ライトハウス
Magazine Information

ライトハウスの特集

アメリカでの教育・進学、ビザ・法律、市民権・永住権、観光・レジャー、求人・仕事、グルメ・レストランなど、現地情報誌「ライトハウス」の過去の特集をご紹介。

夢を実現させた経営者たち(6)

Lighthouse編集部

独立・起業はアメリカンドリームの1つでもあり、日本よりもはるかに一般的だ。しかし、いざ起業しようとしても、不景気な昨今では相当の勇気が必要。ためらう人も多い。今回は、そんな時だからこそ、独立・起業した経営者たちに、彼らの軌跡や今後の展望を前向きに語ってもらった。


●マーケティング/広告業
MIW マーケティング&コンサルティング
岩瀬昌美さん

■企業プロフィール
業務内容:マーケティング、広告業
創業年:2001年9月
出身地:愛知県
渡米年:1986年に渡米、一度帰国し91年に再渡米
ウェブサイトwww.miwgroup.com



《成功のポイント3カ条》
1. 24時間体勢のお客様対応
2. 周りの人といつもWIN-WINを目指す
3. 起業後も、自分の専門分野を常に勉強する



Q:起業のきっかけは?
A:NYで会社勤めをしている頃から、「起業すれば」と周りに言われていましたが、深くは考えていませんでした。2001年KOZMO.COMがインターネットバブルではじけ、LAに引っ越すことに。その際、広告やマーケティングの仕事に携わってきた経験を基に、事業を手伝ってほしいという話が数件あり、気が付くと起業していました。

Q:準備期間と資金は?
A:会社設立に必要なお金は、すべて自己資金でまかないました。投資家はお金を出してくれるけど、口も出されるので、会社勤めと変わりませんから。加えて、会社員ではないので、万が一収入がなくても1年間は生活できるだけの資金を確保しておきました。

Q:起業の醍醐味は?
A:大きな責任が伴いますが、最終的な決断を自分で下せることです。

Q:これからの目標は?
A:米国進出した企業が、「マーケティングをどこに頼んだらいいのか」と人に尋ねた時に、「それならMIW」と言われるように自社ブランドを構築していきたいですね。そのためにも、「MIWに任せておけば間違いない」というような信頼を獲得していくことが重要となります。





●カーリペアショップ
Y&H Global Motors
堀場祐一郎さん

■企業プロフィール
業務内容:カーリペアショップ
従業員数:2人
創業年:2004年
出身地:滋賀県
渡米年:2002年
ウェブサイトwww.yandh-jm1ins.com



《成功のポイント3カ条》
1. 職場の安全を第一に考え、元気に働ける環境作り
2. 自分自身、一生懸命楽しむ
3. 若い世代をサポートする。



Q:起業のきっかけは?
A:長い間、車とバイクが趣味でした。そのうち、私個人が所有する自動車とバイクの台数がどんどん増えてしまい、それならビジネスにしてしまおうと、当時働いていたショップの仲間と独立しました。

Q:準備期間と資金は?
A:友人が経営していたショップをテイクオーバーしたため、準備期間は特になかったです。かかったお金も、リフトを買った5000ドルのみでした。

Q:起業の醍醐味は?
A:時間の自由が利くことが、自分でビジネスをしていて良かったと思ったことですね。土日は完全休業し、趣味のバイクを走らせています。自分のライフスタイルをコントールできることが1番です。

Q:これからの目標は?
A:僕は以前、オートバイのロードレースをしていました。その時、多くの人に応援してもらったことにとても感謝しています。だから僕も、今度は若い人たちにその気持ちを返していきたいと思います。現在、アメリカ人のモトクロスチームを所有しており、今後も金城さやかちゃんを始め、若いアスリートをサポートし続けていくことが目標ですね。





●獣医療サービス
Village動物病院
西山ゆう子さん

■企業プロフィール
業務内容:獣医療サービス
従業員:7人
創業年:2006年
出身地:北海道
渡米年:1990年
ウェブサイトwww.villagevethospital.net



《成功のポイント3カ条》
1. 自らも進んで動く
2. 診察後、動物の様子を必ず確認するなどフォローする
3. その動物や飼い主さんに合った、ベストな方法を共に選択



Q:起業のきっかけは?
A:勤務医だった頃、日本人の方の来院が増えて来たのですが、日本語ができるスタッフは私だけ。そのため、本業の治療以外の雑務が増えてしまい、それなら日本語で総合的にサービスを提供できる動物病院を開院しようと思いました。

Q:準備期間と資金は?
A:獣医になって20年ですが、「いつかは独立」と思っていました。決心をし、物件探しや資金の見積もりなど、具体的な準備に費やしたのは1年くらい。不動産資金のほか、設備、クライアントリストなどのビジネス資金を合わせて150万ドルほどかかりました。

Q:起業の醍醐味は?
A:勤務医の頃は病院の意向に従わなければならず、金額的なノルマもありました。しかし独立後は、治療のアプローチや薬の選択など、自分の判断で進められるようになりました。

Q:これからの目標は?
A:日本的な医療サービスを提供していきたいと思います。飼い主の人生観やペットへの思い、予算などを一緒に考えながら、患者さんを診たいです。ペットがハッピーなら、飼い主もハッピーですからね。



(2009年3月16日号掲載)