ライトハウス
Magazine Information

ライトハウスの特集

アメリカでの教育・進学、ビザ・法律、市民権・永住権、観光・レジャー、求人・仕事、グルメ・レストランなど、現地情報誌「ライトハウス」の過去の特集をご紹介。

「頑張れニッポン!」応援ガイド *注目選手(5)*

Lighthouse編集部


柔道 女子63kg以下級
■谷本歩実(Ayumi Tanimoto)■

© JIJI
所属:コマツ
生年月日:1981年8月4日
五輪出場歴:
【2004年アテネ大会】金メダル

「女三四郎」の実力を見せる!

アテネ五輪で見事、一本背負いを決め金メダルに輝いた谷本。優勝を決めた瞬間、感極まって古賀稔彦コーチに抱き付く姿が、日本人に深い感動を呼んだ。2005年の世界選手権大会では銀メダル、昨年は銅メダルと、周りのライバルも力を付けてきており、2つ目の金メダル獲得は決して楽ではない。日本が誇る「女三四郎」谷本、北京でも一本背負いで決められるか!?。


柔道 女子48kg以下級
■谷亮子(Ryoko Tani)■

© JIJI
所属:トヨタ自動車
生年月日:1975年9月6日
五輪出場歴:
【1992年バルセロナ大会】銀メダル
【1996年アトランタ大会】銀メダル
【2000年シドニー大会】金メダル
【2004年アテネ大会】金メダル

もちろん「ママでも金!」

世界選手権6連覇、全日本体重別11連覇、福岡国際11連覇、五輪では2度の金メダルと2度の銀メダルという、圧倒的な戦績を誇る「柔ちゃん」。結婚後、「谷でも金」と挑んだアテネで見事金メダルを獲得。1児の母となった彼女に、今度は「ママでも金」への期待が膨らんでいる。9月の世界選手権で7回目の優勝を果たしており、我らが柔ちゃんは母になってますます強くなった様子。ちなみに、夏季大会5大会連続出場は日本選手の最多連続記録。5回目の五輪で、夢の3連覇に注目が集まる。


柔道 女子 70kg級
■上野雅恵(Masae Ueno)■

© JIJI
所属:三井住友海上火災保険
生年月日:1979年1月17日
五輪出場歴:
【2000年シドニー大会】3回戦敗退
【2004年アテネ大会】金メダル

外国人選手を圧倒

アテネの金メダリスト、上野が連覇に向けた熱い思いを胸に北京へ旅立つ。2006年のアジア大会で優勝、今年4月に行われた全日本選抜柔道体重別選手権大会の準決勝で、岡明日香によもやの優勢負けを喫したが、これまでの実績が評価されて北京五輪代表に選ばれた。外国人選手への強さには定評があり、得意技は体落とし、大内刈り、大外刈り。


柔道 女子78kg超級
■塚田真希(Maki Tsukada)■

© JIJI
所属:綜合警備保障
生年月日:1982年1月5日
五輪出場歴:
【2004年アテネ大会】金メダル

大外刈りで2連覇目指す!

「ツマキ」の愛称で親しまれる、アテネ五輪の金メダリスト。全日本柔道選手権大会では、歴代最多の7連覇を達成し、国内では向かうところ敵なしの彼女だが、78堋教蕕任話羚饑の圧倒的強さが目立っており、北京ではホームグラウンドのアドバンテージを持つ彼女たちに、どう挑むかが注目される。得意技の大外刈りで2連覇なるか!?




●そのほかの注目選手

これまで紹介した選手以外にも、もちろん注目度が高い選手はたくさんいる。そんな、メダル期待度大の選手を紹介しよう。

トランポリン
■上山容弘(Yasuhiro Ueyama)■

所属:大阪体育大学大学院
生年月日:1984年10月16日
五輪出場歴:なし
昨年11月にカナダで開催された世界選手権の男子個人で銅メダルを獲得。今回が初出場のオリンピックでも、当然メダルは射程距離内だ。正確で安定感があり、美しい演技に定評がある。

レスリング 男子グレコローマン60垉
■笹本睦(Makoto Sasamoto)■

所属:綜合警備保障
生年月日:1977年10月21日
五輪出場歴:
【2000年シドニー大会】8位
【2004年アテネ大会】5位
昨年の世界選手権では、並み居る強敵を倒し、見事銀メダル。北京では「これまで支えてきてくれた周囲の人たちに、メダルで恩返しをしたい」と言う彼。3度目の五輪に賭けるレスラーに期待大。

自転車
■伏見俊昭(Toshiaki Fushimi)■

所属:日本競輪選手会福島支部
生年月日:1976年2月4日
五輪出場歴:
【2000年アテネ大会】チームスプリント・銀メダル
日本発祥の競輪だが、日本はまだメダルを取れていない。日本の威信をかけ、2大会連続の五輪に挑むのが伏見俊昭。正式採用から3度目の五輪で、お家芸でのメダルを狙う。

フェンシング 男子フルーレ
■太田雄貴(Yuki Ota)■

所属:同志社大学
生年月日:1985年11月25日
五輪出場歴:
【2004年アテネ大会】9位
弱冠17歳で全日本選手権を制し、アテネ五輪では入賞まであと一歩の9位だった太田。しかし2006年のドーハ・アジア大会では、日本人としては28年ぶりのフルーレ個人金メダルを獲得。

馬術
■法華津 寛(Hiroshi Hoketsu)■

所属:アバロン・ヒルサイドファーム
生年月日:1941年3月28日
五輪出場歴:
【1964年東京大会】障害飛越個人40位、同団体で12位
67歳で日本選手団の最年長。日本では史上最高齢のオリンピアンだ。1964年の東京五輪の障害飛越種目に出場しており、北京は実に44年ぶりの五輪! 定年退職後に五輪再挑戦を決意した超ベテランアスリートだ。

柔道 男子60kg以下級
■平岡拓晃(Hiroaki Hiraoka)■

所属:了徳寺学園
生年月日: 1985年2月6日
五輪出場歴:なし
全日本選抜体重別選手権男子60垉蕕罵ゾ,靴燭發里痢∨無選考委員の2/3が、野村忠宏を推したため、平岡派VS野村派の対立が激化。しかし近年の実績、勢いなどが評価され、正式に五輪代表となった。

柔道 男子100kg超級
■石井慧(Satoshi Ishii)■

所属:国士舘大学
生年月日:1986年12月19日
五輪出場歴:なし
2006年の全日本柔道選手権大会で鈴木桂治を敗り、19歳4カ月の史上最年少で初出場・初優勝を決め、一躍注目を浴びた石井。100堋教薀ラスの選手としては上背がないが、筋肉量、スタミナは世界トップクラス。