ライトハウス
Magazine Information

ライトハウスの特集

アメリカでの教育・進学、ビザ・法律、市民権・永住権、観光・レジャー、求人・仕事、グルメ・レストランなど、現地情報誌「ライトハウス」の過去の特集をご紹介。

自然の恵みをまるごと食べよう!
LAベジタリアン レストラン(2)

Lighthouse編集部

ある調査によると、アメリカでは約730万人がベジタリアンとか。マドンナやプリンス、ナタリー・ポートマンなど、セレブの間でもベジタリアンは多い。今回はマクロビやビーガンなど、美味しくて身体にも良い、今、LAで話題のベジタリアン・レストランを訪ねてみた。



※みなさんの《自然の恵みをまるごと食べよう! LAベジタリアン レストラン》情報をお寄せください!
ライトハウスではロサンゼルスのコミュニティサイトLighthouseLA.netで地域の人々と書き込みを通して情報交換をしています。みなさんのとっておきの情報をお待ちしています。



生の野菜やナッツで世界の美味を繊細に表現
Cru Silver Lake

・ヒッカマのシャキシャキした食感が楽しい「Dream Roll」は、セサミチリオイル
かたまりしょう油で
・小豆味噌のスープに生野菜を入れたシンプルな調理ながら、味わい深い
「Miso Soup」
・カシューナッツのフィリングにクリームソースが絶品の「Shiitake Mushroom
Ravioli」
・「 Chocolate Truffl e Cake」は小麦粉や卵を使っていないから、まさにピュ
アなチョコレートの塊!
・10席ほどの小さな店だが、ヘルシー志向のヒップな若者たちが集まってくる

ヒップな若者の街・シルバーレイクに佇むローフード&ビーガンのレストラン。2006年9月のオープン以来、『LA Magazine』からは07年ベスト・ローフードレストランに賞され、ミシュランガイドには09年40ドル以下のベストレストランの1つに選ばれるなど、高く評価され続けている。
 
ベジタリアンの中でも加熱せずに調理するのがローフード。「ローフーディアンになってから若く健康的になり、肌もきれいになったわ」と、エグゼクティブシェフでマネージャーのレイチェル・カーさん。
 
カーさんは、マクロビ実践者の両親の下で育っただけあり、味のセンスも鋭く繊細。オーガニックの旬の野菜や果物、ナッツ類を使い、アジアやイタリア、中東など、世界中の食文化から爐いい箸骸茲〞して創作している。また、グルテンアレルギーの人にも配慮して、小麦や大麦は一切使わない。
 
前菜には、ヒッカマと呼ばれるメキシコの根菜に自家製キムチやアボカドをコラードグリーンで巻いた「Dream Roll」(10ドル)、モロッコの前菜盛り風の「Mezze」(13ドル)、カボチャの種やクルミをメキシコのスパイスで味付けてキュウリで巻いた「Walnut Chorizo Sausage」(9ドル)など。
 
スープでユニークなのが「Miso Soup」(6ドル)。小豆の味噌を湯に溶いて、生のキャベツやシイタケを入れたスープで、野菜は噛めば噛むほど甘みが出てきて美味しい。アントレでは、カシューナッツで作った爛リームチーズ〞をはさんだ「Shiitake Mushroom Ravioli」(16ドル)が絶品。ラビオリの皮の部分はもちろんパスタではなく、ヒッカマを薄い輪切りにしたもの。ココナッツと味噌のクリームソースの風味も良い。アントレにはほかに、ヌードル状にしたスクワッシュやケールを使った爛僖好〞や爛僖奪織〞などもある。

ローのデザートも同店の名物。「Chocolate Truffl e Cake」(8ドル)は、生のカカオがぎっしり詰まったエネルギッシュな一品。1度には食べ切れないほど、ボリュームがある。ココナッツやリンゴから作った「Lemon Cheesecake」(8ドル)も軽く爽やかで、チーズケーキより美味しい。胃にもたれないのもベジタリアンのうれしいところだ。さらに調理したアントレには、米の代わりにキヌアを使用した「Mushroom Quinoa Risotto」(13ドル)や「Sweet Potato Curry」(15ドル)などもある。


「 世界中の美味しい物を野菜や果物で再現しちゃうの」
と、カーさん

アルコール類は置いていないが、持ち込み可。火も通さない野菜や果物なんて単なるサラダの応用編と思いきや、創造性にあふれ、バラエティーに富んでいて驚きだ。新しい味の世界を探求してみては?
Cru
Organic Raw Food Restaurant

1521 Griffi th Park Blvd.
Los Angeles
☎323-667-1551
www.crusilverlake.com
Lunch
Fri & Sat: 12:00pm-4:00pm
Dinner
Daily : 5:30pm-10:00pm
Open 7 Days




南カリフォルニアで唯一イタリアン・ベジタリアン
That's Amore Cerritos

野菜たっぷりの「Italian Primavera」。ビーガン用のパルメジャンチーズをかけて
「 Potato Rosemary」はサクサクしたクラストにベシャメルソースがパイ菓子のよう
ボリュームたっぷりの「EggplantParmigiana」。元気いっぱいの野菜のグリルも
ご一緒に

LA界隈には、ベジタリアンをうたったインドやタイ、チャイニーズのレストランが増えてきたが、今までなかったのがイタリアンのベジタリアン。オーナーのマリナ・ラシードさんと妹のガイアン・カラペティアンさんが7年半前に始めたのは普通のイタリア料理店。ところが、マリナさんがベジタリアンに転向したことから、店自体も08年にベジタリアンに狹掌〞。
 
NYスタイルの薄いクラスト、石釜で焼くピザは12インチ(10・95ドル)から24インチ(31・95ドル)まで4つのサイズが選べ、味も7種類。「Italian Primavera」は、トマトソースにスクワッシュやレッドオニオン、ベルペッパーなど野菜の魅力を満載。「Potato Rosemary」は、ローズマリー入りのマッシュポテトとアーティチョークに豆乳のベシャメルソース(またはアルフレッドソース)をかけた女性好みの一品。


シチリア地方の伝統菓子「Canolli」もビーガン。
ほんのりした甘さと軽さがいい

サンドイッチには、ターキーを模した豆腐ソーセージの「That's Amore!」(7・75ドル)や、ミートボールの代用品をはさんだ「Meatless Meatball」(7・75ドル)。アントレには豆腐リコッタチーズを使ったラザニアやパスタ、2層の揚げナスにマリナラソースをからめ、チーズをトッピングして焼いた「Eggplant Parmigiana」(11・95ドル)などがある。
 
イタリアはシチリア地方の伝統菓子「Canolli」(1・50ドル)も、サクサクの生地からチョコレート、センターのクリームまで、しっかりビーガン仕様だ。

新鮮な野菜を使い、肉はもとより、卵や乳製品を一切使わないビーガンだが、ベジタリアンでない人のために通常のチーズを選ぶこともできる(ビーガンチーズを選ぶ場合は追加料金1・95ドル)。


That's Amore
13349 Artesia Blvd., Cerritos
☎562-926-2112
www.vthatsamore.com
Mon-Sat : 11:00am-9:00pm
Sun : 1:00pm-7:00pm
Open 7 Days


  • シェア
  • ツイート
  • Eメール
  • 印刷