ライトハウス
Magazine Information

ライトハウスの特集

アメリカでの教育・進学、ビザ・法律、市民権・永住権、観光・レジャー、求人・仕事、グルメ・レストランなど、現地情報誌「ライトハウス」の過去の特集をご紹介。

新型ハイブリッドカー紹介

Lighthouse編集部


新型ハイブリッドカー紹介

各メーカーより発売中・発売予定の新型ハイブリッドカーの一部を簡単なスペックと共にご紹介

TOYOTA
’06 Prius

カープール ○
価格:$21,725〜
EPA燃費(市街地・フリーウェイ・混合):60・51・55マイル

 ハイブリッドカーの先駆け的存在。ハッチバックで荷物の積み下ろしも便利になり、荷室はカムリとほぼ同等のたっぷりサイズ。大人が5人乗れる余裕の室内。よりパワフルなエンジン、ユニークで高級感あふれるインテリアも魅力。
 加速時にはバッテリーとガソリンエンジンが両方稼働し、市街地運転など低速、のろのろ運転の場合にはバッテリーのみで走行する。下り坂やブレーキング時には、加速する力を電気に替えてバッテリーをチャージするお利口機能付き。
 トヨタならではの高品質と洗練度、そして、トップクラスの燃費にお値打ちなベース価格は、誰もが購入したくなるのも無理はない!?

定員:5人
客室容量:96.2cu. ft.
荷室容量:16.1cu. ft.
タンク容量:11.9gal.
エンジン/バッテリー
DOHC4気筒16バルブ
排気量:1497cc
馬力:110 hp


TOYOTA
’06 Highlander Hybrid

カープール ×
価格:$33,030〜 (2WD)$34,430〜 (4WD)$37,890〜 (Limited・2WD)$39,290〜 (Limited・4WD)
EPA燃費(市街地・フリーウェイ・混合)
33・28・30マイル(2WD)/31・27・29マイル(4WD)

 7人乗りのSUVで、しかもハイブリッドということで話題を呼んだハイランダー。決して燃費は良いとは言えないけれども、3列シートの車体で、しかも268馬力という余裕のパワー。それでこの燃費なら合点がいくのでは。
 SUVにふさわしいステレオやタッチスクリーンDVDナビなどの豪華オプションも多数用意されているし、4WDモデルもあるので、サッカーママ御用達のファミリーカーとしても、アウトドアにも十分使える。地球に優しくしたいけれど、快適さも堪能したい一家に最適の1台。

定員:7人
客室容量:131.8cu. ft.
荷室容量(前席・中席・後席以後):80.6/39.7/10.5cu. ft.
タンク容量:17.2gal.
エンジン/バッテリー
DOHC V6 24バルブ
排気量:3300cc
馬力:268 hp


TOYOTA
’07 Camry Hybrid

カープール 未定
価格:未定
EPA燃費(市街地・フリーウェイ・混合):43・37・40マイル(推定)

 デトロイトの北米国際自動車ショーで1月9日に発表された。外観はモダンになり、ホイールベースも全幅も、先代よりさらに大きくなった。
 ハイブリッドの基本システムはプリウスと同じだが、タイヤ圧モニター、iPodなどの接続のための外部オーディオジャック、ブルートゥース、カビや花粉などを車内からシャットアウトする「Plasmacluster™ ionizer」といったアメニティー装備を満載。
 「ECO」ボタンを押すと燃料/電力の消費が制限され、状況によっては燃費が良くなるという。また、車体下部の整風デザインにより、空気抵抗(Cd値0.27)が減り、これも燃費の向上に役立っているとのことだ。
 まだまだ不明な情報が多いが、晩春にはディーラーに並ぶ予定。

エンジン/バッテリー
4気筒16バルブ 
排気量:2400cc
馬力:192 hp


LEXUS
’06 RX 400h

カープール ×
価格:$46,755〜(AWD)$45,355〜(FWD)
EPA燃費(市街地・フリーウェイ):31・27マイル

 レクサスブランド初のハイブリッドSUV。レクサスならではの高級感、そして低燃費、環境に優しく、かつ実用的という、難題を解決した1台。
 走行の基本はバッテリーで、急加速や高速走行などでさらなるパワーが必要になると、ガソリンエンジンが稼働する。発進加速はスムースかつクイック。バッテリーは後席下に配置されていて、そのパワーはプリウスのものよりも80%もパワフルとのこと。
 また、静粛性の高いキャビンは、「アコースティックグラス・ウィンドシールド」の採用や、ラジエーターファンを静かなものに替えたことに起因。従来のRX330に装備されている豪華なオプションは、ほとんどすべて利用できる上、Vehicle Dynamic Integrated Management(VDIM)などの最新ハイテク装備が、安全な運転を補助してくれる。また、ハイブリッドシステムの耐久性やパフォーマンスも、耐久レースで実際にテストされるなど、クオリティー、パフォーマンス、実用性など、ガソリン車に何ら引けを取らない点はさすが。

定員:5人
荷室容量:38.3cu. ft.(シート直立時)84.7cu. ft.(シート折りたたみ時)
タンク容量:17.2gal.
エンジン/バッテリー
V6 24バルブ
排気量:3300cc
馬力:268hp


LEXUS
’07 GS 450h

カープール 未定
価格:未定
EPA燃費(市街地・フリーウェイ・混合):未定

 昨年3月のニューヨーク・オートショーにて発表されたレクサスGSハイブリッド。RX 400hで実証された、ハイブリッドとパフォーマンスの両立が、ラグジュアリー・パフォーマンスセダンにもいよいよ採用され、実現する。
 価格やエンジンなどの詳細は、まだ発表されていないが、専門家によると燃費は2リットル4気筒のコンパクトセダン程度で、パフォーマンスは4.5リットルのV8エンジンに相当する(0-60マイル加速が6秒以下!)というから、もしこれが本当だったらビックリ!!
 今年春にはディーラーに並ぶ予定。

定員:5人
エンジン/バッテリー(推定)
V6 24バルブ
排気量:3500cc
馬力:300hp+

(2006年2月1日号掲載)