥類やアザラシやイルカなどの海洋哺乳類が、大量に打ち上げられていることがわかった。泳ぐのは安全だが、感染された貝類などを食べると人体にも影響する。

ロングビーチ空港、拡張案が可決

4月25日

 ロングビーチ市議会は、ロングビーチ空港拡張案を5対3で可決した。案ではゲート数が現行の3ゲートから11ゲートに増える。

KFCが発癌物質の警告表示に同意

4月24日

 カリフォルニア州司法局の告訴を受けて、大手ファーストフードチェーンのケンタッキーフライドチキンは、ポテトに発癌物質のアクリルアミドが含まれている主旨の警告を表示することに同意した。

ラグナビーチのホテルで、宿泊客2人が射殺される

4月22日

 ラグナビーチのモンタージュリゾート&スパで、バンガローの宿泊客2人が射殺された。女性が銃を振り回していると通報を受け警官が出動。女性は警告に応じなかったため、警官がバンガローに向けて発砲。夫とみられる男性と女性の遺体が見つかったが、夫が誰に射殺されたのかは不明。

模倣犯を恐れ高校閉鎖、大学では逮捕者も

4月20日

 カリフォルニア州立大学チャネルアイランド校で、インターネットで大学内での乱射を示唆した18歳の女子学生が逮捕された。またラバーン警察は、自宅から銃数丁と弾丸を持ち出した17歳の少年の行方を追うとともに、少年の通うボニタ高校を閉鎖した。

「赤ちゃん売買」の男はナニーの狂言

4月19日

 ロサンゼルス警察は、エンシノパークで、男が「赤ちゃんを売ってくれ」と近づいてきたというナニーの話は、同パークに行きたくないナニーの狂言だったと発表した。

住宅家賃の増加が減速、2期連続で2%未満増

4月18日

 ロサンゼルス界隈の住宅家賃は、2期連続で2%未満の増加にとどまり、平均家賃は1588ドルに収まった。南カリフォルニアの同時期平均家賃は1446ドル。

南加に強風吹き荒れる、各地で火災など被害

4月17日

 南カリフォルニアに強風が吹き荒れ、カリフォルニア州立大学ロサンゼルス校近郊の丘で出火し、タイヤ会社と住宅1棟が全焼した。オレンジ・カウンティーでは倒れた木の下敷きになり2人が負傷、ニューポートビーチから出港したボートが行方不明になった。

オリンピックとピコ、一方通行で渋滞緩和か

4月15日

 交通工学の専門家は、オリンピックとピコブルバードのダウンタウン‐サンタモニカ間を一方通行にすることで、交通渋滞が20%軽減されるとの研究結果を発表した。

ジャッキー・ロビンソン、デビュー60周年で敬意

4月15日

 メジャーリーグで、初のアフリカ系選手としてジャッキー・ロビンソンのデビュー60周年目を迎え、各球団は試合前にロビンソンを称えた。ドジャースタジアムでは、ドジャース選手全員が永久欠番の背番号42のユニフォームを着けて、ロビンソンに敬意を払った。

強風による停電で、依然3万人に影響

4月13日

 強風による停電で、約3万人が電気のないまま2日目を過ごした。影響が出ているのは、シャーマンオークス、ハリウッド、サウスロサンゼルス地区。

南加の中間住宅価格、50万ドルを越す

4月13日

 3月の南カリフォルニアにおける新築・中古住宅の中間価格は、昨年同時期比4・6%増の50万5000ドルで、50万ドルのマークを超えたことがわかった。ただし販売戸数は激減し、昨年同時期比32・4%減だった。

乾燥した強風に煽られ、ビバリーヒルズで火事 

4月12日

 南カリフォルニアで乾燥した強風が吹き荒れ、ビバリーヒルズで火事が発生。家屋2軒が全焼、1軒が半焼した。サンフェルナンドバレーからアンテロープバレーまで広範囲で停電になり、20万人が影響を受けた。

有害廃棄物の処理場界隈、マイノリティーの人口高

4月11日

 クラーク・アトランタ大学など4大学が共同で発表した調査によると、カリフォルニア州の有害廃棄物の処理場近くに住むアフリカ系、ラテン系、アジア系のマイノリティーの人口が、全米で最も多いことがわかった。

ドジャースタジアム、新駐車場で大混乱

4月10日

 新しい駐車システムが導入されたドジャースタジアムで、開幕日に駐車場が大混乱した。新システムでは、従来の空きスペースを自分で探すのではなく、係員の誘導で駐車する。駐車料金も5ドル値上がりし、15ドルになった。

突堤で魚釣り中に、波に飲まれて行方不明

4月10日

 ニューポートビーチの突堤で、魚釣りをしていた50代と見られるアジア系男女2人が、高波に飲まれて行方不明になった。女性用の帽子と男性用の靴は見つかったが、男女は依然不明。

LA交響楽団サネロンが、次シーズンで退任

4月7日

 ロサンゼルス交響楽団のミュージックディレクター、エサ=ペッカ・サネロンは、2008〜09年度を最後に退任すると発表した。後任は26歳のベネズエラの新星、ガスタボ・デュダメルに決定している。

91号線トールロード値上げ、最高9ドル50セントに

4月5日

 フリーウェイ91号線のトールロード10マイルの使用料が、1月の値上げ以来更に25セント値上げされ、最高9ドル50セントになった。02年比で約2倍となり、1マイルにつき1ドル近い使用料は、全米でも最も高額な有料道路の1つ。

児童心理医師が、児童性的虐待で逮捕

4月5日

 カリフォルニアの児童心理学の第1人者で、全米児童青少年精神医学会の会長も務めたウィリアム・エアーズ医師が、14歳以下の児童に性的虐待容疑で逮捕された。

歌手W・ヒューストン、B・ブラウンと離婚

4月4日

 歌手のホイットニー・ヒューストンは、オレンジ・カウンティーの高等裁判所に出頭し、歌手である夫のボビー・ブラウンとの離婚調停に臨んだ結果、離婚が決定。14歳の娘の親権を得た。ブラウンは出頭しなかった。

不法移民の取り締まり強化、サンディエゴなどで350人逮捕

4月3日

 連邦政府は不法移民の取り締まり強化を行い、サンディエゴとインペリアルの各カウンティーで、計350人を移民法違反で逮捕した。逮捕された350人のうち50人は、強盗や薬物違反などの前科があった。

カタリナ島で50年ぶり、白頭ワシが自然孵化

4月2日

 カタリナ島で50年以上ぶりに白頭ワシ2匹が、自然孵化していたことがわかった。すぐ近くで見つかった巣でも卵2個が発見され、10日以内に孵化すると見られている。

オレンジ郡のレストランで、O‐157に感染

4月2日

 オレンジ・カウンティー南部のレストラン「スープランテーション・フットヒルランチ店」で食事をした7人が、O‐157に感染したことがわかった。うち3人は重症のため入院した。

NCAA準決勝、UCLA敗退

3月31日

 NCAA(全米大学体育協会)バスケットボール選手権準決勝が開催され、UCLAは76対66で、フロリダ大学に敗退した。フロリダ大は、決勝戦でオハイオ州立大と対戦する。

ハリウッドヒルで山火事、名所サインにあわや飛び火

3月30日

 ハリウッドヒルズで山火事が発生し、160エーカーを焼失した。ハリウッドサイン近くまで火の手が及んだが、ランドマークのサインは危ういところで延焼を免れた。イリノイ州から観光で来ていた16歳と17歳の少年2人が、放火を認めた。

ウエストサイド、渋滞緩和に一方通行案浮上

3月28日

 ロサンゼルス市議会では、ウエストサイドの交通渋滞を緩和するために、オリンピックとピコ・ブルバードのダウンタウンーサンタモニカ間を、一方通行にする案が浮上している。

OCのフリーウェイ、電光掲示板で節水呼びかけ

3月28日

 オレンジ・カウンティーは、フリーウェイの電光掲示板で節水を呼びかけている。同カウンティーの給水の半分を供給しているヨーバリンダ工場が、システムアップに伴い1週間作業を停止するため。

南加各地で強風、16万軒で停電

3月27日

 南カリフォルニア各地で、最高風速30マイル/時間を記録する強風が吹き荒れた。ハリウッドではビル10階相当の大型バナーが飛ばされ、ロサンゼルスを中心に16万軒に停電の影響が出た。

州政府高官を昇給、シュワ知事が承認

3月26日

 シュワルツェネッガー加州知事は、州政府高官49人の大幅昇給を承認した。長官レベルでは最高22・7%、ディレクターレベルでは最高12・2%の昇給となる。4月1日付で実施される。

移民デモ1周年、予想を下回る参加

3月25日

 昨年に実施された大型移民デモの1周年を記念する大会が、ロサンゼルスのスポーツアリーナで開催された。参加者は約5000人で、予想の1万人をはるかに下回った。

新築住宅のセールス、9年ぶりの大幅減少

3月24日

 連邦商務省の報告によると、全米の新築住宅のセールスは4カ月連続で減少し、2月は10・5%マイナスと9年ぶりの大幅減少となった。一方、カリフォルニア州では増加しているが、市場の減速に対応して付加価値をつけるなどの対策を取っているためと見られている。

LAXの検査員11人、盗難容疑で起訴

3月23日

 ロサンゼルス市当局は、ロサンゼルス国際空港のセキュリティーチェックを行う検査員11人を、高級時計やカメラなどの盗難容疑で起訴した。当局は、05年6月まで遡って盗難事件を捜査していた。被害者には、パリス・ヒルトンも含まれている。

州の結核患者、85年以来最少

3月22日

 連邦疾病対策予防センターの発表によると、カリフォルニア州の結核の新規患者数は、85年以来最少で、ピークだった92年と比較すると50%減少したことがわかった。だがサンディエゴやリバーサイド・カウンティーなどの一部で、若干増加している模様。

ブルークロスに100万ドルの罰金

3月22日

 カリフォルニア州ヘルスケア管理局は、ブルークロス・カリフォルニアが妊娠や病気になった人の保険の適用を日常的にキャンセルしているとして、100万ドルの罰金を課した。

ハリウッドのパレード、昨年で打ち止め

3月21日

 ハリウッド商工会議所は、75年の歴史を誇る恒例のクリスマスイベントの1つ、ハリウッドのクリスマスパレードを、今年から実施しないと発表した。コストの増大に反して、収入が減ったのが原因。

エアバスA380がLAXにお目見え

3月19日

 世界初の総2階建て、世界最大の超大型旅客機エアバスA380が、ロサンゼルス国際空港に初お目見えした。同機は、エコノミーのみなら850人、3クラスで550人収容できる。定期便の就航は、年末に導入するシンガポール航空が最初になる予定。

LA市長が空中権売却に拒否権を発動

3月19日

 ビヤライゴーサLA市長は、市議会が決議したダウンタウンの空中権売却案に対して、拒否権を発動した。市長は「空中権の売却には賛成だが、同案を吟味する機会を得られなかった」と市議会に伝えた。

連邦検事の解雇疑惑、カニンガム追求が原因か

3月18日

 連邦検事8人が突然解雇された件で、カリフォルニア選出のダイアン・フェインスタイン上院議員はテレビ番組に出演し、「キャロル・ラム検事が解雇されたのは、後に辞任したサンディエゴ選出カニンガム議員の汚職事件を追及していたからだ」と語った。

エルカミノ・リアル高校が、アカデミック・デカスロン優勝

3月18日

 カリフォルニア州アカデミック・デカスロン最終日がロサンゼルスで実施され、ウッドランドヒルズのエルカミノ・リアル高校が優勝した。同校は最終日まで、グラナダヒルズチャーター高校、モーアパーク高校、ノースハリウッド高校と僅差を競っていた。

LAPDがパトカーにデジタルビデオを搭載

3月17日

 ロサンゼルス警察は、パトカーにデジタルビデオを搭載することになった。最初は300台だが、全1600台に搭載する予定。

ミッションビエホ市が、不法移民の取締り強化

3月16日

 オレンジ・カウンティーのミッションビエホ市議会は、不法移民の取り締り強化として、市の請負会社に、従業員のビザステータス確認の義務付け法案を通過させる見込み。承認されれば、全米初の試みとなる。

ダウンタウンの開発業者に、市が空中権の売却を提案

3月15日

 ロサンゼルス市議会は、ダウンタウンの開発業者に、コンベンションセンター上空の空中権900万平方フィートを売却する案に合意した。

カリフォルニア予備選、2月5日に早まる

3月15日

 来年の大統領選挙で、カリフォルニア州の予備選挙日が例年より4カ月早まり、2月5日に実施されることが決定した。同州では、ニューハンプシャー、アイオワ、サウスカロライナ、ネバダ各州に次いで5番目に予備選が行われることになる。

UCとCSUともに授業料値上げを承認

3月14日

 カリフォルニア大学(UC系)とカリフォルニア州立大学(CSU系)は、今秋からともに授業料の値上げを承認した。CSU系では10%、州立系では7%以上の値上げになる。

高リスクの住宅ローン会社、焦げつきで倒産の危機

3月12日

 クレジットに問題がある人向けの住宅ローン会社最大手で、アーバインに本社のあるニューセンチュリー・ファイナンシャルが、回収の焦げつきで倒産の危機にあることがわかった。これにより住宅ローンの審査が厳しくなると予想され、新規バイヤーと同時に、リファイナンスにも影響が出ると見られている。

オレンジで山火事、1200人が避難

3月11日

 熱波に覆われ記録的な高温となった同日、アナハイムヒルズで山火事が発生。火の手は2000エーカーに広がり、消防士800人以上が出動、1200人が避難した。家屋1軒が全焼し、3軒が半焼した。

盗難バイオリン、2挺パリで見つかる

3月11日

 ロサンゼルス交響楽団のバイオリン奏者の自宅から、昨年盗難された奏者所有のバイオリン(6万5000ド相当)と、楽団所有の18世紀のバイオリン(22万5000ドル相当)が、パリで見つかった。アムステルダム在住のアメリカ人が、パリのバイオリンショップに買い取りを持ちかけたところを、店主が通報した。

オフィスの賃貸料、25%の値上がり

3月9日

 ロサンゼルス・カウンティーの大部分で、オフィスの賃貸料が過去3年間、毎年25%ずつ上昇していることがわかった。オレンジ・カウンティーの一部では、に50%以上上昇したところもある。人気ショップの集まるメルローズやロデオドライブでは、過去2年で倍以上値上がりしている。

放置トラックにマリファナ3トン

3月9日

 カリフォルニア・ハイウェイ・パトロールは、オンタリオのフリーウェイ沿いに放置されていたトラックの荷台から、末端価格2000万ドル相当のマリファナ3トンを発見し、押収したと発表した。

LAXのランドマークレストランが一時閉鎖

3月8日

 ロサンゼルス国際空港のランドマークにもなっているエンカウンターレストランが、修復工事のため一時的に閉鎖された。先月、上部アーチ部分のコンクリートが落下したのが原因。修復工事は、少なくとも3カ月はかかる見通し。

乳製品協同組合が、成長ホルモン使用を禁止

3月7日

 カリフォルニアで大手のセントラルバレー乳製品協同組合は、乳牛の飼育に対する成長ホルモンの使用を、段階的に全面禁止することになった。スーパーマーケットのボンズなどが、成長ホルモンの使用禁止を要求していた。

ノーベル賞メダル盗難で、学生を逮捕

3月7日

 UCバークレー校の校内に展示されていた、1939年にノーベル賞を受賞した物理学者アーネスト・ローレンス博士のメダルが盗難された件で、キャンパス警察は生物学専攻の4年生を逮捕した。

マリナデルレイのアパート開発が認可

3月5日

 ロサンゼルス・カウンティーは、マリナデルレイの大型賃貸アパートの開発を認可した。市民グループが同開発で低所得者用アパートの増設を求めていたが、544室中、超低所得者用は17室、低中所得者用は37室しかなく、他は市場価格で賃貸される。

シグナルヒルで、同僚に発砲し自殺

3月5日

 ホーソーン在住の男が、就労時間をカットされた逆恨みから社内で発砲し、同僚3人が負傷した。男は所持していた銃で自殺した。

LAで記録的な少雨、給水には影響なし

3月5日

 国立測候所は、ロサンゼルスが記録的な少雨にあると発表した。観測史上最低の硬水量だったのは1924年の2・5インチだが、今年は現時点で2・4インチしかない。だが05年の記録的降雨と、シエラネバダ山脈の降雪のおかげで、給水に影響はない模様。

LAマラソン、ケニアのモガカ優勝

3月4日

 第22回ロサンゼルス・マラソンが実施され、男性部門ではケニア人のフレッド・モガカが、2時間17分14秒で優勝した。賞金2万ドルと車、さらに19分51秒前にスタートしていた女性トップランナーを追い越したボーナス賞金10万ドルを受け取った。

クリントン上院議員、LA清掃イベントに参加

3月3日

 クリントン上院議員がロサンゼルスを訪れ、ビヤライゴーサLA市長とともにダウンタウンで、年間行事となっている清掃イベントに参加して、市民の協力を促した。

ロングビーチ警察、学校近辺の警備強化

3月2日

 ロングビーチのジェファーソン中学近くで、11歳の少女がナイフを突きつけられて暴行された事件を受けて、ロングビーチ警察は近辺の警備を強化した。犯人はまだ捕まっていない。

リトルトーキョーに20数年ぶりの映画館

3月2日

リトルトーキョーで、戦前に日本映画を上映していたリンダ・リー映画館の解体作業が始まった。解体後は、20数年ぶりに新しい映画館が建設される予定で、アジア映画の上映を予定している。

シーワールドのシャチ、州当局が危険を警告

3月1日

 カリフォルニア州職業安全健康部門は、シーワールドのシャチはトレーナーを危険にさらしており、「事故が起きるのは時間の問題」だと警告した。州当局は、昨年11月に同園シャムースタジオで、トレーナーが観衆の目前で、シャチに水中に引きずり込まれた事故を調査していた。

カリフォルニアロト、収益減で内容の見直し

2月28日

 カリフォルニア・ロッタリーの収益が、今年に入って減少していることがわかった。州法によりロッタリー収益の3分の1以上が教育費に当てられるが、今年の教育費割り当ては、昨年より1億6000万ドル低い。ロッタリー局ではコンサルタントを雇い、内容の見直しに入った。

ハリウッドのパーティーで、A型肝炎に感染の恐れ

2月27日

 ロサンゼルス郡保健局は、『スポーツイラストレイティッド』のパーティーなどの食事を請け負ったウルフギャングパック・ケータリングの従業員1人が、A型肝炎に感染していたと発表し、パーティー参加者全員に検査を受けるように促した。参加者にはモデルや歌手のビヨンセが含まれている。

LA市長を乗せたバスに、高校生が落書き

2月26日

ロサンゼルスのダウンタウン南にあるギャング活動の活発な区間を、生徒が安心して通学できるための市バスが開通した。開通記念車両にビヤライゴーサLA市長がバスに乗車したが、交差点で停車中に、高校生らしい男子生徒が窓に落書きするという皮肉な結果となった。

フリーウェイ405号線と91号線工事に、州政府が予算を追加

2月26日

 州政府のフリーウェイ工事予算をめぐる抗議の声を受けて、カリフォルニア運輸委員会は、渋滞のひどい405号線の10号線から101号線までの区間や91号線のカープールレーン増築などのために、予算を28億ドルから45億ドルに増額した。

マリナデルレイに、低収入者用アパート

2月25日

 手頃な住宅価格を推進する市民グループは、マリナデルレイに低収入者用の賃貸アパートの建設をロサンゼルス郡議会に求めると発表した。マリナデルレイの多くが郡所有の土地だが、全賃貸5323室のうち、低取得者用に指定されているのは28室しかない。

市民権取得の申請急増、1月は前年比146%増

2月24日

 申請料が値上げされ、テスト内容も難題になる市民権取得の申請が急増している。1月中に、ロサンゼルスでは、前年比146%増の1万8000人が申請。全米でも79%増の9万5000人が申請した。市民権取得の資格がある永住権所有者は、全米で800万人いると見られている。

ハンティントンビーチ高生、ウェイトリフティングで死亡

2月23日

 ハンティントンビーチ高生男子が、校内でウェイトリフティング中に発作を起こし、病院に運ばれたが死亡した。詳しい死因はわかっていない。

加州の米作団体が、遺伝子組み換えに警告

2月20日

 200以上の稲作農家で成形される団体ライス・プロダクションズ・オブ・カリフォルニアは声明を発表し、試験的に実施されている遺伝子組み換えによる米作は、日本や韓国などへの米輸出に大きな損害を与えると警告した。同団体は全生産の40%を輸出している。

LAダウンタウン、人口増加も仕事は減少

2月20日

 ロサンゼルスのダウンタウンの人口は、過去2年間で20%増加したことがわかった。だが政府機関の縮小や企業本社の移転などで、労働者の数は95年の60万5000職より減り、41万8000職になった。

LA市長がフリーウェイ405号線の、拡張プロジェクトを要請

2月19日

 ビヤライゴーサLA市長は、渋滞のひどいフリーウェイ405号線北行きの10号線から101号線間の拡張プロジェクトの検討を、州当局に要請した。

フリーウェイ拡張案、LAの多くが対象外

2月16日

 カリフォルニア州運輸委員会は、州内のフリーウェイ拡張案を発表したが、ロサンゼルス界隈ではフリーウェイ5号線と10号線の一部にカープールレーンを追加する以外、405号線など渋滞のひどいフリーウェイは対象外となった。

LAマラソン走者、バス・電車が無料

2月15日

 3月4日に開催されるLAマラソンで、走者は一定区間のバスと電車が無料になる。発着点となるユニバーサルスタジオからダウンタウンの中央図書館までの26.2マイル間では、4時45分の始発から6分おきに発車予定。

ペースは落ちても住宅価格は安定

2月14日

 南カリフォルニアの1月の平均住宅価格は48万5000ドルで、前年比5%高で安定していることがわかった。だか販売戸数は前年比17%減で、1月の販売戸数としては98年以来最低。

バンク・オブ・アメリカ、SSNなしでもカード発行

2月13日

 バンク・オブ・アメリカは一時的な試みとして、不法滞在者でソーシャルセキュリティー番号のないヒスパニック系移民にも、クレジットカードを発行すると発表した。カードの発行は、ロサンゼルス郡にある51支店に限られるが、年内にも全米で展開する見込み。

ダウンタウン再開発、市議会などがゴーサイン

2月13日

 予算20億5000万ドルをかけるダウンタウン再開発「グランドアベニュー・プロジェクト」が、ロサンゼルス郡および市議会などの認可を経て、実現することになった。同プロジェクトはダウンタウン史上最大の開発事業で、バンカーヒル界隈に高層住宅や小売り、オフィスなどを建設する予定。

フリーウェイ渋滞改善に、有料道路の増加か

2月12日

 カリフォルニア州議会で、フリーウェイの渋滞改善案として、有料道路の増加が検討されている。ロングビーチ港からインランド・エンパイアーのトラック専用、メキシコ国境界隈の設立が、案に上がっている。

ロサンゼルス統一学校区、制服の導入を検討

2月11日

 ロサンゼルス統一学校区は、風紀向上の一環として、小学校から高校までの全校で制服の導入を検討していることがわかった。実現すれば初の試みとなる。今後、ロサンゼルス教育委員会で審議される。

殺人の冤罪を晴らし、20年ぶりに釈放

2月9日

 ロサンゼルス郡上級裁判所は、1987年に、第2級強盗殺人罪で懲役32年の判決を受け、収監されていたティモシー・アトキンスさんの再審を行い、判決を覆して無罪を言い渡した。冤罪が確定したアトキンスさんは同日、20年ぶりに釈放された。

トーランスウエスト校、デカスロンで地域優勝

2月8日

 トーランスウエスト高校チームは、3年連続でロサンゼルス・カウンティーのアカデミックデカスロン優勝を果たした。デカスロンは、文学や科学など他分野に及ぶ学問の知識を競う大会で、1チーム9人まで参加できる。州大会は3月に開催される。

学校の駐車場で事故死の女児、学校区に1000万ドル超えの賠償令

2月6日

 2005年にエンシノのラナルロード小学校の駐車場で、バンにひかれて1年生の女児が死亡した件で、ロサンゼルス郡上級裁判所の陪審員は、ロサンゼルス統一学校区に8割の責任があるとし、女児の家族に1030万ドル支払うよう判決を下した。同校の駐車場は、州の安全基準を満たしていなかった。

大型クレーン車が倒れ、405号線が3時間閉鎖

2月2日

 午後1時頃、フリーウェイ405号線北行きとフリーウェイ101号線とのインターチェンジ南で、道路脇の工事現場にあった大型クレーン車が倒れ、405号線が3時間にわたって閉鎖されたため、付近は大渋滞になった。クレーン車の運転手は重傷、クレーン車を避けようとした走行中の運転手2人が軽傷を負った。

歌手ブランディーが人身事故で書類送検

1月29日

 昨年12月30日にフリーウェイ405号線でR&B歌手のブランディーが前の乗用車に追突し、玉突き事故を起こした事件で、ブランディーに追突された運転手が死亡。事故を捜査していたロサンゼルス市は、ブランディーを書類送検した。

飛行機の車輪格納部に、若い男性の遺体発見

1月28日

 ロサンゼルス空港で、ロンドンのヒースロー空港から到着した英国航空の車輪格納部から、若い男性の遺体が発見された。男性は南アフリカの身分証明書を携帯しており、1989年生まれと見られる。

運転中の携帯電話は、ヘッドセット必要に

1月28日

 カリフォルニア州では、2008年7月1日より、運転中に携帯電話を耳に当てるのは法律違反になり、ブルートゥースなどのヘッドセットが必要になる。違反すると20ドルから50ドルの罰金が科せられる。

全米各地で反戦デモ、ロサンゼルスでも3000人

1月27日

 全米各地で反戦デモが開催され、ワシントンDCのナショナルモールには10万人が集った。ロサンゼルスでは3000人が集い、反戦運動家でイラク戦争で息子を亡くしたシンディ・シーハンさんや、映画『7月4日に生まれて』のモデルで、ベトナム戦争で身障者となったロン・コビックさんも参加して反戦を訴えた。

ロングビーチのヘイトクライムに有罪

1月26日

 ロングビーチで昨年のハロウィーンの夜、アフリカ系ティーン8人が白人女性3人を襲撃した事件で、リー裁判官は被告全員に有罪判決を言い渡した。被告は、13歳から18歳の女性7人と18歳の男性1人。

カリフォルニアロトに新くじのラッフル登場

1月26日

 カリフォルニア宝くじは、新種のくじ・ラッフルを導入すると発表した。ラッフルは教会などの資金集めに利用され、番号チケットを購入し、くじ引きで当選者を決めるもの。チケットの発売開始は2月5日で、3月17日午後6時まで購入可能。締切の1時間後に抽選する。賞金は100万ドルで、最高10人まで。チケット代は5ドル以下になる見込み。

ドライクリーニングの化学薬品使用が禁止に

1月25日

 カリフォルニア大気資源委員会は、ドライクリーニングで使用する化学薬品ペルクロロエチレン(PCE)の新規使用を2008年度より禁止し、23年までに全面禁止にする決議案を全会一致で可決した。PCEに発ガン物質があると言われている。

「フルーツ食品」、でも果汁はゼロ?

1月25日

 アナハイムで2007カリフォルニア児童期肥満会議が開催され、食品名やパッケージに果物の絵柄や名称がついた食品の約半数が、実際には果汁が含まれていないとの報告書を発表した。特にシリアルやヨーグルトに果汁ゼロが多い。

UCLA希望者、5万人以上で全米トップ

1月24日

 UCLAの新入生応募者は5万0694人で、昨年より7.1%増え、大学関係者によると全米で最も多い応募者があった模様だと発表した。特にアフリカ系とラテン系の応募者が増え、関係者を喜ばせている。

サウザンオークスで山火事、30エーカー焼く

1月22日

 サウザンオークスの南、フリーウエイ101号線沿いで山火事が発生した。30エーカーを焼き、一時的に民家20軒に延焼の恐れが出たが、延焼は食い止められた。

加州の予備選挙日、2月への前倒し目指す

1月19日

 シュワルツェネッガー加州知事の支持を得て、州議会は来年の大統領選の予備選挙を4カ月前倒しして、2月5日に行う方向で協議に入った。前回の大統領選では3月に前倒ししたが、その時点ですでに民主党候補者が確定していたため、予備選における影響力を高めるのが目的。

加州12月の就業者数、1万7200人増える

1月19日

 カリフォルニア州雇用開発局の発表によると、昨年12月の就業者数は前月比で1万7200人増えたことがわかった。一方で失業率は、前月4.6%から4.8%に増加した。

LAギャング対策にFBIも協力

1月18日

 ロサンゼルスのギャング対策として、FBIもロサンゼルス警察と協力し、ギャング撲滅に向けて乗り出すことになった。またDEA(薬物取締局)、ATF(アルコール・タバコ・銃器取締局)などの連邦機関も捜査に協力する。

ビバリーヒルズにアストリアホテル計画

1月18日

 ビバリーヒルズのウィルシャー・ブルバードとサンタモニカ・ブルバードの角地を所有するヒルトンホテルなどは、ビバリーヒルトンホテルに隣接して、ニューヨークの由緒ある高級ホテル、ウォルドルフ・アストリアホテルを建設すると発表した。

マリブキャニオンに雪、ウエストサイドにあられ

1月17日

 南カリフォルニアに寒冷前線の南下で、マリブキャニオンやサンタクラリータは雪で覆われ、ベニス、ウエストウッドなどのウエストサイドにはあられが降った。フリーウエイ5号線は積雪のためキャステークからグレープバインまで通行止めとなった。

ゴールデングローブ賞、作品賞は『バベル』

1月15日

 第64回ゴールデングローブ賞の授賞式がビバリーヒルズで開催され、『バベル』が作品賞に輝いた。外国語映画賞は、クリント・イーストウッド監督の『硫黄島からの手紙』が受賞した。

記録的な寒気でオレンジ収穫に打撃

1月15日

 寒気におおわれたカリフォルニア州では、記録的な低温が続き、オレンジ収穫に影響が出ている。11億ドルの収穫があるオレンジの、すでに3割以上に被害が出ており、寒気による被害額としては1998年の7億ドルを上回る可能性が高くなった。

水飲みコンテストで、参加女性が死亡

1月13日

 サクラメントで、ラジオ局主催の水飲みコンテストに参加した28歳の女性が、数時間後に大量の水を摂取したことによる中毒症状で死亡した。コンテストは、トイレに行かずにどれだけの水を飲めるかを競うものだった。

サッカーのスーパースター、ベッカムがLAに移籍

1月11日

 サッカーのスーパースター、デビッド・ベッカム選手のLAギャラクシーへの移籍が決まった。5年契約で、移籍額は推定で2億5000万ドルとみられている。ギャラクシーは、ベッカムの移籍発表後、数時間でシーズンチケットを完売した。

北極圏の寒冷前線が南下、氷点下を記録する地域も

1月11日

 北極圏から寒気が南下し、カリフォルニア一帯が寒冷前線におおわれた。山岳地帯や内陸部では氷点下を記録し、積雪レベルも海抜千フィートまで下がっ

シュワ知事が予算案発表、教育費は増、福祉は減

1月10日

 シュワルツェネッガー加州知事は、2007年-08年度の予算案を発表した。知事案では、公立学校の予算を増やし、400億ドルと全体の約40%を占める一方、福祉はCalWORKSで4億6500万ドルに削減される。

マリブで火災、住宅4棟全焼

1月9日

 マリブのペパーダイン大学の近くから出火した火災は、強風にあおられて、PCHを超えて飛び火し、ビーチ沿いの高級住宅4棟が全焼した。うち1軒は女優スザンヌ・ソマーズの家だった。

シュワ知事が全州民の保険加入を提案

1月8日

 シュワルツェネッガー知事は、カリフォルニアの全州民に健康保険の加入を義務付ける案を提案した。全米ではマサチューセッツ州で全州民の保険加入が義務付けられているが、同州は未保険者数や貧困者数がカリフォルニア州に比べて低い。

USCキッカーの死亡、事故の可能性が高まる

1月7日

 ロサンゼルス警察は、UDCトロージャンのキッカー、マリオ・ダネロがサンペドロのがけ下で遺体で発見された件に対し、「事故か自殺の可能性が高い」と発表した。遺体が発見された場所は急ながけになっており、過去にも誤って落下し、死亡した人が少なくない。

USCアメフト選手が遺体で発見される

1月6日

名門大学フットボールチーム、USCトロージャンのスターキッカー、マリオ・ダネロ選手が、サンペドロのがけ下で遺体で発見された。ダネロ選手は先日のローズボウルでもフィールドゴールを2回決め、チームの勝利に貢献。警察では、殺人の可能性もあると見て捜査に乗り出した。

南加に強風吹き荒れる、停電で10万人に影響

1月5日

南カリフォルニア一帯が強風に見舞われ、マリブでは瞬間風速62マイル/時間を記録。バーストー近郊では強風でミニバンがツアーバスに追突し、2人が死亡。木や電柱が倒れて停電し、10万人に影響が出た。

ペロシ下院議長、初の女性議長誕生

1月4日

 サンフランシスコ選出のナンシー・ペロシ下院議員が、下院議長に正式に就任し、史上初の女性の下院議長が誕生した。

オレンジ・カウンティー、新エリアナンバーを検討

1月3日

 カリフォルニア州当局は、オレンジ・カウンティーにおける電話番号不足の対策として、新エリアナンバー657を追加する検討を開始した。

ローズパレード開催、マーシャルはルーカス

1月1日

 第118回ローズパレードがパサデナで開催され、『スターウォーズ』の生みの親、映画監督ジョージ・ルーカスがグランドマーシャルを務めた。『スターウォーズ』の兵士の衣装をまとったボランティア200人が、パレードに参加した。

バレーでパトカー追跡、犯人射殺をテレビ中継

12月27日

 バンナイズで発生したパトカー追跡で、生放送でテレビ中継されるなか、停車した犯人が車を下りるや警官に突撃したため、警官が数回発砲。犯人は運び込まれた病院で死亡した。

シュワ知事スキー場で右足を骨折

12月23日

 シュワルツェネッガー加州知事は、休暇先のアイダホ州サンバレーのスキー場で、スキー中に右足を骨折した。現在はサンバレーの自宅で療養中で、クリスマス後にロサンゼルスに戻って手術を受ける予定。

市長の学校区に対する権限、高等裁判所が違法と判断

12月21日

 カリフォルニア州高等裁判所のジャナブス裁判長は、議会がビアライゴーサ市長にロサンゼルス統一学校区に対する権限を増大したのは、州憲法に違反するとの判断を下した。

ティーンの車が木に激突し、3人死亡

12月20日

 グリフィスパーク近郊のロスフェリッツ・ブルバードで、14歳から18歳のティーン5人を乗せた車が、コントロールを失って木に激突して炎上し、3人が死亡した。

エジソンが値上げのキャンセルを要請

12月20日

 サザンカリフォルニア・エジソン社は、1月1日付で予定されていた3度目の電気料金値上げの撤回を州議会に求めた。過去2回の値上げと天然ガス原価の安定で、3億ドルの黒字になったのが理由。

LAXで珍事、赤ちゃんを誤ってX線に

12月19日

 ロサンゼルス国際空港のセキュリティーチェックで、54歳の女性が孫の乳児を手荷物検査用のX線ベルトコンベアに載せる珍事が発生した。職員がX線に赤ちゃんの輪郭が映ったのを見てすぐに引き出し、乳児を病院に搬送。乳児は無事だった。女性はメキシコシティー行きの飛行機に乗る予定で、英語を話さなかった。

2世農業者連盟の創設者、ハリー・クボ氏が死去

12月15日

 1960年代に農業者の組合化が進む中で、所有地の権利を守るために2世農業者連盟(Nisei Farmers League)を創設し、その後25年間、連盟のリーダーを務めたハリー・クボ氏が、カリフォルニア州パーリアの自宅で、ガンのため他界した。享年84歳。

小児集中治療室で、7人がウイルス性細菌に感染

12月15日

 ボイルハイツにあるホワイトメモリアル・メディカルセンターの小児集中治療室で、治療を受けていた子供7人が、ウイルス性細菌に感染し、乳児1人が死亡。同センターは、小児病棟での新規患者の受け入れを、一時的に停止した。

白人至上主義ギャング、57人を逮捕

12月14日

 オレンジ、ロサンゼルス、サンバナディーノ各郡などが数百人の捜査官を動員して共同捜査を実施し、オレンジ・カウンティーにある白人至上主義ギャングのメンバー57人を逮捕した。

ニコール・リッチー、薬物服用運転で逮捕

12月11日

 歌手ライオネル・リッチーの娘でタレントのニコール・リッチーが、薬物服用運転で逮捕された。バーバンクでフリーウェイ134号線の出口から逆行して入り、通報を受けたカリフォルニアパトロールが出動。リッチーはマリファナと鎮痛剤の服用を認めた。

『硫黄島からの手紙』批評家協会作品賞に

12月10日

 クリント・イーストウッド監督の『硫黄島からの手紙』が、ロサンゼルス批評家協会作品賞を受賞した。同作品は、太平洋戦争の硫黄島での戦いを日本側から描いたもので、アメリカ側から描いた『父親たちの星条旗』に続く第2作。

ロングビーチでアパート火災、2人死亡、18人負傷

12月8日

 ロングビーチのアパートで火災が発生し、2人が死亡、18人が負傷した。消防隊が出動した時点で、すでに3戸が炎に包まれており、出火元が複数あることから放火の疑いが持たれている。

シワ取り注射、中身はシリコン

12月5日

 ビバリーヒルズの自称医師ダニエル・ペラノが、認可されていない産業用シリコンを、「永久にシワがなくなる」と偽って投与していた罪で逮捕された。同容疑者はアルゼンチンで医師免許を取得しているが、カリフォルニア州では無免許。顧客にはライオネル・リッチーの前妻やラリー・キングの妻などがおり、キングの妻は7千ドルの被害を被った。

咳止め薬で薬物中毒、10代の間で激増

12月4日

 カリフォルニア州中毒管理システムのデータによると、10代の間で市販の咳止め薬を大量に摂取してハイの状態になる薬物中毒が、激増していることがわかった。「Coricidin」の錠剤や「Robitussin」シロップなどが主に使用されるため「ロボトリッピング」と呼ばれている。

ベンチュラで山火事、住宅5軒が全焼

12月3日

 ベンチュラ・カウンティー東部のモーアパーク近郊で山火事が発生し、折からの強風にあおられて住宅に延焼。5軒が全焼し、少なくとも5軒が半焼、消防当局は近隣の住民数百人に避難を勧告した。

LA消防署長代理に、アフリカ系のバリー氏

12月3日

 バマトレ署長の辞任を受けて、ロサンゼルス消防署長代理にダグラス・バリー氏が任命された。アフリカ系が選ばれたのは初めて。

USCがUCLAに敗れ、優勝決定戦の出場権消失

12月2日

 パサデナのローズボウルで、USCトロージャンズとUCLAブルーインズ戦が行われ、全米カレッジフットボールランキング2位のUSCが、ランキング入りしていないUCLAに13対9で敗れた。これでUSCの3年連続優勝決定戦シリーズ出場の可能性は消えた。USCは過去7年間、対UCLA戦では無敗だった。

神父による性虐待、6000万ドルで和解を表明

12月1日

 カトリック教会ロサンゼルス大司教区のマホニー枢機卿は、神父による性虐待の被害者45人に対して、総額6000万ドルで和解したと発表した。同枢機卿の発表があった直後、被害者の弁護団は「和解へ向けて対応中だが、最終決断には至っていない」と語った。

ロサンゼルス消防署長が辞任

12月1日

 ロサンゼルス消防署のバマトレ署長が、1月1日付で辞任することになった。同署長は11年間署長を務め、通報から出動までの時間を短縮するなど、緊急対応への対策が評価されていたが、犬の餌事件で市長などから辞任を要請されていた。

「犬の餌を食べさせられた」消防士の訴えを却下

11月29日

 消防士仲間が食事に犬の餌の混ぜたとして、テニー・ピアース消防士がロサンゼルス市を相手取り、人種差別訴訟を起こしていた事件で、同市議会はビヤライゴーサ市長の拒否権を無効にする表決を行ったが、必要票が集まらず無効に至らなかった。同市長は、市議会が提案した270万ドルの賠償金支払いに対して拒否権を発動していた。

ショッピングカート落下事件、犯人3人を逮捕

11月28日

 パサデナのラルフズ・スーパーマーケットで、旗竿に括りつけられていたショッピングカートが落下し、直撃した従業員が重傷を負った事件で、パサデナ警察は21歳から24歳の男女3人を逮捕した。

警察官の幼児射殺事件、警察官は罰せずとの見解

11月28日

 昨年、父親が19カ月の幼児を人質にして警察と銃撃戦になり、幼児がスワットチームの流れ弾に当たり死亡した事件で、ロサンゼルス警察委員会は、「メンバーの行為は警察規範に即したもので罰するべきではなく、避難されるべきは父親」との見解に達した。

ローリングヒルズの高校、榴弾騒ぎで避難

11月27日

 ローリングヒルズ・エステーツのペニンシュラ高校で、生徒の1人が校内で手榴弾と脅迫状を見つけ、職員に通報。全生徒と教職員は近くの中学校に避難した。爆弾処理班が出動したところ、手榴弾は偽物だと判明した。

墜落機のパイロットはトヨタのエンジニア

11月26日

 サンペドロ沖でアクロバット飛行を行っていた軽飛行機が墜落した事故で、遺体を収集した結果、操縦していたのはトヨタの重役で、ハイブリッドカーをアメリカに広めたエンジニアだったことがわかった。

LAX賃貸料で格安航空会社と争議

11月25日

 サウスウエスト航空とアラスカ航空は、ロサンゼルス国際空港が検討している賃貸料値上げに対して、「実行されると277%の値上げになり、運賃を上げざるを得なくなる」と、ロサンゼルス市管轄の委員会に申し立てを行った。

ロサンゼルス市職員がLAXでストを検討

11月23日

 エンジニアや建築家から構成されるロサンゼルス市職員組合は、26日からロサンゼルス国際空港を皮切りに、局地的ストに入る検討を始めた。26日の空港でのストには200人が参加する予定。

白人女性3人を襲撃、ティーンズ8人を起訴

11月22日

 ロングビーチで19歳から21歳の白人女性3人が、「白人だから」という理由で襲撃され、重傷を負った事件で、ロングビーチ警察はアフリカ系の12歳を含む10代の男女8人を起訴した。女性たちは通りがかりのアフリカ系男性に助けられた。被告の1人はUSCの学生で、陸上競技で米代表を務めたこともある。

バースデーパーティー中に3歳児が銃撃され死亡

11月21日

 ポモナで、自宅の前庭で開いていたバースデーパーティーの最中に、SUVで乗りつけた男が車から降りるや庭に向けて発砲。パーティーの主役だった3歳男児に弾が当たり、死亡した。

ファーマーズマーケット暴走事件、高齢の暴走犯に執行猶予

11月20日

 2003年にサンタモニカのファーマーズマーケットで暴走し、10人が死亡した事件で、有罪判決を受けた89歳のジョージ・ウェラー被告に対し、ロサンゼルス郡高級裁判所は「禁固刑に値する」としながらも、ウェラーの年齢と健康状態を考慮し、執行猶予を言い渡した。

ロサンゼルスでまた記録的暑さ

11月19日

 ロサンゼルス各地は季節外れの熱気に覆われ、ウッドランドヒルズで華氏96度、バーバンク同90度など、同日としては過去最高温度を記録した。また、LAダウンタウンで同97度、ロングビーチで同90度のタイ記録となった。

カリフォルニアの失業率、4.5%で過去最少

11月17日

 10月のカリフォルニア州の失業率は4.5%で、1976年に統計が始まって以来、過去最少だったことがわかった。医療関係、観光業で就業率が伸びていた。

ヨットオーナー殺害事件、容疑者に有罪判決

11月17日

 ニューポートビーチから自家用ヨットで出帆したまま行方不明になっていた夫婦を殺害した容疑で起訴されていたジェニファー・デレオン容疑者に、第1級殺人罪の有罪判決が下された。同容疑者の夫を含む共謀者残り4人の公判は、今後行われる。

ダウンタウン再開発、財政赤字で難航

11月16日

 20億ドルをかけて開発が予定されているダウンタウンのグランド・アベニュー再開発は、財政赤字で大幅に遅延し、このままでは財政的に実現が不可能であることがわかった。この再開発は、ディズニーコンサートホールを設計したフランク・ゲリー氏のデザインで、47階建ての高層ビルなどが予定されている。

新車の販売、6割が小型車、SUVやトラックは下落

11月16日

 カリフォルニア自動車ディーラー協会によると、カリフォルニア州で今年、販売したトラックを含む新車の約6割が小型車だった。大型SUVやトラックの販売は下落した。

アルツハイマー病が、死因の第8位に

11月15日

 ロサンゼルス郡公共健康局によると、アルツハイマー病が初めて死因のトップテン入りし、第8位にランクされたことがわかった。アルツハイマー病は、過去10年間で220%増加した。

患者置き去り容疑で、カイザー病院を起訴

11月15日

 ロサンゼルス市は、患者の不法監禁および介護の必要な患者を危険にさらした容疑で、カイザーパーマネンテ病院を起訴した。今年初め、同病院が63歳のホームレスの女性をスキッドロウに置き去りにした模様が、ビデオで撮影されたのが起訴の発端となった。

ビッグベアの湖に飛行機が墜落、3人死亡

11月14日

 ビッグベア空港からラスベガスに向けて離陸した小型飛行機が、ビッグベア湖に墜落し、乗員3人全員が死亡した。墜落原因は不明。

白い粉入り脅迫状を送った男を起訴

11月13日

 ウッドランドヒルズ在住の男が、連邦下院のナンシー・ペロシ議員やコメディアンのデビッド・レターマンなどに、白い粉入り脅迫状を送った容疑で起訴された。起訴状によると、白い粉の正体は洗剤やベーキングソーダなどだった。

カーソンのガソリンスタンド殺人、犯人3人を逮捕

11月12日

 カーソンのモービルガソリンスタンドで、従業員2人が射殺された事件で、ロサンゼルス郡保安局は、サウスロサンゼルス在住の男3人を殺人容疑で逮捕したと発表した。レジから現金は盗まれていなかったが、当局は強盗目的だった可能性が高いとみている。

デビットカードでID盗難、440人が被害

11月10日

 コスタメサのガソリンスタンド2軒で、9月29日から10月8日までの期間にデビットカードで支払いをした440人が、ID盗難の被害に遭っていたことがわかった。いずれの被害者もラスベガスのATMから預金を引き出されており、被害総額は10万ドルを超える。

女性殺害の消防隊長、暴行を加えてから殺害か

11月8日

 友人女性を殺害した容疑で逮捕された、ロサンゼルス消防署の消防隊長に対する起訴状が公開された。検死の結果、容疑者は女性を絞殺する前に、激しい暴行を加えていたことがわかった。同容疑者は以前にも、家庭内暴力で起訴されたことがある。

中間選挙で民主党が、下院で過半数を獲得

11月7日

 連邦下院議員全議席と上院議員の3分の1議席、3分の1の州知事戦などを争う中間選挙の投票が実施、即日開票され、12年ぶりに民主党が下院で過半数以上を獲得した。これにより、下院院内総務であるカリフォルニア州選出のナンシー・ペロシ下院議員が、史上初の女性下院議長になる見通し。州知事選では、シュワルツェネッガー加州知事が再選を果たした。

ヒラリー・ダフのストーカー逮捕

11月6日

 マンハッタンビーチ警察によると、若手の人気女優ヒラリー・ダフをストーカーしていたロシア国籍の男が、ストーカー容疑で逮捕された。ダフと家族は先月、容疑者に対する接近禁止命令の要求を、トーランス裁判所に訴えていた。

LAダウンタウンで華氏95度、記録的な暑さ

11月6日

 この日、ロサンゼルス・ダウンタウンで気象測定が始まって以来最高の華氏95度を記録するなど、南カリフォルニア各地で記録的な暑さとなった。過去に記録されたダウンタウン11月6日の最高気温は、1898年の華氏92度だった。

モトクロスレース中に観客に突っ込み、5人負傷

11月5日

ロングビーチのクイーンメリー号駐車場で開催されたAMAスーパーモトクロスレース中に、選手の1人がコントロールを失い、観客席に飛び込んだ。観客や他の選手、関係者など5人が負傷している。

カーソンのガソリンスタンドで、従業員2人が射殺される

11月4日

カーソンのガソリンスタンドで未明、従業員2人がカウンター内で射殺されているのが見つかった。防弾ガラスの窓は開いた状態になっていた。警察では犯人の割り出しを急いでいる。

エスペランザ山火事の放火犯を殺人容疑で逮捕

11月2日

リバーサイド・カウンティー当局は、消防士5人が死亡したエスペランザ山火事で、放火犯と見られるレイモンド・リー・オイラー容疑者を、殺人容疑などで再逮捕した。同容疑者は他の火災の放火容疑ですでに逮捕されていた。

サンフランシスコでハロウィーン乱射事件

11月1日

ハロウィーンの夜にサンフランシスコのカストロ地区で、10代から20代の2グループの口論が乱射事件に発展し、10人が負傷した。カストロ地区では2002年にもハロウィーンのパーティーで、4人が刺される事件が起こっている。

エスペランザ山火事、5人目の犠牲者

10月31日

先週パームスプリングス近郊で発生し、消防士4人が死亡したエスペランザ山火事で、最後の生存者だった消防士が死亡した。エスペランザ山火事は4万エーカーを焼失したが、まもなく鎮火される見込み。

州議員の娘夫婦がフリーウェイ405号線で交通事故死

10月30日

カリフォルニア州下院のキャレン・バス議員の娘夫婦の乗った乗用車が、フリーウェイ405号線のロサンゼルス国際空港近くを走行中にコントロールを失い、フリーウェイの柱に激突し炎上。2人とも死亡した。夫が運転していた模様で、なぜコントロールを失ったのかは不明。

グリフィス天文台で新装オープンの祝典

10月29日

 4年にわたる大改装が終わったグリフィス天文台で、新装オープンの祝典が開催された。一般公開は11月1日。当面は混雑を避けるため予約が必要。車での乗り入れも制限されるため、シャトルサービスを利用することになる。予約料は一般8ドル、5歳から12歳まで4ドル。

セクハラ訴訟で、ボンズに1800万ドルの支払命令

10月27日

 ロサンゼルスの大手スーパーマーケット・ボンズの男性従業員が、女性上司によるセクハラで解雇されたと訴えていた件で、ベンチュラ・カウンティーの陪審はボンズに1800万ドルの支払いを命じた。

山火事で消防士4人死亡、出火原因は放火

10月26日

 パームスプリングス西部のツインパインで未明、山火事が発生し、折からの強風にあおられて、瞬く間に2万4千エーカーを焼失した。消火作業に当たっていた消防士4人が死亡し、1人が重傷。出火原因は放火と見て、当局では鎮火に当たるとともに、犯人の割り出しに乗り出した。

旗竿にショッピングカート、悪質ないたずらで女性死亡

10月25日

 パサデナのラルフズスーパーマーケットで、従業員の女性が駐車場にある国旗を掲揚しようとしたところ、旗竿に括りつけられていたショッピングカートが落下し、女性に直撃。女性は首の骨を折って死亡した。警察では悪質ないたずらと見て捜査している。

ロッククライマー、ヨセミテで転落死

10月24日

 世界的に著名なロッククライマー、トッド・スキナーさんがヨセミテのリーニングタワーを懸垂下降中に誤って転落。少なくとも500フィート落ちて死亡した。当局では、装具の故障が原因と見ている。

サンタモニカ市場暴走事件 89歳の容疑者に有罪

10月20日

 03年7月、サンタモニカのファーマーズ・マーケットに乗用車で突っ込み10人を死亡させた89歳のジョージ・ラッセル容疑者に対し、12人の陪審員は30分で10件の過失致死罪すべてに有罪の評決を下した。同容疑者はこの日も健康問題を理由に裁判所には出廷せず、一度も裁判所には姿を見せることはなかった。

パロスバーデスの灯台付近で死体発見

10月17日

 ランチョ・パロスバーデスにあるポイントビセンテ灯台付近の崖で、死体が発見された。殺人事件を見られているが、詳細は不明。

恒例のエイズ・ウォーク 3万人が参加

10月15日

 ウエスト・ハリウッドで恒例のエイズ・ウォークが催され、約3万人が参加した。85年に初めて開催されたこのイベントは今年で22年目を向かえ、今までに5千万ドルの基金を集めている。これらはエイズプロジェクトLAをはじめとした、19のエイズ関連の団体に寄付されている。

コリアタウンで3人射殺

10月14日

 コリアタウンのレストランで、3人が銃で撃たれて死亡しているのが、同店の経営者によって発見された。警察は閉店間近の午前2時ころに事件が発生したとみている。犯人はまだ捕まっていない。

インフルエンザ予防接種 23日から実施

10月10日

 23日から12月末まで、ロサンゼルスの各地にあるクリニックで、インフルエンザの予防接種が受けられることをLA郡保健局が発表した。同局では幼児、老人をはじめ、妊婦や医療関係者の接種を促している。

レイン・ヒラバヤシ氏 アラタニ講座初の教授に

10月7日

 戦時中、日系人収容所に入ることを拒んで逮捕され、戦後の補償問題に一石を投じたゴードン・ヒラバヤシさんの甥で、人類学者のレイン・リョウ・ヒラバヤシさんが、UCLAアジアンアメリカン学部の一部であるアラタニ講座で、初の教授に就任した。アラタニ講座は、ケンウッドやミカサの創設者、ジョージ・アラタニさんとサカエ夫人が50万ドルを寄付して設立された、日系人収容所や戦後の補償運動を取り上げた講座。

南加のスキミング犯罪 今年すでに45人逮捕

10月6日

 連邦当局は今年、南カリフォルニアでスキミング犯45人を逮捕していたことがわかった。スキミングは、クレジットカードやキャッシュカードの磁気記録情報を不正に読み出してコピーを作成し、使用する犯罪。逮捕された犯人の職業は、レストラン従業員から住宅ローンブローカーまでさまざま。

LAXの滑走路でニアミス 100フィートで衝突回避

10月5日

 LAXで、離陸体制にあったスカイウエスト航空機と、着陸直後のゴルフストリーム社のビジネスジェット機が、わずか100フィートの近距離で衝突を回避していたことがわかった。今年に入って8回目のニアミスで、2000年以来、もっとも近距離。

LAXが映画のロケ撮影のフリーウェイ閉鎖に反対

10月4日

 ロサンゼルス国際空港(LAX)が、ロケ撮影の許可を管理しているフィルムLAに対し、今秋に予定されているブルース・ウィリス主演『ダイハード』シリーズの撮影で、フリーウェイ105号線などの一部閉鎖に反対していることがわかった。

バクテリア検出でロングビーチを閉鎖

10月3日

 ロングビーチ市保健局は、マリンスタジアムとマザーズビーチ、コロラドラグーンでバクテリアが検出されたため、この3カ所を閉鎖した。

アジア系ビジネス狙った 強盗10人を逮捕

10月2日

 ロサンゼルス市警察(LAPD)は、アジア系の商店などを狙った強盗10人を逮捕したと発表した。ミッドウィルシャーやハリウッドなどで、深夜まで営業しているアジア系商店を狙った強盗が多発していた。LAPDでは同じ容疑の20人以上の行方を捜査中。

「デイファイアー」、ようやく鎮火へ

10月1日

 レイバーデーに発生して以来、16万エーカー以上を焼失した山火事「デイファイアー」は、ようやく午後にも全面鎮火の見通しとなった。被害額は7千万ドル以上に上り、カリフォルニア史上5番目に大きな山火事となった。

ドジャースが2年ぶり プレーオフ進出

9月30日

 ナ・リーグ西地区のロサンゼルス・ドジャースは、サンフランシスコ・ジャイアンツを4−2で破り、2年ぶりのプレーオフ進出を決めた。

オレンジライン チャッツワースまで延長

9月28日

 MTAは昨秋以来、ノースハリウッド−ウッドランドヒルズ間で運行しているメトロ・オレンジラインを、チャッツワースまで6マイル延長することを決定した。工事費は1億3500万ドルの予定で、12年の完成を目指す。

飼い犬を警察官が射殺市に賠償命令

9月27日

 コスタメサ市は、飼い犬を警察官に不法に射殺されたと訴えていた家族に対し、22万5千ドルを支払うことで和解した。ヘルメットなしで自転車に乗っていた少年2人が、警察官に追われて知人の家に逃走。追跡していた警察官は、その家で飼っていたピットブルに噛み付かれたため、射殺していた。

ラグナヒルズで死の路上レース

9月26日

 ラグナヒルズで車が給水管に激突。運転していた18歳の男性が死亡、同乗していた17歳と18歳の女性が重傷を負った。死亡した男性は路上レースに興じていたと見られ、同じくレースに加わっていた20歳の男性が逮捕された。

学校でバースデーケーキ 肥満を考慮して禁止も

9月26日

 児童の肥満傾向を憂慮して、誕生日などに恒例だった、バースデーケーキやカップケーキなどの学校への持ち込みに対して、学校側が自粛を求めたり、禁止したりするところが増えている。ロサンゼルス、オレンジ両郡の学校区でも、ケーキやクッキーよりも、果物や野菜の持ち込みを奨励している。

元市長、アパート疑惑で実刑

9月25日

 パム・ジュリアン・ホーチェン元ハンティントンビーチ市長は、アパートを違法にコンドミニアムに転換した罪で、懲役37カ月を言い渡された。

山火事の消火にジャンボジェット投入

9月24日

 レイバーデイーに出火して、13万エーカー以上を焼失し、ベンチュラ郡にまで延焼し続けている「デイファイアー」に対し、シュワルツェネッガー知事は非常事態宣言を出し、DC-10型ジャンボジェットを用いたた消火作業に乗り出した。

アンジェリーデス候補 州兵の撤退を公約

9月23日

 カリフォルニア州のアンジェリーデス州知事候補(民主党)は、『タイムズ』誌の電話取材に答え、「知事になったら、一番に州兵をイラクから撤退させることに着手する」と公約した。

タクシーの不正 おとり捜査で発覚

9月22日

 ロサンゼルス市当局は、過去2カ月にわたってタクシー料金の不正請求を捜査するために、おとり捜査を実施した。その結果、30回のうち半数が、「観光ルート」と称して遠回りをするなどして、必要以上の請求をしていたことがわかった。おとり捜査は、ダウンタウン、ウエストLA、LAXなどのタクシーで実施された。

LAUSDのカウンセラー 20年前の性的虐待で停職

9月22日

 ロサンゼルス統一学校区(LAUSD)のカウンセラーが、生徒に性的虐待をしていた容疑で捜査が開始され、このカウンセラーは停職になった。カウンセラーに性的虐待を受けた男性が、20年ぶりに母親に告白したことで、事件が発覚した。

LA市長 アジア諸国訪問予定

9月20日

 ロサンゼルスのビヤライゴーサ市長は、10月に16日間かけて日本(東京・名古屋)、中国(北京・上海・香港など)、韓国(ソウル・釜山)を訪問し、アジア諸国との通商の活性化を図る予定。

南加の住宅価格 99年以来の低上昇率

9月19日

 8月の南カリフォルニアの中間住宅価格は48万9000ドルで、昨年同時期比2.7%増と、1999年以来の低上昇率となった。89年から90年にかけても、8カ月で2ケタ成長からゼロ成長に陥り、その後10年近く低迷したが、今回も5カ月で1ケタ台に落ちた。

珍獣を隠して入国した男 パームスプリングスで逮捕

9月18日

 2002年にロサンゼルス国際空港(LAX)で、アジアヒョウの赤ちゃん2匹を密輸した男が、パームスプリングスで逮捕された。下着の中にピグミーモンキー2匹を隠していた共犯の男は、入国の際に逮捕されていた。今回、逮捕された男は、隠していたゴクラクチョウが空港内で飛び回った騒ぎに紛れて逃走していた。

キャステークの山火事 風にあおられ拡大

9月17日

 キャステーク近郊の山火事は、内陸からの風と熱波にあおられて西方面に拡大。ベンチュラ・カウンティーのオーハイやフィルモアで、自主的避難命令が出された。すでに6万エーカーを焼失したが、鎮火率は15%。

加州の新規就業者数増加 だが失業率は悪化

9月15日

 8月のカリフォルニア州の新規就業者数は3万6900人で、建設業を除くすべての業種で増加していたことがわかった。一方、失業率は7月より0・1%悪化し、4・9%となった。

O−157問題でリコール

9月15日

 FDAの警告を受けて、カリフォルニア州にあるNatural Selection Foodsは、パッケージ販売しているすべての生野菜の自主回収に踏み切った。同社は北米最大のオーガニック農産物生産業者。

クラシックカー50台 オークションへ

9月14日

 LAタイムス紙の発行人だった、故オーティス・チャンドラー氏が所有していたクラシックカー50台とビンテージ・オートバイ40台などが、オックスナードにある同氏の個人博物館で来月オークションに出されることになった。

コスタメサに新コンサートホール

9月13日

 2千席を有するレネー・アンド・ヘンリー・セガーストロム・コンサートホールが、コスタメサにオープンした。総工費は2億ドル。

最低賃金引き上げの法案 加州知事が署名

9月12日

 シュワルツェネッガー知事が、カリフォルニア州の最低賃金を、08年までに段階的に時給8ドルに引き上げる法案に署名した。

キャステークの山火事 5号線閉鎖

9月11日

 レイバーデーにロサンゼルス北部のキャステークで発生した山火事が、ハイウェイ5号線を飛び越え、東側に飛び火してエンジェルズ国立森林に延焼するのを防ぐため、当局は5号線のパーカーロード付近で上下線を閉鎖した。

連邦と州がサリナスのレタス農場を立ち入り検査

9月9日

 連邦とカリフォルニア州の食品医薬品管理局は、サリナスバレーのレタス農場やほうれん草農場の病原性大腸菌O−157に関する立ち入り検査を開始した。95年以来、O−157による中毒19件中、8件が同地の農園で作られたレタスやほうれん草に関連があると見られている。

空港外でチェックイン LAXで全米初の試み

9月8日

 ロサンゼルス国際空港は、全米で初めて、空港外で荷物を預け、搭乗券を受け取ることができる遠隔チェックインプログラムを開始した。バンナイス空港のターミナル近くに設けられたカウンターで、機内預け荷物2個までチェックインでき、搭乗券を受け取って、シャトルでLAXに向かう。近々、他の地域にも拡大される予定。

パリス・ヒルトンが飲酒運転で逮捕

9月7日

 世界的なホテルチェーンを持つヒルトン一族の娘で、歌手・タレントとして活躍するパリス・ヒルトンが、ハリウッドで夜中に愛車のベンツを運転していたところを、飲酒運転で逮捕された。

サンタモニカで警官が逃走男を射殺

9月4日

 サンタモニカのナイトクラブでケンカがあり、出動した警官が男を拘束しようとしたところ逃走。追跡した警官が発砲し、男は死亡した。

ファーマーズマーケット 暴走事故の裁判始まる

9月3日

 03年、暴走してサンタモニカのファーマーズマーケットに突っ込み、10人が死亡させた事故で、ジョージ・ラッセル・ウェラー容疑者(89)に対する裁判の陪審員選びが始まった。同容疑者は過失致死罪で起訴されており、有罪になると最高齢の囚人の1人となる。

フリーウェイ60号線 カープール延長計画

9月1日

 フリーウェイ60号線のオレンジ−605号線間のカープールレーンを、2010年までに2倍の48マイルに延長する工事内容が発表になった。工事着工は来年1月で、総工費1億ドル。

温室効果ガス規制 加州がアメリカの先駆けに

8月30日

 カリフォルニア州議会とシュワルツェネッガー知事は、火力発電所や製油所などから排出される温室効果ガスの量を、2020年までに25%削除する規制について合意した。地球温暖化に影響するCO2などの温室効果ガスに対する規制の実施は、同州が全米初。

通行人をねらって暴走 1人が死亡、14人以上負傷

8月29日

 サンフランシスコでSUBが歩道を暴走し、1人が死亡、少なくとも14人が重軽傷を負った。サンフランシスコ警察では、通行人を狙って故意に暴走したものと見て、運転手を殺人容疑で逮捕した。

LA市長の学校改革案 州議会を通過

8月29日

 ロサンゼルスのビヤラゴーザ市長が推進していた、LA統一学校区に対する改革案が州議会を通過した。この改革案は、同学校区における権限の多くを、教育委員会から教育長に移行し、教育長の選出に対する拒否権を市長に与えるというもの。

ウエストサイドの人口増 交通渋滞悪化

8月26日

 1990年以来、ウエストLAやサンタモニカなどのウエストサイドの人口は、23%増加したことがわかった。ロサンゼルス全体では6%増に過ぎない。同地区はLAダウンタウンに次いで第2のビジネス地区となっており、交通渋滞が悪化している。

電話料金の料金上限規制 州が廃止を決定

8月24日

 カリフォルニア州公益事業委員会は、州の大手電話会社に対する料金上限規制の廃止を全会一致で決定した。ケーブル会社やワイヤレスプロバイダーなどの参入で、市場競争力が弱まったのが理由だが、同委員会は法外な値上げが行われた場合には介入する権限を保留した。

LA市職員がスト決行 業務への影響はわずか

8月22日

 ロサンゼルス市職員1500人以上が2日間のストに突入した。業務の一部が遅滞したが、大きな支障は出なかった。

加州の新築住宅建設 全米で2番目に増加

8月21日

 カリフォルニア州では昨年、新築住宅が18万1997戸建設され、フロリダ州に次いで全米で2番目に多くの新築住宅が建設されたことがわかった。カウンティー別では、リバーサイドが全米4位、ロサンゼルスが6位、サンバナディーノが8位。

最低賃金引き上げ 時給8ドルに

8月21日

 カリフォルニア州の最低賃金が、現行の時給6ドル75セントから時給8ドルに引き上げられることが決定した。引き上げは2段階で行われ、2007年1月1日から75セント上がり、08年1月1日から50セント上がる。

サワガニで肺疾患 保健局が警告

8月19日

 オレンジ郡で輸入物の淡水のサザガニを食べた2人が、肺疾患を起こしていたことが判明した。州保健局は、サワガニは火を通して食べるように警告を出した。

州の就職者数、7月は激減

8月18日

 カリフォルニア州の7月の就職者数は900人で、6月の1万8600人から激減していたことがわかった。不動産関連でマイナスを記録したが、テーマパークやホテルなどの観光業が2600人の雇用を創出したため、州の失業率は4・8%に留まった。

ボーイング社がロングビーチ工場閉鎖

8月18日

 ボーイング社は、09年中旬を目途にロングビーチにある組立工場を閉鎖すると発表した。同工場の従業員は5500人で、ロングビーチ最大の民間雇用を生み出している。下請起業への影響を併せると、南カリフォルニア全体に大きな経済的打撃を与えると懸念されている。

カリフォルニア州の学校 テストスコアが改善

8月16日

 全米標準テストの結果が発表され、カリフォルニア州の学校の成績が全体的に改善されていたことがわかった。州全体で、英語で42%、算数・数学で40%の生徒が、平均以上レベルだった。州最大のロサンゼルス統一学校区では、ほぼ全学年でスコアが向上した。

ドジャース快進撃 地区優勝へ前進

8月15日

 後半戦開始後、1勝14敗でナ・リーグ西地区最下位に沈んだドジャースは、その後の18試合で17勝1敗と、1899年に前身のブルックリン・スーパーバスが21戦20勝1敗を記録して以来の歴史的な快進撃で、04年以来の地区優勝へ大きく前進。

7月の住宅売却数9年ぶりの低水準

8月15日

 データクイック社によると、南カリフォルニア6郡をの7月の住宅売却数は2万2712軒で、昨年同時期より27%減少し、97年以来最少の売却数となった。

南加の住宅市場スランプ 価格上昇率が低下

8月11日

 データクイック・インフォメーションシステム社の調べによると、7月のロサンゼルス郡の住宅中間価格は6.6%上昇の52万ドルで、昨年同時期比較では過去6年で最低の上昇率となった。サンディエゴ郡は48万7千ドルで、昨年同時期より1.8%低下している。

I-5で拡張工事開始 工事渋滞が10年続く?

8月10日

 オレンジ郡で3億1400万ドルをかけたハイウェイ5号線の拡張工事が始まり、渋滞に拍車をかけている。区間はブエナパークからロサンゼルス郡との境界線までの2マイル。上下線とも3車線を5車線に拡張する工事で、工期は10年を予定。

下水漏れでベニスビーチなど閉鎖

8月8日

 ロサンゼルス郡保健局は、カルバーシティーの下水処理場のポンプが故障し、未処理の下水2万ガロンが漏れたため、ベニスビーチなどを閉鎖した。

LAで犯罪減少 郊外では増加の傾向

8月7日

 FBIの統計によると、2000年〜05年の犯罪数は、ロサンゼルス市で凶悪犯罪が40.3%減少したのに対し、フラートン(16.5%増)、ハンティントンビーチ(25.7%増)、シミバレー(23.7%増)などでは増加の傾向にあることがわかった。

7月の電気代は猛暑で31%増

8月4日

 南加エジソン社によると、熱波に襲われた7月の電気代は、6月より平均で31%高くなった。6月も例年にない暑さで通常より高くなっており、普段の2倍の電気代を支払った人も多い。

保健局が生ガキをリコール 西海岸で70人が食中毒

8月4日

 カリフォルニア州の24人を含む西海岸の住民70人が、生ガキで食中毒を起こしていたことがわかり、カリフォルニア州保健局は、7月13日以降に収穫された生ガキの回収を言い渡した。同局では、カキには火を通して食べるように呼びかけている。

熱波で大気汚染悪化 南加は最悪

8月2日

 7月に全米を襲った熱波で、カリフォルニア州からメーン州にかけて「スモッグの毛布」に覆われた状態となり、38州で大気環境が昨年より悪化したことがわかった。大気環境監視機関によると、汚染は人体に健康な濃度の1千倍を超え、南カリフォルニアは全米最悪のスモッグレベルとなった。

マッケイン上院議員 次男が海兵隊に入隊

7月29日

ジョン・マッケイン上院議員の次男が海兵隊に入隊し、今秋、カリフォルニア州の基地で基礎訓練を受けることがわかった。上院議員の祖父と父は海軍提督で、上院議員もベトナム戦争で5年以上捕虜になっており、長男は海軍士官学校在学中。子供が軍に入隊している上院議員は約1%に過ぎない。

ギブソンに特別待遇? 反ユダヤ的発言も

7月29日

ロサンゼルス郡保安局は、28日にマリブで、飲酒運転で逮捕された俳優のメル・ギブソンが特別待遇を受けていた疑惑で、捜査に着手した。調書によると、ギブソンは反ユダヤ的発言を叫びながら「マリブを所有している」と逮捕を逃れようとしたが、スポークスマンは問題はなかったと発表していた。

サンタモニカ市議会 プロムナード禁煙条例を可決

7月27日

サンタモニカ市議会は、サードストリート・プロムナードを禁煙にする新条例を可決した。この条例では公共ビルから20フィート以内の禁煙も含まれており、モンタナアベニューやメインストリートなど、市内のビジネス地域の歩道もすべて禁煙となる。

水道に発ガン性物質

7月26日

米国学術研究会議の報告によると、水道水に含まれるTCE(トリクロロエチレン)の発ガン性などの毒性が、当初考えられていた以上に高いことがわかった。カリフォルニア州の水道のTCE含有量は全米でも高い数値となっている。

エリアコード310 地域内通話も11桁

7月26日

サウスベイなどLA郊外のエリアコード310の地域で、新エリアコード424との併用が始まり、地域内でも1―310から始まる11桁の電話番号が必要となった。携帯電話の場合、最初の1は不必要だが、310は必要。

トミー・リーが市道からヘリに搭乗

7月31日

 ロッカーのトミー・リーが、ハリウッドヒルズの自宅からアーバインで開催されたナインインチネイルズのコンサートに行くために、ヘリコプターを市道に着陸させていたことがわかった。ヘリコプターのパイロットは起訴されたが、リーは起訴されていない。

サンバナディーノ郡 猛暑で4人が死亡

7月24日

猛暑が続く南カリフォルニアでは、サンバナディーノ郡で週末、猛暑が原因で4人死亡した。カリフォルニア中央部では24人以上が死亡している。

カリフォルニア州知事 小学校に医療室新設を提案

7月23日

シュワルツェネッガー知事は、小学校約500校に新たに医療室を設置する提案をする予定。現時点でカリフォルニア州内140校に、校内で児童が治療を受けることができる医療室が設けられている。

各地で停電が多発、連日の猛暑が原因

7月23日

連日の猛暑で変圧器がストップし、ロサンゼルス各地で数分から24時間以上、停電になった。停電の被害はエジソン管轄で推定14万5千人、DWP管轄で3万人。夜になっても気温が下がらないのが主な原因で、ダウンタウンの最低気温は華氏76度と過去最高を更新した。

ウッドランドヒルズで119度、各地で記録的猛暑

7月22日

猛暑が続く南カリフォルニアでは、ウッドランドヒルズで華氏119度、ダウンタウンで101度、サンディエゴのワイルドアニマルパークで114度と、各地で過去最高気温を記録した。バーバンクでは112度を記録したが、これは従来の過去最高を12度上回った。

銀行強盗に代わり、レストラン強盗が増加

7月20日

南カリフォルニアでは、銀行強盗が減った一方で、個人経営のレストランを狙った強盗が増加している。銀行強盗はピークだった90年代前半の年間2600件に比べて昨年は455件と、大幅に減っているが、個人経営のレストランはサンフェルナンドバレーだけでもこの2年で約200件が被害に遭った。

ES細胞研究に、シュワ知事がローンを命令

7月20日

ES細胞研究用の連邦予算がブッシュ大統領によって否認されたため、シュワルツェネッガー知事は、研究費として1億5000万ドルのローンを組むように命令した。カリフォルニア州では、ES細胞法案は州の住民投票によって可決されている。

保険監督庁が住宅保険の保険料見直しを示唆

7月19日

カリフォルニア州保険監督庁のガラメンディ監督官は、住宅所有者保険を1974年に認可された法律に遵う規定を導入すると発表した。これにより、住宅を売却した時の所有者保険で23%、リファイナンス保険で16%、エスクロー費で27%保険料が安くなる。行政法庁の認可が下りれば、来年3月の施行となる

管制塔の停電で離着陸が不能に

7月18日

パームデールにある管制塔が停電を起こしたのが原因で、南カリフォルニア一帯の空港で、1時間以上も離着陸が不能になった。当局は停電の原因を調査しているが、管制塔近くで自動車が電柱に衝突する事故があった。

軒並み華氏100度越し、各地で過去最高を記録

7月15日

バーバンク華氏104度、パームデール108度、ウッドランドヒルズ110度など、南カリフォルニア各地で100度を越す猛暑となった。ダウンタウンでは97度と1886年の記録に1度だけ及ばなかったが、サンディエゴのワイルドアニマルパークで108度、サンタアナ(98度)、ウエストウッド(89度)で過去最高を記録した。

記録的暑さ10月まで、全米の平均気温も記録的

7月14日

6月、南カリフォルニアでは過去2番目の暑さを記録したが、7月上旬も記録的な暑さで、このままいけば過去最高となる可能性が高い。この暑さは10月まで続くと見られ、全米の今年上半期の平均気温も、1895年に観測が始まって以来、過去最高を記録している。

ユッカバレーで山火事 5万エーカー近く焼失

7月13日

ユッカバレーで山火事が発生し、5万エーカー近くを焼失してなお燃え広がっている。消防士1350人が消火活動に当たっている。出火原因は落雷。

3歳の息子に撃たれLAPD警官が重傷

7月11日

ロサンゼルス市警の警察官が自家用車を運転中、後部座席に座っていた3歳の息子に拳銃で発砲され、重傷を負った。

信号無視対策に新兵器、新型カメラ搭載

7月10日

ロサンゼルス市は信号無視対策として、ビバリー・ブルバードとウェスタン・アベニュー、ラブレア・アベニューとロデオドライブなど、計32カ所の交差点に新型デジタルカメラを設置すると発表した。新型カメラは高画質で、車の後部の撮影も可能になる。

西海岸で山火事多発は気温上昇が原因 

7月6日

研究者の報告によると、過去34年間、西海岸で山火事が多発しているのは、森林管理や土地利用の影響ではなく、気温の上昇が原因であることがわかった。西部諸州では1987年から2003年までの間に、それまでの17年間に比べて、春〜夏の平均気温が1・5度上昇。1895年に観測が始まって以来、もっとも暑い17年間だった。

ベイエリアで交通事故トンガ王族夫妻が死亡

7月6日

ベイエリアを訪れていたトンガ王国の国王の甥にあたるツイ・ペル・ハカ王子と妻のカイマナ妃を乗せたSUVが、メンロパークの101号線で、路上レースをしていた18歳の女性が運転するマスタングに追突されてバランスを崩し横転。運転手を含む3人が死亡した。

シミバレーの住宅火災ロケット花火が原因

7月5日

シミバレーで住宅火災が起こったが、原因は近くの学校から打ち上げられたと思われる違法のロケット花火と見られ、当局は犯人を特定するための捜査に乗り出した。

LAX改装工事、今月29日開始

7月1日

ロサンゼルス国際空港で今月29日から、安全強化と来年就航予定のエアバスジャンボ機(555人乗り)発着用の滑走路拡張工事が始まる。工事が行われるのは4本ある滑走路のうち1本で、拡張工事は来年3月に終わるが、滑走路からの誘導路の完成は08年7月になる予定。

スト中の違法雇用でラルフズに7千万ドル罰金

6月30日

2003年10月から04年2月まで続いたスーパーマーケット従業員組合によるスト期間中に、秘かに組合員を再雇用していた容疑で、ラルフズは罰金と損害補償金の併せて7千万ドルを支払うことに同意した。

加州高官の給料18%増に

6月23日

 カリフォルニア市民役員報酬委員会は、州の公選役職者の報酬増額を決定した。高官は18%増となり、シュワルツェネッガー知事の報酬は年20万ドルを超えることになるが、知事は報酬を受け取っていない。昨年12%加増されたばかりの州議員も、さらに2%増となる。

加州知事が大統領にNO 州兵の国境派遣を拒否

6月23日

 シュワルツェネッガー知事は、不法移民対策のために州兵の国境派遣を倍増してほしいというホワイトハウスの要求を拒否した。同知事とブッシュ大統領は、国境強化のために州兵千人を国境に派遣すると同意したばかり

シックスフラッグがマジックマウンテン売却か

6月22日

多額の負債に悩む全米規模のアミューズメントパーク「シックスフラッグ」が、ニューヨーク州のバッファロー、デンバー、シアトル、ヒューストン、カリフォルニア州のコンコードとともに、バレンシアのマジックマウンテンも売却の候補としていることがわかった。

LA周辺で被害100人以上 スキミングで9人起訴

6月21日

連邦当局は、レストランで支払いに使われたデビットカードをスキミングして、100万ドル以上を騙し取った容疑で8人を逮捕、1人を指名手配した。被害に遭ったのはロサンゼルス周辺の3つのレストランで飲食した114人。

住宅価格の上昇 現価格で落ち着きか

6月20日

データクイック・インフォメーション社の調べによると、5月の南カリフォルニアの住宅販売数は過去7年で最低ラインとなり、中間住宅価格も3月、4月とほぼ同額で、昨年同月と比べると最小の上昇額となった。

LAXのセキュリティ待ち いまだ外通路まで

6月19日

連邦当局が「テロの危険大」と警告を出したLAXでは、セキュリティを待つ人の列が、いまだ建物の外通路にまで伸びている状態だ。

喫煙できるビーチは レドンドなど3ビーチ

6月18日

 7月以降、ロサンゼルス郡内で喫煙できるビーチは、レドンドビーチ、パロスバーデスエステーツ内の急なトレイル沿いにある小さなビーチ、マリブのレオカリオビーチの3カ所だけとなる。しかし、ステートビーチの多くは喫煙可能。

80人の医師団が シャム双生児の分離に成功

6月14日

 ロサンゼルス子供病院で、生後10カ月の胴体がつながった双子の分離手術が行われた。80人の医師が関わった大手術は、21時間かかった。双子は女児で、足はそれぞれ2本あるが、多くの内臓を共用していた。今後も関連した手術が続けられる。

LA動物園の長寿象 「ギタ」死亡

6月10日

 巨大な象を狭いオリに入れておくのは残酷だと、動物愛護団体の非難の的だったロサンゼルス動物園のメスのアジア象「ギタ」が死亡した。ギタは1959年から同動物園で飼育されており、今月48歳の誕生日を迎えたばかりだった。

ロサンゼルスの殺人事件 4年連続の減少

6月9日

 ロサンゼルス市警察の統計によると、同警察管内では4年連続で犯罪数が減少しており、特に今年前半の殺人事件は、昨年同時期に比べて10・8%減少していたことがわかった。

プリスクール法 住民投票で却下

6月6日

 富裕層への増税によって4歳以下の幼児教育の強化を図る内容の住民提案チャプター82は、住民投票の結果、否決された。また図書館の充実が目的の図書館公債の発行も、同じく否決された。

民主党の加州知事候補 アンジェリーデス氏に決定

6月6日

 今秋に行われる州知事選挙の候補者を決める民主党の予備選挙が実施された結果、州財務局長のフィル・アンジェリーデス氏が指名を勝ち取った。

元性犯罪者 服役後の住居探し困難

5月31日

カリフォルニア州は性犯罪歴のある人たちの仮釈放後の住宅を探すのに苦労している。これは地域住民が、再犯率が高い元性犯罪者をなかなか受け入れないことによるもの。

バリー・ボンズ ベーブ・ルースを抜く

5月29日

サンフランシスコ・ジャイアンツのバリー・ボンズ外野手が地元でのコロラド・ロッキーズ戦で、ベーブ・ルースの記録を抜く715号ホームランを放った。第1位はハンク・アーロンの755本。

UCIで宗教対立

5月27日

UCIで、ムスリム・スチューデントユニオンが企画したイベントの内容に、ユダヤ人の学生が反発。双方がデモを起こす事態となった。

夏のレジャーシーズン LAX大混雑が予想

5月24日

5 月末から9 月初めの旅行シーズンに、昨年より多い20万人以上がLAXを利用するとみられている。これに伴い、手続きやセキュリティーチェックでの長蛇の列や、ダブルブッキングの可能性を専門家は指摘している。

LAクリッパーズ 西地区決勝進出ならず

5月23日

NBA西地区セミファイナル第7戦で、LAクリッパーズはフェニックス・サンズに敗れ、惜しくも決勝進出を逃した。

ロサンゼルス市ゴミ収集費値上げ

5月17日

 LA市議会はゴミ収集費の値上げに同意、今後4年間で料金は2倍になる。また2010年までにLAPDの警察官を1万200人まで増員することも決定した。

住宅ブームそろそろ終わり?

5月17日

4月の南カリフォルニアの住宅価格は前月比で9%上昇したが、この4年半で初めて10%を割った。5年間続いた住宅ブームが終わる兆候だとみられている。

エジソンが電気代8%値上げ

5月11日

カリフォルニア州当局は、サザンカリフォルニア・エジソンが申請していた電気料金8%の値上げを認可した。電気代は1月中旬までさかのぼって値上げされ、値上げ分は8月に送られる請求書から反映される。

加州の貧困率、全米3位?

5月10日

パブリックポリシー・インスティチュート・オブ・カリフォルニアは、カリフォルニア州の物価を考慮すると、カリフォルニア州の実質貧困率は全米3位になると報告した。連邦政府の発表では第15位。

景気回復で50億ドルの黒字

5月9日

好調な株式市場や景気回復による増収で、カリフォルニア州の財政は50億ドルの黒字になった。シュワルツェネッガー知事はこの黒字分を、借金の返済と教育費に当てる予定。

ガソリン代、カリフォルニア州だけ値上がり

5月8日

カリフォルニア州のレギュラーガソリンの平均価格は、1ガロン3.332ドルと、先週に比べ13セント値上がりした。全米平均では1セント値下がりし、2.909ドル。

ギャング抗争に巻き込まれて事故死

5月7日

ウエストコビナの夫婦が、ダウニーで開催された高校生の息子の演奏会の帰り道にギャングの抗争に巻き込まれ、ギャングの車と衝突。夫婦は即死した。

簡易遊園地のライドが傾く

5月6日

ローズボウルで開催されていたメキシコ系のお祭り「シンコ・デ・マヨ」のカーニバル中に、簡易ライドの「カイトフライヤー」が傾き、ライドに乗っていた3人の子供がケガをした。

神父が児童わいせつ罪で実刑3年

5月5日

児童へのわいせつ罪で起訴されていたカトリック教会の神父、マイケル・ウェンプ被告の裁判で、実刑3年の判決が言い渡された。同被告は性犯罪者として登録される。

ディズニーランドがインターン制度導入

5月4日

大学生向けのインターン制度が、今夏よりディズニーランドで導入される。7カ月仕事をすると最高6単位、さらに8週間のマーケティング・リーダーシップクラスを受けると最高3単位取得可能。受け入れ予定人数は200人。

荷積みの硝酸が爆発

5月3日

ファウンテンバレーでトラックの荷台に積んでいた硝酸55ガロンが爆発し、警察官33人と運転手が負傷した。爆発の原因は不明。

ネットの書き込みで、生徒の半数欠席

5月2日

若者に人気のチャットサイトMySpace.comに「明日は学校に武器を持参する日」と掲載されたことがきっかけで、バレンシアにあるハート高校(全生徒数2700人)の生徒半数が欠席する事態となった。同校ではアフリカ系とアラブ系生徒の間で緊張が高まっていた。

ガソリン価格の州平均、$3.20越す

5月1日

カリフォルニア州のガソリン平均価格が、1週間で13.4セント値上がりし、セルフサービスで1ガロンにつき$3.262と、最高値を記録した。全米ではシカゴやマイアミなどで値下がりしており、平均価格は1ガロンにつき$2.919となった。

西ナイル熱の危険高まる

4月30日

州保健衛生局の関係者は、多雨と高温により今年の夏は蚊の増加が見込まれるため、西ナイル熱の危険性が高まるだろうと語った。

タフト高校が3年連続でデカスロン優勝

4月29日

ウッドランドヒルズのタフト高校が、全米アカデミック・デカスロンで3年連続の優勝を果たした。デカスロンでは、微積分、経済、美術史、音楽、即興朗読とスピーチの項目で、全米の高校生が実力を競う。

ジョニー・デップが市を訴え

4月28日

俳優のジョニー・デップが、サンセット・ブルバードの開発を認可したウエストハリウッド市を相手取って訴訟を起こした。サンセット・ブルバードに店やレストランの入った建物が建つと、デップ邸からの見晴らしが遮られる。

トーランスのフリーウェイで乱射

4月27日

カーソン近くのフリーウェイ110号線南行きと405号線北行きのインターチェンジで、殺人容疑で追跡されていた男と警察官との間で銃撃戦があり、容疑者は射殺された。この容疑者は、トーランスにあるレストランの駐車場で、39歳の男性を射殺した容疑で追跡されていた。

連邦環境局が農薬認可を断念

4月26日

EPA(連邦環境保護局)は、イチゴ畑などで使用する毒性の強い農薬の認可を検討していたが、カリフォルニア州当局や労働組合からの激しい反発に遭い断念した。EPAは、オゾン層を破壊するために世界中で使用が禁止になっているメチルブロム剤の代替として、この農薬の認可を検討していた。

LA学校区の転校受付開始

4月25日

ロサンゼルス統一学校区において、指定地区の学校以外への転校を希望する転校願いの受け付けが、5月1日より開始される。生徒数に空きのある学校のリストは、最寄りの学校で入手できる。

警察官殺しのギャング57人逮捕

4月24日

「シャーキーズ」の名で知られるギャングメンバーの少年が、カリフォルニア・ハイウェイパトロールの警察官を殺害してから2年。ロサンゼルスとサンバナディーノ・カウンティーの共同捜査の結果、同ギャングのメンバー57人を銃の不法所持や薬物密輸などの容疑で逮捕した。

LAダウンタウンにガラスのタワー

4月23日

建築家フランク・ゲーリーは、ロサンゼルス・ダウンタウンのウォルト・ディズニーコンサートホールに隣接する敷地の建築デザインを発表した。メインになるのは47階建て、250軒のコンドミニアムや275室を有するホテルなどが入るタワー1で、24階建てのタワー2と共にガラスのタワーになる予定。

ロサンゼルスの光熱費値上げか

4月22日

ロサンゼルス水道電力局は、7月1日からの水道料金3.9%の値上げと、1998年以来凍結されていた電気代料金追加案の解除を申し出た。

堤防修復費の援助を大統領が拒否

4月21日

シュワルツェネッガー知事は、決壊する可能性が指摘されているカリフォルニア州の堤防システム修復費用の援助をブッシュ大統領に求めていたが、同大統領は「決壊する前に非常事態宣言を認めるわけにはいかない」として連邦費用の支出を拒否した。

全米一成長率が高いインランドエンパイア

4月20日

国勢調査局の発表によると、インランドエンパイアが全米一成長率の高い都市部であることがわかった。年移住率が全米で最も高いのはリバーサイト・カウンティーで、サンバナディーノ・カウンティーが第4位。

一般住宅から銃1000丁以上を押収

4月19日

連邦当局は、サンバナディーノ・カウンティーにある住宅から銃1000丁以上を押収し、キューバ難民で元陸軍特別部隊の男を逮捕した。男は「アルファ66」と呼ばれる反カストロ大統領過激派のメンバーと語ったが、当局では銃の密輸組織がからんでいるとみている。

アメリカン・ガールプレイスがオープン

4月18日

(LA)人形の販売で人気の「アメリカン・ガールプレイス」が今週末、ロサンゼルスのショッピングモール、ザ・グローブに全米3店舗目をオープンさせる。当日は、大混雑が予想され、すでに激しい交通渋滞で知られる同地周辺の渋滞状況が、より悪化することが懸念される。

アナハイム市がNFLチームを誘致

4月18日

(OC)NFLのチームを誘致中のアナハイム市は、チーム名に「ロサンゼルス」と付けることに理解を示した。同市は、MLBのエンジェルスと、チーム名称にアナハイムの名を付けるか否かで裁判し、敗訴している。

サンフランシスコ大地震100周年

4月18日

1906年に起こったサンフランシスコ大地震からちょうど100年目を迎え、サンフランシスコ市内のマーケット・ストリートには、夜明け前から数千人が集まり、発生時刻の午前5時13分に黙祷を捧げた。同地震では3000人以上が死亡し、市の人口の半数が家を失った。

『ダイハード』監督、盗聴を認める

4月17日

(LA)『ダイハード』や『プレデター』などを制作した映画監督、ジョン・マクティアナンは、私立探偵を雇ってプロデューサーの電話を盗聴した事実を認めた。盗聴の理由などは明らかになっていない。

英語授業に新カリキュラム

4月17日

カリフォルニア州教育委員会は、英語の授業における新カリキュラムを作成することで合意した。新カリキュラムでは通常の授業の前後に、英語を母国語としない生徒を対象にした指導を組み込んでいく。

レッドハット・ソサエティー、250人が参加

4月17日

(OC)50歳以上の女性だけが参加できる団体「レッドハット・ソサエティー」の集会が開かれ、赤い帽子に紫の服を着た250人のメンバーが、ラグナヒルズでのイベントを楽しんだ。同団体は、子育てもほぼ終了した女性がこれからは人生を思う存分に楽しむことを目的に、6年前に作られた。全米でおよそ100万人以上のメンバーがいる。

小学校で教師が学生ら閉じ込める

4月16日

(LA)イングルウッドの小学校で、移民法厳正化に反対するデモに学生を参加させないため、教師が学生を教室に閉じこめていたことが判明し、保護者が抗議した。学生らは教室から出ることを許されず、教室の隅に置かれたバケツで用を足すよう命じられていたという。

インフルエンザ対策大幅に遅れ

4月16日

カリフォルニア州では、インフルエンザが大流行しても、ベッド数や医療関係者数など、全般的な医療対策が大幅に遅れていることがわかった。20世紀中は1918年、57年、68年の3回、インフルエンザが大流行している。

900ドル拾ったホームレス、謝礼受け取る

4月16日

(OC)サンタアナのビルの管理人、キム・ボーグさんが誤ってゴミ箱に捨てた現金900ドルを、ホームレスの男性が発見した。この男性は、現金をビルの受付に返却し、ボーグさんから50ドルの謝礼金を受け取った。

住宅景気でLA郡の税収入アップ

4月15日

(LA)ロサンゼルス・カウンティーは、景気のいい住宅市場による税収入のアップで、ホームレスに対する福祉事業の充実や公共安全に対する予算を増やす計画を立てている。夏には200億ドルの補正予算が組まれる見込み。

タクシー運転手、何者かに射殺

4月15日

(LA)ランカスターでタクシー運転手が射殺される事件があった。タクシーが、駐車中の2台にぶつかり、男2人がタクシーの後部座席から逃走するのが目撃されており、警察は犯人の行方を追っている。

ミズ・シニア・アメリカ開催

4月15日

(OC)ブエナパークで「ミズ・シニア・アメリカ」のコンテストが行われ、ブエナパークに住む74歳のアニータ・ヘールさんを含む3人が選考に残った。3人は9月に行われる州大会に出場し、カリフォルニア州の代表が決定される。

連邦裁がホームレスの逮捕にNO

4月14日

(LA)スキッドロウの一掃に力を入れているロサンゼルス警察に対して、連邦上訴裁判所は、ホームレスというだけで逮捕するのは違法であるとの判決を下した。

犬に襲われ女性重傷

4月14日

(LA)サウスロサンゼルスで歩いていた42歳の女性が、ピットブル2匹にかまれ重傷を負った。女性は首や胸部、足をかまれ、助けに入った数人も軽傷を負った。2匹のうち1匹は警察に射殺された。

フラトンの教師、広島に千羽鶴を届ける

4月14日

(OC)フラトンの小学校教師、ジャニー・メイヤーさんは、広島の原爆被害者で原爆の子の像のモデルにもなっている、佐々木禎子さんの死に強く感動を受け、生徒らとともに作成した千羽鶴を広島に届けるために日本を訪れた。メイヤーさんは、広島市長からの感謝を受けた。

移民法改善求めて今週もデモ計画

4月11日

(LA)不法移民の国内居住権利を求めて、さらなるデモが計画されていることがわかった。南カリフォルニアの学生らは今週末にも、ロサンゼルス・ダウンタウンでデモ行進をする予定。同様にサンタアナ市でもデモが行われる。

ディズニーランド周辺拡大案が可決

4月11日

(OC)アナハイム市のディズニーランド周辺に、新たにホテルやショッピングエリアを拡大建設する案が可決され、来月から工事が始められる予定。このエリアは「ガーデンウォーク」と名付けられ、2007年にオープンする予定。

LA市長がゴミ収集費の値上げを検討

4月11日

(LA)ロサンゼルスのビヤライゴーサ市長が、警官増員のための費用を、ゴミ収集費の値上げでの補填を検討していることがわかった。現在ロサンゼルス市民が負担しているゴミ収集費が月11ドルであるのに対し、サンタモニカ市は26ドル40セント、ローリングヒルズ市は69ドル23セント。

爆弾計画の少年、無罪訴える

4月10日

(LA)15歳の他の少年らと、手製の爆弾を高校に持ち込む計画を立てた疑いで逮捕された、ロサンゼルス郡内の17歳の少年が、ランカスターの上級裁判所で無罪を訴えた。少年の自宅では爆弾の作り方が書かれた書類やナイフ、また99年にコロラド州で起きたコロンバイン高校での銃乱射事件で逮捕された犯人2人の写真などが発見されていた。

国内線、燃料漏れで緊急着陸

4月10日

(OC)オレンジ郡のジョン・ウェイン空港からニュージャージーへ向けて離陸したコンチネンタル航空の386便が、燃料漏れのためロサンゼルス空港に緊急着陸した。離陸直後にパイロットが燃料漏れに気づいた。97人の乗客は全員無事だった。

離婚した男が娘を殺して自害

4月10日

フォンタナで韓国系の男が5歳の娘を射殺後、自殺しているのが見つかった。男は失業中で離婚しており、ギャンブルで多額の借金を抱えていた模様。娘は母親と住んでいたが、この日は父親が食事に連れ出していた。韓国系の男が家族を道連れにして心中するのは今月に入ってこれが3件目で、韓国系コミュニティーに衝撃が走っている。

家族殺害し自殺

4月9日

(LA)ロサンゼルスの韓国系アメリカ人の55歳の男が、妻と子供2人に発砲し、自殺する事件が起きた。妻と8歳の息子は死亡、ティーンエイジャーの娘は一命を取り留めた。発砲の動機は判明していない。

フェラーリ大破事故で運転手を逮捕

4月9日

マリブで起きたフェラーリ・エンゾ大破事件で、ロサンゼルス郡保安局は、運転していた男を重窃盗罪の容疑で逮捕した。フェラーリを含めた3台、計3億5000万円分の車は未所有だった疑いが持たれている。

ジョギング中に車にはねられ重傷

4月9日

(OC)キャピストラノビーチ付近で、早朝にジョギングをしていた女性4人のうちの2人が車にはねられ重傷を負った。女性らをはねた車は1マイル先で乗り捨てられているのが発見されており、車の持ち主のウィリアム・ブラッドショウ容疑者が指名手配されている。女性はいずれも数カ所を骨折。

バレー男子チーム、アナハイムを活動拠点に

4月8日

(OC)アメリカ・ナショナルバレーボールリーグの男子チームが、今後6年間、アナハイムを拠点として活動することが決定した。これによりチームは5月に同市内に移動、選手らはホテル生活をしながら練習に励むことになる。

UCI移植プログラムをFBIが捜査

4月8日

(OC)UCIメディカルセンターの肝臓移植プログラム問題で、FBIが捜査に乗り出したことがわかった。同病院は、移植可能なドナーがいたにもかかわらず、医師不足などを理由に移植提供を断っていたことが判明し、昨年11月に同プログラムを閉鎖していた。移植提供を断っていた期間中、移植待ちの患者32人が死亡している。

酒気帯びパイロットが、LAXで搭乗禁止に

4月7日

ロサンゼルス国際空港で、USエアウェイズのパイロットから酒のにおいがするとの乗客の通報があり、空港警察はそのパイロットの身柄を拘束。空港警察の検査で体内からアルコールが検出された。同航空会社は代行のパイロットを探し、4時間遅れで出発した。

大量のマリファナ押収でジャマイカ人逮捕

4月7日

(LA)ロサンゼルス市内で100万ドル相当のマリファナを所有していた8人のジャマイカ人が逮捕された。8人がアパートからマリファナを詰め込んだバッグを多数運び出しているのを警察が発見、中身を確認し逮捕した。アパート内からは1万ドルのマネーオーダーと3丁の銃も発見された。

学校で1200ドル盗まれる

4月7日

(OC)フラトンのアケイシア小学校で現金約1200ドルが盗まれた。この現金は、学校がキャンディーの売り上げで得たもので、活動資金への支払いに充てられる予定だった。

CIAエージェントを高校で勧誘

4月6日

(OC)CIA(米中央情報局)のリクルーターが、アーバインの高校を訪れ、CIAに興味を持つ学生たちと話し合う場を設けた。CIAはエージェント数倍増を目指しており、米国内の各学校を訪れている。

プライスさん殺人犯に15年の刑

4月6日

(LA)女子プロテニスプレーヤーのウィリアムス姉妹の姉・イェトゥンデ・プライスさんが2003年に殺害された事件で、犯人のロバート・マックスフィールドに禁固15年の判決が言い渡された。ギャングメンバーの同被告は、自宅付近を通りかかったプライスさんの車に発砲、弾丸がプライスさんを直撃した。車には、ギャングメンバーとされるプライスさんのボーイフレンドが同乗していた。

マンモスでスキーパトロール3人死亡

4月6日

マンモススキーリゾートで、スキーパトロール隊員3人が噴気孔に落ちて死亡し、7人がケガをした。同隊は有害ガスを噴出していた噴気孔周辺を進入禁止にするためのフェンスを立てていた。

捜査効率アップのために組織再編成

4月5日

(LA)犯罪者の検挙を効率的にするため、DNA鑑定を利用した捜査のための組織改編が必要だとロサンゼルス市警察が発表した。「現在よりも捜査官を20人近く増やし、殺人や婦女暴行事件捜査チームを、現在の2〜3倍の規模にしたい」とウィリアム・ブラットン署長は語った。

2005年はビーチ閉鎖日数過去最多

4月5日

(OC)2005年は汚水漏れが原因で、ビーチが一時閉鎖された日数が過去最多だった、と保健局が発表した。昨年は降水量が多く、汚水が海へ流出することが多かったという。

解雇された市検事に150万ドルの賠償金

4月5日

同僚の不祥事を告発したのが発端で、嫌がらせが続いた後に解雇された元ロサンゼルス市検事を務めていた女性が、市を相手に訴えていた事件で、陪審員は元市検事に150万ドルの賠償金を支払うように命じた。

消火栓に激突し住宅7軒浸水

4月4日

(OC)フラトンで車が消火栓に衝突し、その影響で付近の住宅7軒が浸水の被害を受けた。水かさは1〜2フィートに達した。ドライバーはそのまま逃走したため、身元は判明していない。

春の嵐で交通事故多発

4月4日

カリフォルニア州を春の嵐が襲い、最も被害の激しかった中央カリフォルニアのマーセッドでは約160人が避難した。南カリフォルニアでは、サンタクラリータのアンテロープバレー・フリーウェイで10台の玉突き事故を起こしたのを始め、各地で交通事故が多発した。

不法移民を密入国させ禁固1年

4月3日

(LA)50人のメキシコ人不法移民を密入国させた船長が、1年の禁固刑を言い渡された。ロミータ在住のこの男は、もう1人の男と共謀し、密入国者を船に乗せ、米国内に連れて来たが、ロサンゼルスハーバーで検挙された。

鳥インフルエンザの感染対策を協議

4月3日

(OC)カリフォルニア州の保健担当官がオレンジ・カウンティーの医療保険機関を訪れ、同郡内で鳥インフルエンザのヒトへの感染が発生した場合の対処法に関して話し合った。現在、同郡には感染が発生した場合、多数の患者を同時に治療するだけの十分な人手や器具が揃っていない。

メトロリンクが車と衝突

4月3日

サンバナディーノからダウンタウンのユニオンステーションに向かっていた西行きメトロリンクが、コビナで線路上に停車していた乗用車に衝突、車に乗っていた3人が負傷した。電車の乗客にケガはなかった。

LAPD建設に反対意見

4月2日

(LA)ロサンゼルスのダウンタウンに新しくロサンゼルス市警察本部を建てる計画で、周囲の住民が反対を表明した。この新しい建物は11階建てで、屋上にヘリポートを設け、24時間体制で稼働する。

ビューティーエキスポ開催

4月2日

(OC)ウエストミンスター市内のベトナム人コミュニティー・リトルサイゴンで、2回目となるビューティーエキスポが行われ、約1800人が集まった。オレンジ郡内の美容産業でベトナム人は半分以上のシェアを占めており、多くのネイルサロンや美容室が彼らによって経営されている。このエキスポでは新しいネイルチップのデザインやヘアスタイルの発表などが行われた。

女性3人が、不法移民問題で草の根運動

4月2日

不法移民問題で大規模なデモが行われる中、女性の運動家3人が昨年から不法移民を日雇い労働者として雇用する雇用主を対象にした草の根運動を続けている。現在、日雇い労働者の4分の3が不法移民だと推定されている。

教会で新プログラム導入

4月1日

(LA)アフリカ系アメリカ人の女性の半分近くと男性の4分の1近くが肥満であるという統計結果を受け、ロサンゼルス市内でアフリカ系信者を多く持つ教会は、エクササイズや栄養学のプログラムを開始する。

害虫の発生で穀物へのダメージ懸念

4月1日

(OC)穀物や苗木に大きな損害を与える害虫のコクゾウムシが、ニューポートビーチで多く発生していると、市の管理局が発表した。対策として同市は、今月17日に市内の56件の民家周辺に殺虫剤を散布する。

SF地震100周年で亀裂

4月1日

1906年4月に発生したサンフランシスコ地震から今年で100年目を迎え、同市では記念事業のあり方を巡って意見が分かれている。当時、市当局は死亡者数や被害状況を少なく発表したり、多発した中国系への集団暴行事件なども隠蔽していた。

またもや警察官が犠牲に

3月31日

(LA)パームデールで休暇中の警察官が、バイク事故のために死亡した。6年の勤務経験を持つこの警察官はバイクで走行中、赤信号を止まり切れずに車と衝突した。この8日間で、4人の警察関係者が死亡している。

フリーウェイ脇の緊急用電話撤去

3月31日

(OC)オレンジ郡内のフリーウェイの脇に設置されている緊急用電話、「コールボックス」582台が撤去されることが決定した。携帯電話の普及による利用数の減少が理由で、これにより年間約30万ドルのコスト節減が期待されている。

SFのHIV患者減る

3月31日

サンフランシスコの公衆衛生当局の発表によると、同市のHIV新規患者数が、過去5年間で約10%減ったことがわかった。80年代後半以来、新規患者数が減少したのは初めて。

カーチェイスで逆走、妊婦重体

3月30日

(LA)ロングビーチ在住で妊娠7カ月の女性が、フリーウェイでのカーチェイスに巻き込まれ重体、お腹の胎児は死亡した。薬物所持と飲酒運転が後に確認された犯人の男は、運転中に警察に呼び止められたがそのまま逃走。フリーウェイ22号線を逆走した際に、女性が乗っていた車に衝突した。女性の婚約者の男性も同乗しており、軽傷を負った。

飲酒運転のチェックポイント設置

3月30日

(OC)オレンジ郡ラデラランチ周辺で、この日の夜から飲酒運転を取り締まるためのチェックポイントが設置される。警察はこのチェックポイントからドライバーを監視し、飲酒運転や交通違反者を追跡する。

ロサンゼルス郡保安官3人が死亡

3月30日

この1週間で3人のロサンゼルス郡保安官が死亡し、関係者に動揺を与えている。1人は署で手入れ中の銃が誤発し、1人は自宅前で射殺、1人は犯人を追跡中に白バイで転倒して死亡した。

亡きミュージシャンの遺族に110万ドル

3月29日

(LA)1997年に殺害されたラップミュージシャン、ノートリアスB.I.Gこと、クリストファー・ウォレスさんの裁判で、ロサンゼルス市が遺族に110万ドルを支払うことが決定した。これは元ロサンゼルス市警警察官2人が事件に関与しており、捜査当時、証拠を隠していたため。

広範囲でトリクロロエチレン汚染検出

3月29日

連邦環境保護局がトリクロロエチレン汚染の実態調査に乗り出したが、カリフォルニア州は他州に比べて広範囲で汚染が確認された。軍事基地や産業地域で多く検出され、ペンデルトン海兵隊基地やエドワード空軍基地のほか、ロサンゼルスとサンタクララの各郡でも汚染濃度が高かった。

恒例のトライアスロンが中止

3月29日

(OC)毎年恒例のイベントとなっていたニューポートビーチのトライアスロンが、今年は中止されることになった。競技を行うのに市内の大通りを一時的に閉鎖することで、ひどい交通渋滞を招くと懸念されたことが理由。開催支持者も多いが、中止は市の協議会で決定された。