ライトハウス
Magazine Information

ライトハウスの特集

アメリカでの教育・進学、ビザ・法律、市民権・永住権、観光・レジャー、求人・仕事、グルメ・レストランなど、現地情報誌「ライトハウス」の過去の特集をご紹介。

部屋別に見る裏ワザ(2)

Lighthouse編集部


マスターベッドルーム&子供部屋

脱いだ衣服を放り込める、バスケットを置いて

 マスターベッドルームで散らかる物といえば、脱いだパジャマや着替えの類。汚れ物を入れるハンパーとは別に、朝の慌しい時にさっと放り込めるバスケットを置いておけば、脱ぎ散らかした服であふれた部屋に戻らなくて済む。洗濯の必要のない服は、帰宅後、落ち着いてからクロゼットに片付ければいい。

 ジャラジャラと小銭をポケットに入れる人は、きれいなお皿をチェストの上に置いて小銭入れに利用しては。毎日身につける腕時計やブレスレットも、シルバートレイやお洒落なお皿をホームにしてチェストの上に飾り、外した後はホームに入れるようにしよう。

 チェストの大きな引き出しは、小さなバスケットなどを利用して、下着、ソックスなどカテゴリー別に収納する。「ソックスが左右揃わない」という状況をなくすには、サンドイッチバッグなどで、ペアごとにプラスチックバッグに入れて収納するのも手だ。

 子供部屋は、子供1人1人に専用のローラー付きのファイルキャビネットを用意し、学校の備品、成績表、アートワーク、ノートなどをファイルできるスペースを作る。これは子供にファイルの仕方を教える方法としても有効。また先述のドアに掛けるタイプのシューオーガナイザーは、小さな玩具入れとしても役立つ。子供にも「すべての物にはホームがあり、物をホームレスにしないこと」を教えよう。


バスルーム

(写真5)細長い板1枚と支えにする短い板を
使っただけで、シンクの下も収納スペースが
倍増

流し台の下のスペース利用がキー

 バスルームの流し台の下は、水道管が通っているため収納しにくい場所だが、ここに簡単な棚を作ると、収納スペースが倍増する。見えない場所なので、ファンシーな棚である必要はない。横幅の寸法に合う板を1枚用意し、両端にレンガや板を置き、その上に横幅寸法の板を1枚置く。買い置きのシャンプーや石鹸、化粧ポーチやドライヤーなど、流しの下に納めたいものは背の低いものが多いので、棚をつけると思いのほか役に立つ(写真5)。

 子供のバスルーム用玩具は、カビ防止加工された専用ラックをタブに取り付けて。タオルがいつも床に落ちている場合は、フックなどを取り付けてタオルの数に合わせて掛ける場所を作っておく。子供のタオルは、1人1人違う色にしておくと、誰のタオルか見分けやすい。ドアの内側にフックを付けると、タオルやバスローブを引っ掛けるのに便利。

 リネンクロゼットのスペースに限りがある時は、バスルームにシェルフなどを取り付けたり、ハンドタオルやフェースタオルは丸めてきれいなバスケットに入れてもいいだろう。またホテルのように、バスタオルの上にハンドタオル、フェースタオルと重ねて吊るすのもスペースの節約になる。


ガレージ

ガレージにも普段使わないもの用の
クロゼットを置き、サーフボードは
天井から吊って

簡単なクロゼットを購入し、ハンガーも有効利用

 使用頻度の低い物を収納するのに便利なガレージだが、カレージにも収納の工夫が必要だ。手っ取り早いのは簡単なクロゼットを購入すること。自分で組み立てるタイプなら、Home DepotやLowe\'sなどのホームインプルーブメントストアで、100ドル前後で購入できる。趣味の雑貨やスポーツ用具なども収納できるので、ガレージに1台あると便利。自転車やサーフボードは、専用のハンガーに引っ掛ければ場所を取らない(写真6)。


ガレージのクロゼットの中は季節外れの
靴や服、普段使わない鞄やピクニック
バスケットなどを整理して収納

 またスキー板やゴルフバッグなど長さのあるものは、部屋の隅などに立てかけておくだけだと、バラバラと倒れる可能性がある。プラスチックのゴミ箱にまとめて入れるとすっきりする。


ガレージもクロゼットとバイクハンガーで
こんなにすっきり

 どうしても収納場所が足りない時は、ストレージを借りるという手もある。ただし、レンタル費用は通常1カ月100ドルから200ドルかかるので、それだけの価値があるかどうかよく考えてから決めよう。捨てるのがもったいないか、スペースを不用品で無駄にするのがもったいないか。その辺りを見極めるのが、整理整頓の第一歩。